他覚的疲労と自覚的疲労感

August 02 [Fri], 2013, 11:35
筋肉の運動量(走行時間等)等の客観的指標で評価した疲労度と、自覚的に感じる疲労の感覚(疲労感)は、乖離することが多い。

精神的な要因に大きく影響され、個人差も大きい。

例えば、気分が高揚しているような場合は、通常では疲労を感じるような仕事量でも、疲労を感じないことがある。

このことは、疲労についての客観的な判定基準が作りにくい原因にもなっている。

又精神的な疲れから、自我を保てない(俗に言うイライラ)になってしまい人間関係が崩れてしまうことがある。

ダイエットサプリメントってどうなの?
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chjrquio2y4n
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chjrquio2y4n/index1_0.rdf