出産 

January 26 [Mon], 2009, 9:38
誘発分娩一日目

朝の8時から点滴。
昼ごろに徐々に痛みが襲ってきた。
でも結構余裕。
パーテーション越しには自然陣痛の人と誘発分娩の人が痛みに苦しんでた。
痛いのは痛いけど(この時点で10分間隔だったかなあ?)昼ごはんも食べれるほどの余裕。
自然分娩の人は、昼にはもう産まれてて可愛い赤ちゃんの泣き声が聞こえてた。

もう一人の誘発の人は昨日から点滴を受けていて、今日点滴無しでも陣痛がきて結構苦しんでた。
「痛いー!!うーうーあ〜!!」とかそれを延々聞き続けて辛くて怖くなった。
あんなに陣痛は痛いんだな〜私のは序の口なんだろうなあと思いましたよ。

18時になって点滴の痛みが遠のいてきて結局初日は点滴中止。
帰ってから落ち込む。痛みには耐えたけど産まれなかったことに。


誘発2日目

朝の八時からの点滴。
実母が来ていてNSTを見ながらしゃべってた。
昼ごろに2分感覚の陣痛が来て、痛みのがしの深呼吸ばっかりしていて昼ごはん食べれなかった。
それが18時まで続き、
助産師さんに「他の人なら発狂しそうな痛みだけど我慢強いね」ていわれてたっけ。
でも晩御飯も食べれず。

骨盤が割れるとか子宮が破裂するかと思うほどの痛みだったけど、赤ちゃんに会えることだけを考えてたから、頑張れたよ。

で夜の11時になって点滴の効果が薄れてきて陣痛が遠のいてきた。
点滴をはずされて、
「また明日にしましょう」といわれ、とりあえず陣痛室で横になってたら
旦那が仕事から病院に来てくれて、実母はとりあえず帰って旦那と交代してもらった。

ここからが地獄でした・・・・。

それから徐々に痛みがきたんだけど、それに伴うイキミ感。
点滴なしでの陣痛で7分間。
正直陣痛は耐えようと思えば耐えれるけど、イキミを逃すのが涙涙。
旦那にさすってもらってた。
5分感覚の陣痛とイキミ感に、夜中何度も寝てる旦那を足で起してさすってもらってた。ごめんね。
深夜に入りその頃には、陣痛がきて産まれそうな人が私のほかに3人もいて陣痛室満杯に。

陣痛とイキミ感に必死で堪えながら、
後から来た人が次々分娩室に入るの聞いていた。
辛い・・・・・私もイキミたい・・・・・
子宮口が8センチでとまってしまってなかなか分娩室にいけなくて、
その間、周りからは赤ちゃんの泣き声が次々と・・・。

私はベットの柵を握ったり叩いたりしながら必死でイキミ逃ししてた。
助産師さんたちは、他の分娩中の人たちにいったきりでなかなか見に来てくれなくて・・・。
顔出すたびに私は
「まだ子宮口8センチのままですか。」という問を繰り返してたっけ。

午前6時には疲労で、イキミをうまく逃せられなくなって、その度に赤ちゃんの心拍も落ちてきたらしく、
私は鼻に呼吸器をつけられた。

絶えられなくなって助産師さん捕まえて
「子宮口開く薬ないんですか!」
って涙ながらに訴えてた。
結局薬を打ってもらって少ししたらまた陣痛とイキミ感が。
もう呼吸法なんてめちゃくちゃになって疲労感とあいまってうなりまくり。
子宮口全開大で助産師さんに
「分娩台の用意するから待っててね」
言われたのに私は、
「もう無理です!!もういきます!!」
って助産師さんの静止も聞かず分娩室に向かってた。
本当なりふりかまわずでした。

分娩室に入ってからは旦那も立会いで頭の横にいてくれて手を握っててくれた。
イキんでいいという嬉しい言葉に思いっきりいきんでったっけ。

20分ぐらいで産まれた。
ああ〜やっと産まれたって言うのが産まれて最初に思ったこと。

待望の女の子

もう陣痛室に赤ちゃんと戻る頃にはへロヘロになってたっけ。

初日のは分娩時間と数えないから
次の日の陣痛から数えられて
20時間19分の長い長い戦いでした。

今は可愛い赤ちゃん(時々ぐずって大変)ととも子育て頑張ってます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:choco0229
読者になる
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像fx初心者
» 健診 (2008年06月11日)
Yapme!一覧
読者になる