意気 

2006年07月03日(月) 20時47分
「いのち」を感じたい。

いろいろ楽しいことが起こって、
新しい出会いも多くて、
やることもいっぱいあって、
充実した生活のはずなのに、どこかが虚ろだった。

「俺は生きてる」という確かな、びりびりくるような手ごたえが、無かった。
「なんとなく」「漠然と」過ぎていく日々。

・・・なにかが足りない。


時間の空白を埋めるように、色んなものに打ち込んだ。
退屈が何よりも怖かった。

何かに熱くなっていないと、
どこかへ向かっていないと、
虚無的な自分がすぐに顔を出す。
ぼくは本を、むさぼるように読んだ。
映画を観た。
音楽を聴いた。
旅に出た。
語り合った。
刺激的だった。そして多くのものを得た。


しかし相変わらず「なにか」が、足りなかった。


ある日、自問した。
今日もいろんなことがあって楽しかった。
だけど・・・

だけど「俺」は、何をしたんだろう?

そしてぼくは気付いた。
観ているだけ、吸収するだけで、それを吐き出していない自分に。
部屋に閉じこもっているだけで、なににも自分をぶつけていない自分に。


「そうか!」


俺に必要なのは、なにかに「自分」を、自分のエネルギー、考え方、感性、能力、才能を、
思いっきりぶつけることなんだ・・・観てるだけじゃ、だめなんだ。

俺がしなくちゃならないことは、
俺が、この俺自身が「創る」ことなんだ。
そして「創る」ことではじめて、「生きてる」って、感じられるんだ。


創りたい。
俺は創りたい。
自分をぶつけたい。
そして自分の「いのち」を感じたい。

六、七割の自分で気軽に楽しめる毎日ではなくて、もっとぎりぎりの、
100%いや、120%の自分を思い切りぶつけて、一日一日を激しく生き切る・・・
そんな煮えたぎるような日々を、ぼくは欲していた。


「見る」−「見られる」から、「共に創る」へ

しかしぼくには、自分を表現するための手段がなかった。武器がなかった。

「いつか一緒に面白いことをしよう」と約束した二人の親友は
それぞれダンス、ドラムと自分の道を見つけたのに、




2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chisuikahu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる