【 更新情報 】

 

北京オリンピックの選手村

北京オリンピックは、第29回の夏季オリンピックとなります。中華人民共和国の首都である北京を主な会場として、2008年8月8日に開幕し、8月24日までの17日間に渡って開催されます。

アジアでの夏季オリンピック開催は、1988年に開催された韓国・ソウル大会以来、20年ぶり3回目となります。また、中国では初開催となります。実施される競技、種目は28競技、302種目にもわたります。

開会式は中国時間で2008年8月8日の20時8分、日本時間では午後9時8分に行われる予定です。時間が中途半端と疑問を持たれる方もいらっしゃいますが、中国では8は縁起のいい数とされているためです。

中国は、最近開催された数回の夏季オリンピックにおいて、メダル獲得数で上位の常連国となっています。今大会は、第二次世界大戦以降に開催される夏季オリンピックで、アメリカとロシア(旧ソビエト連邦)以外の国が金メダル獲得数1位になる可能性がある初めての大会です。

オリンピック選手村の開村は今年の7月27日になることが明らかになりました。また閉村は8月30日となるようです。選手用のアパートは9階建ての恒久建築物で、205の代表団が選手村に入ることになっています。

選手村は大きく分けて、居住エリアと国際エリア、それから運営エリアの3つに分かれています。居住エリアは、12のサービスセンターが設けられ、24時間営業のレストランはあらゆる民族に対応した料理を作ってくれるようです。

また、室内トレーニングセンターやトラック、バスケットボールコートといったスポーツ施設もしっかり完備されるそうです。これに加えて、ネットカフェや娯楽室、DVDホールといった娯楽施設まで設けられ、選手にとってはかなり快適な生活ができそうです。

北京オリンピックのマスコット

オリンピックには大会マスコットというものが存在しますが、今から2年前、2005年11月11日に、北京オリンビック組織委員会は、オリンピックのマスコットを発表しました。

北京オリンピックのマスコットは、魚、パンダ、チベットカモシカ、ツバメ、それにオリンピックの聖火からなるかわいいちびっ子人形で、この5体という数は夏季・冬季を通して最多です。

それぞれ、魚「ベイベイ(貝貝)」、パンダ「ジンジン(晶晶)」、聖火「ホァンホァン(歓歓)」、チベットカモシカ「インイン(迎迎)」、ツバメ「ニイニイ」という名前がついており、これは中国語の「北京歓迎?」、ようこそ北京へという意味です。

オリンピックに参加する世界各国の選手と関係者及び各国のサポーターたちを歓迎し、北京を訪れる世界各地からの観光客への友好の気持ちを表しています。

国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長は、北京オリンピック組織委員会に対し書簡を送り、発表に祝意を表しました。北京オリンピックのマスコットには5つの特色があります。

(1)北京オリンピック主催の理念やオリンピック精神を具現したものである、(2)濃厚な中国的な特色を保っている、(3)幅広い代表性があるものである、(4)独創的な知的所有権、そして大きな市場開拓の可能性がある(5)集団の英知を濃縮したものになっているというものだそうです。

北京オリンピックのシンボルマーク

北京オリンピック組織委員会は、北京五輪の各競技のシンボルマークを発表しましたが、このシンボルマークは、選手の試合参加のための案内、道路案内システムや施設内外の装飾と標識、一般客の観戦の案内などに活用され、同時にテレビ中継やCMなどにも広く応用されていくことになっています。

オリンピックの諸競技のシンボルマークというものは、インパクトがある機能性があることが必要ですし、オリンピックの理念、主催国の文化といった面をアピールする重要なルートでもあります。

北京オリンピックの諸競技のシンボルマークは、篆書の字形を基本とし甲骨文、金文といった字形の趣やモダンな図案の簡潔さを融合させたものとなっています。これは覚えやすく識別しやすく、さらに使いやすいといった要求を満たしています。です。

この北京オリンピックの諸競技のシンボルマークは、陸上、ボート、バドミントン、野球、バスケットボール、ボクシング、カヌー(フラットウォーター)、カヌー(スラローム)、自転車、馬術、フェンシング、サッカー、体操、新体操、トランポリン、重量挙げ、ハンドボール、ホッケー、柔道、レスリング、水泳、シンクロナイズド・スイミング、飛び込み、水球、近代五種、ソフトボール、テコンドー、テニス、卓球、射撃、アーチェリー、トライアスロン、ヨット、バレーボール、ビーチバレーの全部で35あります。

このシンボルマークは、著名なデザイン機構がデザインを担当し、中央美術学院や清華大学美術学院が入選案への改善作業に携わりました。

この間に、内外のデザインの専門家やアーティスト、オリンピックの専門家、選手の代表など様々な人から貴重な意見が寄せられたそうです。

中国旅行の事前準備

世界的な行事といえばやはりオリンピックですが、2008年の夏季オリンピックは北京で開催されます。このオリンピックの影響で、中国旅行を考える人も増えてくるのではないかと思いますが、楽しく中国旅行をするにあたって事前の情報収集が大切になっきます。

まずはガイドブックや旅行雑誌から情報を集めましょう。「地球の歩き方」、「自遊自在」などが有名ですが、雑誌では「格安航空券」「AB・ROAD」などから格安航空券ツアー情報などを参考にできます。またパック旅行のパンフレットなども参考になります。

最近では、何と言っても情報を得たい場合に便利なのがインターネットでしょう。より詳しい情報を得たい場合などには、中国旅行メーリングリスト、中国旅行関係メールマガジンなどの利用をお勧めします。

旅行の持ち物ですが、まず現金が必要です。中国では日本円か米ドルが良いそうです。現金の次にトラベラーズチェックです。そして通用する場所は限られていますが、クレジットカードもホテルや買い物の清算で使用できます。

身の回りの日用品として、歯ブラシ、歯磨き粉、髭剃りやくし、石鹸、シャンプー類、身体を洗うタオルなどが便利です。また中国ではトイレに基本的に紙がないのでトイレットペーパーもあると便利だそうです。

さらには、ウェットティッシュ、耳栓、アイマスク、空気まくら、サングラス、帽子、日焼け止め、便座シート、ビニールシート、ビニール袋、紙封筒などもあると便利です。

持ち物といっても個人差があると思いますので、必要最低限の物を中心に用意して日用品などを現地調達するなどという事もありそうです。

中国の人気ホテルランキング

旅行をする際に慎重に選びたい事のひとつが宿泊先ですが、中国旅行をする際にはどの様なホテルを選べばよいのでしょうか。

実際利用した人の中国旅行の人気ホテルのランキングは、1位上海明日広場JW万豪酒店、2位長安城堡大酒店、3位上海錦滄文華大酒店、4位南新雅華美達大酒店、5位厦門悦華酒店、6位海湾世紀閣、7位厦門馬哥孛羅東方大酒店、8位廣東國際大酒店、9位佳華広場酒店、10位金花飯店となっています。

人気ランキング第1位の上海明日広場JW万豪酒店は、上海にあり、周辺には、東方明珠テレビ塔、外灘、アナベル・リー・シャンハイ、上海動物園、上海馬劇場、東台路古玩市場、バンド・ファイブ・スパ・オアシスなどがあるそうです。客室総数は約342室で、エクスペディア、アップルワールド、旅ウェブ、みゅう海外ホテル予約、JTB、ホテルモールなどのウェブサイトでも宿泊予約をする事ができます。電話番号は0120−936−910です。

ランキング上位ホテルは上海が多いのですが、オリンピックも開催される北京で人気のホテルといえば、北京飯店、北京東方君悦大酒店、王府飯店、京倫飯店、長富宮飯店、セントレジス北京、首都大酒店、北京国際飯店、港澳中心飯店、北京国際芝苑皇冠飯店などがあります。

その他にも良いホテルは数多くありますので、ネットで探してみてください。最近は、電話予約の他にも、ネット予約ができるホテルもありますので、そのようなサービスを上手く利用してみてください。中国旅行の際、ホテル選びも事前に行っておくのが良い旅の準備のひとつです。

中国の人気観光ランキング

オリンピックにあわせて中国旅行を考える方も多くなってくると思いますので、予想されていますが、中国旅行の人気観光ランキングを紹介したいと思います。

まずは、中国旅行で人気スポット第1位はなんと言っても世界遺産の万里の長城です。そして2位は天壇(北京の皇帝の廊壇)、3位はイホウイワン(北京の皇帝の庭園)、4位はマカオ歴史地区、5位は明・清朝の皇帝陵墓群、6位は秦の始皇帝陵、7位は明・清朝の皇帝群、8位は蘇州古典園林、9位はチウチャイゴウの渓谷の景観と歴史地区、10位は麗江旧市街となっています。

次に中国旅行の観光地の人気ランキングは、第1位は外灘、2位は八達嶺/万里の長城、3位は故宮博物館、4位は天壇公園、5位は保国寺、6位はコロンス島、7位は東方明珠テレビ塔、8位は豫園、9位は七星公園、10位は上海動物園となっています。

しかし中国旅行の人気スポットには観光客も多く、中国であっても日本語が飛び交ったりと言う事もあるかもしれませんが、それでも景観を楽しんだり壮大な歴史などを知ることができます。観光地と言っても日本のように整備されていない場所も多いので、しっかりと風情のある観光ができることと思います。

旅行をする場合には、事前の情報収集が欠かせませんので、中国国家観光局日本事務所、中国系航空会社、旅番組を参考にしたり、中国について詳しい友人や知人から聞く、そしてマイナーな街の情報などは現地の旅行会社、ホテルなどに問い合わせるのもよさそうです。

事前に下調べをしてあるのとしてないのでは、旅も違ったものになるのではと思います。