スタジオに向かう

May 18 [Fri], 2012, 10:22



今日も元気だ。

雨の日だって天の恵みというけれど、やっぱり晴れてると心が弾む。

本番まであと五日だそうです。
びっくり。でも、焦らない!

目の前のものを、一つずつ。
確実に。


まだ進めるもの!

最近のヒット

May 15 [Tue], 2012, 9:49




これ。
まさにそうよね。

ゴールデンウイークのしじま

May 04 [Fri], 2012, 13:21
なんか良い事ありましたか?

私は珈琲が美味しかったり、ケーキが美味しかったりしてます。


珈琲好きにはたまらないわ



念願でした

April 29 [Sun], 2012, 14:40



桜の季節にお散歩。

今年は夜桜散歩とうららかな昼下がりの散歩、両方楽しみました。

日本の四季って、素晴らしいな


と、初夏の陽射しに思うゴールデンウイークなのでした( ̄ー ̄)

あっという間です

April 25 [Wed], 2012, 21:54
南京公演が終わって一ヶ月。

幻公演故に、記憶の彼方になるのも早いです。
丸一日、凝縮しまくった時間でした。

今思い出してみると、もう少し皆と色々なものを共有したかったなあ、と、ほんの少しだけ悔いが残ります。

『後からああすればよかった、と思うのは、当時より成長したしるし』。

この言葉、本当だといいな


いつもの夜

April 09 [Mon], 2012, 22:43



劇団foolさんからの差し入れです( ´ ▽ ` )ノ

ちほさんに、って貰ったんだもん!
劇団にじゃないもん!

というわけで。

いただきまーす??

ありがとうございました

March 24 [Sat], 2012, 10:33



劇団阿佐ヶ谷南南京小僧公演
『葵の下』

無事終了しました。

チケット完売
からの
杉並演劇祭側のご好意で当日券を劇団側に融通していただきまして、急遽ご来場いただけた方々にはなんとかご覧いただくことが出来ました。

一時間で一回限りの、あっという間の幻のような公演でした。

本当に楽しかったです。
お客様にも楽しんでいただけたであろう事を心から願っております。

皆々様へ感謝を込めて。


押し迫ってきました

March 14 [Wed], 2012, 12:26
もうすぐ16日がやってきます。

南京本番ですよー!
チケットが売り切れまして、現在キャンセル待ちのフリーチケットをつぶしている状態です。

まだ僅かにチャンスあります!
皆様からのご連絡をお待ちしております( ´ ▽ ` )ノ



チュッパ部

March 05 [Mon], 2012, 17:45



今回客演していただく、劇団foolの伊禮亜美ちゃんと。

アミーゴです。
なかなかのやり手です。

彼女の劇団の活動でチュッパチャップスの部活動があるらしいのですよ
あやしげな!

しかしそういうの好きです。

カレー部とか、麺部とか、やぶさかではない( ´ ▽ ` )ノ

燃え尽き症候群にならなくなった理由

February 26 [Sun], 2012, 0:34
皆様ご無沙汰です。
あいぽんになってからというもの、なかなか操作に慣れません。
色々とミスってます。ごめんなさい・・・


さて。
実はこちらのブログは、「すっぴんブログ」。

元々、こっちが本命ブログだったのですが
諸事情ありまして、アメブロのほうがメインのような昨今。
劇団HPも私以外、リレーブログ以外は全く更新無いし、
殆ど忘れ去られているので好きなこと書いちゃえ、と思っています。

なので、「すっぴん」。
思ったこと、結構素直に書いちゃいます。



ふっと思い出したんですよねえ
「燃え尽き症候群」。

お芝居を始めて暫くの間、私もなっていました。


全てをかけて、お芝居に没頭して、
終わった翌日からは世界からはみ出していて
空気が自分の周りだけ浮いていて。

人と話すのも、バイトするのもしんどくて、食欲もなくなって。
ひたすら抜け殻のようになっていました。

勿論、座組の方々と突然会えなくなるのも寂しくて、
どこかで会えると飛び上がるほど嬉しかった。

自分の限界を超える体力・気力を振り絞って
掛けられるもの全部かけた上で、全体重使って後押しし続けた、という感じ。


でも、いつからか、そこまでには、ならなくなったんですよね。


全てをかけるのは凄いことだし悪くは無いけど、
でも。
本番中に熱出しても頑張ってます!という人が、いるのを観て。
それは、どうなのか?

お客様は、頑張りだけじゃなくて、何よりも最高のパフォーマンスを観に来ているのであって、それは何よりもベストコンディションから繰り出されるべきものじゃないのか?と心底思ったんですよね。

高熱出したけどやりきりました、は、やりきったことは偉い、が、高熱出したことは偉くない。
そういう人々を知ったのは有り難くも私が芝居を始める前だったので、意地でも本番中に発熱だけはするものか!!と心に決めて舞台に立ちはじめたら。


まずは公演直後に激しく寝込み
あとは公演直後にちょっと風邪を引くようになり
そのあとは公演終了後2〜3週間だけけだるくなり
またそのあとは数日睡眠をしっかりとれば回復できるようになりました。


そして。

自分の芝居が下手だと思い知れば知るほど。


燃え尽きていられなくなったんですよね。

一所懸命は一所懸命だったけどやっぱりいつまで経っても下手で。
あれだけ頑張ったし今はアレが精一杯、と素直に思えても、
もっと精進しないといかんと、やればやるほどしみじみ思えてきたんですよね・・・

燃え尽きてる時間を、一緒にやった誰かの武器をせめて記憶の中にだけでもトレースして写せたり、素直に感動して思い返してみたり、色々使うことがあるじゃないか!!と思うようになった。

下手だなあという反省も盛り上がってくるけど、もっと武器が欲しいという欲と、いやちったあ、一本前よりは進んだだろう、という自惚れと、ほんの少しの自信。もっと世界を知れ、という突っ込み、もろもろ。
そんなものが盛り上がってきたら、次に進みだすしかないじゃないですか。

立ち止まって、燃え尽きてる時間は無いじゃないですか。


というわけで、私は燃え尽き症候群にはならなくなりました。


勿論、素晴らしい座組でやった後は、離れる寂しさはあります。

でも、そういう人々は、皆がそれぞれ前を向いて進んでいるのを、みなが知ってるから。
今度出会えた時に、自分も彼彼女らと同じ時間を使いながら、
「あたしはこれだけ進んだよ!」と、胸をはって言いたいから。
お互いに言い合って、お互いにちくしょうと思いつつ、にやっとしたいから。
きっとそうしたいはずだ!って、知ってるから。


そうしたら、心も身体も、燃え尽きなくなりました。


多分、舞台を降りた瞬間から、次の舞台への時間が既に始まっているんです。

スケジュールが入っている、いないは関係なく。
自分が生きている限り、経験や学習という稽古がエンドレスであるのだ、という意識になったんです。


ふと。
どうしたら燃え尽き症候群から脱却できるのかしら・・・と
呟いているお若いかたがいらっしゃったので、
なんとな〜く思い出してみたら、何故か語ってしまいました。

あくまでも、私の中での話しです。


もし、脱却したいと悩んでいるかたがいらっしゃったら、
ほんの一例として思ってくれればそれでいいのです。


おやすみなさい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たなか 智保
読者になる
所属:劇団阿佐ヶ谷南南京小僧
http://www.nankin-kozou.com/top.html

2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
P R