入院一段落! 

2011年06月03日(金) 13時40分
レントゲン、CT、胃カメラ、バリウム…
肺炎の入院でした検査はこれくらいだったかな?
あとは毎日のように採血があったり、肺炎の治療で毎日朝晩の点滴。

ゆきの腕血管が見つけにくいらしくて看護婦さん苦戦しまくりで毎日ブスブス刺されてたなあ
おかげで点滴やら採血の痛みはもう余裕♪
けど腕中針の跡だらけ

退院したのは4月12日だから15日間の入院やったわけやね。
何回「早く退院したい〜!」って言ったかな。
会社の同期のみんなは滋賀の研修合宿して、福岡での英語研修もして、なのにゆきだけおいてきぼり。
さみしかった

会社の対応がすっごくいいのに少し救われたかな。。
本当にありがたかった。


無事肺炎も治って退院して、次は9日後に大病院に行くことに。
久しぶりの自宅でゆーっくりしたよ

はじめてのバリウム 

2011年06月03日(金) 10時27分
胃カメラで胃の中を見たら、胃に少し異常がみられるって言われた。
なんか胃がちっさい?らしく
「食事してもすぐお腹いっぱいなったりしない?」って言われたけど
「や…それは全くないです」って全力で否定!笑
むしろすぐおなかすく。
どうしてくれようこの食欲。

で、胃の膨らみ方を見たいとかでバリウム検査をすすめられた。
胃カメラが楽やったし、バリウムは飲むだけだからもっと楽かなって思って今回は快諾
検査当日、やっぱり朝食は抜き。
まじ空腹。胃よちっさくなってくれ

そして10時過ぎに検査の部屋へ。
また肩に注射。やっぱり痛い…けど少し慣れたような?
技師さんがバリウムを作ってて、
「バリウムは飲みにくくて、味は変えられないんだけど、フレーバーをつけれるんだよ」
って言われて、フレーバーを選ばせてくれた。
レモン、オレンジ、ストロベリーだったかな?
レモンを選んで、それから機械の上に立たされた。
「はい、これ。」って渡されたバリウム入りの紙コップはずっしりと重くて、中身はペンキのような真っ白の液体。
こんなの飲むの?ってなった(:_;)
ひとくち口に含んでって言われたから、意を決して…ゴクリ。
んー…味は思ったほどまずくなくて、少し甘い感じ。
レモンのフレーバーはかなりした!
ただ、舌触りとか、重い感じがすごく不快。。
苦いよりはましか〜

それから何回も飲まされて、まずくて気持ち悪くて口からでろでろ出てくるバリウム。きたねー
しばらくすると、次はこれを飲んでって言われて白い粉とほんの少しの水を渡された。
粉を舌に乗せられて、水でくっと飲む。
水がすくなすぎて飲みづらいし、粉の正体は炭酸やったらしく、水を含んだ瞬間ブフォっと膨らむしで口内大慌て!
しかも、炭酸を飲むとすっごいげっぷ感に襲われるんだけど、げっぷしちゃいかんって言われてもう…
げっぷを我慢しながら、今度は乗ってた機械が水平に倒れて、仰向け状況に。
そこから台の上で横向いたり、回転したり…しかも自力で。
入院で足腰弱くなりまくった時だったからしんどすぎた!
あとは水平だった台がもっと倒れて頭が足より低くなったり。
頭を支えてくれるものがなくて、手すりに掴まって落ちないようにしなきゃで、これもアクロバティックすぎ。
また炭酸飲まされて、またアクロバティクって、へとへとな私に向かってMが一声。
「もう一カ所見たいとこがあるから、あと1回大丈夫?!」
いやいやいや…むーーりーーー!(T_T)
なんて言えるはずもなく、ハァハァ言いながら最後の一回を。
もうげっぷもあんまり我慢できてなかったように思えるよ。


きつくてきつくて…
バリウムもまずいし。
最後とか、コップ半分くらい一気させられるし。
てか病人にあれはないわ…
ふらふらで病室戻って、きつかったのと解放されたのとで少し涙。うえん

こんなの毎年やる大人とかすごいなーって思った。
今後胃の検査があったら、胃カメラでしてもらおうと心底思ったよ。



この次の日に退院になるんやけど、退院というか、転院で。
リンパのはれと血液の数値的に何かの病気であることは間違いないから、もっと大きい病院で検査をするようにって言われた。
でも病気によっては入院やなくて通院でいいかもって言われたけん、ゆきは通院する気満々やった♪
毎日行ってもいいけん通院がいい!
そのくらいおうち大好きなわたし

はじめての胃カメラ 

2011年06月03日(金) 9時28分
胃カメラをする日。
やっぱり怖くて、前の日からやだやだってずっと思ってた。
看護婦さんが「M先生はうまいらしいから大丈夫」って言ってくれて少しだけ安心したけど。
朝は朝食抜き。これも実はちょっとつらいと。おなかがすく!
で、10時くらいに呼び出されて胃カメラの部屋へ。

部屋についてまず白濁した液体を少し飲まされた。
おいしくはないけどまずくもなくて、少量やし、朝から何も飲んでないから簡単に飲めた♪
そしてのどに麻酔のスプレーをシュッてされて、ごくんって飲み込むんだけどこれが苦くてまずくて!
すぐにもう一回もっと奥にスプレーされて、のど全体がしびれてめちゃくちゃ気持ち悪い。
歯医者の麻酔って、歯茎にするやつでもしびれ感が気持ち悪いのに、のどにあの感じ。辛い!
しびれるとつばがいっぱい出てきて、それを飲み込もうとすると飲めなくて咳込んで、なにこれ!ってプチパニック!!
気付いた看護婦さんがティッシュくれて、つばはこれに出してねーって。
のどに麻酔って、こうなるんだ・・・って初めて知った。
のどに感覚がないから、口で息しても空気を吸えてない気がして苦しかった…
とにかく嫌な感じの麻酔だったよ。

で、麻酔をしたら寝台に横向きに寝て、まず腕に筋肉注射。
これがまた痛くって!
ただ麻酔で若干力を使い切ってたから、もうどうにでもして状態。。
痛って〜って思ってたら、Mがきて、じゃあ点滴うつねーって、
胃カメラ嫌そうだったから強めの麻酔にするねーて。
よかったーって思いながら、点滴の針刺されて、て、て・・・

「山崎さーん」
うとうと
「おわりましたよー」
うと・・・え??
それからうとうとしつつ車いすに乗って病室まで連れてってもらってベッドでまたうとうと。
また点滴してたっぽかったけど、針さされる前にすやすや。

起きたら点滴も終わってて、のどのしびれもなくて、すっきりした状態でご飯♪
胃カメラ・・・楽!!!
胃カメラ中、途中で一度むせてMがあわてる、っていう記憶がうっすらあるんだけど、それでもきついとか痛いとかって感覚ではなかったし、あれは夢かな?ってくらい。
点滴のも、うとうとさせる薬で、意識はうっすらあるんだけどって説明されてたけど、全然意識なかったよー。
もう、終わってからはるんるんで、これならまたしてもいいなーって思った!
麻酔が嫌なくらいでね。


この検査で胃の生検もしたんやけど、その結果(癌かどうか)が出るのはしばらくかかるらしくて、どきどきな日がまたはじまるのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yk!
読者になる
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる