市区町村

March 29 [Fri], 2013, 18:37
医療費控除の申請手続きをするという事は、所得税の還付手続きをするのに加え、後に請求の来る住民税の控除手続きをする事に裳なるのです。これを特別徴収で支払うサラリーマンの場合は12回払いで納付する訳ですから、月々16,000円ほどですが、普通徴収によって支払う人の場合は、分割でも4回までですから、1回当たりの納税額は48,500円となってしまいます。

医療費控除と言えば、所得税から還付されるものだとばかり思い込み、住民税との関係が想像も出来ない!そういう方が多いかと思いますが、その理由は至って簡単で、住民税と所得税とでは支払う時季と方法が大きく異なるからです。つまり、今そこそこの所得があるという人は、来年しっかりたっぷりの住民税が請求されます。

一応国としては、その分所得税で調整しているとは言っていますが、住民税の負担額が増えた人は間違いなく増えています。特にサラリーマンの場合は、所得税と同様、会社が給料から天引きして、在住の市区町村に支払ってくれます。

(前年1月〜12月の総年収-所得控除額)×税率-住民税の控除額一見、私のような余り利口ではない頭の持ち主には難しそうな計算式に思えますが、何の事はない、括弧でくくられている部分によって弾き出されたのが課税所得で、税率は10パーセント。ここに医療費控除との関係が明らかになりにくい理由があるのです。

国税局に聞く確定申告
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chjggwxc
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chjggwxc/index1_0.rdf