甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺機能性結節があります。

March 07 [Thu], 2013, 15:28
甲状腺機能低下症を続発性甲状腺機能低下症と言います。超級脂肪燃焼弾
原発性の甲状腺機能低下症とは甲状腺自体の問題で甲状腺機能が低下している場合です。これに対し、より高位の視床下部?下垂体の疾患で起こる甲状腺機能低下症を続発性甲状腺機能低下症と言います。
視床下部でTRH甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌→下垂体でTSH甲状腺刺激ホルモンが分泌→甲状腺で甲状腺ホルモンが分泌、という順番になっています。下垂体が原因の場合を2次性、視床下部が原因の場合を3次性とも言います。
TSHが正常でFT3?FT4が低下しているなら、こういった続発性甲状腺機能低下症の可能性なども考えたほうがよさそうです。理屈の上では続発性の場合、TSH低下→甲状腺ホルモン分泌低下となりそうですが、TSHは正常のこともあり、その場合TSHの活性が低下するなどしています。手持ちの医学書にもTSHが基準値内のこともあると書いてあります。
通常、原発性甲状腺機能低下症ではない甲状腺機能低下症なら原疾患の治療が優先されます。
甲状腺について聞きたい事があります。風邪で病院に行ったんですがのどを触られ「甲状腺が大きいですね時間がある時にでもエコーや血液検査した方がいいね」って言われまし た。病気によって違うと思いますが甲状腺になんらかの異常がある場合どんな症状が出たりするんでしょうか?
機能低下症は、逆に甲状腺のはたらきが衰えて血液中の甲状腺ホルモンが少なくなる疾患です。冷え、皮膚の乾燥、無気力、もの忘れ、いつも眠い、受け答えがゆっくりになるなどの症状がでる為怠け者やうつ病と間違われる事もあります。
ほとんどが甲状腺に慢性の炎症がある橋本病ですが血液中の甲状腺ホルモンが正常の範囲内にあり甲状腺の腫大の少ない橋本病の場合は、とくに治療の必要はありません。
又、特発性粘液水腫といって、甲状腺が破壊され萎縮した為に甲状腺ホルモンが作りきれなくなってしまう病気もあります。狼一号
甲状腺内に腫瘤ができる疾患です。腫瘤の多くは、甲状腺機能には影響しないので体調や精神状態に大きな影響がでることはありません。
しかし良性と悪性があり、良性の結節性甲状腺腫には、甲状腺腺腫と腫瘤が多くできる腺腫様甲状腺腫と甲状腺ホルモンを分泌する甲状腺機能性結節があります。
甲状腺悪性腫瘍は、乳頭癌、濾胞癌、髄様癌、未分化癌、悪性リンパ腫など5種類に分けられています。
甲状腺について聞きたい事があります。風邪で病院に行ったんですがのどを触られ「甲状腺が大きいですね時間がある時にでもエコーや血液検査した方がいいね」って言われまし た。病気によって違うと思いますが甲状腺になんらかの異常がある場合どんな症状が出たりするんでしょうか?威哥王





P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/chkanpojp/index1_0.rdf