【 更新情報 】

スポンサード リンク

子供用スーツの選び方

小学校の卒業式などで着る子供の服装について迷われている方は多いと思いますが、
いろいろと見ていると、男の子はスーツが大半ですね。
他は、ジャケットを着て、ネクタイの上にセーター・チノパンというような格好。
その時に流行などもあると思うので、一番いいのは、他の親御さんにどうするのか
聞いてみる事でしょうね。以外に多くの方が同じように迷ったりしています。
スーツを検討されるのでしたら、購入した方がいいと思います。レンタルという手もありますが、
使用後にオークションなどで売れば、いい値段がつく事もあります。
また、売らずにそのまま取っておけば、親戚の結構式など多くのイベントなどで使いまわしが
できるので、その時々で迷う心配もなくなります。
大きくなることも考えて、多少は大きめのサイズを選ばれた方がいいと思います。
話は変わりますが、ヨーロッパの方では子供用スーツは、大人が着るスーツと同じように長ズボン
なのですが、日本では、私もそうでしたがズボンについては、半ズボンですね。
子供用スーツといっても、それぞれの国によって文化の違いがあるのだと感じました。

子供用エプロンの選び方

小さい子供がご飯を食べる時、食べ物をこぼして服を汚してしまったりしますね。
そういう時に子供用のエプロンがあると便利ですよ。
用途にもよりますが、家の中だけで使用するのであれば、エプロンを購入しなくても、
手作りでも結構簡単にできるみたいです。例えば、大人用エプロンを子供用エプロンにする方法。
子供の体型にエプロンを合わせて、丈の長さを切る、または折ったりして調節する簡単なやり方。
他には、大判のハンカチで作る方法があります。ひとつの角をうえにして、上を少しおり、
できた角と角にひもを付け、頭が入る大きさの輪っかになるようにする。左右の角に
それぞれ切った、ひもをつける。長さは後ろで結べる長さにするということです。
他には、これから布など材料を購入する場合は、購入した店で子供用のエプロンの簡単な作り方を
聞いてみれば、教えてもらえるかもしれません。
ある程度、時間に余裕のある方は是非チャレンジしてみて下さい。手作りのエプロンがあれば、
きっと子供も喜んでくれると思います。早く、子供用エプロンを卒業できるように、
自分でこぼさず食べられるようにしてあげて下さいね。

子供用の椅子について

子供用の椅子について、みなさんはどのような物を使っているのでしょうか。
私の知人は、汚れたら捨てる覚悟で、値の張らないローテーブルを置いてることが多いです。
学習机もローテーブルで済ますことにして、そこで学校の宿題などもやっているそうです。
子供用の椅子がなくても、ひざ立ちしたり、自分で調節してご飯を食べることも出来るようになるでしょうし、
無理そうなら子供用の椅子を購入してみればいいと思います。ただし、すぐに使わなくなるでしょうから、
安いものを買って、済ませてしまうのもひとつの方法だと思います。
子供が使えば、マジックで書いたり、傷つけたり、汚したりとすぐに駄目になってしまいますからね。
高いお金を出したものが、すぐにボロボロになってしまうのも悲しいものです。
子供用の椅子をご購入をお考えの方で、おすすめの商品は、定番商品ののトリップトラップと
e-チェアです。
他には、ミーブルのローハイチェアのセーフティーガード付きは、テーブルの取り外しができ、
テーブルを外してもガードはついてますので安心です。

子供用自転車の選び方

自転車ブームが続いていますが、今回は子供用の自転車の選び方について調べていきます。
補助輪付きの自転車でしたら、ある程度種類も限られていますし、お子さんの好きなキャラクターや
デザインの自転車を選んであげたらいいと思います。キャラクターの入っている自転車は、かわいらしく
見ていて、こちらも楽しくなってくるのですが、補助輪なしで走れるようになるようになれたらいいですね。
子供用自転車で補助輪を外すのは、早い子で4歳前後だそうです。
さて、補助輪付き自転車を卒業されたお子さんに、新しく何を買ってあげればいいのか迷うところですね。
まず、子供用自転車のサイズの選び方として、サドルに座った時に両足が地面にしっかり付いていれば
最適のサイズだそうです。サイズの選び方の参考にしてみて下さい。
@12インチ・・・身長⇒70〜95cm
A14インチ・・・身長⇒93〜110cm
B16インチ・・・身長⇒100〜119cm
B18インチ・・・身長⇒106〜123cm
C20インチ・・・身長⇒110〜137cm
D22インチ・・・身長⇒125〜140cm、
E24インチ・・・身長⇒130cm〜

子供用スキーウェアの選び方

子供が大きくなってきて、スキーデビューをさせたいとなった時、子供用のスキーウェア選びに
迷うかと思います。調べてみると、アルペンなどの専門ショップやオークションなど色々と
子供用のスキーウェアを売っている所は、数多くあります。インターネットなどで購入する前に
まずは実際にショップに行って、実物を見て試着するのがいいと思います。
つなぎタイプと上下分かれてるものがありますが、子供用はつなぎタイプのものが人気があるようです。
スキーウェアを購入したら、スキー場に行く前に防水スプレーをかけることを忘れずにして下さい。
防水効果が低いので雪の上に座ってしまったり、転んだりするとすぐに濡れてしまうことがあります。
防水機能はもちろんですが、汚れの防止にもなります。
子供用スキーウェアの中に着るものですが、タイツと保温性が高いインナーウェアで十分かと思います。
体を動かしやすく、モコモコとしない素材です。交換用は持って行ったほうがいいでしょう。
いい物を購入すれば、長く着れますので、いろいろと探してみてくださいね。