BOO BEE BENZ-10 

2006年09月24日(日) 23時30分
ブービーベンツ企画ライブ東名阪ツアー。
ファイナル。
渋谷クアトロ。

正直、人入り不安だった。
でも全然問題なかったね。
かんなり久しぶりに開場時間前にクアトロ着き。
整理番号呼ばれて中に入った。
最近はどのライブでも開演ギリに行くのが日常的だから。
入ってからが長かった。(笑)

対バンの自由人、ジルコニアもすっごく良かったね♪♪

そして最後はブービー。
またしても2ヶ月以上ぶり。
最近、スパンが空くなぁ。
それだけブービーが各地でライブをやるようになった証拠だよね。
いつものSEが鳴る。
会場一杯の人。
高いステージを眺めながらドキドキした。
いつものセンター。


アルカディア
1/2
バイバイ
夢の世界
命について
ひとりごと
メトロノーム
僕ら
スーパーマン
to me

オレンジ


Rから聞いてたけど。
なんだろう、すっごく大きく、熱くなってた。
演奏も歌声も存在さえも。
曲の聞こえ方が違うのは何故だろう。
久しぶりだから?
ではなく、ブービーが成長したからだよね。
すっごくカッコよくて、その姿に笑顔が溢れる自分が居た。
ステージがいつもの増して輝いて見えた。
イントロが鳴るたびに笑顔が溢れた。

5曲目「命について」

元々大好きな曲だし、大切な曲。
「命について」だってわかったら、急に涙腺が弱くなってさ。
でもまさか号泣するなんて思わなかった。
9月に入ってから色々考えさせられる場面があって。
当たり前だけど命の大切さとか。
元気で生きてることの喜びとか。
そういう事を考えさせられる月で。
そんな気持ちと曲がリンクしたんだと思う、きっと。
しかもライブで聴くのって何時振り?って感じだったし。
最初は前向いてたんだけど、あまりにも涙が出てきて
だんだん恥ずかしくなってきて前向けなかった。
心に響きすぎて。
1曲が長く感じたよ。

前日に「スーパーマン」の話をしてたの。
だからこの曲が始まってRとめっちゃ笑顔で笑いあってた。
思いが通じたのかな?(笑)
聴きたかった曲だから嬉しかった♪♪
ラスト「オレンジ」まで。
最高のライブでした。

ライブ後、DJさんがずっとダンスナンバーを流してくれてて。
DJさん、スタッフのお姉さん、Rと私でダンスフロア状態に踊って。
もうめちゃくちゃ楽しくてHIGHになっちゃって!!
やっぱり音楽って最高だなぁって思った。

ブービーはワンマンも決まったね。
また大きくなってるのかなぁなんて楽しみにして待ってます。



ジェット機−10 

2006年08月07日(月) 23時40分
O−NESTでのFULL SWINGツアー。
エアドラが終わり次がジェット機って事で、フロア前進。
疲れと体調の悪さでムカムカして気持ち悪かった。
でもそんな事は言ってられん。
ムカムカとドキドキ両方抱えながら、始まるのを待った。
いつもの搭乗アナウンス、そして、メンバー登場。
曲のイントロが始まる前に人を掻き分けて3列目付近まで前進。
一気にステージが近くなった。

テ・イ・コ・ウ
My world
FULLSWING
Fly high
サンドウィッチ
赤いヒヨコ
Do the dance
レベロン

1曲目がテイコウってめっちゃ久しぶりじゃない?!
テンション上がる。
ってか宮田ジェットがめちゃくちゃ近い。
サングラスが似合いすぎてカッコいいんですけど!!
この近さ久しぶりなこの感じ。
やっぱり小さい箱は良いね。
顔が緩む。

2曲目大好きなMy world。
会場が一気に揺れる。
ビルの上にある会場って、本当に揺れるから恐いんですけど。(汗)
渋谷クアトロとか昔のリキッドとか。
ビル自体がグラグラ揺れるよね。
気のせいかなぁって思ってた。
ライブ始まった時から宮田ジェットと何度も目が会ってる気がしてた。
まぁこの距離だし、またまたカモって思う気持ちもあったけど。
サビ。
宮田さんの指が誰かを探してるように見えた。
何だろって思って、私も腕を伸ばして見てたら。
その指が私を指したの。
一瞬、時間が止まった。
宮田ジェットが真っ直ぐ私を見て、指を差して、私に歌ってる。
嘘だって思った。
私が居たのは3、4列目。
前にも人が沢山居る。
それでも私を探して私に向かって歌ってくれてた。
信じられない光景だった。
信じられずにキャーってなる。
嬉しくて、信じられなくて。
その表情がまるで「ありがとう」って言ってくれているようだったの。
勘違いかもしれない、思い違いかもしれない。
自意識過剰なのかもしれない。
でも私にはそういう風に思えた。
「ありがとう、オマエだよ」って頷きながら、私を見ながら言ってくれてたの。
その後、次のサビでも、まったく同じ事が起こった。
ねぇ、こんな事って有り得るのかな?
1度じゃなくて2度もだよ。
伸ばした指と指が向かい合う。
前に居た人をよけて私を指した指。
信じられなくて、泣いてしまった。
泣くしか出来なかった。
偶然じゃないよね?信じていいんだよね?
きっと、私たちを探してくれてたんだ、あの指が。
手紙が届いたんだ。
嬉しかった、もう何もいらないって思った。

3曲目が始まると同時に私は一歩下がってた。
またFULLSWINGだよ、また泣いてるよ私。(笑)
この曲泣くような曲じゃないよ。(笑)
最初は、信じられないことを受け入れるのに時間が掛かって。
でもすっごく嬉しくて。
サビではいつものようにタオル振り回してたけど
それまではグチャグチャだった。

4曲目Fly high。
頭から一緒に歌ってたら野田ジェットと目が合って
ニコって笑って頷いてくれた。
低い天井が青空に変わる。
腕を伸ばす手がツバサになる。
気持ちがココに全部集まるこの感覚。
幸せをかみ締めた。

サンドウィッチでは「道玄坂」コールをし。
赤いヒヨコ、Do the danceといつもの流れで駆け抜ける。
あっという間。
ラスト。「まだまだ飛べますかー?」の声にRと笑顔で顔を合わせた。
待ってました!レベロン!!
足がガクガク。
それでも思いっきり飛ぶ。Rと手を繋いで。
レーベロンベロンベロンレーベロンベロン!!
バカだー!!

完全燃焼とともにフラフラになる。
気持ちは胸いっぱい、でも体力は限界だった。
でも奇跡みたいなあの光景。
もう頭が回らなかった。
宮田ジェットの病気が本当にこれくらいで済んで良かったぁ。
ジェット機解散の悪夢を毎日見てうなされてた。
そんな日もあったんだもん。
こうして4人のステージが又見れているのが現実。
本当に良かった。幸せ。

ジェット機、大好きです。

ジェット機−9 

2006年07月24日(月) 23時34分
満員のフロア。
いつものザーザズーと違う空間に見えた。
センターの6,7列目くらいを陣取る。
ドキドキして気持ちが高ぶってた。
Rとテンション上がりすぎて訳わからない話で盛り上がってた。(笑)
ステージでは楽器のセッティングをするメンバーさん。
センターに置かれる少し高さが低めのスタンドマイク。
ヤバ。

暗転。
「まもなく当機は・・・・」
いつもの搭乗アナウンス。
メンバーの名前がアナウンスされる。
叩く手に力が入る。喉を絞って「ジェット機」コール。
メンバー3人がステージへ。
そして、宮田ジェットがー!


FULL SWING
My world
Fly high
サンドウィッチ
Do the dance
赤いヒヨコ
レベロン


FULLSWINGのイントロが始まる。
目の前にいる4人。
何も変わらぬ宮田ジェット。
それだけ、ただそれだけ。
前が見れなかった。
嬉しくて、ずっと夢見てた光景が目の前にあった。
イントロから涙が止まらない。
泣きながら前進、ステージが目の前だった。


    涙が出る日もあるけど人生
    らりるる るらりり りるれろだー!
                      (FULLSWING/ジェット機)


訳がわからない。(笑)
My world は今のこの状態を歌っているような曲。
ライブで聴くといつも思うよ。
誰にも負けないくらい、前を向いて力強く飛ぶ。
私が欲しいのは、似たものでもなく、この空間1つだけ。
ジェット機じゃなきゃダメなんだ、他の音じゃ全然ダメなんだ。
それを痛いくらい感じる。
Rと手つなぎ飛ぶ。
アッキンのギター今日も最高ー!!

そしてFly high。
目の前に青空が広がる。
私にしたら「お前らと今ココで描いてる デッカイ未来」だ。
みんなの指先まで伸びるその腕の先に、私は確かに青空を見た。
低くて暗い、地下のこんなに狭い空間なのに。
何故だか、どこまでも飛んでいけそうになる。
今なら何でもできる、大丈夫って思える。
「大空に両手を明日の全てに光を」。
いつまでも変わらずに大好きなフレーズだ。

すでにお馴染みになってきた新曲サンドウィッチ。
曲前のMCで病気の話しをしてくれたけど。
その流れでコールは

「イェーイ突発ベイベー」
「イェーイ難聴ベイベー
イェーイとっ突発ベイベー」
「イェーイ突発難聴」

帰ってきたよ。
ずっと言ってた。
「きっと帰ってきたら笑い飛ばして難聴をネタにするんだろうね」って。
フロアには笑顔が咲く。
「突発難聴」っていう病名を聞いて、「突発」なんてジェットっぽくない?
って思ったって。
なんかロックっぽいし、ジェットっぽくて良くない?って。(笑)
一番ダメなのは、「ロックと激しい運動」。
それ、アナタの事ですから!!(笑)

Do the danceそして赤いヒヨコ。
ジェット機のライブっていつもそう。
全然休ませてくれない。
何キロ走ったの?ってくらいの動機息切れ。
でも次の曲が始まればヘロヘロでも飛んじゃうし歌っちゃうし拳上げちゃう。
汗拭いてる暇もない。(笑)
ザーザズーの熱は下がることなく突っ走る。
やっぱりライブ曲だなぁこの2曲。
楽しすぎ。

へとへとで喋るのも辛いけど、終盤。
「まだまだ飛べますかー?」
「代々木を揺らせますかー?」
来たな、このやろう!!(笑)
足がガクガク言いながらも思いっきり踏み切ってジャンプ。
レベロン!
もう訳わからない、自分が。(笑)
今にもよろけそうなのに、気持ちがソレを許してくれない。
気持ちは前へ、上へと突き進む。
何なんだろ、この感じ。
魔法のこの言葉を聴いてると、日常がちっぽけな世界に見えてくる。
なんであんな事で悩んでたんだろうって。
頭が空っぽのなる。

7曲、40分弱。アンコールなし。

たったそれだけの時間なのに。
世界が違って見えるのは何故なんだろうか。
すべてが洗い流された気がした。

1週間前。
宮田ジェットが突発性難聴でライブを休むことが決まって。
あれから1週間。
心配で寝れない日が続いた。
祈る思いで毎日折り続けた千羽鶴。
長い1週間だった。
全国から集まった2700羽以上の鶴。
その鶴をまとめる作業が終わったと同時に宮田ジェットの復活を知った。
想いが通じたんだって本当にそう思ったの。
みんなの想いが通じたんだって。

宮田ジェットお帰りなさい。

4人が当たり前。
ステージに居て当たり前って思ってた。
でも違うんだよね。
当たり前な事がすっごく幸せで。
今、私はすっごく幸せです。
千羽鶴企画に参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。

BOO BEE BENZ-9 

2006年07月06日(木) 23時27分
今日から始まった北沢音楽祭☆
下北が音楽で溢れる季節がやってきましたー!

そんな初日。
ガレージでブービーライブ。
驚くなかれ、三ヵ月ぶり。(笑)
うわぁーブランクありすぎ自分!!
確かに東京でのライブは少ないけどずっとしてて
タイミング合わず。
久しぶりのベンツさんでした。

Rとご飯食べてガレージへ。
9時から出番だったからかんなりノンビリ。
ブービーの行く末を語り合う。(笑)

ガレージ思ったよりガラガラじゃん!
大丈夫なの?
なんて思ったって事は忘れて。(笑)
セットリストが凄かったー!!


アルカディア
生まれかわっても
ひとりごと
バイバイ
夢の世界
to me


こんなん初めてだよ。
今までの常識をくつがえされた。
しかもライブ前にRと話してた通り。
ステージから愛を感じたのは私だけですか?(笑)
今日、このライブに来れて良かったよ。
調度一年前の代々木でのワンマンが蘇って来た。

時間なんてさ、何もしなくても過ぎて行く。
時間の速度はみんなに平等で、時間の流れは記憶を、感情を洗い流して行く。
速度は平等だけど、その時間の長さは平等じゃない。
何処まで行けるか、何処で終わるかわからない。

今の自分をもっと誇れるように。
まだまだ諦めないよ。

ブービー見てるとさ。

負けてられないって思うんだよね。
どんどん追い越されて見えなくなる前に
私も、歩き出さなきゃって。

カッコイイじゃん、ブービーベンツ。
私はブービーよりも先に宝島にたどり着いてみせるよ。
宝探し絶対負けないから。(笑)

Rがアンケートの好きなアーティストの最初に「ジェット機」って書いてた♪
嬉しいー!

隣にRが居ると笑顔が増すよ。
いつもホントありがと☆

次は打ち上げで!!
お疲れ様♪♪

ジェット機−8 

2006年06月29日(木) 23時30分
ずっと待ってたワンマンライブ。
4月名古屋、5月大阪、そしてファイナル6月東京!!

フロアいつもに増して人が多い気がした。
宮田ジェットも行ってたけど、動員が少しずつ目に見えて増えてきてる。
いつもの定位置、野田ジェット側。
定時少しすぎ、SEですでに盛り上がるフロア。
この搭乗アナウンスが気持ちを高ぶらせるんだよなぁ。
まだ暗いステージに川西ジェットが登場☆
一気にフロアが詰まる。
1曲目はもちろんFULLSWINGから!

1:FULLSWING
2:HOLE
3:Crayon
4:jet train
5:LOST
6:My World
7:Fly High
8:センセーション(新曲)
9:サンドウィッチ(新曲)
10:LINE
11:ライダー
12:RIDE
13:Jumpin'
14:時計仕掛けのラスタマン
15:レベロン
16:赤いヒヨコ
17:シャイニングライト

EN-1:Do The Dance
EN-2:ラストナンバー
EN-3:stand by me


頭から飛ばしまくりの曲順。
1曲目から汗だく。
でも自然と笑顔がこぼれる。
ずっと聴きたかった「LOST」。
久しぶりで嬉しかった♪♪
新曲の2曲は次のアルバムの曲?
楽しみが増す、すでにライブでは大盛り上がり!
「LINE」はずっしり響く。
宮田ジェットがスタンドマイクを握り締め、目を閉じて歌う姿。
今の私はまさに「LINE」だ。
FULLSWINGのカップリング「RIDE」好きー!
楽しい楽しい♪♪
そして「時計仕掛けのラスタマン」!きゃー!!
ずっとやって無かったよ、それこそ1年ぶりとか?
ありがとうございます☆
久しぶりに躍らせていただきました!ワン!ツー!!
本編ラストはシャイニングライト。

アンコールはメンバー紹介から始まり。
アッキン最高!(笑)
「Do The Dance」が始まると同時に後ろから波が。
そのまま波に乗って「行っちゃえ!」とRと前へ!
次の「ラストナンバー」みんなで1つになって歌う。
楽しい!!
宮田ジェットが真ん中のバーの上を歩いてフロアを進む。
すごい人の押し寄せ。
みんなで宮田ジェットの足を支えてた。
足、すっごく震えてたよ。(笑)
手も握ってもらえて嬉しかった。
ラスト「stand by me」でシッカリしめてキッチリ2時間で終了。
お疲れさまでした♪♪

毎度の事ですが。
ものすっごく楽しかった。
これぞジェット機!
曲はもちろん、セットリストも、お客さんの煽り方も、MCも。
何処を切っても楽しくて。
今までリキッド何回かやってるけど、一番の盛り上がりだった気がする。
とにかく楽しかった!
ジェット機、本当にありがと♪♪

今日からまた頑張ろうね!!

ザ・ルーズドッグス−3 

2006年04月05日(水) 21時04分
4月2日、かませ犬ROUND13行って来ました♪
初かませ犬だった、この日。
あ、SPは行ったんだ。
もう1年以上やってるイベントなのに、何やってるのかね、私。
久しぶりに行った原宿ルイード。
よく考えると1人でルーズのライブを見るのは初めてだ。

ルイードの着いてお目当ては?と聞かれ。
「ザ・ルーズドッグスです」と言った後に思わず笑顔がこぼれた。
だってルーズ目当てですって言ってライブ見るのなんて、それこそ1年以上ぶり。
かませ犬Tを来たファンのみんな、セットチェンジの転換でのVTR。
すべてが新鮮で不思議な気持ちだった。
なんで私はこの中に居なかったんだろうって。

ライブは入り口のすぐ近くの一番後ろで見てた。
上着も脱がずに。
前に行くつもりは無かった。

セットリスト

恋ローゼ
友達と海へ行こう
返り路
ジレンマン2
日曜日
恋におちて
ステレオ
GIVE ME
しょぼい顔すんなよベイベー

ラジオガール

ライブは海ほたる以来半年振りだし、なによりイベントでのルーズライブは本当に久しぶり。
1曲1曲がすっごく嬉しくて結局全曲一緒に歌ってる自分。
笑顔がこぼれる自分。
朝から頭の中で「日曜日」がかかってて、やるかなぁとはおもったけど
「日曜日」が聞けたことが嬉しくて。
やっぱり「返り路」良いなぁ。
ココも漢字変えちゃおうかなぁ。(笑)
しょぼチャン前のリーダーのMC、そして楽しみにしてたしょぼチャン。
思わず泣きそうになった。
やっぱり大好きだ。

もうね、1コト。
行って良かった。
笑顔があふれてたもん、私。
ルーズの暖かさに久しぶりに触れた。
色々な事と向き合うチャンスっていうか、そういうモノをもらった気がする。
時間が経つにつれて、変わってしまうこと。
環境だったり、気持ちだったり。
でも、根っこの部分は何も変わらないって言うか、きっと変われない。
良い意味でも、悪い意味でも。
6月のワンマンライブは、久しぶりに犬Tを来て行こう。

しょぼチャンが沢山の人の心に響くと良いな。
大好きな曲、大切な曲が世の中に産み落とされる。
こんない嬉しいことはないよね?
今はそう思える。


BOO BEE BENZ-8 

2006年04月02日(日) 13時47分
3月30日、エガオサバクFINAL&ライブハウスツアーFINAL★
お疲れ様でした!

セットリスト

メトロノーム
夢の世界
to me
オレンジ
ピュア
暖炉

あっというまの5ヶ月間限定自主企画イベント「エガオサバク」。
あっという間だったけど、内容の濃いイベントだった。
対バンも初めて見るバンドが多かったけど、色々な意味で勉強になったって言うか。
この世の中は素敵なバンドがあふれてるね。
ブービーベンツにとっても大きなイベントになったとおもう。
回を重ねることに力強くなる音。
存在感って言うか。
成長が目に見えるイベントでした。
急遽企画したメッセージ集めも沢山の方の協力の下、大成功に終わりました。
きっとこのイベントはこれからのブービーにとっての一区切りと言うか。
また新たな第一歩になったんじゃないかなと思う。
これからが楽しみです。

言葉で上手く言えないけど。
沢山ありがとう。



ジェット機−7 

2006年03月21日(火) 20時36分
3月17日。
完全招待で行われた渋谷DUOライブへ行ってきました!
セットリスト。

1、レベロン
2、Do the dence
3、赤いヒヨコ
4、Jumpin’
5、FULL SWING
6、risky
7、jet train
8、ライダー
9、shining
10、テ・イ・コ・ウ
11、My world
12、ラストナンバー
13、Fly high

En1、crayon

En2、stand by me

ライブの集大成ともいえるセットリスト。
これはヤバイ。
何ていってもバラードが1曲しかないからね。
最高です。

BOO BEE BENZ−7 

2006年02月22日(水) 20時12分
エガオサバクvol.4。
やっぱり下北は雨だった。
不思議だね、ブービーの下北ライブって言うといつも雨。
前回のエガオサバクも代々木だったけど雨だったんだぁ。
天気の中で雨の日の割合ってどれくらいあるんだろう。
でも、雨が降る。まるで選ばれた日みたいに。
私は雨が好きで。
「珍しい」ってよく言われるけど。
出掛ける時に雨は嫌だし、気持ちも雨が降ってるだけで落ちたりする。
でもね。
雨って「世の中を洗い流す」ために降ってるような気がするの。
世の中の汚い部分を流すために。
だから台風が行った後ってすっごく晴れて、すべて洗われるような。
台風の後の青空って人を笑顔にさせるよね。
でも私たちは流されたくない。
だから流されないように傘を差す。

平日のライブは辛かった。
最近はもうダメだねー、平日辛い。
しかも月曜日だもん。
会場のQUEに就いて友達と合流したら、友達がグッタリしてた。
お疲れ様。
1場番手がマグナムで
2番手が楽しみにしてた対バンAIR DRIVE。
やっぱり良かった♪
上手いね、ライブの雰囲気作りが。
少しづつみんなを引き寄せていく感じ。
会場があったまっていく感じ。
楽しかったです♪

ラストはブービーベンツ。
毎度ながら気持ちを全て持っていかれました。
セットリスト

バイバイ
スーパーマン
夢の世界
暖炉
メルヘンダイバー
ナースリーソング
to me

オレンジ

「バイバイ」から始まるライブ。
今回のセットリスト、今までで一番良かったかも。
それくらい良かったです。
「スーパーマン」はいつ以来だろう。
もしかしたら私が行ってないライブでやってるのかもしれないけど。
久しぶりだったの、めちゃくちゃ。
ブービーのアンケートで
「一番好きな曲はなんですか?(アーティスト問わず)」
ってのがあって。
私はいつも「スーパーマン」と「命について」って書いてて。
それくらい、大好きな曲。
というか、ブービーを好きで、ライブに本数行くようになった切欠の曲なのね。
ブービーのライブに行き始めた2年前。
ライブでこの曲をやるごとに、隣のアヤナと共に涙を流してた。
恥ずかしいくらいに泣き崩れてた時期があった。
だから、すっごく嬉しくて。顔を上げられなかった。
嬉しかった、本当に。

ジェット機−6 

2006年01月21日(土) 12時45分
2006年1月18日。
ジェット機ファーストシングル「Fly high」発売になりましたー☆
いぇい♪♪

ジェット機は2003年にミニアルバムでデビュー。
その後、2004年、2005年と2枚のアルバムをリリース。
ライブ会場夏限定でシングル「夏の花火」の販売はあったものの。
こうして店頭にジェット機のシングルが並ぶのはこれがはじめて。
しかもその曲が「Fly high」ときたー!

「Fly high」は2004年リリースのアルバム「JET’S FACTORY」に収録されている曲のシングルカット。
もちろん撮りなおしです。
ライブでは欠かさず演奏されているし、一番盛り上がるジェット機の看板曲。
ジェット機のライブに行き始めた頃は、フライハイを聴きたくてライブに行ってたって言っても良いくらい。
2番間奏前の

  大空に両手を 明日のすべてに光を

っていう歌詞が本当に大好きでね。
今では歌詞に合わせてフロアもみんなで両手を上げるんだけど。
最初は本当に数えるくらいしか両手を上げてる人が居なくて。
私はずーっと上げてた。
いつの間にか宮田ジェットが歌詞に合わせて両手を挙げるようになって。
それに合わせてフロアも!!
「私が最初」とは言わないけど。
今では恒例のモノが出来ていく景色を見れたようで。
この曲をライブで聴くと、3年前を思い出す。
ライブハウスの低い天井が青空に見えるんだよ。
手を伸ばすと空に手が届きそうで、飛べそうになるの。
「まだ飛べる、もっと飛べる」って思う。

もう1曲収録されてるのが「命果てるまで」。
ゆずのアルバム曲でジェット機が演奏協力をしてたあの曲。
ジェット機がカバーしてます。
かなりテンポアップで、ギターがめちゃくちゃカッコいい。
歌詞がすっごく良いんだけど、宮田ジェットが歌うともっと力強くてさ。

  生きられるのに死んだ人が居る
  死にたくないのに死んだ人が居る
  生きているのに死んでる 死んでる人が居る

って歌詞があるんだけど。
今の時代を反映してるって言うか。
だけど、

  命果てるまで 灯火が消えるまで
  強く もっと強く 魂を焦がしたい

んだよね。
名曲です、本当に。

この2曲を収録して、なんと800円!
今、シングルで800円ってないよね。
きっと何かを与えてくれると思う、ジェット機の音楽は。
私が自身をもってお勧めします。


P R
<<<自己紹介>>>
千里
21歳・会社員
好き→ライブ
音楽
SOPHIA
ジェット機
POTSHOT
ニューロティカ 他
ライブハウス講座



メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chisato019
読者になる
Yapme!一覧
読者になる