浜崎あゆみ『A BEST 15th Anniversary』と彼女について

April 05 [Tue], 2016, 1:03










『A BEST 15th Anniversary Edition』買っちゃいました!

特に当時お目にかかれなかった絶望三部作『vogue〜Far away〜SEASONS』のビデオクリップが見たくて(*´v`*)
当時あゆ大好きだったんですが、お金がなかったのもあり『A BEST』買えなかったんですよね〜(´ `)
友達から借りてカセットテープに録音してプレイヤーで聴きまくってました!

あと元々お小遣いが少なかったのもありますが、その中で特に消費されるもの、音楽みたいにカタチに残らないものにお金を割く気になれず、あゆのほとんどのCD、アルバムをいろんな友達から借りてひたすらテープに録音してました(;´ω`)


初めて自分であゆのアルバムを買ったのは『A BALLADS』でした。
今まで散々聴いてる曲ばかりなのに買ったのはあゆがあゆを癒やすという、あのブックレットが大きかったような気がします。
(また今になって思いますが、あゆの曲は何回聴いても曲減りしないんですね〜。特にバラードは大好きです)


そこから 『Memorial Address』とか『MY STORY』とかもブックレットに釣られて買うようになり…
大人になってからは中古で『Duty』『I am...』を買いました。
豹あゆ、めちゃくちゃかわいい…(*´∀`)
イメージヴィジュアルってやっぱり大事ですね。

でも『Secret』『Bold & Delicious』『GUILTY』は買う気になれなかったです…
その頃から個人的にあゆ離れしてたような…
『JEWEL』『alterna』『kiss ‘o’ kill』とか好きな曲やPVはあったんですが所有欲は湧かず…

しかし『Rock ’n’ Roll Circus』が歌詞も楽曲もPVも神がかっていて大好きなアルバムになりました。
そこからまたやっぱりあゆは良いな〜ってなって『Love Songs』買って『crossroad』『Virgin Road』を好きになりましたがPVにはあまり引き込まれず…
でも一緒に撮影してる外人さんとめっちゃ仲良いな〜あゆって演技でこんな笑顔出来るのかな〜心底から幸せそうだな〜…って思ってたらまさかの結婚!
そしてそのPVは今や(個人的に)あゆの黒歴史に(;´д`)

そのあとめげずに『LOVE again』のBlu-ray付きのほう買いましたが、歌詞もあんまり心に残らないし曲も頭に入ってこないし、PVはこれまた男とイチャイチャ小柴居して…そのままのちの彼氏になりしかもドロドロ破局(;´Д`)
Blu-rayで無駄に画質よくて後悔しました…


そしてもう『Party Queen』から聴かなくなりました。歌詞だけみたら上手くまとまってて楽しめるなと思ったんですが、曲を聴く気になれなくて。
一番変わってしまったのが声なんですよね。歌い方というか。
海外のディーバのように声量で圧倒するような野太い声としつこく感じるビブラート。
耳を悪くしてしまったのでビブラートを利かせた方が音を取りやすいのでしょうけど、それにしても酒焼けしたような野太い声が残念で…
高音が伸びないですし…
今のあゆが書く力強い歌詞には今の歌い方の方が説得力もあるし雰囲気もいいんですけどね。

元からあゆはハスキーな声でしたが、それを高音域で歌うことによって誰にも真似出来ない存在感のある魅力的なクリスタルボイスになっていたんですよね。

今はネタで今のあゆの歌真似する芸人さんとかいますよね(´-ω-`)


でも昔からあゆは自分のことしか歌っていなくて、今のあゆが昔の曲を歌ってもマッチしないし、昔のあゆのままじゃ今のあゆの曲は歌えないように思います。

ライナーノーツに、あゆはデビュー時からピークで引退したいと考えていたとありました。この仕事を長く続けるつもりもなかったし、もう早く消耗させていなくなってしまいたかったと。
20歳そこそこの子が自身の商品価値を理解し、その存在を『消耗』なんて考えるとは只者じゃないです。

当時『A BEST』を出すのはあゆ自身全く納得できないことで、でも大きな動きは曲げられず、その中で現実と向き合って出来る限りの反抗を尽くして、ベストではなく『清算』として完結させたそうです。

そんなあゆが今、歌い直しも何もせず改めて『A BEST』を当時のまま出すということは深い意味があるように思います。
まるであの頃のあゆに、自分はここまで『浜崎あゆみ』をコントロール出来るようになったよ、と言っているような。

世間ではもう落ち目だとか、ピークのときに引退すればよかったのにとか言われていたりしますが(私もそう思っていました)、現実は辞めたいときに辞めさせてもらえず、あの頃は良かったとか言われ続けるのは残酷ですよね…

でもあゆはこの状況すらも既に受け入れているのです。
今回のブックレットにあゆが書いた、走り書きのようなメッセージが示しているように。
かつてベストではなく『清算』として出したアルバムは今、やっと世間とあゆが思っていた価値の均衡が取れたように思います。


ちなみにあゆは小型犬の多頭飼いの愛犬家としても知られていますが、ボランティアで子犬を引き取ったりしているようです。
彼女は公式Facebookで動物を迎える際に飼い主に覚悟と責任、愛情を持つようにと働きかけています。
全ての動物の命は私達と同じように幸せになる権利があり、私達はその幸せを与えることが出来るのだと。


そう考え行動するのは人の持つ善意として当然のことなのですが、『幼犬のうちから高値で飾られ、時期を過ぎると見放す。または歳を取りすぎて見た目が劣化した、病気になってしまった、予想より大きくなり過ぎてしまった…』などとつづられた投稿は、不謹慎にも彼女が進んできた人生と重なって見えます…
今の彼女だからこそより説得力があるというか…


いろいろと複雑な思惑があった『A BEST』。
当時の自分を振り返って語れたらなぁと思っていましたが、自分の話どころか浜崎あゆみの考察みたいになってしまいました…^^;

彼女を知れば知るほど期待もするし、だからこそ嫌悪も落胆もする。
彼女ほどのカリスマ性を備えた人と同じ時代を生きれることが奇跡みたいです。

最近は大御所アーティストと引き合いに出され蔑まれたりしていますが、私はこれからは彼女の楽曲に自分を投影するだけではなく、『浜崎あゆみ』という人生を見ていきたいです。

ちなみに私は今まで曲にしか興味がないと言ってもいいほどで、自分があゆのファンという括りに思ったことがないです。
あゆの曲が好きとは言いますが。
ほとんどアルバムを通して伝わってきた彼女しか知りませんし、ライブにも行ったことがないです。
このままのスタンスでどこまで彼女を知ることになるのか…

いつかライブに行くかも知れないですね。
そこでしか解らない彼女が居るような気がします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:*+チロル+*
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:3月30日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・コスメ、美容、ファッションを楽しむこと。-自己演出が好きです。また、そのコスメやファッションの背景を考えたり自分なりに文章にするのが楽しみ。
    ・あまり沢山ではないけれど本を読むこと。-好きな作家さんの本をマイペースでじっくり読むので決して多くはないです。
    ・ショッピング。-ウインドーショッピングも好きですし、ネットショッピングも好きです。購入に至るまで熟考するのが好きかも?
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる