清水の舞台から... 

March 10 [Tue], 2009, 16:27
 「笑顔が良いですね」と店長は言ってくれて、このせちがらい世の中でのゲーセンの即決をしてくれた。
 即決の瞬間、2つの幸せにあたしは包まれていた。
 明日から働ける職場がある。
 店長と一緒に仕事ができる。
 あたしは
 店長に人目ぼれをしてしまったのだ。
 だから、仕事の内容を聞いているとき、目がハートマークになっていた。店と店長の携帯の番号をおしえてもらった。
 しかし
 ゲーセンで働くことに家族が反対して泣く泣く辞退した。
 いつものぷー子に戻ったあたしは、店長に会いたい! 会いたい! 会いたい! と店長のことばかり考えて「はぁ。」とため息ばかりついていた。
 そして
 あまりにも店長のことを考えすぎて、心の中が爆発しそうになったので、清水の舞台から飛び降りる思いで、ダメもとで、店長の携帯に電話をした。
 「あの、覚えてらっしゃらないかもしれませんが、あの、あの、藤井です。店長さんに一目ぼれをしてしまい、店長さんのことを考えすぎて心が爆発しそうだったので、あの、あの電話しました」
 面接のときより200%緊張して、しどろもどろになりながら告白した。

 「大丈夫だよ。落ち着いて、藤井さん。今、バスの中だから1時間後に、また電話してね」
 店長の声は優しかった。
 1時間
 「ごめんね」「彼女がいるんだ」とネガティブな答えしか浮かばず、クリスチャンでもないのに拝んだ。
 ananを読んでみたがどこを見てどこをよんでいるのかが理解不能状態になっていた。
 1時間後
 たっぷりの水を飲んで、再び店長に電話した。
 「あの、あの、店長さんのことが好きです。友達で良いので付き合ってください」
 告白した。
 店長は笑いながら
 「頑張りましたね。頑張る人は好きですよ。友達になりましょう」
 そう、言ってくれた。
 それからは、お互いの話をしたりメアドを教えたりして、楽しく和やかな時間をすごした。

 みなさんも誰か好きな人がいたら、思い切ってアタックしてみてください。
 失恋しても、それも1つの恋。
 恋が実ったら、その恋を大切にはぐくんでください。

 店長とは、まだ友達なのでダイエットしたり教養をつけたりして、女の子磨きをして
 「彼女にしてください」と、また清水の舞台から飛び降りて、告白するつもりでいます。

 みんなで頑張りましょう!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちゃび
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:広島県
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・恋愛-店長との恋のゆくえ
    ・ダイエット-ダイエット日記
    ・アート-詩・小説・絵本・ノンフィクションなど
読者になる
2009年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる