【 更新情報 】

おすすめ情報

宙に浮く、浮遊地球儀

最近は、ビーチボールの地球儀や天然石で出来た地球儀など、さまざまな地球儀が販売されています。

地球儀の購入目的は、子供の勉強のためだったり、お部屋のインテリアだったりと人それぞれだと思います。

『これぞ、21世紀の地球儀!!』という子供も大人もビックリ、インテリアにも最適の地球儀がありました。

それが「浮遊地球儀 Levitating globe」です。

専用のアダプターを接続し、バランスをとりながらそっと手を離すと、地球儀がゆらゆら揺れながら、そのうちゆっくりゆっくり回転していきます。

そのフワフワ揺れながら回っている地球は、思わずボーッと見入ってしまいます。

ゆっくり回る地球を見ながら癒されそうです。

「浮遊地球儀 Levitating globe」が中に浮くのは、アーム上部のセンサーを台座部分のマイクロコンピュータが読みとり、電磁石が絶妙なコントロールを行うからだそうです。

「浮遊地球儀 Levitating globe」は、大きさも10センチと20センチ、色はアンティークとシルバーから選べます。

ドイツ_ステラノバ社の地球儀だけあって、インテリアとしても高いデザイン性が評価されているので、プレゼントにもオススメですよ。

地球儀のビーチボール

夏に海やプールで大活躍のビーチボールに、地球儀のビーチボールがあります。

「ビーチボールの地球儀」というとオモチャのような感じがしてしまいますが、国別にも色分けれて、国の名前も表示されています。

海の部分が透明になっているビーチボールの地球儀もあり、見た目もおしゃれなので、インテリアとしても使え、今品切れ状態になるほど人気があります。

地球儀のビーチボールの価格は、500円から1500円くらいでお安く求められるのも人気の1つだといえます。

ただ、安価なだけにボールの縫い目の部分の地図がずれてしまっているビーチボールもあるようなので、購入時点で確認する事をオススメします。

ビーチボールの地球儀の利点は、子供が遊びながら勉強できるところですね。

子供は、楽しく覚えた事は忘れません。

兄弟がいると、クイズ形式で問題を出しあったりして、遊びながら国の名前と場所を覚えていけそうです。

使わない時は小さく収納できるところも助かります。

また、固定台もついている地球儀のビーチボールもあり、地球儀として本格的に使用することもできる商品もあるので、こちらもチェックしてみてください。

地球儀の作り方

インテリアとしても人気の地球儀を、自分で作ってみてはいかがでしょうか?

インターネットで検索してみると、実際に地球儀を作った方がたくさんいます。

多いのは、ペーパークラフトで作製できる地球儀です。

用紙をダウンロードして、組み立てるだけなので、子供でも簡単に出来るのが人気の秘訣です。

パズルになっている地球儀のペーパークラフトもあり、マグマの様子までしっかり再現されています。

ボランティア活動のホームページでも地球儀の作り方を紹介していました。

この団体は盲目の方を支援するために、触れて地図を感じることができるよう、様々な工夫をした地図を紹介しています。

直径65センチのバランスボールにフェルトで世界地図を作ったものを貼るといったユニークなアイデアの地球儀ですが、完成品はインテリアとしても使えそうなお洒落な地球儀です。

地球儀作りにも、センスが大切なんですね。

作り方もとても丁寧に手順が掲載されています。

自分で地球儀を作ると、作りながら国の名前や位置、大きさも覚える事も出来ますね。

小学生の子供には、夏休みの自由研究にもオススメです。

天然石の地球儀のパワー 

ここ数年は、女性を中心に天然石、パワーストーンが人気を集めています。

石には不思議なパワーが秘められており、恋愛運をUPさせたいならローズクォーツを、金運や仕事運をUPさせたいならルチルクオーツを・・・とそれぞれ石にも意味があるようです。

また、形にも意味があるようです。

例えば、タマゴ型は生命の循環と、再生と復活を象徴し、新しい自分に生まれ変わりたい人にお勧めの形です。

そんな天然石で作った地球儀があります。

天然石だけでも、パワーがあるのに地球の形をしているなんて、願い事がかないそうな地球儀ですね。

青い海はラピスラズリで、大地は赤をレッドジャスパー、黄色をアラゴナイトでなど本物の天然石を粉末にして作製したゴージャスな地球儀もありました。

職人がひとつひとつを手作りしており、経度や緯度、赤道なども正確に刻まれているので、地球儀としてもバッチリ活躍します。

オススメなのは、天然石でできた地球儀のキーホルダーです。

色も7色から選べ金運や勝負運など、それぞれUPしたい運気のものを選べます。

老若男女問わないデザインは、プレゼントとしても最適の一品になります。

地球儀の価格を比較してみよう

最近の地球儀は、子供が楽しく勉強できるように作られた地球儀から、お洒落なインテリアにあうような地球儀までさまざまな地球儀が販売されています。

地球儀の価格を比較してみましょう。

スタンダードな地球儀は1万円前後で売られています。

人気がある地球儀は、“しゃべる地球儀パーフェクトグローブ”でメーカー希望小売価格29400円です。

人気の秘訣は、年齢層によってデータを選ぶことが出来たり、8ヶ国語に対応していたりと地球儀とは思えないほどデータが詰まっている最新型の地球儀です。

3Dのパズルで地球儀もあります。

こちらは大きさにより、3300円から9800円です。

パズルを楽しみながら、完成したら地球儀として飾れる一石二鳥の商品です。

天然石で出来ているキーホルダーの地球儀は、1400円からで、自分の上げたい運気のものを持ち歩くのも良いでしょう。

1890円のビニールボールの地球儀は、インテリアとしても飾れるデザインになっています。

地球儀の価格は、安いものから高いものまでさまざまです。

お気に入りの地球儀を眺めながら、世界一周の気分を味わってみてはいかがでしょうか?

地球儀のお笑い芸人ゴージャス

最近ブレイクしてきたお笑い芸人ゴー☆ジャスとはどんな芸人なのか少し紹介してみます。

2006年頃は「堂本剛の正直しんどい」や「紅白歌合戦のバックダンサー」ぐらいであまり活躍していたとはいえませんでした。

2007年には「ぐるぐるナインティナイン」のおもしろ荘に出演し、年末には「お笑いDynamite!」に出ていますがこの年も出演数は伸びずいまいちでした。

しかし2008年に入ると「メントレG」や「リンカーン」などに出演を果たし、「ラジかるッ」や「イロモネア」などついにブレイクを果たします。

若い人の間では「モバゲー」なんかで有名なので知っている人も多いと思います。

特徴的なのは、吉本興業などの大手の事務所ではなく「株式会社デンナーシステムズ」という小さな会社だということです。

そのためかゴー☆ジャスのホームページは「魔法のiらんど」という無料レンタルスペースを使用していますし、BBSなどもついていてファンとの距離が近いのが特徴です。

地球儀を使ったネタが有名で人気になるだけあってかなり面白いです。

特徴的なメイクで宇宙海賊を名乗っているのですぐにわかると思いますし、これから注目の芸人ですね。

ブルーアース地球儀

やまのんから発売されたジグソーパズルの3D球体パズルシリーズに『ブルーアース』といわれる地球儀のパズルがあります。

2008年7月に発売され、順調に売れ行きを伸ばしている商品です。

ブルーアースの開発コンセプトは“宇宙から地球を観察しよう』というもとに1年がかりで商品化されました。

監修は、豊富な天文知識をもち、卓越したアートセンスで宇宙や神話の世界を描くアーティストのKAGAYA氏が行い、衛星からの観測データを基に作成された地勢型の地球儀パズルとなっています。

精緻に表現された地形図は、海底地形から極地の海水まで、本当の地球のように再現されていて、思わず隅々まで見てしまいます。

さらに、このブルーアースの魅力は、暗闇の中でも表現されています。

特殊印刷により、宇宙から見える地球が表現されています。

都市部がリアルに光り、まるで宇宙飛行士になってスペースシャトルから夜の地球を眺めているような、そんな感覚にさせてくれる地球儀です。

ブルーアースは、540ピースが7875円、240ピースが3565円で、全国の百貨店や量販店で購入が出来ます。

聖徳太子の地球儀

兵庫県揖保郡にある斑鳩寺(いかるがてら)は、聖徳太子の由緒寺です。

この斑鳩寺に大きさはソフトボールぐらいの粘土状の土で作られた茶色いでこぼこした丸いボールがあります。

この丸いボールは、聖徳太子が作成した地球儀といわれています。

この聖徳太子の地球には、日本、ユーラシア、アフリカ、南米アメリカ大陸、南極まで刻まれています。

聖徳太子が健在していた時代には、まだ発見されていない大陸もいくつも刻まれているため、オーパーツとして考えられています。

オーパーツとは、「Out Of Place Artifacts」の略で“場ちがいの工芸品”それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指します。

聖徳太子は、歴史上でもとても神秘的な人で、この地球儀は聖徳太子の予言とも言われています。

この地球地の存在は、江戸時代には発見されていました。

一説によると江戸時代の医者寺島良安によって作られ、何かしらの理由で斑鳩寺に献上された為、いつしか「聖徳太子の地球儀」と解釈されるようになったという説もあります。

なんとも不思議な地球儀ですね。

現在、斑鳩寺の宝物室に厳重に保管されており、問い合わせると見ることが出来るかもしれません。

しゃべる地球儀、パーフェクトグローブ 

今、一番売れている地球儀が『しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ』です。

このパーフェクトグローブは、専用ペンのパーフェクトペンで各国をタッチするだけで、世界の国々の情報をしゃべる地球儀です。

データ量は13,000件件以上あり、情報はインターネットにより常にアップデートできる所も人気の秘訣の1つです。

気になる情報は、基本的な国名や都市名、面積や通貨、言語などから最高責任者や国歌、歴史まで詰め込まれており、比較したりクイズ形式になっていたりと、子供でも楽しめるよう工夫されて作られています。

年齢別にも選択(5歳から10歳、11歳から14歳、15歳以上)が出来たり、8ヶ国語(英語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、イタリア語、中国語、日本語から選択)にも対応していたりと、長年愛用することが出来ますね。

パーフェクトグローブの手前のパネルを引き出すと、日本地図がでてきて、47都道府県の詳細なデータも分かるようになっているところも嬉しい機能です。

最新情報、多言語、あらゆる年齢にも対応する『しゃべる地球儀 パーフェクトグローブ』は、一番人気の地球儀と言われるのも納得の地球儀ですね。

しゃべる地球儀、オデッセイグローブ

アメリカで5つの教育賞や東京インターナショナルギフト・ショー2003「新製品コンテスト大賞」を受賞した『しゃべる地球儀 オデッセイグローブ』は、様々な世界情報を日本語と英語で教えてくれる元祖バイリンガル地球儀です。

タッチペンで国や大陸、海洋をタッチすると知りたい情報を音声で教えてくれます。

国名や首都名だけでなく、人口や面積、通貨、国歌や代表的な音楽まで、地球儀とは思えないほどの情報量です。クイズ形式にもなっており、お子様も楽しく世界地図を勉強できます。

年末のテレビで、3歳ぐらいの女の子が世界の国名と都市名を言っている番組を見ました。

ビックリして、さぞ両親が一生懸命教えたのだろうと思っていたら、その女の子は、オデッセイグローブを使って遊びながら覚えていました。

楽しみながら、勉強できるなんて、1番良い方法ですね。

オデッセイグローブは、小さなお子様でも簡単に扱えるのも嬉しいです。

現在は、オデッセイグローブの進化系、パーフェクトグローブが発売されています。

パーフェクトグローブは、一番売れている地球儀として人気を集めています。
P R
カテゴリアーカイブ