お引っ越し

October 04 [Sat], 2014, 20:55
8年ほど続けてきたこちらのブログですが、お引っ越する事になりました。
学生時代が続けてきたブログは若かりし頃の痛い話から最近の痛い話(結局痛いだけの話)でしたが、ここのブログだからこそかけがえのない出会いがあったりしてすごく思い出深いブログです。

あまりコロコロ変えるのは好きではないのでここのブログが閉鎖するまで続けるつもりでしたが、私の設定が下手なのか画像が小さいものしか貼り付け出来ず、今まではそれで事足りてたし勝手に小さいサイズに変換されるので好きでしたが…

携帯を変えてから保存サイズも大きくなり下手したら画像がアップ出来ない危機になってしまい、旅行のブログとか綴りたいのもありましてお引っ越しを決めた次第であります。

丁度サイトもリニューアルする予定なのでいい機会かなと思い。

今まで読んで頂いたお友達、お気に入りにしてくださった皆様、通りすがりの皆様つたない文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。。
また新しいブログ先でもお目にかかれたら嬉しく思います。

新しいブログのアドレス貼っておきますね。

http://ameblo.jp/choconegi

かの有名なアメブロさんです。
新しい場所でもお会いできる日を願って。

ちなみにここのブログは残しておくつもりです(^^)

甘やかしそば

August 24 [Sun], 2014, 21:17
この前の豚の角煮はちょっと塩気は強かったけど癖になる味で煮卵は味が染みてない自体でしたが、確かに丁度いい固さでした☆
アレンジは続く…。

今回は前回の日記から甘やかしうどんをずーっと作りたくって。
まずはおあげさんを半額でゲットしたまま数日。
ピンクの看板で有名なスーパーでエビ天を買おうと思ったら一口サイズで110円と高杉たので断念していた所たまったま法事の折りでエビ天が入っていたのでこれは作るチャンス!と思い早速作る事にしました。

ただ私そばより断然うどん派なのですが…袋そばの賞味期限がちょっと怖い事になりそうだったので今回は甘やかしそばにしてみました。

昔スクラップしてた雑誌のレシピにたぬききつねうどんというリアル甘やかしうどんがあったのでそちらを参考にしてみました。

川本家なのでちょっと濃いめをイメージして最初作ってたらあまりにも色が真っ黒になってたのでお水を足しつつかんせーい☆



かまぼこがなかったので椎茸で代用。
しょうがも好きなので入れてみました。

味は最初濃いかなとおもってたのですが甘辛の衣がすっごくおいしくて。
おあげさんはちょっと味がしみこんでなかったけどそれでもちゃんときつねうどんのおあげさんの味でした!

味が濃い外食の時はこういうあったかい麺類(和食に限る)食べてほっとするのが好きです。

折の中身半分以上あるけどね☆
旦那さん飲み過ぎて何一つ食べてないから減ってないけどそれは明日考えよう。

次は絶対甘やかしうどん作ってみよ。

甘やかされたい人はいますか?

August 19 [Tue], 2014, 22:07
節約習慣∞だというのに漫画を3冊買ってしまった\(^o^)/
学生時代は3冊なんてぜんっぜん気にしなかったんですがね…今は1冊が厳しいのよorz
でも気持ちに余裕が出てくると本が続きが気になってウズウズしてしまい。
家の家訓は本は財産なんでと言い聞かせてます!

今続きが気になるのは君に届けと鬼灯の冷徹と3月のライオン
どれも2年〜4年前に集めて未だに集まってないというw
鬼灯の冷徹なんてまだ流行っていなっかたのに…ちょっと淋しい夏の夕暮れ。

でもようやく3月のライオンは全部そろいました!君に届けも後1冊だし鬼灯の冷徹はぽちぽち集めていこうかと。
週刊は急いで買ってもすぐ続刊が出るイメージ。

前置きが長くなりましたが、今日書きたいのは3月のライオンに出てくるご飯がすっごくおいしそうだこと!
え?そこって感じですよね。
もっと登場人物の心情とか心温まる話とか色々あるって感じですが。
そもそも将棋のお話ですし…、

もちろんそんな部分も大好きなお話なんですが、3月のライオンの魅力的な部分ってやっぱりおいしそうなごはん!
私がニャー達の一員になりそうです(キラーン☆)

いや、好き勝手に書けるブログとはいえすごく旬のお話ではないし、たまたま踏んでくれた方がなんで今更感なんですが…叫びたい!(勝手にどうぞ)

食べるの大好きな私にとって川本家のごはんは涎物でして…。
じいちゃんには悪いけど和菓子はちょっと見るだけで幸せなんですが。

特にカレー、からあげ、豚の角煮と甘やかしうどん!!おいなりさんもいいなぁ。
まだ8,9巻が無いときは食べるシーンばかり見てはお腹を空かせてた(小学生か)

それであんまりにもおいしそうなのでまずは豚の角煮丼を作るべくいまっさき下ごしらえしました!
いやブログ書くなら食べてから書くべきなんですが…。

半熟卵の仕方を川本流でして、他サイトで角煮を作ったのですが…。

しょっぱい

ひなちゃんが高橋君に抱いた切ない想いよりも。


しょっぱい

塩とか入れていないのになー。
醤油とみりん入れすぎたのかな…うーん。
明日が怖い。(食べるんかい)

ホムペの話

August 09 [Sat], 2014, 20:29
久しぶりに台風直撃っぽい夜。
さっきまで風がひどいぐらいだったのですが、嵐です。
マンションなのでさらに風が直撃で大丈夫かしら…。

時々やってくるHP作りたい病。
今降臨中です。

一度ヤホーでカウンタ設定が勝手に終了のお知らせになって撃沈してましたが、これを機に無双と落乱のサイトを統合して新しく作りたいな…と思いつつ2ヶ月ぐらい経ってしまい。
とりあえず仮カウンタを設置して更新を再開。

新しくサーバーを探していきたいと思っています。。。

無双は連載を書き直してるのでそちらをupしたいと頭の中で思案中です。
タイトルは決めてるので作って…いきたいorz


…動画見たけどやっぱ食満最高だわ。

記憶が消えかけている郡山城

July 21 [Mon], 2014, 21:28
つづくと書いて約2ヶ月…いつもながらの放置です。
リアリティはありませんが、さーっと郡山城を駆け上ろうと思います。
この前、元就の特番もあった事ですし!

山もはや獣道をなんとか降りたりこけたりこけたりして下界に戻ってきた私たち。
あなたとわたしの街というスーパーの近くにあるファミレスで食事をとった後(この付近にしかほぼお店がないのでこの辺で食事をとってください)
ようやくメインである安芸高田市歴史民俗博物館&郡山城へ。

博物館では元就の書状や歴史などたくさん学べるし直接元就に触れる事が出来るような感覚になりうっとり。
折角なので全部見て回ったのですが別館におばけ屋敷よりも怖い部屋があり思わず叫びました(笑)

ちょっとドキドキしながら山道を登りいよいよ郡山城へ。
まずは、元就が火葬されたそ言われる場所です。



ここがある意味元就公の最期の場所だと思うと感慨深いです。
なんだかこう胸が熱くなるというかなんとも言えず(2ヶ月前の記憶ですし)

あまり時間もないのですぐに後にし、嫡男隆元殿のお墓へ。



無双知識しか当初なかったので隆元よりも隆景の方が知識はあったのですが、毛利を大きくしたのは彼の力もあったのだと最近知り、益々ここにお参りできてよかったなと思います。
親より先に亡くなったというのもなんだかまた切なくします。
でもなんで父とは別のお墓なんでしょうか…。

そしていよいよこの旅で1番行きたかった場所である元就のお墓へやっとたどり着く事が出来ました!



写真にはないのですが、まずは一族のお墓にお参りさせて頂きました。
なにより驚いたのがお墓の後ろにある敷地に神様が降りるような光が差し込んでいたこと。
鈴尾城の時と同じ不思議な光。
歓迎してくれているのでしょうかと都合のいいことを考えたり。

階段を上り元就公と人生で1番近くの場所で逢うことが叶いました。
手を伸ばせば届きそうな場所にいると思うと胸の奥が熱く懐かしいような敬う気持ちの様な引かれるかもしれないけれど本当に好きな人に逢えた様な気持ちで側にいれた気がしたんです。

今まで行った事はないのに、彼のお墓の場所を想像していたのと一致だったのはなんだか不思議です。
(旦那曰く、ネットで見てたからじゃね?とまぁ夢のない…)

壊死しているけど輝元殿が植えた木があるというのも嬉しいですね。

お墓の後ろには百万一心の石碑その2が。



ちなみに右はその1です。これは安芸ではなく山口にある石碑。
ちょっと自慢したかったんです(uze)並べてみたかっただけです。

元就公のお墓なだけあり、鈴尾城や猿掛城とは違い何人か人がいました。
若い女の子はいませんでしたが…。

いつまでもお墓で元就公の側にいたかったのですが、山を目指すにはあまり暗くなってもいけません。
名残惜しいながらもお墓を後にし登る事にしましたががが。



獣道再び\(^o^)/

ちょっw富松!仮にも戦国大名だよね?なんでこんなに道が獣道なの?
佐和山城よりもひどいよ(笑)
通りで山を登るにつれて人がいないはずだ…。

でもここで諦めるなんて絶対に嫌だと猿掛城再びな道を登るというかロッククライムしている刹那、道脇をかさかさする音が聞こえます。

旦那:「蛇!」
私:「\(^o^)/!?◎△※☆!!(悲鳴)」
蛇:「\(^o^)/!?◎△※☆!!(逃げる音)」

本日最後の動物蛇にございました…。
いやまじで恐怖でした。横を蛇が通るなんて城跡だからといって程があるよ!
しかも高くなればなる程スズメバチ注意の看板があるし好きとはいえもうなんか修行しているかのようです。
安芸高田市すごい!

蛇や蜂(あってないけど)そして獣道を越えようやくたどり着いたのが郡山城本丸!



かつての本拠地とは思えないほど地味シンプルなのです。
この前の番組でも城にしては小さいって言ってましたし…しかも木が多い茂ってるので景色も見えません…。
ですが、それでも貸し切りだったので思いっきり妄想してみたり。(いなくても出来る)
走り回ったり(子供か)
やはりこの山頂にたどり着いた事に意味があるというか、達成感が幸福というか泥まみれですが心は清らかです。(嘘だろい)

ここをまた降りると思うとちょっとばかしずーんでしたが、帰り道は神社に行きたかったので違う方向で降りました。
一歩間違えると大けがレベルの細い道をゆっくり降り途中で魔女の宅急便ごっこや本気でブランコをこいだり(疲労は人をおかしくさせます)
普段忘れてた様な童心に返るのはまた違った楽しみ方です。

最後の目的地は清神社と三矢の訓跡碑へ。



三矢の訓跡碑は児童館みたいな所の敷地内にあり、5時を回っていたので職員さんが施錠をし始めていたんですが、快く入れてくださって更には写真まで撮ってくれたりすごくいい人でした。
さすが、元就のゆかりのある人達は優しいなぁと感動。

…と長い期間勝手にお送りしてきた史跡巡りもようやく帰り道にさしかかりました。
写真を入れると長くなってしまうので特に郡山城は省略しましたが(記憶がうすれているのもある)
安芸高田市の史跡巡りは生半可な気持ちでは上れないという事がよく分かりました。
夏は虫、冬は雪。

それでも元就が好きな私にとってこの静かな町がとても好きです。雪さえなければ住みたい(寒いの苦手)
なんとなく静かに眠っていたいような元就にとってはもしかしたらあまり人が入って欲しくないようにひっそりと眠っているのかもしれません。(それをドカドカと踏み入れた奴が言うなと俺は言う)

私も田舎出身ですが元就ゆかりの地は懐かしくて穏やかな温かい町でした。
もし…前世とかあるならば農民Dでもいいからこの町で元就に逢えていたら幸せだなぁなんて幻想。






冗長だ、それにつまらぬ

May 31 [Sat], 2014, 22:07
ごもっともですね。ァ千代さん。
そしてまたもやデータが消えた…OTL
この前の失敗を活かしてある程度コピペしてたのに、間違えて新しいコピペしてしまってなんにも残らず…。

上の画像管理とか押しても残るようにしてくれないんでしょうか…。

改めまして史跡巡りのお話をしましょうかね…(体力・赤)

生誕の地鈴尾城を後にし次に向かったのは幼少時から青年期を過ごした猿掛城へ。
鈴尾城よりはこられる人が多いのでしょうか、所々に案内があるのでこちらは迷わず進めました。

入り口はいくつかお家もあり人の姿が見えました。



ひとまず写真を撮影した後途中までは車で登っていけます。
途中には父、弘元と夫人のお墓があります。
折角なのでお参りさせて頂きました。
お墓の中には石碑が建っているのですが、公爵の文字があり明治時代に子孫である公爵の方が再建したみたいです。
明治と戦国が繋がっているのが感動です。公爵っていうのも歴史を感じますね。

更に登っていくとお寺があり行き止まり。
ここからは徒歩で行かなければならないんですが…。



え、登山?しかもなんだか大きな道でなくて既に嫌なフラグぷんぷんですが。
とはいえここで引き返したくはないので気合いを入れて登っていきます。

途中見える景色は初夏の青空と長閑な町並みがとお寺にある大きな銀杏の木が見えます。


時間が止まっているような世界と大きな木はより元就といた時間と繋がっているような気がして感動します。
気候もいいし来て良かったな〜なんて呑気な事を思いながら順路に戻ると。


道がない

写真には階段らしきものが見えますが、この階段ももはや階段の役目を果たしていなく時には登るのを阻止しているのかと思うぐらいです。でも時に手の支えになったりツンデレ具合が分かりません。
階段すらない所はもう這いつくばって行くしかなく、一歩間違えれば落ちそうな危険な道のり。

私、なんでこんな所にいるんだろう

いや、自分や自分と思うのですが、なんでここまでして登っているのか自分でも不思議でした。
(多分一緒に登った旦那さん(普通)が一番自問自答してたと思う)

山道というかけもの道を這い上がって光が見えてきました。
山頂です!



何もないよ(>▽<)

しかも城跡にしては小さいです。
史跡って本当だいだいはこんな場所ばかりですよね。
見事になにもなくって自然がいっぱいで静かな。

でもこの何も残っていない場所に確かに昔は名前を残した人がいて歴史を紡いできたと思うと同じ場所にたてるということが何よりも嬉しいですよね。
もちろん、残っていたら言うことないですが残っていない場所で考えたり想像したり出来るのはかなり楽しいです。

人がいないのをいいことに持っていた傘で無双の勝利ポーズごっことかしてつかの間を楽しんで現実逃避してました。

どうやって降りればいいの、これ

つづく

百万一心!

May 28 [Wed], 2014, 21:49
やあー!(データの消える音)
間違ってデータ消したけど私は負けぬ…。

戦国無双の感想の前に一生に一度いけるかいけないかの元就公ゆかりの地、安芸高田市についに出陣出来たのでここに勝手に綴ります!
なんで一生に一度かというのは読んでいただけたら分かると思います(^q^)

まず、元就基大殿大好きな私ですが、お恥ずかしながら無双+αぐらいの知識しかなくて元就のお墓は広島県のどっかの山の中程度でした
折角ゆかりの地に行くのだから最低限の知識は知っておこうとwiki(既に終わっている)やホムペを見ていると安芸高田って生まれてから亡くなるまでのそれはそれは深い関わりの場所だったのですね…。

こんなにもゆかりある地をついに巡れるなんてかなり興奮物!
まさにwktkしながら高速道路とか使って降りたのが過ちでした。

このご時世にカーナビがなく地図を読みながら走っていると降りる場所を間違え、進む道も間違えてなんとか国道に入ったのですが。

国道が農道レベル\(^o^)/
しかもガソリンが無双ゲージ赤状態\(^o^)/

なにこのフラグは…。

と思いながらも戻ってもガソスタがなく(廃墟のニュージーランド村はあった)いけどんするしかなかったので細い道を上っているとなんかのおしりに遭遇。
いやこの山道になんのおしりにあうんだと考えること10秒

あ、野生のシカが現れた!

元々田舎在住なのでイノシシがとっしんをするのを見たりマンションのベランダにカラスがこんにちはしていたり動物とふれあうのはなれてるのですが、まさか野生のシカにあえるとは思わず興奮状態!
なんか、シカも人(車)には慣れているのか坂道に登ったもののこちらを見ていてお互いガン見<○><○>

これはシャッターチャンスだとwktkしていたのですが、準備している間にこんな時に限って対向車が来るという伊作並の不運に遭いまして相手の車の音にびっくりして山の中に帰って行きました…。

でもシカに会える事なんて滅多にないし、カメラに残りませんでしたが見れたという事実に吉田町すら入ってないのに既に感動!来てよかった!
それにここの道は地元民は通る事実も発覚しましたし(1番大事や)幸せな気分になるながら進んでいると2車線になり吉田町に到着しましたとさ。

車もガソリンを入れて復活しましたし、ここからが本当の目的地です。

まずは、元就生誕伝説の地である鈴尾城なんですが、ここの場所の記憶が長閑な田んぼの中と地名しかなく、再び着けるのかどうか的な状態(笑)
川を渡り地図を見ながら田んぼを進んでいると見つけました!



こんなにしっかりした石碑が建っていますが、中には市民のお墓があり(佐和山城思い出します)道も細かったので誰もいないのにこっそりと渡る事5分。



写真では伝わりにくいのですが、石碑の所だけ光が差し込んでいます。
そこにだけ神様が降りるような神聖な雰囲気です。
そして何故か私のコンタクトが違和感があり幻想気分に(ただずれてるだけだっつーの)

伝説と言われてますが、此処から元就が生まれて乱世に身を投げ、名前を残したと思うと胸が熱くなるというか同じ地に立てた事が嬉しくて虫が大量にいる中、暫く神聖な空気を堪能しました。

オクラとか大殿とかの影響でもうちょっと人がいるのかなと思ったのですが、誰一人会わず貸し切り状態なのが嬉しかったです



鈴尾城も山頂まで登りたかったのですがまだまだ目的があるのと、あまりの虫の多さに撤退。
時代の流れとともに次ぎを目指すのは猿掛城へ目指します!
此処は鈴尾城なんて非じゃないサスペンスがありました

つづく

見守ろう、君を

May 06 [Tue], 2014, 20:38
ぎゃー(^q^)

戦国無双4絶賛プレイして1ヶ月経ちました。
プレイ直後はいろんな感想があったのだけれど時間が経つにすれどんどん忘れている元譲。

連休は〜絵描いて、忍たま見て〜ゲームして〜ホムペを整理して〜っていつもの如く休み前はwktk状態だったのにいつもの如く何もせずに終わってしまうという展開\(^o^)/
どうしてこう時間が…過ぎるのは早いんだろうか。

ただすっごく久しぶりに仕事以外で鉛筆を持ったのだけどやはり絵を描くのは楽しい物です。

gdgd満載ですが、ちょっと戦国無双4の感想まとめを(^^)

まず、システム。
前作よりも爽快感が溜まらないです!神速とか移動の時倒せながらいけるしイライラしない。
それと二人一気に使える事によってミッションとか出ても慌てずに切り替えが出来るのはかなりストレスがなくなりました。

そして何より撃破効果がなくなったのが嬉しい!
地味に戦況に出てるとやらなかったら勝手にもやもやしてたんですよね…。
しかもコンボとかだとあせったり、そういう時に雑魚がいなかったりで上手く出来ずいーっ!ってなったり。

今回はコンボのミッションとかあっても、二人で協力できるので、コンボ達成してから敵将撃破でも、空いているプレイヤーでつなげれるのが嬉しいです。

システム今までで1番好きかな♪

流浪演武は、かなりおいしいです(^^)
無双のいいところってエディットを自由に使える所なんですよね。
三国と同じシステムになったみたいなのでエディットのパーツが豊富すぎます。それだけで1時間ぐらい平気で経つ。
相変わらずボイスが…ですが、追加で出たら嬉しいな。

内容についてはもうにやにやにやにやエンドレスでした。
今のところ三成がひっさしぶりにでれた所と、義戦士で登場する3人が可愛いです。
ただ三成がしゃべっていると時々柳(15)がちらついて困ります(^q^)
さすがに勝家殿の時はないけどw

後サブキャラクター選択の元就の台詞と敵対した時の元就の台詞とイベントの元就の台詞。
まぁ、元就の台詞は全ておいしすぎてにやにやにやです。

今回、好感度高いと、性別によって褒め方が違うのがおいしすぎます。
ついつい無双モードそっちのけで楽しんでしまう自分がいます。
これは正直クロニクルも欲しくなります♪

うわっ相も変わらず長すぎた…。
次に無双モードとキャラの感想を勝手に書きます\(^o^)/

ボサノヴァを聴きながら

March 08 [Sat], 2014, 14:47
毎回ながらのお久しぶりです。
ブログの書き方というよりも文字や絵の触れ方を忘れました\(^o^)/

というのもここ最近は本という作品おろかゲームすら触れていない日常。
料理本とか2ちゃんまとめを見まくるというなんというか人として末路状態にいました(現在進行形)

元々人というか作品に影響されやすい私は(流されやすいとかではなく)小説とか読んだ後だと四字熟語とか綺麗な言葉が出てくるんだけど最近はまとめ(しかもdqnとか)ばっかり見てたものだから言葉使いが荒くなっている気がしますorz

自分自身に悪影響だなと思いつつもあまり考えなくていいし、スカッとするのでついつい読んでしまう。
なんだか自分が性格悪くなるような気もしてきてこれではいけないと思い始めちょっとずつ減らしてはいますが。

そんな悶々とした中で大学時代からの親友と一晩過ごせる機会がありました。
リアルどうぶつの過疎化森の中で固くなっていく体と頭の中で久しぶりの都会と友人。

動いていく街と人と電車。
暗くなっても静かにならない暗闇の中でもうっすらと滲むオレンジ色の光。
よく、都会の中は汚れた空気云々の歌詞とかありますが、私はこの少し汚れた空が落ち着きます。
住宅街も好きだし。

卒業して初めて親友の手作り料理を堪能しながら語るのは恋バナではなくひたすら物語の世界を6時間(笑)
過去の思い出を語りながら気がつけば大学時代に戻れたよう。

大人になるという事で学ぶ事はたくさんあるし、学生時代や卒業した頃の自分の幼稚さを思う事もあるけれど、無垢というか無知だから突っ込める事もあったし、いろんな知識や発想を身につける事が出来たんだなとも思います。

といっても過去をはせるばかりでも戻れる訳でもないし今だから出来る事身につけれる事もあるはず。

という訳で久しぶりに友人のブログを読んで私も更新したくなった訳です。
幸い、親友から書いた三国志(夢だけどw)すっごく楽しんでくれてそりゃあもう重くなって岩のように固い腰をあげる時がきたなとここに宣言していこうかなと。

さぁ、もう一度文字と絵の世界にとびこむとしますか。

利き手、スライサーで指スライスしかけたけど(笑)

軍師官兵衛も始まった事だし

January 17 [Fri], 2014, 22:16
久しぶりの日記なんですがいきなり無双&バッサラネタを。

同時に4が出るのは知っていたんですが(三国猛将伝は論外)
こう、ばっさらはともかく無双は最近新作が出る度に最近は楽しみ以上に

不安しかない

新キャラはそこまでダメージがないんですが、即出キャラの新デザインとかね。
戦国は三国みたいに裏切られる程のイメチェンは無いだろうと思いながらもゲーム雑誌とか見るのも怖くて。
とか言いながら雑誌は怖い物みたさで見たけどな。

片倉さんはそろそろ出ると思ったけどデザインが好みとかそうでないとかじゃなくてもう狙ってるとしか見えない私が腐ってますねごめんなさい。
だって初見でそういう構図しか見えなかったからしょうがない。

で、期待2不安98の中、むしろかっこよくなったまろと軍師官兵衛を見てそろそろ解禁しようと勇気を出して公式ホムペへ。

まず無双。

三成がどんどん私の好みからかけ離れている

いや、なんか人気1位だったよ…ね?
どんどんチャラ…げふんげふん。
これで性格がツンデレじゃなくただの口悪い人になっていたらもう殿にショックですがね!
↑おまえ一人に嫌われた所でどうという事はない

大殿はいきなり本当のおじいちゃんになっていて初め度肝抜かされたけどおじいちゃんになっても好きだ!
むしろおじいちゃんの方が好きだ!
息子も出る事だし(個人的には輝元殿が出て欲しかった)どんな毛利の話が出るか楽しみ!

官兵衛は大河だしいきなり綺麗な官兵衛になったらどうしよう(それこそ幸村ばりに)と思ったけど安定の官兵衛でほっとしました。

新キャラについは、早川殿がすごく好み。これが鶴姫たんだったらなぁと夢を見る。
信之は正直モブ顔(しかもおっさん)がしっくり来てたんだけど幸村が綺麗な顔なのに参戦するならそら綺麗になるよね…でもなんだかなと。むしろおっさんでいて欲しかったな。

大谷さんは三成を超える勢いの好みです。(しかも日野さんとか!きれい)

結局無双になると語りすぎる…。
まだ稲ちんとか濃姫たんとか語ってないのに(女の子皆可愛い)

ばっさらについては鶴姫たんが可愛かった。
おわり←

…左近完璧に狙ってますよね?
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
チョコ
» 引越もした (2013年11月28日)
あさひ
» 引越もした (2013年11月25日)
チョコ
» ひとりごと (2013年07月13日)
あさひ
» ひとりごと (2013年06月28日)
チョコ
» 我慢した甲斐がありました! (2013年01月23日)
はる
» 我慢した甲斐がありました! (2013年01月19日)
チョコ
» 最近利吉さんが増えて嬉しい (2012年12月24日)
あさひ
» 最近利吉さんが増えて嬉しい (2012年12月21日)
チョコ
» ループ&ループ (2012年06月04日)
あさひ
» ループ&ループ (2012年05月31日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:チョコ
  • 性別:女性
  • 誕生日:11月6日
  • 血液型:AB型
  • 職業:その他
  • 趣味:
    ・マンガ
    ・ゲーム-無双シリーズ、薄桜鬼、FFシリーズ
    ・音楽-ポルノ、UVERworld、ボカロ
読者になる
最近次元の違いがよく分からなくなってしまった人のブログ

*好きな漫画*
・落第忍者乱太郎
・銀魂
・フルーツバスケット
・聖おにいさん
・蒼天航路
・星は歌う
・君に届け

*好きな歴史人物*
・夏候惇
・曹操
・石田三成
・毛利元就
・高杉晋作
・斎藤一

落乱を愛でています。
用具委員長率いる用具委員会に溺愛中♪
体育委員は癒し委員会だと思っています。
学年では6年がダントツで食満留三郎大好きです。

無双を愛して6年。
三国/戦国大好きです。
魏と西軍に偏った愛情注いでます。
惇兄と三成と元就公を愛ですぎてます
なんでそんなに素敵すぎるのか!!
女の子だと阿国さんと大喬が好き

基本日記はけまち悪い(気持ち悪い)ですが気が合いそうだという心優しい方がいたらお気軽にコメどうぞ★
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/choco06/index1_0.rdf