ふるさと納税(長崎県大村市) 

February 20 [Mon], 2017, 23:59
長崎県大村市のふるさと納税。
二ヶ月に一度何かが届くというのをやってみて、一年間とても楽しかったので、また年末にやってみました。
10月に届いたみかんが「おいしい」またぜひ食べたい!!というのもあって。

それが説明をよく読んでいなかったのかもしれないのですが、今回は「冬から春に届くコース」だったみたいで、二ヶ月に一度どころか、毎月届いてしまい・・
12月にプリン、1月にハンバーグ、そして2月に野菜の詰め合わせ。
この調子だとみかんはもう届かないわね・・(悲)

野菜の箱の中にはなぜか「いちご」の説明が入っていたので、もしかしたら本当はいちごが届くのだったかも。
う〜ん、私はいちごがよかったかな。
野菜もおいしかったですけどね。あ、写真はないのですが、入っていたものは、
「春キャベツ、大根、里芋、セロリ、アイスプラント、グリーンリーフ、きゅうり、トマト、プチトマト(いろいろな色のもの)、ブロッコリー、しいたけ、白ねぎ、そしてトマトドレッシング」でした。
土日の夕食にたっぷりいただきました。

 おおむら夢ファーム シュシュ

『マイマイ新子と千年の魔法』再上映@イオンシネマ防府 

February 18 [Sat], 2017, 23:37
今日から再上映「マイマイ新子と千年の魔法」@イオンシネマ防府
うちの事務所のポスターもこの日を待っていました♪

映画『キセキ〜あの日のソビト〜』 

February 12 [Sun], 2017, 23:59
GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いた作品。

松坂桃李さんと菅田将暉さんのダブル主演だし、曲も好きだし・・どんな映画なのかな〜観たいな〜と思っていたら、あるときNHKで、メンバーに似せた被りものの中に本人達が入ってのインタビューをやっていて。
がぜん興味が!

しかし、劇場はほとんどが若い人たち。
それもほぼ満席です。ん〜場違いだったか・・?



【以下ネタバレあります】

昭和な感じのお父さんが怖い怖い。
「弟は顔を出さずにデビューさせたい。親父にバレたら日本刀でぶった切られる(殺される?だったかな)」と言ったら、レコード会社の人が「お前のお父さんはヤクザか?」「ヤクザより怖いんです」と。

でも兄弟揃ってお父さんの前できちんと正座しているところとか、お父さんを尊敬している気持が素晴らしいと思いましたね。
こういう一本芯の通った育てられ方をしたからこそ、二人が成功したのでしょう。(お兄さんは自分以上に弟が音楽の才能を持っていることに気づき、縁の下の力持ちという立場を選びますが、普通はなかなかふん切れ無いだろうし、嫉妬したり妬んだりすることもあると思います)

家の中心は、でもやはりお母さんでしょうね。
あんなに威張っているお父さんだって、夜眠れないときに「お父さんは最強のお医者様ですよ」とかなんとか背中越しに言われて、ちょっと息遣いが落ち着いたり。
受験で失敗した弟のことも「(すき焼きを食べながら)落ちてもおいしいお肉はやっぱりおいしいわね〜」と言いながら、翌年合格したら「去年はお肉の味が全然しなかったものね」とか。
「子どもが二人とも歌手だなんて、お母さん黙っていられないわ〜」とか。
きっと子どもたちは両親のことが大好きなまま育ったと思います。

歯科医を目指しながらの音楽活動も、それなりに描かれていましたが、でもまあ本当は国家試験の大変さとか医学部と変わらないのに、そういうのまでは描かれていなかったというか。(あれだと歯科衛生士と変わらない感じしかなかったし)

そして最後に、あんなに音楽を無駄扱いしていたお父さんが「GReeeeNって知ってるか?GReeeeNみたいないい音楽をしろよ」と声をかけるところ。
これって、お父さんがGreeeeNの正体に気づいているのかいないのか?観客に判断を委ねているのですが、これもまたいい。お母さんも何も言わずに微笑んでいるだけのところも。


>GReeeeNの代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いた作品・・とありましたが、家族や仲間の話だったんですね。

監督の兼重淳さんにはNHKドラマ『一番電車が走った』のときに、「監督作品を楽しみにしています」とお伝えして、それが今回こういう形で叶って。よい作品でよかったです。

NHK『空想大河ドラマ 小田信夫』 

February 06 [Mon], 2017, 23:59
空想大河ドラマ 小田信夫

今期の大河は見ていないけれど(高橋一生くんが気にはなる)、空想大河の方は涙流して笑いました!!


WOWOW連続ドラマW『本日は、お日柄もよく』 

February 05 [Sun], 2017, 23:59
原田マハさん原作の『本日は、お日柄もよく』が、佐々部監督の手によりドラマ化。全4話。
連続ドラマだったけど、なんだか1本の映画のようでした。



めぐちゃん、『八重子のハミング』に続いて二度目のウエディングドレス姿。
主役の比嘉さんも上司役の長谷川さんも顔が濃いので、めぐちゃんのほんわかさりげないかわいらしさが、逆に一服の清涼剤のように効いていたと思います。
渡辺大さんとまた時代劇とかも合いそう。

そして個人的には比嘉さんのウエディングドレス姿の美しさに惚れ惚れ〜
もこみちさんと並んで、まるでグラビアのようでした。

また興味深かったのが、こと葉さんがスピーチライターについて学ぶ過程で登場したリスニングボランティアの話。
このシーンも月影瞳さんがぴったり!
いや本当に、話す事の前に聞く事がいかに大切かを改めて思いました。(日頃の反省も含めて)

全体を通して劇団巌流第二級さんの姿もちらりと見え隠れしていたのもなかなか。(笑)
あ、でも、第2話にはクレジットされていなかったです。もっちゃんは加入していないのかしら?
(まあ任意の団体ですからね)

小川糸さん『あつあつを召し上がれ』 

February 01 [Wed], 2017, 23:59
小川糸さんの短編集です。
ちょっとした空き時間などに読むのにぴったりです。

お話もちょっとほろりとくるような、そんな感じで、意地悪な人とか出てこないし。
あ、でもちょっと、記念日に思い出のレストランに行くご婦人のお話は、なんだかやるせなかったな〜
(お嫁さんの態度とか・・ね。話のつくりも作り物っぽかったし)

文庫本を買いましたが、図書館で借りてもまあよかったかな。(苦笑)


あつあつを召し上がれ (新潮文庫)
小川 糸
新潮社

NHK『フェイス』 

January 23 [Mon], 2017, 23:59
NHKフェイス

20日(金)に中国中方向けだけですが、NHKで「すずが伝える戦争『世界の片隅に』に込めた思い」の番組が放送されました。
もちろん大ヒット中の映画『この世界の片隅に』のことです。

原作者のこうの史代さんは他にも『夕凪の町 桜の国』という広島の原爆を描いた作品もあり、それは佐々部清監督が実写化されています。
その繋がりなのか?スタジオゲストは佐々部監督でした。
(もうひとり、『シン・ゴジラ』で肩からタオルをかけた姿が印象的な、塚本監督からのコメントもありましたが)

朝日新聞の広告「観ると語りたくなる映画です」←これって、佐々部監督がこの番組で言っていたのをぱくっていますね。


映画『おと・な・り』 

January 21 [Sat], 2017, 1:02
日本映画専門チャンネルにて、久しぶりに。
公開当時か、その少し後か、どこかのスクリーンで観た作品です。シネコンではなかったと思います。

主演の岡田准一くんと麻生久美子さんは、どちらも私が一番好きな俳優さん。

壁の向こうの「音」だけでお互いを想い合う・・

ラストがいいですよね、最後にドアを開けてお互いの笑顔を見て、それで映画の幕が降りる感じ。
「あのあと二人はどうなったんだろう?」って想像していると、エンドロールの後ろで、二人の会話が聞こえてきて。
それも数年後の二人。まだ歌を全部覚えていないところとかちょっとおちゃめ。
フランスに行ったあとも、ちゃんと繋がっていたんだなとか。いろいろ。

「音」がテーマだからなのか、わざとらしく音が気になる場面もあるけど。(ガチャンと鋏を置いたりの音など)
でも麻生さんのやわらかな笑顔と、岡田くんのこれまたかっこいい笑顔で私は全てOKです。
やっぱりDVDを買おうかな。とりあえずパンフレッとを読み返そうっと。

おと・な・り [Blu-ray]
クリエーター情報なし
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


映画『ゾウを撫でる』 

January 20 [Fri], 2017, 23:59
日本中がセンター試験一色で、地元は雪で真っ白だった1月の14日。
映画『ゾウを撫でる』の劇場公開初日、観に行ってきました。



尾道のお蔵出し映画祭と、海峡映画祭での上映から数えて、スクリーンで観るのは3回目。

元々は、ネット配信の作品で、オムニバス形式のお話が、最後に一つにまとまる・・(そのラストの回はネット配信されずに、スクリーンのみでの公開という、こんなの初めてじゃないかな?)

それで、この日はなんとなんと!佐々部監督はじめ演者さんの舞台挨拶があったんですよ!(登壇者は小市慢太郎さん、金井勇太さん、山田裕貴さん)

どの回の物語が好きかとか最初のころは私もいろいろ思っていたのですが、今回久しぶりに通しで観てみると、あぁ全部がやっぱりいいなぁと、なんだかストンと心に入ったように思いました。
「ゾウ」は映像の「像」・・あ、同じ字なんだ!というのも、納得できたし、青山さんの脚本はやっぱりすごいなぁと。

そして映画作りには無駄なものなんてひとつもない、小さな「必然」がたくさんあってこそ出来上がるものなんだと改めて感じました。



小市慢太郎さん、実際に見ても存在感が圧倒的です。
金井さんもお話が面白いし、山田さんは撮影から2年経ってもっとかっこよくなっていました!

そうそう、山田さんはこのあと別の映画(闇金ドッグス)の舞台挨拶にも行かれると言われていました。
「あの映画では、菅原大吉さんをボコボコに殴っている」とのこと。『ゾウを撫でる』では、菅原さんはフィルムコミッションの担当者さんで、すごく親切にしてくれていたのにね・・


wowowドラマ『本日は、お日柄もよく』 

January 16 [Mon], 2017, 23:59
原作も一気に読めました。ドラマもテンポがすごくいいです。
キャストもみんなぴったり!
それにしても比嘉愛未さん、足が細すぎ!!




本日は、お日柄もよく (徳間文庫)
原田マハ
徳間書店
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像三田尻
» WOWOW連続ドラマW『本日は、お日柄もよく』 (2017年02月13日)
アイコン画像poko
» 映画『おと・な・り』 (2017年02月12日)
アイコン画像神崎和幸
» 映画『おと・な・り』 (2017年01月22日)
アイコン画像poko
» 映画『疾風ロンド』 (2017年01月07日)
アイコン画像神崎和幸
» 映画『疾風ロンド』 (2016年12月12日)
アイコン画像poko
» 映画『疾風ロンド』 (2016年12月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:poko
読者になる
Yapme!一覧
読者になる