東西屋公式フェイスブック 東西屋公式ツイッター Youtube投稿動画 LINE 東西屋公式
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
« 遅くなりましたが・・・・全日本チンドンコンクール スケジュールです ☆ | ブログTOP | 東西屋HP 遂にリニューアル完成!! »
旧ゲストブック【第一弾】 / 2007年04月03日(火)
 こちらはゲストブック(第一弾 07年4月3日〜07年7月19日)です

この記事への書き込みは終了しました。
観覧のみOKです。
書き込みは新しいゲストブックへとお進み下さい。

Posted at 18:00 / ◆ ゲストブック / この記事のURL
コメント(101)
この記事のURL
http://yaplog.jp/ching-dong/archive/2
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

こんにちは☆ちんどんゆばらのマルです
秋の色種 野漠の賑わい チン通単独公演おめでとうございます
今回の公演はすごく面白いと小耳にはさみ私も参上いたしたかったのですが、お仕事で・・・
皆に変わってもらえないか聞いてみたんですが・・・
岡山から応援してます
ちんどんゆばらのメンバーはいくみたいなんで、いろいろ聞こうと思ってますマルの気持ちも何かことずけます
でわでわがんばってくださいねぇ〜
Posted by:マルv(^^)v at 2008年10月10日(金) 13:05

>ゲストブックへお越しの皆様へ

ご愛顧ありがとございます。
さて、今回のお知らせは、いったい何ぞや?と思われるでしょうけど、ちょっと重要なお知らせといえない事はないですね。

えっと、どういう順番でお話しましょうか…
みなさん、ブログ慣れされたと判断してお伝えしますと、私のこの書き込みで「この記事(今ご覧のゲストブック)へのコメント(書き込み)が100件目となります」よって「あらたに記事(ゲストブック第2弾)を立ち上げますので、今後はそちらへコメント(書き込み)を願います」ということです。

もちろん、現在のこの「記事と100のコメント」は、そのまま残るわけです。
ややこしいですか?ご理解いただけますかね〜とりあえず、整理のためにそうさせていただき、いづれ「第2弾のコメントが100になった段階で、次の記事を…」ということになると思います。

皆様のご理解と協力をお願いします。
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年07月19日(木) 13:45

>本物のチンドンファン様
もともとの成り立ちからして、所謂「興行モノ」(例えばサーカスとか
お芝居とか演芸etc)とはちんどん屋はちょっと違うところがあって
まずスポンサーの依頼があってから、という性質はありますね。

でも最近は、例えば道頓堀極楽商店街「えびす座」で小編成ながら
月に何度か公演をやってますし、年末にはOS劇場で恒例の年忘れ公演を
やってはいるんですが、一ヶ月とか長期公演となると、ウ〜ンちょっと
難しいかもしれません。
たしかに忙しくなると移動の連続、メンバーも内容も毎日日替りという
興行界もビックリ、一つ所に腰を落ち着けての公演に憧れることも
ありますが。

でも、例えばここ毎夏8月の頭に島根県大田市の石見銀山遺跡の大森地区の
お祭りに呼んでもらってますが、ほんとに山の中の古い町並が残っている
所で、つい最近世界遺産に認定されましたから今年は人出も多いでしょうが
道の具合が実にちんどん屋向きで周囲の風景共々楽しんで頂けること
間違いありません。
やっぱりちんどん屋は実際の町の中でご覧頂くのがまず第一義だと思い
ますが…しかし長期公演も魅力的ですねェ(どっちやねん!!)
Posted by:信之介 at 2007年07月16日(月) 16:26

>ちんどんファン様;
先だってご案内されておりました一の宮の映像広報のHP、現地へ赴けなかったので拝見させて頂きました。アリガトウございます。ところで今月、東京ビッグサイトで毎年恒例電力供給会社主催のイベントがあり(関西は既に終了、他に中部・四国なども有)、勤務先の会社も出展するので、ミーティングで同業他社(所謂ライバル社)と差をつける手立てを検討中、「ちんどんやさんを呼んではどうでしょうか?」と転職後日もまだ浅く、発言力が極めて弱い(限りなく無いに等しい)のを省みずに提言したらば、常務が「この間出張先の徳島で阿波踊りを見たがあれ、面白いな。しかし人寄せには良いがその後はどうするんだ」と尋ねられたので、(阿波踊りとちゃうちゃう)、と心の中でつっこみながら「口上の中で製品説明をして頂いたらどうでしょう」と申上げましたが私に全く説得力がなかったようで、そのまま流されてしまい、東西屋様のHPを参照して頂くには到りませんでした。(しかしもしこのブログの私の書き込みを目にされたらお気を悪くされるだけで済まないだろうな)仮に決済起案をしても何人もの部長・役職の承認印を得なければ実現しないという、会社の古い体質もあり、ちんどん屋さんの有機的でソフトなイメージからはなかなかその宣伝力(宣伝対象が無機物的なハードウェアの分野までカバーされるという事)の認識を持って頂き難く、デモ用のサンプルCD−ROMなどがあれば私の説明力の足りなさも補えるのだが・・・などと負け犬の遠吠えをほざくおばちゃんでした。
                     鬼嫁はお局に如かず・・・
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年07月15日(日) 10:54

金沢でサーカスの夏季公演が今日スタートしたんですが,家族的な団員の雰囲気は古き良き昭和を連想させ、ほのぼのとしたところがあるんですが、同じエンタテナーの仲間東西屋チンドンさんもそんな家族的なグループと察します。そこで質問ですが、スポット的な町の宣伝や、大会のほかに、定期的な長期公演など出来ないものなんでしょうか?もちろん入場料をいただきですが。そうすれば真の純化されたファンのみが集い、ゆっくり鑑賞できるんですがね。
Posted by:本物のチンドンファン at 2007年07月14日(土) 13:39

すこし古いですが、昨年の萩原のチンドンコンクールの様子がみれます。
動画のなかでインタビューを受けているのは、内野さんでは?違ったらごめんなさい。
映像広報「人・まち・いちのみや」平成18年5月放送
アドレス  138ss.com/spring-event/cindon/cindon.htm
Posted by:ちんどんファン at 2007年07月07日(土) 19:25

久々にトップページの「ピックアップ」更新しました。
はい、本当にお待たせして申し訳ありませんでした「第5回ちんどん博覧会」の情報です!
さらに詳しい情報は、順次アップしていくつもりではあります。
では皆さん!また、上野でお会いしましょう〜

>ちんどんファン様
情報ありがとうございます。
さっそく、イベント情報のコーナーでリンクを貼らせてもらいました。
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年07月03日(火) 16:13

西尾市のホームページ(西尾観光どっと混む)で西尾まつりのパンフレットが見れます。
その中にチンドンわくわくフェスタのことがのっています。
Posted by:ちんどんファン at 2007年06月30日(土) 19:01

> KAZUE さま

ご無沙汰しております。おこしや祭り、お疲れさまでしたぁ。
生憎の雨模様で残念でしたが、楽しく参加できたご様子、なによりです。

そういえば、10/6(土)・7(日)の「西宮酒蔵ルネッサンス」にも、またまた
ちんどん屋が出動しますよぉ。

 道頓堀極楽商店街の飴勝、週一回は僕も入ることになっております。
ちんどん屋ともども、これからもどうぞどうぞ宜しくお願いしますぅ。

ご丁寧に有難うございますっ!!
Posted by:ウッチー内野 at 2007年06月29日(金) 17:04

ご愛顧いただいております皆様へ…

4月に新ホームページがリニューアルしまして、当ゲストブックにもたくさんの方が、お越しいただきました。本当に、ありがとうございます。
皆さんに、より早く楽しい情報をお知らせするために、手軽に「記事」という情報が提供できる、便利なブログという形式を採用しました。
加えまして、旧ホームページ内でも人気?のコーナーであり、皆様との友好の場として活躍してくれました「ちんどん通信社掲示板」と同等に近いシステムを、何とかこのブログ内に残せないか?ということで、「ゲストブック」のコーナーを設けたわけでございます。
でもって、スタートしてから今日まで、多くの皆様よりご意見、ご感想、叱咤激励いただき、何はともあれ「賑わいの場」として、お役に立てている?ようで、まずは一安心です。
私個人としても、ブログ形式に触れてみて、改めてネット社会(大層なっ…)の難しさを知ることができました。

さて、ということで、この「ゲストブック」の案内表示(つまり「記事」の部分)にあります通りで、6月いっぱいをもちまして旧掲示板は閉鎖させていただきます。色々な思い出の詰まった掲示板ですが、そういうことでご了解ください。

では、今後とも、この「ゲストブック」コーナーをよろしくお願いします。
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年06月29日(金) 15:06

内野 真 様 メンバーの皆様へ
5月14日、西宮のおこしや祭りお疲れ様でした。びわ娘で参加させて頂いていまして皆様にはお世話になりました。本当にありがとうございました。ちんどん楽しかったですよ。笑顔と元気を頂きました。ありがとうございました。これからますます暑くなりますが夏バテに気をつけてちんどんを頑張ってくださいね。応援してます。
極楽商店街は自分のある意味、居場所みたいなところでもあるのでよく行かせていただいていますのでまたその際はみたらし団子食べに行きますね。
遅くなりましたがご挨拶までとさせていただきます。
Posted by:KAZUE at 2007年06月29日(金) 02:37

>アントク様 皆様

貴重映像のご報告ありがとうございます。
こういうのって、当事者がほとんど記憶になかったりすのですが、ここは寄る年波でだいぶ記憶力がなくなってきたものの、私猪俣の出番でございますね…ゴホン

しかるに、さすがこまっちゃん!するどい観察力でございます。
確かに「オフィス機能(事務機器など)が映っている」ということは、まだ新事務所移転前ということが分かります。「旧メンバーの高見がいる」というのも判断材料ですし、通の方(?)は、林社長の担ぐちんどん太鼓の形状や、クラリネット瀬戸が頻繁に着用していた衣装からも判断…って、できないか、そんなのっ!

冒頭のシーンで、バックに「富山コンクール」のポスターが見えますね。小鶴家親方のアップが印象的なこのポスターは、第44回のものですので、つまり9年前のものですね。前後の関係なども考慮して、記録を探ってみますと、これは1998年の8月にロケされたものではないかと思われます。
先々月の6月に、ちんどん通信社初のCD「パレード」が発売されたという年ですね。
ううん、時代を感じますね〜
とうことで、皆様からのレア(じゃなくてもいいですが)な情報お待ちしてます!

余談
貴重映像といえば…当社制作ビデオの3作目にあたります「ちんどん通信社・アメリカ」が、ついに完売となりました。もう、どこにいっても入手不可能に(まだ、飴勝にあったかな?なかった?)なりましたことを、ここにご報告させていただきます。
2000年のアメリカ&メキシコツアーの記録ビデオなんですが、これも改めて観ると感慨深いのでございます…では!
Posted by:東西屋 at 2007年06月27日(水) 10:05

>アントク様;
ユーチューブって何か知らん,と掲示されているURLを覗かせて頂きました。動画が臨場感があって本当に貴重映像ですネ。お気に入りに追加っ!!(直接アクセスあるいはドラッグ&コピペができないのでURLの手入力がちょっと手間取りました。でもこうしておかなければ,以前上間アキヒコ様よりご説明頂いたように,検索時ムダに引っ掛かりやすい、それこそクモの巣(web)状態になって弊害が出るのですよネ。ちょっと学習致しました)ところでマイカルグループホームページにて改めて貫太郎君の絵を拝見致しましたが,バックを全面赤にしてお父様のお顔を際立たせたり,陰をうまく使って立体感を出す表現方法は子供らしからぬプロはだしの感性をお持ちだとおばさんは関心致しました。ロートレックの“アリスティード・ブリュアン”像に引けをとらないインパクトです。貫ちゃんおめでと〜!!
最近魔女会議で忙しい鬼嫁(ちなみに議題は“魔女狩りをいかに切り抜けるかー”メンバーはアッコちゃん,サリーちゃん,コメットさん,そして三輪明宏さん)
                      鬼嫁は魔女
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年06月26日(火) 22:27

>アントクさん

これは貴重映像ですねえ。。。
事務所内のレイアウト、メンバーの初々しさからすると「パレード」のビデオの頃じゃないかなあ?
Posted by:こまっちゃん at 2007年06月25日(月) 00:08

今,何気にユーチューブを見ていましたら,下の映像を見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=D36EnZlwp84
これはいつくらいの時期の映像だったのかな?なかなか太鼓の腕前も
お上手でびっくりしました!


Posted by:アントク at 2007年06月24日(日) 23:22

西尾市にちんどん屋さんが13組もみえるのですか?
西尾市は抹茶で有名で、昭和21年から営業している古い映画館の近くで
抹茶のデザートがいただける喫茶店があります。
古い町並みが残っているところもあり、三河の小京都と呼ばれて、いいところですよ。
金曜日なので、夕方からになりますが、ぜひおじゃまします。
たのしみにしています。
Posted by:ちんどんファン at 2007年06月23日(土) 11:54

ちょっと時間差ができてしまいましたが…
例の林貫太郎作「お父さんの似顔絵」優秀賞受賞の件で、17日から、協賛企業であるマイカルグループのホームページのも掲載されております。

どうぞ、こちらをご覧ください!
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年06月21日(木) 11:24

ども。ここんとこよく書き込む ウッチー内野 です。

> はなやま さま
ご無沙汰しております。食あたり、大変でしたねぇ。
昨日、四条界隈を練り歩いていたのは、カームラ・岡・内野の3人でしたぁ。
居心伝の京都3号店がオープンしまして(四条大橋のすぐ西)、その宣伝
でございました。しかしまぁ、ホンマよく聞き取れましたねぇ、バスの中から。
どうぞどうぞ、いつでもまたお気軽に「おっかけ」てくださませぇ。

それにしても、小林クラに撃ち抜かれた(笑) ちんどんファン さん、
バスからサックスを聞き取る はなやま さん、同じく「あの目」や「残り香」
を感じ取る こまっちゃん さん、皆さんの「嗅覚」の鋭さや熱い応援に、
ますますガムバッていかねばと思っとりますっ!!

いつも有難うございます。
Posted by:ウッチー内野 at 2007年06月20日(水) 14:30

はなやまさん、ご無沙汰してます、スケジュールのページを見たら、ばっちりですね。そのうち、現場の方からコメントがあるでしょう(^_^)

それにしてもバスの中からサックスの音を聴き分けるなんて、さすがですね。

>また道行く人がチンドン屋さんを見る「あの目」をしてたので

うまく説明できませんが、ありますね、「あの目」
なんか空気にも残り香(匂いはしないか)というか、残像が見えることありますよね。(って私だけかな)

Posted by:こまっちゃん at 2007年06月20日(水) 00:42

お久しぶりです!はなやまです。
月曜は、楽しみにしていた林社長の授業に潜・・・ごにょごにょの日だったのに、ナマモノにアタって腹をこわしてしまい、断念しました。無念です!来週こそ!!

きょう、バスに乗って四条通を通過中にサックスらしき音が聞こえ、また道行く人がチンドン屋さんを見る「あの目」をしてたので、「…いる!」と思ったのですが、姿は見ることができませんでした。その後、あの界隈でバイトしてるものですから、バイト中にもずーっと耳を澄ませていたのですが、結局、出会うことはできませんでした。
今日はどなたが来られていたのでしょうか・・・。
今日お会いできなかったことで、チンドン屋さんへの思いをいっそう募らせてしまいました。。
萩原も行けなかったし・・・(写真拝見するにつけ「見たかった〜」と思います。)
また、近いうちに、新入部員など引き連れておっかけをするかもしれません。
そのときは、宜しくお願いします。
Posted by:出前ちんどんのはなやま at 2007年06月20日(水) 00:00

CD大阪スタイル聞かせていただきました。
特に、乱れ髪は涙が出るほどいいですな〜
ロマンスの千鳥で小林さんのとりこになり、
乱れ髪でとどめをさされた感じです。
Posted by:ちんどんファン at 2007年06月19日(火) 20:58

ども。ウッチー内野@東西屋のニンゲン です。

えぇ、良識のない人なんかこのサイトには来てくれません〜。もぉええやん〜。

いろいろご意見もおありでしょうが、「ネチケット」についての反省や批評などは
個々人ですることにして、そろそろ「ちんどん」のことも書いてください〜。
Posted by:ウッチー内野 at 2007年06月19日(火) 12:16

日曜日の夜の私の書き込みですが、やんわりと書いたので真意が伝わらなかったたようですね。

>良識ある困っちゃんさま

一つのゲストブック(掲示板とかもそうですが)の中で紛らわしいハンドルネームを使うことは良識のある行動だとは思えませんがいかがでしょうか?
思い入れがあってどうしても「困っちゃん」じゃないと嫌だ、というのでしたら、こちらのハンドルネーム代えてもいいけどね。
Posted by:こまっちゃん at 2007年06月19日(火) 00:15

うーんどうなんだろう?なんか真綿で首を絞めるように、魔女狩りの如く彼女に非難の嵐が集中してますが、リニューアル以前のコメントを見てみますと、きわめて熱く正論を誰より純粋に述べていて、本当にこのブログと同一人物かと疑うくらいですね。あえてその変貌の原因を探すと絵文字などあるこのサイトにも責任の一端があるのでは?まぁー内容はともかく私個人的には、以前のサイトのほうが見やすく好きですね。私言いだしっぺの張本人として、アドバイスさせていただきますと彼女にはメル友で大いにストレスを発散されんことを希望するのみですが。
Posted by:困っちゃん at 2007年06月18日(月) 23:13

良識ある皆々様;
今更乍ら申上げられることではないのでございますが、意味不明な文章で読み手を困らせるというのはブログに限らず、個人的メールでも本来してはならないことで、、またハンドルネームをコロコロ変えるのも発言者(もしくは発言内容の責任の所在)をあいまいにする無責任な事で、また東西屋様のブログでまるでおもちゃ屋に放たれた子供のように暴走致しましたは更にイケナイことでございました。良識を欠いておりましたことを、改めてお詫び申上げます。
                      マニアックな鬼嫁
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年06月18日(月) 20:47

ども。良識派のウッチー内野@東西屋です(笑)。

 えぇ、掲示板への書き込みやブログへのコメントは、ムズカシイものです。公開されてい
て、誰でも読めるからです。他人のサイトに他人が読める状態でコトバを残すわけですから、
そらぁ、自由に書くったってソレナリにナニがアレなわけです。

 僕自身、意味不明な文言や画像や動画や現象が凄く好きなわけですが、それを「我が社
のサイト」でやってしまっては、やはりイケナイわけです。僕がある程度「好き放題」をするた
めには、僕だけが責任を負う僕のサイトでせなアカンということです。とはいえ、自分のサイト
はまだもっていないので、ここには「良識派な書き込み」(笑)を心掛けている次第です。

 ただまぁ、書き込みは大変に有難いものです。ちんどん好きの皆さんに支えられて生活
できております。当社サイトを楽しんでいただき、実物のちんどん屋を楽しんでいただき、
今後とも、どうぞご贔屓のほど、宜しくお願い申し上げますぅ。
Posted by:ウッチー内野 at 2007年06月18日(月) 15:40

>困っちゃんさま

>このサイトの数少ない良識派とみましたが

う〜ん、ここに良識派じゃない人はいないと思いますよ。
思いの熱い人が多いから、ちょっと過熱気味なだけだと思います。

>以後師匠とよばせてください。

よぶの勝手ですが、私はあなたの師匠になるつもりはありません。
Posted by:こまっちゃん at 2007年06月18日(月) 12:57

掲示板への書き込みは結構難しいものですね。個人の中傷、あきらかないたずら
以外は自由に書き込んでいいものと思っていました。
                数多い非良識派より
Posted by:中年ちんどん at 2007年06月18日(月) 12:16

こまっちゃんさんへ:まさか同じ発音のファンの方がいるとはつゆ知りませんでした、こまっちゃんさん同様、絵文字云々のコメント等読みずらい文章にあきれて最近ではあまり目を通すことが無かった不覚の結果でした、新参者に免じて許してください。こまっちゃンさん!過去のコメントチェックしたところ、このサイトの数少ない良識派とみましたが以後師匠とよばせてください。やはり公のサイトの最低限のルールは最大公約数的な問題提起のテーマに限るとわたしは思うのですが、そして読みづらい意味不明なマニアックなコメントは過去にこまっちゃンさんが指摘されたように、個人的なメールで処理すればいいですよね、新参者が少し生意気でしたが、すいません。困っちゃん
Posted by:困っちゃん at 2007年06月17日(日) 23:50

>鬼嫁さま

たくさん投稿して盛り上げる気持ちはわかるのですが、もう少し読みやすい文章の方がいいと思いますよ、絵文字の多用とか、意味不明なセンテンスは控えてみてはいかがでしょうか。

それと、確認ですが、「ちんどん追っかけマンの妻」さんと「ちんどんおっかけマンの鬼嫁」さんって同一人物ですか?
そうならば、こういうのもちょっとよろしくないかと・・・。

>困っちゃんさま

お気持ちはよくわかるのですが、そのハンドルネームは偶然なのでしょうか?
私と面識がある方なら同一人物ではないことはわかると思いますが、意図的に使用されたとしたらいかがなものかと思います。
Posted by:こまっちゃん at 2007年06月17日(日) 22:21

>アントク様、中年ちんどん様、そしてちんどん命様
投稿を自粛すると申上げた舌の根も乾かぬ内に再びやって来て誠に恐縮ではございますが、寛大にしてご親切なお言葉に謝辞のみ申上げたく存じます。かねてより関西の2人の友人からも「長文メールを携帯へ送ってくるな」と厳重に注意を頂いておりましたので、やはりここら辺で自分の文章のクダクダしさを見省るべきかと存じます。“が”、またいずれ性懲りもなくものこのこご投稿させて頂いた折には、“枯れ木も山のにぎわい”くらいに受け流して頂ければと願います。m(__)m
右からぁ〜来たものうぉぉ〜お,左へ受け流して欲しぃ〜 何故ならぁ〜後頭部にぃ違和感が〜、あるのっさああああ〜あぁぁぁ〜この東京っさばっくぅうぅ〜”    ムーディ・鬼嫁
P.S. さっき主人が予定表をチェックさせて頂いていたのですが、東西屋様は8月に世田谷へお来しになられるのですね(世田谷って行った事ないですが・・・お休みが合えばカメラを携え追っかけるかもです。
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年06月17日(日) 19:54

鬼嫁様へ
私も書き込み楽しみにしている一人です。これからも続けて下さいね私も面白い事書いて盛り上げたいのですが、文章が苦手でね私の分も頑張ってください。
Posted by:ちんどん命 at 2007年06月17日(日) 11:17

ちんどん追っかけマンの鬼嫁様へ
プログへの書き込みは、ほとんどしませんけど(今回で2回目)、旧掲示板から、楽しく拝見させていただいております。アントクさんのおっしゃるとおり、気にせず書き込みしてください。私は、おもしろく拝見させていただいていますよ。
Posted by:中年ちんどん at 2007年06月17日(日) 09:41

 昨日,何気にテレビを見ていたらどこかで見た人が(笑)。「あれ,なんで
ひらりんが映ってるの?」と思いつつ,HPのメディア情報を見たら出演され
るとのこと!くそー,早めに知っておけばビデオ撮影できたのになあ。という
ことで,これからはしっかりHPをチェックしようと思ったアントクさんでし
た。

PS.ちんどん追っかけマンの鬼嫁様
 あまり,気にしないでこの掲示板を盛り上げて行きましょう。カキコはないよ
りもある方が,見る方としても楽しいものです。
Posted by:アントク at 2007年06月17日(日) 09:04

>困っちゃん様、ならびに御関係者各位;
ブログのゲストブックへの(恐らくコメント欄に関しても)投稿内容が主観的で不適切であるとのご指摘がありましたが、恐らく当事者は自分であろうと思われますので、この場をお借りして皆様に心より深くお詫び申上げます。ブログに見られがちな匿名性を利用しての他への中傷や無責任は発言など無い様に心掛けていたつもりではありましたが(増してや投稿欄を占有しているなどとは夢にも思いがけませんでしたが)、私の無駄な投稿で皆様へ不快な思いをさせ、ご迷惑をお掛けしてしまっていたようで、誠に申し訳ございません。深く反省致しまして今後は投稿を差し控えさせて頂きます。本当に申し訳ございませんでした。m(__)m
                     ちんどん追っかけマンの鬼嫁
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年06月16日(土) 19:53

始めまして、毎回楽しく拝見させていただいています。特にチンドン写真の充実ぶりは、他の追随を許さぬ、質量とも日本一に恥じぬサイトで、全国行脚できない者にとって福音そのもので、本当に助かり、また感心しております。でも一言苦言を述べさしてもらいますと、このゲストコーナー、一部チンドン愛好家の専用サイトになっているのかな?と疑問に思う者です。はっきり申して全く面白くないし、サイトに迷惑かけているだけじゃないのかな?そんなコメントは個人的にすればすむことで、また私みたいな新参者が中々入っていけない状況をも作っていると思うのですが。どうなんですかね?気になるところです。 困っちゃん
Posted by:困っちゃん at 2007年06月16日(土) 09:22

>鬼嫁さま
ご丁寧なお言葉、ありがとうございます。恐縮です。
東西屋さんにはいつもお世話になっています。
普通のカメラマンが撮りにくい、
インサイドを撮らせてもらえることもありますので、
せっかくの機会と素晴らしい被写体を逃さないよう、
これからも精進する次第です。
どうぞよろしくお願いします。
Posted by:上間アキヒコ at 2007年06月09日(土) 19:21

>上間アキヒコ様;
とてもわかり易い丁寧なご説明、どうも有難うございます。ここに到って、初めて掲示板とブログが異質な物である事がなんとなく飲み込めました。(恐らくご説明頂いていなければずっとわかっていないままだったと思います。)大体周囲を引っ掻き回しているその張本人に限って問題の本質をよくわかっていない事の、今回の事例だったと反省しております。ところでお話は変わりますが、猪俣様の書込みを拝見するまでは上間様は東西屋様の専属カメラマンだと思ってました。というのは被写体を自然体に写せるのは撮られる人が撮る人に対して信頼感や親近感があってこそだと思います。(ロバート・キャパではありませんが写真は被写体だけではなく、撮る人の思想や人間性までも写すという事ですが)元来スナップ写真はポートレイトとは違って、どちらかといえば構えていない、自然体の状態を写すものなのだとは思いますが(専門家ではないので詳しい事はわかりませんが)、それでもさすが本業とされている方だけあって、なんとなく全体にやわらかい雰囲気と印象がありました。これからもまたお作品をホームページで拝見させて頂きたく存じます。有難うございました。                                                                  m(__)m鬼嫁
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年06月09日(土) 19:00

>妻さま
意味深なことをいうつもりはなかったのですが、つまりブログとは、
リンクの固まりみたいなものだ、ということです。
このページでも横にいっぱいクリックできるところがあるでしょう。
あとよく知りませんが、「トラックバック」というものもあるそうですね。
ブログとは、内容に関わりなく、そのような構造になっているようです。

そして、検索の最大手である「グーグル」の検索プログラムは、
基本的に「リンクの多いもの→良いページである」という判断をします。
そのため、たとえば、「ニューヨーク」について検索すると、
「ニューヨーク」についてのきちんとした記述があるHPよりも、
たまたま旅行した人が、NYの写真を貼っただけのブログの方が、
上位にランクされてしまう、という現象が生じます。
これでは検索の役に立たないので、大変に困るわけです。

これが「検索に引っかかりやすい」の意味です。
ご理解いただけましたでしょうか?

まあこの頃はだいぶん改善されたようですし、
これはどちらかといえば検索の仕組みが問題なので、
ブログを運営する、またはそれに書き込む人の責任ではありません。
ただし私のように、生業としてウェッブコンテンツを制作している
者にとっては、大変に困るしうっとおしいことなんです。
Posted by:上間アキヒコ at 2007年06月09日(土) 00:24

わ、わ、わかりません
上間様のおっしゃる「書き込み内容が検索にヒットしやすい」という意味が深すぎて私には理解できないのですが(飲み込みの悪いおばさんで申し訳ございません)私の改めるべきところをご指導ご鞭撻お願いできけませんでしょうか?(昔父より「90切れん奴がゴルフコースに出るなっ!!」と叱責されたのと同じように、ブログを駅の構内の掲示板か交換日記位の認識しか持たない私がのこのこ投稿すべきではなかったかも知れません。でも、浅い認識なりに、やはりずうずうしく書き込みます。というのは、本日たまたま夫婦共仕事が休みだったので、一緒に夕方夕飯の食材を駅前スーパーへ調達に出かけたら、なんとJR南武線鹿島田駅前で偶然ちんどん屋さんがパフォーマンスされてたのです思わず駆け寄って行って写メール撮らせて頂きました。主人に問うたらみどりやさんとの事でした。話かけたかったのですが、仕事帰りの人々の混雑の中で、近くの居酒屋の新装オープンの宣伝をされている演奏を中断させるのは営業妨害かと思い、もしお時間に余裕があれば是非うちへ寄ってってお茶でもあがって頂きたかったですが、やはりそれも営業妨害かと思い、帰ってみどり屋さんのブログへ写メ添付の上投稿しようと思ったら、ホームページにブログがありませんでした。で、おかど違いかもしれませんが、この感動をこの場にてご投稿させて頂きます。
                    懲りないおばはん
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年06月08日(金) 20:20

>ちんどん追っかけマンの妻

いえいえ、謝っていただくようなことではありませんよ。
記しました通り、私もブログが分かってないので、一緒にお勉強しましょう…
という意味も含めての書き込みですので、どうぞお気になされぬように。
---------------------------------------------------------------------

でもって、上間さんのおっしゃる通りの意見は、実際社内でも挙がっております。
で、いかがでしょう??皆様にも忌憚のない意見をお聞きしたく思います。
上間さんの文末にある「オジサン」の想いについて、是非お言葉頂戴したく思います!


Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年06月08日(金) 17:52

すいませんねー。せっかく新機軸でやっておられるのに、
文句を付けたりするつもりはないのですが、
ブログって分かりにくい、と私は思います。
特に、えんえんと下に続くページは、
「適当なところで切ってくれないかなー」といつも思います
(御社のそれに限らずです)。
そして性質上、その書き込み内容が、やたら検索にヒットしやすいのですが、
延々と何十画面も続くコメントの、どれがヒットしたのか、
探すのがまた大変。
さらにその画面に写真までいっぱい貼ってあったら…。
当社のような新御堂→ノイズ発生源の横でADSLやっている者にしてみれば、
そうでなくても通信速度が出ないので、もう大変に苦痛です。

昔のシンプルな掲示板がなつかしい…とオジサンは思ってしまうのでした。
Posted by:上間アキヒコ at 2007年06月08日(金) 17:28

猪俣様;
投稿に当たりまして、コメント欄とゲストブックとの使い分けをよく把握せず、ブログについても深く考えもせずに目くら蛇怖じず状態で勝手に書き込んでおりました。内容的に申上げて落書きの域を出ない程度のもので、所定欄をカテゴライズして頂くより削除して頂いて然りでございます。誠に申し訳ございません。
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年06月07日(木) 17:02

>上間様

本当にお忙しいところありがとうございます。
大変おこがましく「フォト日誌」なるものをはじめたところで、上間さんの写真集を拝見すると、本当に素晴らしさを実感 します。
私も素人なりにがんばって、楽しい写真を撮る(アップする)ことができるようにがんばります!

>ブログを楽しんでいただいている皆様へ

上間さんが、ブログは苦手で…とおっしゃってるのが、わかるような気がします。
本当に使ってみて、利便性に感心することもあり、むむ…?と思うこともありの日々です。

で「記事」に対してお寄せいただく「コメント」と、「ゲストブック」への書き込みについてなのですが、そんなモンは書き込む方の自由とも思うのですが、一応便宜的に…

その「記事」に関係のある「コメント」はそのように。
特に無関係?というか、ご本人の新たな自論(変な言い回しですいません)や所感などは、いわゆる『掲示板』として「ゲストブック」に   …お願いできたらと思います。

といっても、失礼ながら私同様ブログ馴れされていない方もいらっしゃると思います。手違いで、「記事」とは無関係の「コメント」が寄せられた場合、こちらで交通整理の意味で、他の「記事のコメント」あるいは「ゲストブック」へ移行させていただきますので、あらかじめご了承ください。
よろしくお願いします。
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年06月07日(木) 13:06

すいません。ブログは苦手なので用件のみです。
一宮ちんどんコンクールの写真、全250枚アップしました。
「チンドンの現場」http://www.studiofalse.com/ へどうぞ。
Posted by:上間アキヒコ at 2007年06月05日(火) 20:56

>ゲストブックへお越しの皆様

…と申しましょうか、萩原コンクールへお越しいただいた皆様方、どうもありがとうございます。
毎年、炎天下 (が多いです)にもかかわらず、長時間ガマン?して座っていただき、実は演ってる側より、観ておられる皆様のほうが大変ではないかと…はい、とりあえず楽しんでいただけたようで、何よりでございます。

さて、4月に当ホームページをリニューアルしまして2ヶ月が経ちました。
ちょこちょこと細かい更新に、お気づきになられてると思います。
ちなみに、トップページの「月ごとに替わるカバーちんどん屋?」の6月バージョン変更に伴い、「予定表の注釈マーク」や「営業カタログ>利用例の写真がクリック拡大可能に」など、日々(ではないですが)進化しております。

また、皆様からもご感想とあわせて「ここはこうしたら?」「こんなコンテンツがあっららな〜」などなどのご意見もいただければ幸いです。

今、私猪俣が新たなブログのカテゴリーを画策中(オモシロくなるようにがんばります)ですので、楽しみにしていてくださいね。ただいま、準備中です。では…
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年06月01日(金) 17:39

チンドン通信社の皆様萩原町お疲れ様でした。囃子座の番場の忠太郎とてもよかった。政丸さんの寿獅子大変だなと思いました。内野さん私浜松に住んでいます。年丸さん富山よりよくわかりました。富山は舞台が広すぎて少しわかりにくかったです。安丸さん初めてですがとてもよかったです。卯之丸さんとても楽しかったです。のんき家さん楽しいですね。皆さんこれからも頑張ってください。
Posted by:madonna at 2007年05月27日(日) 22:46

今日は暑い中お疲れ様でした。快く写真に納まっていただきありがとうございました。宝物にします。来年も必ず観にいきます頑張ってください、(~o~)
Posted by:ちんどん命 at 2007年05月27日(日) 22:02

はじめて萩原のコンクールに行ったんですけど、人が多くてビックリでした。それに、暑かった
囃子座のみなさんの優勝と、政丸、安丸のみなさんの受賞おめでとうございます
とても楽しかったです。ありがとうございました
Posted by:なか at 2007年05月27日(日) 21:45

全国選抜チンドンコンクール、囃子座のみなさん優勝おめでとうございます。
暑い中、お疲れ様でした。
Posted by:中年ちんどん at 2007年05月27日(日) 17:17

> 和田さま
昨日は暑い中、見に来てくれてどうも有難う!! お疲れさまでした。
出会う人みんなが暖かく我々を迎え入れてくれて、とても楽しくすごすことができました。
彦根はちょくちょくお仕事があるので、また行けたらいなぁ。再会を楽しみにしています。
自作のちんどん太鼓、今度は叩いているところを見てみたいぞぉ〜
Posted by:ウッチー内野 at 2007年05月27日(日) 05:04

こんちは。彦根の和田です。きょうはおつかれさまでした。彦根は暑かったでしょうか?今日は晴れええちんどん日和でしたね。あれから内野さん等に会ってからは団さんとちんどんのべんきょうをさしてもらいました。ちんどんのええ勉強になりました。おおきに!
また彦根へ来てください!
Posted by:和田 at 2007年05月26日(土) 20:21

>マル様
ご説明どうも有難うございます。すっきり致しました。(眠れぬと申しておき乍らしっかり爆睡しておりましたが・・・。無節操で申し訳ございません・・・)明日は「天才!しむら動物園」ガン見です。
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年05月25日(金) 22:57

鬼嫁さま(ワラ)
眠れぬ夜を何日すごされたのですかね意味なんてしょうもないからこのまま黙っていようか・・・なんて考える久々にゲストブックをひらいたマルv(^^)vです
(ワラ)(笑))ってだけです。。。悩ませてしまって申し訳ないです

もうすぐ一宮ですねマルも行きたいのですがお仕事で・・・みなさんがんばってください
マルでした
Posted by:マルv(^^)v at 2007年05月25日(金) 11:52

>トロピカルマル様;
恐れ入りますがお尋ね申上げます。“ワラ”の意味をお教え願えませんでしょうか?ちんどん業界用語かと思い,主人に尋ねてもわからないとの事で、このままでは夫婦共に眠れそうにありません。ちなみに主人の故郷は日本のバルビゾン、“ナラ”(奈良)です。そして前職場での私のあだ名は“おかん”でした。(子供も居らんのに)更に若い頃のあだ名は鮒子(フナコ)・長老でした。奈良・ワラ・鮒子・長老・・・何がしかの関連性があるように思えてなりません。あるいは、木の幹に釘で固定されるデス・ノート系のストロー・ドールの素材として使われる、穀物の収穫後に残る、あの細長い植物の事でしょうか
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁(ワラ) at 2007年05月23日(水) 22:28

鬼嫁様(ワラ)
アロマテラピーですか私はココナッツとか南国系の香りが好きです夜寝るときに焚いたりしますが3呼吸くらいで()寝ているように思いますいいですよね
これからもちんどんLOVEクラブ(ワラ)としてどんどんストレス発散していきましょうね
Posted by:マルv(^^)v at 2007年05月23日(水) 17:17

昨日の「出没っ!アド街っく天国」で浅草花川戸の“三社祭”が紹介されていた時、BGMでちんどんミュージックがかかっていて(ニューオリンズ系っぽかったです。バンジョーの音色も聞こえていたと思われます)、どちらかというとモダンな感じでしたので、主人にこれは比較的新しい音源ではないかと尋ねたら主人曰く、「ちんどんミュージックではない」との事。
私の音感がおかしいのかい〜っっっ
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年05月21日(月) 00:37

>マル様
ちんどん屋さんではございませんが、世知辛くストレス多い現代社会に生きる者としてお勧め致します。アロマテラピーもしくはハーブ風呂は如何でしょうか?ラベンダーは特にリラックス効果が期待できるそうです。うちではラベンダーではなく、“クナイプ”のワコルダー(杜松)入浴剤を“サロンパス風呂”と称して愛用しております。香りはまるっきりサロンパスそのものです。“歳寒くしてしかして後、“杜松”、いや、“松柏”のしぼむを後(おく)るるを知る”(逆境になってみなければ本当にその人が強いかどうかわからない)という論語で思い出しますが、以前中国から来られた教授(博士号は日本で取られましたが)が、“中国にいた時は“ストレス”という言葉を知っていてもその意味がわからなかったが、日本に来てその意味がわかった”と仰言ってました。中国が嫌な事が何にもない“エメラルド・シティ”(オズの魔法使い)なのか、日本が本音より建前を重視するストレスてんこ盛りの社会なのかわかりませんが、所謂“美しい国”に暮らす我々はその美しさを大いに享受すべく、その由縁をたずねてお茶の世界に癒しを求められるのも宜しい事かと思われます。(飽くまで愛用者であって、“クナイプ”と“飴勝”さんの回し者ではございませんが・・・
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年05月19日(土) 00:22

> SHINGO☆西成 さま

HPご覧頂きありがとうございます!!
明日、うまく都合が付けば「詩人の家」覗きます。

機会あるごとに「SHINGO☆西成、おもろいで〜!!聴いてや!!」
と宣伝させてもらってまっせ〜!!

PS:ブログ管理上、書き込んでいただいたコメントをこちら(ゲストブック)
   に転載いたしました。
Posted by:ジャージ川口 at 2007年05月15日(火) 16:54

(コメント転載)

----------↓ここから↓----------

先日はお疲れ様でした、SHINGO☆西成です。さっそくHPのほう覗かせていただきました!コンテンツがとても充実していて面白かったです、また明日お会いできるのを楽しみにしています、どうぞこれからも宜しくお願いします。
 SHINGO☆西成 & マネージャー 様 (2007年05月15日(火) 15:23)

----------↑ここまで↑----------

コメント、有難うございます。
Posted by:東西屋 at 2007年05月15日(火) 16:38

マルです
あぁぁぁ〜〜チンドンしたいぃぃぃ〜〜5月はもうないんですぅ
13日にスナックの10周年記念パーティーにいってきましたみんなよってテンション高くて『炭坑節』とかで延々盛り上がって‥たのしかったぁ
6月までがながいよぉ〜〜
もぅこうなったら一人で化粧してゴロスもって歩いて回ろうかと考えてます
ちんどん屋さんのストレス発散法はなんですか













Posted by:マルv(^^)v at 2007年05月15日(火) 13:40

主人は、ちんどんが好きで、昨年は、富山、萩原、東白川、西尾市、名古屋大須、オーエス劇場と出かけました。今年も楽しみにしておりましたが、叶いませんでした。ちんどん通信社の皆様、ほんとうにありがとうございました。
Posted by:ちんどん好きの妻 at 2007年05月11日(金) 20:02

先週図書館へ東西屋社長ご著書3冊をリクエストして2日後には図書館より入荷済メールが届き(早っ!)早速読ませて頂いておりますが,大変面白く,目から分厚いウロコがボロっとはがれ落ちる新鮮さがありました。まさに「事実は小説より奇なり」です。アメリカ西海岸系のロックやポップス、ブリティッシュロック等いわゆる'80sにティーン・エイジを過ごした私にとって,短調なのか長調なのかグレーゾーンのような音調は理解しづらかったのですが,社長が著書の中で「気色悪い」と一言で表現されているのを読んで釈然とし,また「ちんどんの音色は日本語的」というのにも合点がゆきました。「竹と雀」のように,まるでまず歌詞が先にあって後からメロディーをつけたような,何か語るような音調は不思議に感じられ,例えばバイオリンのように弦楽器では音が一連に連なる事ができますが、ピアノでは音階が1つ1つ分立しているように,言語では例えればフランス語や英語のようにリエゾン(連らなる)している言語に対し,イタリア語や日本語のように一音一音がはっきり分立しているのと比較すると,やはり日本語的というのは的を得ていると思いました。そう申上げながらもやはりちんどんミュージックに親しみを覚えるのは,ホンキ・ートンクな(幌馬車が整備されていない道をガタガタ揺られながら急がず陽気に進むように,わざと調子を外した)リズムの為だと思います。はまります。
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年05月11日(金) 17:06

全国チンドンファンのバイブルたる、恒例の富山ケーブルTVの富山チンドンコンクールの本戦ビデオが手に入りました。遠隔地ゆえ、横浜市神奈川区六角橋、富山への追っかけのみで、毎年TVは見るこたができなかったんですが、富山で知りあったチンドンファンに録画してもらいました。アップの演者の表情やユーモアのきいた司会者の進行にあらためて新鮮な印象を持ちましたが、1番のスクープは私ら夫婦がばっちし写ってたことですかね、冥土の土産ができました。
Posted by:チンドン研究社 at 2007年05月10日(木) 20:33

おととい主人と川崎市立図書館へ林社長ご著書3冊を借りに行って在庫確認をして貰ったら、「ぼくたちのちんどん屋日記」と「ちんどん屋です」は川崎市内の別の図書館に在庫があり取寄せ可能、「チンドン屋!幸次郎」は店頭に並んでいるのであればお買い上げの上取寄せ可能という回答でした。とりあえず予約して、たまたま在庫があった室生犀星の「チンドン世界(小林秀雄編集「現代日本文学館21」に収録分)」だけ借り、15ページの短編だったので帰りのバス車中でほぼ読めましたが、本命の3冊は図書館より入荷連絡待ち状態ですので、この連休中に読んでしまおうという目論みは達成できません。学生時代に室生犀星を卒論のテーマに扱っていた友人も一応居たものの、ゼネレーションギャップというか勉強不足(時代考証の)というか、金沢出身の作者が昭和9年45歳の時に文芸春秋に発表した作品を読んでいて、経営が傾いた場末の劇場の経営者が広目屋という広告媒体をもってして革新興行を行うも立地条件の悪さから結局経営を立て直すことはできず、閉館に至るまでの金策にまわる苦労や劇場で働く人々の人間模様、その中に広目屋の夫婦の描写が鮮明に描かれておりましたが、どうも昭和初期のレトロでセピアがかったストーリーが、イマイチ現代の東西屋さんの明るくビビッドなイメージとは重ならず、ぜんぜん別物に感じました。でも小説としては、人間観察の鋭さと描写力がすごかったです。
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年05月05日(土) 12:27

まるですぅ
みなさん励ましのお言葉ありがとうございますそぉですよねいいんですチンドンを理解してくれる人が現れるまで日々ゴロスに磨きをかけていきます現れるはず
とゆうことで明日は隣町の田植え祭りに賑やかしでいってきます・・・とまぁ休みの日にはチンドンばっかりしてます(明日はうちも田植えだとゆうのに
昨日大阪に行ったので道頓堀の極楽商店街のアメ屋さんにいってきましたぁみたらし団子1本で3時間も居座ってスミマセンでしたタカハシさんはいろいろおしえてくれるしチンドンはかかってるし団子はおいしいしまた行きたいです
今は買って帰ったCDきいてぐっすりねてますウッチーさんもやってみてくださいバッチシですよ
さぁ明日に備えてこれから予習しまぁす
Posted by:まるv(^^)v at 2007年05月02日(水) 21:52

林社長って・・・
今日、何気に出版記念パーティの動画を閲覧してみたら、なんと主人の母校の学長が挨拶をしておられ林社長は講義もされていたのですネ、天晴れかつて学生時代にアーキテクチュア関連の美術ジャンルの会社でアルバイトをしていた頃、その会社の社長は“現代にウィリアム・モリスのようなムーブメント(cf.アーツ・アンド・クラフツ運動)を作りたい”とのたまっておられましたが、建築業界不況の打撃をモロに受けて、その隆盛は非常に短いダイナスティで終わりを告げました。しかしながら林社長は既に“ちんどん”をアカデミズムにまで進展・昇華させられ、平成の時代にちんどん広告業という一大ムーブメントを日々築かれている訳ですネ・・・。いつぞやは私の母校(南港にある今は共学となった元女子大)の音楽部でも教鞭をとって頂きたいです“ちんどん学科”なるものが設立されたら非常にユニークかと思いますが、せめてワークショップが開催されるのであれば、予定が合えば是非参加させて頂きたいですと申しつつ未だ御著書は拝読しておりませんが・・・。ごく近々、近隣の市立図書館へお買い上げ及び所蔵の申請をさせて頂きたいと思います。
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年05月01日(火) 19:49

おもしろうて、やがてしみじみ、チンドンマン・・・いわば芸能人の端くれチンドン屋になるのが夢ですが、楽器演奏,口上、マスク、カラオケ、スタイルがいわばチンドンの5要素(私が勝手に想定しましたが)ですが、カラオケはプロ並み(森進一、真っ青の歌唱力)ですが、他はまるっきりだめです、こんなわたしでもチンドンチームに入れるでしょうか?
Posted by:チンドンの宣伝マン at 2007年04月30日(月) 16:38

>マル様
ご心配なく。世の中にはウチの旦那のような物好きもおりましてよ・・・。
ヒョッ・ヒョッ・ヒョッ・ヒョッ・ヒョ〜
Posted by:ザ・鬼嫁 at 2007年04月30日(月) 14:36

> マル v(^^)v さま
寝不足の内野です。寝れてますか(笑)?

> 今日は職場の上司の結婚式の余興
> 明日は祭りの賑やかし
→活躍してはりますねぇ。アマチュアの方のほうがはるかに人数が多い「ちんどん屋」。ちんどん屋っちゅうもんが世の中にはあるんだよ、ってことから、広く世間一般やいろんな業界に知らしめていかなければと、弱小ちんどん業界もガムバッていかなければならないところ、ちんどんを楽しんでくれてはることに感謝です。

> 新婦さん……『チンドンしょうるかぎり無理だろ』とかいわれます
→なははぁ、そら、マルさんのチンドンに対する「褒め言葉」ですよ  結婚してるちんどん屋もいっぱいおるのにぃ〜 (^o^)
Posted by:ウッチー内野 at 2007年04月30日(月) 12:47

チンドンファン必見:いよいよG,Wに富山チンドンコンクールの本戦模様が富山ケーブルテレビで放送されるみたいですね。本戦を見れなかったファン、追っかけなど出来ない多忙なファン、にとって必見ですよね。実演が一番とはいえ、やはり見てみたいものですよね、自分が写ってたりしてね・・・本当にたのしみです。
Posted by:究極のチンドンファン at 2007年04月30日(月) 08:25

>老けた中学生さま
     こんな呼び方で良いのかしら?(ごめんなさいね)
      書き込みありがとうございます!!鳴和中学の生徒くんですね。
      ゴロスを担当したメガネのおっちゃんです。
      いやぁ〜、鳴和中学の皆さんの「チンドン体験」への取り組みの
      真摯な姿には、スタッフ一同、大いに感動いたしました!!
      真摯なだけに吸収力もずば抜けていたように思います。
      また担当の先生も一緒に楽しんでおられるようで、
      やはり先生の取り組がに積極的な学校は生徒さんも素直に取り組める
      のだなと思いました。
      「チンドン体験」のテーマを簡単に言うと
      『自分が恥をかけば、相手も心を開いてくれる』といったところ。
      今回のこの貴重な「チンドン体験」の経験をこれからの学校生活や
      社会生活で生かしていただければ幸いです。
      きっとまたどこかでお会い出来ます!!
      その時は気軽に声をかけてくださいね 
      
Posted by:ジャージ川口 at 2007年04月29日(日) 21:32

マルです
きゃ〜〜今ゲストブックのウッチーさんのかきこみをよみましたうれしくて感激して今日は寝れそうにありません富山ではなんだかテンション上がりすぎて写真撮るだけでイッパイAで話すどころではなかったんです今から思えば・・・。。
今日は職場の上司の結婚式の余興にチンドン行ってきました10分くらいのサプライズで登場してきましたみんな喜んでくれたし楽しかったなぁ新婦さんとっても綺麗であこがれます
でも周りのみんなからは『チンドンしょうるかぎり無理だろ』とかいわれます。。。そぅなんでしょうか・・・
明日は祭りの賑やかしにチンドンいってきます楽しんでこようと思っています
Posted by:マルv(^^)v at 2007年04月29日(日) 00:12

昨日、転職しようと面接に行った帰り、一緒に面接を受けた、元々関西のラジオ局で働いていたという青年と話をしていて(たまたまその青年も兵庫県出身で)“今月富山のちんどんコンクールへ言ってきた”と話すと、その青年が“関西にはちんどん通信社さんがありますね”とサラっと言うので、(もしやちんどんファン?)と思い、驚いて“東西屋さんをご存知なんですか?”と聞いたらば“ちんどん通信社さんは有名ですよ”と逆にあっさり教えられてしまいました。ぎゃふんっ東京メトロ事故の為とお天気がとても良いのとで、東陽町から新橋まで3駅分歩いたら1時半かかりましたが、途中標識で“月島”と出ており、(これを左に曲がれば月島宣伝社さんと出くわすかも)と期待も致しましたが、機会を改める事にして帰途につきました。ちんどん屋さんと偶発的に出くわすのとちんどんファンとたまたま出くわすのと四葉のクローバーを見つけるのとはほぼ同じ位の確率ではないかと思っていたのは私の勝手な思い込みでございましょうか。(去年、県民会館での富山ちんどんコンクールの月島宣伝社さんには惚れました。憧れます。アイドル時代の天地真理かサリーちゃんを彷彿とさせるカツラに白い編み上げのリングブーツ・妖怪人間ベラのようなマントにメイクといういでたち、更に横に白線の入った体操ジャージ姿の女性達が押す台車に折りたたみパイプ椅子を載せて、その椅子に座って“ベン・ハー”のように太鼓を叩きながら登場された印象の強さは、私の脳ミソに“パナワン”という商品名を否が応でも刻み付け、消し去る事ができなくなったのでございます。“妖怪人間”・“ベン・ハー”・“サリーちゃん”・“子連れ狼”そしてスポコンの見事な融合、(勝手に因数分解してますが)インパクトの強さでは私の中では“ハンニバル”に次いでおります。)
Posted by:ちんどん追っかけマンの妻 at 2007年04月28日(土) 01:48

4月26日の午前に修学旅行でちんどん屋体験をしに行った中学生です。
たぶんこのブログであってるとおもうんですが。・・・
体験で林さんや川口さん達に楽器などにあんまり慣れていない自分にゴロスの叩きかたをおしえていただきうれしかったです。
またちんどんをやってみたいし、近くで見れる機会があったらみにいこうとおもいます。
体験の時はありがとうございました。
a_sun_trap@yahoo.co.jp
Posted by:老けた中学生 at 2007年04月27日(金) 22:59

>はなやま様

いつも応援ありがとうございます…それは残念でございましたね〜
まあ、そのうち探すとかでなく、偶然町を行くちんどん屋に遭遇する機会があると思いますよ。
その邂逅の瞬間はなんとも言えず感動的だっ!ってことを、こまっちゃんやアントクさんが語ってくれるでしょう。実は、我々も同業者にそういった形で会う事もありまして、これはスゴ〜く感激的だったりします。
(そういえば、昨年何と言うこともない2月某日に所要で、うちの主要メンバーと赴いた新宿の町で偶然、チンドンあづまやさん一行に会ったのは感激的でした

それと、是非出前ちんどんの皆さん(この書き込みをご覧の皆さんも)に、お伝えくださいね。ちんどん町廻りの最中は、どうぞ声かけてくださいね!ステージ中の芸能人ではありませんので、せっかくですからアプローチしてきてくださいね!加えて、はなやまちゃん〜大変ありがたいけど、あんまりやると店の方に不信がられるから、気をつけてね。

ということで、最近なんか京都づいてまして、この週末28日&29日も河原町周辺で宣伝の仕事に参ります。12:30から18:30の間で出没します。今度は会えるかしらね〜ふふふ…では
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年04月26日(木) 15:28

居心伝河原町蛸薬師オープン
この時期私 会えるかなーとの期待も込めつつ何度もあの界隈へ行ったのですが、見つけられなかったです。残念。でも数人の友人は「チンドンやさん見た!」とメールくれました。立命の出前ちんどんのメンバーも何人かこっそり見に行ったようです。
のち客として同店を訪れて「チンドンやさんのファンなのでまた呼んで下さい」と言う という活動を今回もやろうと思います。京都のチンドンファンの方々(いらっしゃるのかわかんないですが)、ぜひやりましょう。貢献。
チンドン馬鹿 はなやまでした。
Posted by:はなやま at 2007年04月25日(水) 10:54

こまっちゃん様
さすが神戸へも赴いておられましたか、21日のご様子を教えて下さって有難うございました。やはり旦那を放っておいてでも行くべきだったか、と却って無念が積もりましてございます。(来月の萩原ちんどんの日も既に出勤にシフトされているという・・・)実は今年の富山ちんどんコンクールで素人しんどんデビューを目論んで、川崎へ越してきてから同僚達にチーム結成を打診してきましたがメンバーが集まらず、(主人からもそっぽ向かれ)イージーライダーをイメージした“ヒッピーちんどん”(仕度が容易・・・Tシャツ・バンダナ・Gパン・グラサン、但し見間違えば犬井ヒロシ)、あるいは“ABBAちんどん”など、ベタな(ベタベタな)ネタと野望を温めていたものの、今年は果たせませんでした。やはり神奈川県にちんどん文化が浸透するまでには数世紀を要するのでしょうか?
意味はないがこれって湯浅弁護士でしょうか?これ、面白いですね。勝手にちょいと遊ばせて頂きました。失礼致しました。メタボ夫婦
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年04月24日(火) 22:06

>関西タイムアウトT”30周年記念パーティ

外国人は7割くらいだったと思います。
古参3人+ナナちゃんの組み合わせで2,3曲の演奏の後、ナナちゃんの曲芸で場内は大いに盛り上がりましたよ。
Posted by:こまっちゃん at 2007年04月23日(月) 22:49

> マル v(^^)v さま
 「政丸のチビ」ことウッチー内野です お手紙にお写真、書き込み、どうも有難うございます。
 富山ではお疲れさまでした。楽しめたご様子でなによりです。パレードの直前に、疾風のように
現れて
写真を撮り疾風のように去って行かはったから(笑)、ロクにハナシもできませんで、愛想
なしですんませんでした
 僕ももっともっとゴロス練習しますよぉ。富山ではなかなか「素人部門」のステージや皆さんの
演奏を見聞きすることができませんが、マルさんのハジケッ振りあのメイクから察するに(笑)、
きっとムードメーカーとしても活躍されているんでしょうねっ。お互いにレベルアップして、富山で
再会できることを楽しみにしております。有難うございますっ!!
Posted by:ウッチー内野 at 2007年04月23日(月) 18:00

21日神戸の“関西タイムアウトT”30周年記念パーティって行きたくて行けなかったのですが(主人土曜出勤の為、残念っ!)どんな雰囲気だったのでしょうか?やはり英字雑誌だけに外人の方が多かったのでしょうか?反応とか盛上がり方ってライブハウスと屋外会場とは違うのでしょうか?どなたかちんどんファンの方でいらっしゃった方はおられますでしょうか?ところで岡山で販促キャンペーンがあったのですね、どんなだったのでしょうか?ちんどん屋さんのストリート生ちんどんに現場で立ち会ったのは実際大和高田の1回きりしかありません。販促で思出すのは、かつて某チャリティーバザーで仲間とクッキーを2千個焼いて出品したものの、午後2時時点で1個も売れておらず、2千個のクッキーを結局自分達で食べる羽目になるのか、とがっかりしていたら仲間の1人が「こうなったらあなたにやって貰うしかないっ!」と突然言出し、何を思いついたのかと思いきや、高槻祭りサマーカニバルでボランティアで出場した時のサンバの物々しい衣装をひっぱり出して来て、勢いと流れに逆らえず、バザーとは何の脈絡もない腰蓑と羽飾りを只1人で身につけ、口上がわからないので取合えず「こうといて〜っ!(買って下さいの関西弁)」と呼びかけたらワっと人が集まってきてもの凄い勢いで飛ぶように売れ、3時には完売し、この時は“コスプレに勝るものはない”と実感しました。それ以後顔だけむき出しのドラエモン(ちなみにひげは自前の眉墨で素顔に直書き)など、なぜか事ある毎に着ぐるみ担当になっていたのですが、友人曰く、“大道芸みたいに火のついた剣をガーっと一気に飲みそう”という、人から見られている自分のイメージに戸惑いつつも“プロの口上ってどんなんだろう・・・?”と1度販促現場に立ち会ってみたいおばちゃんでした。
Posted by:ちんどん追っかけマンの鬼嫁 at 2007年04月23日(月) 17:29

こんにちわぁはじめましてのメールです
富山の夢みたいな大会からすでに2週間…素人チンドンに参加してましたマルといいます
日々の仕事の合間にチンドンしながらストレス発散して(^^;)富山まで後340日…とか考えながらなんとかすごしておるわけです。。。
富山ではみなさんのパッションをみてますますチンドン屋さんになりたくなってます
写真一緒にとってくださってありがとうございました来年まで写真をながめながら頑張ろうとおもいます
私は今のチームでゴロスをしてます。富山の大会でウッチーさんの大ファンになりましたウッチーさんがんばってください!応援してます!
Posted by:マルv(^^)v at 2007年04月23日(月) 15:16

> アントク さま
毎度、本当に有難うございます。「パンと写真」、取り合いしながら 楽しくいただきました。
これからも、是非々々宜しくお願いしますぅ(あ、「お土産を」ってことぢゃないですからね)。

P.S. ワケあってブログの一記事をBBSとして使っておりますです。
   多少、書き込みにくいかもしれませんが、こちらも是非宜しくですですぅ。
Posted by:ウッチー内野 at 2007年04月23日(月) 12:28

岡山班の皆さん,本日はお疲れ様でした。
久しぶりに販促の現場を見させて頂きましたが,楽しむことができました。
またお邪魔すると思いますが,その際にはどうぞよろしくお願い致します。

PS,新しい掲示板になって,書き込みに緊張するアントクでした(笑)。
Posted by:アントク at 2007年04月21日(土) 22:04

>高崎チンドンのピエロです♪ 様

コメントありがとうございます。
林社長でも、政丸チームでもない私からの返答で申し訳ありません。

応援いただいたようで、本当に感謝します。
さて、さすがにゴールデンウィークはばたばたすると思います。
うまいこと、時間が合えばいいですが…

で、何よりもこういうお話は、メールでやりとりしたほうがいいですね。
この件については、まずメールください。もちろん、ご本名で…
では、よろしくお願いします。

Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年04月16日(月) 13:08

社長審査員ありがとうございました&上州風の投稿もありがとうございました♪また、政丸さん、富山での初優勝おめでとうございました♪社長、かわち家、アダチと歴代優勝者を破っての演技は素晴らしかったです。特に獅子には仰天しました。私も仲間に入れてもらいたいです?(私も関東三大奇祭の獅子頭の舞をやっています)
今度のGWに大阪に足を伸ばそうかなと思っています。出来れば会社に挨拶に行きたいと思ってますが、29日、30日は誰か会社にいらっしゃいますかね。今は完全に『ちんどん屋』に嵌まってしまいました私です(笑)
Posted by:高崎チンドンのピエロです♪ at 2007年04月15日(日) 10:21

あの平田さんが小宮悦子の番組に登場ですか?日本旅行の平田さんの知名度はTV朝日視聴可能エリア限定だと思っておりましたが、吉本の“島木譲二”系のあの熱く激しいキャラ(関西人を関西人で例えたところで却ってわかりづらいかもしれませんが“ぽこぽこヘッド”と言えばおわかりの方も多いかと)が首都圏のニュース番組からスポットがあたったのはどんな事情でしょうか?(番組を見てのお楽しみですネ)ところで富山ちんどんコンクールの会場では、「おはよう朝日です」でおなじみの金髪ウィッグと分厚くひかれた赤いルージュの変装が見られると期待していたのですが、なんと紺ブレ姿の端正な添乗員姿でしたので(当たり前といえば当たり前でしょうか)、さすがに旅行中ずっとあのテンションのままな訳はない、増してや平素、常にあれが“す”の状態な訳がない、と納得致しました。神奈川に越してきてからは「おはよう朝日です」が見られないので仕方なく「朝ズバ!」を見ておりますが、関西人には朝からみのもんたはイマイチなじみにくい(朝どころか昼も夜もいつもTVに出ているというのも考えがたい事実ですが)朝はやっぱり宮根誠司アナウンサーに限ります(;ー;)という訳で明日の放送が楽しみです  ところで彦根の方のご投稿を拝見して懐かしかったのですが、昔学生だった頃、大阪は谷六のステンドグラス製作の会社でアルバイトをしていて、ちょうどその頃長浜で第3セクターの“黒壁”を立上げる時で、全国からガラス作家がスタジオやらるつぼやらを製作しに参集し、私も参加させて頂いたのですが、また湖東町のヘムスロイド村でも毎年工芸家のお祭りがありますが、結局自分には才能と営業力がないのが判っていた為その道でやっていくのは無理、と判断し、俗物なりに生きてきた訳ですが、思えば滋賀県もなじみの深い土地でございました。苦手な元上司が今も平和に暮らしておられます。      既に浦島太郎化しつつある元関西人

Posted by:ちんどんマニアの妻 at 2007年04月11日(水) 18:35

富山コンクールお越しの皆様、ありがとうございました!

というワケで結果は、トップにあるとおりです。
ご声援ありがとうございました。

「掲示板とゲストブックの違いがわからない」という題名がありましたが、
私も100パーセント分かってるかと言われると、???なのですが、
とりあえず、何らかの書き込み(コメント?)は、このゲストブックにしていただく方がいいんだと思いますよ。
よろしくお願いします〜
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年04月09日(月) 19:36

富山発 号外!号外!祝優勝 ちんどん通信社さんの隠し玉?囃子座の分身?政丸チーム!歴代の優勝者を破っての快挙本当におめでとうございます。あだち宣伝社さんの後半の小細工の息切れを察しての、仕掛け、わざの数々には感服もいたしました。なんか政丸時代の到来を予感する他の追随を許さぬパワフルなステージでしたね。あと他の寸評を少し述べさしてもらいますと、民謡おわらの本場での山口さんら卯乃丸さんの暴挙(としかいえません)の無念の予選落ちは真にもったいなかった。サックス日舞など、その持ち味を完全に殺してしまいましたね。逆に言えばそれが生かされれば,ライバルカズミさんに対しても遜色なく、上位食い込みも可能でしたのにね。
Posted by:チンドンの宣伝マン at 2007年04月08日(日) 19:39

山口あきさん、早速、ホームページの方閲覧させていただきました。あらあら、瀬戸さん、河村さんもメンバーなんですね。磔磔でフレイレフ観に行った時にお会いした井上さんもいらっしゃるのですね。明日のイベントの成功を祈っております。関西の地でライブする時は少ない時間少ないお金を搾り出して飛んでいきますのでよろしくお願い致します。
Posted by:平瀬英一 at 2007年04月06日(金) 23:55

富山:ホットパンツ(古いねー)じゃなかった、ホットニュース!松川の夜桜見てきました。船着場のお茶屋さんの前で、あだち宣伝者さんと、しゃもじを持って素人の方も踊ってました。もしかしてチンドンマニアの妻さんかな?もしそうならおばさんどころか、おねーちゃんじゃないですか!いよいよ本番ですね。さぁー皆さん、明日も、あさっても、楽しみましょう!
Posted by:チンドンの宣伝マン at 2007年04月06日(金) 22:23

スゴイ 素晴らしい! 新しいホームページ
感謝! 感謝です

見やすくて分かりやすいし、ブログがあって最新情報が知れるし、予定も早めに分かるし。
富山には今回行けませんが、一宮か、別の現場を観に行きます!!!

Posted by:なか at 2007年04月06日(金) 00:42

遅ればせならが、新ホームページ開設おめでとうございます。いよいよでございます。昨年の決勝戦はまるでマスターズのトーナメントようでした。最後の最後まで結果が予測不可能なところが面白くて、楽しませて頂きました。それぞれの演目や内容もさることながら、今年はどこのチームが優勝させられるのか、特に見逃せません。ところでおととい、ダメ押しで石川県知事のホームページにメールで意見を送らせて頂き、他府県同士で協力して(石川県&富山県による観光イベントと支援活動のコラボ)イベント会場に募金箱設置は行政上の機能として実現不可能かお問合せしましたが、他府県の一観光者が行政上のやりとりにまで干渉するような意見は恐らく反映されるどころか、まともに斟酌される事はないかと思います。(無謀でしたでしょうか、もしかして)で、蒸し返すようで恐縮ではありますが、今のところコンクール会場での募金活動の有志者は上がっておりません。とりあえず“しゃもじ”は自分達の分だけは用意し、準備が簡単かと思える波田陽区の変装を試みて(ちなみにギターは弾けません、残念っっ!!)セロハンテープでまぶたと鼻を潰して(元々潰れてる?)主人に「どうよっ?」と聞いてみたのですが、全く別物に見えるとの事でした。“断念っっっ!!!”という訳で、チンドンファン有志による場外募金活動は計画倒れになりました。支援はオーソドックスな形をもってさせて頂き、今回は観覧と応援に専念させて頂きたいと思います。しゃもじは応援グッズとして活用致します。北陸でも遠からずちんどんイベントが行われるといいですネ、そしたら応援に参ります。(石川県知事へのご意見はこっちの方が良かったかも(^_^;)切っ腹〜っ!!
Posted by:掲示板とブログの違いがわからないちんどんマニアの妻 at 2007年04月05日(木) 12:11

ライスポイントしろやま様
本日は大変お世話になりました。
さっそくHPご覧いただき、どうもありがとうございます!
今日の三人、わかりましたか?
またいつか機会がありましたら、どうぞまたよろしくお願い致します。
メンバー一同より感謝を込めて。
Posted by:東西屋秋山彩 at 2007年04月05日(木) 01:08


新サイト開通おめでとうやね。まずはじっくり楽しませてもらいますわ。トヤマ・・・いよいよですね!年に1度のビックイベント。この日のために日夜励んできた成果の発揮時ですね、今年こそ優勝リベンヂ期待してますよ!花見という時節柄不適格な観覧者が心配ですが、もし不適格な観覧者が現れたら、林さん!第一人者としてそろそろ注意(お願いでもいいか)してもいいのではないか?ご存知天才ジョッキー武豊もゴール前で馬券を舞わせたふとどきのファンにそんな人は競馬を見る資格がないと話してましたよ!
Posted by:さすらいの似非ちんどん屋 at 2007年04月04日(水) 21:34

今日はお世話になりました。
お客様にもたいへん喜んでいただき、楽しかったです。
HPのメンバー紹介のページで今3人さんを探しています。
Posted by:ライスポイントしろやま at 2007年04月04日(水) 19:08

たくさんの御祝辞ありがとうございます!

私がブログ馴れしていないもので、こういうコメントとかに不手際があるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

オープンしてから、今でちょうど25時間が経ちましたが、実は色んなところが変更・更新されております。公開してから「あっ、ここ誤字!」「やっぱこの表示はこうしよう」って感じで、すいません…(実は制作者の方にご迷惑かけてます)

日々、進化・向上するホームページとして、皆様がここに来て憩いのひとときを感じていただけるようなところにしたいと思いますので、どうぞ今後ともよろしくお願いします。
Posted by:東西屋 猪俣 at 2007年04月04日(水) 19:03

HPリニューアルおめでとうございます!

このゲストブック、みかんみたいなキャラがたくさん使えるようですばらしいですね。
富山、僕もお邪魔します。楽しみであります〜
Posted by:こばひろ at 2007年04月03日(火) 22:18

ホームページ,リニューアルおめでとうございます。
トップページの写真がいいですね〜。大御所が右に真ん中にと
にらみを利かせてます(笑)。もう富山がすぐそこまで近づい
てます。今年もバラエティに富んだ通信社さんの演目に期待し
てます。頑張って下さいね〜。
Posted by:アントク at 2007年04月03日(火) 21:55

祝!新ホームページオープン

おめでとうございます!!
Posted by:セブン道楽 at 2007年04月03日(火) 19:57

やった、一番乗り、どこから見ようかな。。。
Posted by:こまっちゃん@会社 at 2007年04月03日(火) 19:19