Sydney Cityの町並み 

April 30 [Mon], 2007, 21:06
さすがキリスト教国家。町中、ちょっと歩けば教会に当たります。全部撮ったらきりがないくらい。最初はとてもきれいなので、結構撮ってました。




これ何だっけ?Cityのど真ん中にあるQVBだったかな?商業ビルで、中はステンドグラスでどのお店もレトロでおしゃれなの。私は、この建物より、バスがなつかし〜〜 

どんだけ乗っただろう。最初はフェリーとバス乗り放題のパス買って、Cityに越してからは、ブルー10というバスパスを買って、これ、日本みたいに、バス停の名前もなければ、運転手さんも何も言ってくれないし、どのバスに乗ればどこに着くのかも分からなくて、おまけに運転手さん、訛りまくってるし、で、
ほんと苦労したのよね☆☆
けど、1,2ヶ月で乗りこなしてましたね。逞しいもんです☆



ここは有名な「Star Bar」 ナンパのメッカ。遊び場が少ないから、何度も行ったっけ。日本人目当ての腹黒い外人が多かったっけ☆★☆★ 日本もオーストラリアも、遊び人は同じだなーって思ったっけ。都会にいる人は、きっと、万国共通なんだよ!って、もしかしたら、オーストラリア人の遊び人と日本人って、どこか似てるところがあるのかな?!なぞ★


そうそう、オーストラリアのマックには、ベジタリアンバーガーがあるのですよ♪サンドイッチみたいだったけど、けっこういけるので、よく食べてました♪



場面も話題も変わって、ここはビジネス街のど真ん中のビルの壁とスペースを利用したお花屋さん。
こんなスペースを使っても、おしゃれなお花屋さんに出来るのね♪ と関心したのでした。それで、高級感もあるし、高級なお花が売れる。これ、日本でも使えると思うのよね。




ビジネス街のど真ん中のアンザック広場だったかな?戦争の威碑です。いつもお花が備えてあります。オーストラリアは、ずっと過去の栄光や英雄達を大事にしている国のようでした。でも私日本人。みたいな。まっしょうがないよね☆



まだまだ続きます。

Sydneyに到着! 

April 30 [Mon], 2007, 20:42
ブリスベンを離れ、ついに、シドニーの大陸が見えてきました。あ〜着いちゃうっ着いちゃうっ 不安な気持ちでいっぱいだった私は、旅行の時のうきうきした興奮とは、全然違う興奮がありました。



どんどん近ずいて来ました。オーストラリアって、何て広いんだろう。そしてあそこに何が待っているんだろう。私はどうやって頑張るんだろう。




ついにシドニーに着きました。 ああ、これから一年間、私は一人で頑張るのね!と、空の上から初めて見たシドニー湾のオペラハウスを見て思ったのでした。絶対頑張るってドキドキしながら強く手を握り締めながら思ったひと時でした。この写真を見ると、何度でも思い出します。あの時の気持ちを。あ〜降りちゃう、着いちゃう。ホストファミリーに会っちゃう。学校に行っちゃう。違う世界に飛び込んじゃう!私飛び込むんだ!ど〜すんだ!?まさにダイブですよね☆
ああいう経験は、もうしたくないけど、してよかったと思います。


これから、どんな経験をするのかは、のちのち。



空港で、日本から申し込んでいたサポートセンターの人のお迎えに会い、そのままシドニーのど真ん中のCITYへ。

シドニーもブリスベンのように、いたるところにイギリス調の開拓紀時代の建造物と近代ビルと、自然が混在しています。
けど、ブリスベンより大きいからか、交通量と人の数も多くて、ほこりっぽくて空気も悪かったです。
日本と緯度が変わらない(時差1〜2時間)だからか、町並みは違うのに、なんか違和感がない街でした。
日本の反対側に来たら、常識も立場も、すべてひっくりかえっちゃった。そんな感覚を覚えたのを覚えています。
金髪人口がすごかった。会ったこともない行ったこともない国の人達が、沢山いました。私は1留学生でアジア人で日本人でした。


上の写真も、この写真の場所も、何度通った事だろう。ああ、シドニーシティね。って感じです。

ここではよく、正装をした人達が集まるコンサートをやっていました。午後には制服を着た学生が階段にたむろい、夕方から、正装をした大人が列を作る。CITYのど真ん中にある建物です。

歴史と自然と芸術とビジネスの街 ブリスベン 

April 30 [Mon], 2007, 20:12
ブリスベンの街をぶらぶら。 近代ビルと歴史的建造物と自然と芸術が共存する大人でエレガントな街。 ここは、図書館だったかな?ガイドブックに載ってます。

この日は雨が降ったりやんだりして、少し肌寒い日でした。乾燥!日焼け!には縁遠いけど、忙しそうなビジネスマンがいると思えば、スケボー少年がいたり、チェックの制服を着た学生も結構いました。


京都もビルの合間にお寺や山が見えるいい街だけど、ブリスベンは、ビルの合間に、歴史的建造物や、こんなかわいい協会が見えたりするの。つい近くに行きたくなっちゃいます。




これが一番印象に残ってる。カリオストロの城じゃありませんよ。でも、稲妻が合いそうでしょ?
これ、車がぶんぶん走ってる大通りに、いきなり現れるの。ここだけは、重要文化財として残されてますって、見ればすぐ分かる。かなり重々しいパワーを放ってました。何かがいる!? さっそくGO!



お化け屋敷かと思ったら・・

協会でした。けど、建物の半分を補正中で、荘厳さと神秘的と異様さが紙一重な、不思議な、とにかくパワフルな協会でした。夜行ったらちょっとこわいような。神聖な気持ちになれるような・・
ここも、有名な教会でした。


で〜んと構えるいでたちのこの協会は、細部まで不思議な細工がされていて、写真がぶれちゃって大変でした☆これ、確か一番上に天使か星があるモニュメントで、中庭の真ん中に建っていたのだけど、ぶれちゃったり、とれなかったり、何度も取り直したの。カメラ壊れちゃったかと思ったわ☆; 天使も幽霊も、どっちもいそうでしたね☆


不思議な街 ブリスベン。 また行きたい街です。

ブリスベンの町並み 

April 30 [Mon], 2007, 19:56
一泊だけでしたが、街をちょっと探索。冬で雨も降ったので、しっとりエレガントなビジネス街でした。真夏の太陽が照りつける、ゴールドコーストとは全然違いますよね☆ 私はこっちの方が好きでした♪
日本も、鉄腕アトムの夢ばっか追いかけてないで、もっと歩いてるだけで、美的センスを養われたり、忙しく仕事で歩き回ってるさなかに、すぐ横の芝生でペンギンとか鳥とかに会えちゃったりするような街作りをしたらいいのにな。




オーストラリアならではのコアラちゃんが、ビジネスしてるらしい☆




ビジネス街の中に、ちょこちょこ広場があります。モニュメントとかもいたるところにあって、芸術と歴史と自然に囲まれてお仕事が出来る街のようです。いいよね♪




地下鉄の入り口に、さりげなく短い並木道。って言っても、よく見て!この木、幹がとっても太くてフラスコみたいでしょ☆ 砂地に生える木は、根が深く強く、天変地異にびくともしないで逞しく生きるために、どんどん幹と根っこが太くなって、こんな形になっちゃったんだって。
オーストラリアは砂地なので、こういう木が沢山ありました。
この木々は、近代ビルやビジネスに押しやられる前から生きてて、押しやられてもなを、逞しく生きる、この生命力に賞賛の価値あり♪元気をもらえます♪

Conrad Treasury Hotel Brisbane 

April 30 [Mon], 2007, 19:06
ゴールドコーストへは、ブリスベンで乗り換えます。
ブリスベンは小さなビジネス街で、長期滞在の人は、何もなくて飽きるという人もいます。

乗り継ぎで、一日だけ滞在しただけだったけど、私はとても気に入りました。
ビジネス街だからか、大人の雰囲気で重厚な雰囲気でした。

イギリス調の大きな建物が立ち並び、なにげなく地下はカジノになっている、なんて所もいくつかありました。オーストラリア人の娯楽であるカジノ。スロットコーナーは、昼間っから老人があふれてて、日本でいうパチンコ屋さんの感覚みたいでした。ビジネス街のド真ん中の、重厚な建物の地下では昼間、子供から老人まで、カジノで遊んでる人々がいる。

ホテルのラウンジには、キャリアウーマンぽい人々が、たばこをふかしながらなにやら重たげな会話をしているし、そう、なにげに喫煙者をよく見かけました。面白い街です。

ここは、クイーンストリートモールよりすぐ、旧大蔵省を改築したブリスベンカジノのある重厚な趣のエレガントなホテル。
『Conrad Treasury Hotel Brisbane 』
http://conradhotels1.hilton.com/en/ch/hotels/photoTour.do?ctyhocn=BNEHCCI&page=1



 
サービスもよく、お部屋も雰囲気も素敵でした。























 館内を探索。古い洋館で、美術館のようでした。そして、ほとんど客人と会わないの。何個もお部屋があって、こんな階段も。 迷子になりそうでした。
















ホテルの入り口をぐるっと回ると、大きなクィーンエリザベスの銅像のある広場になっていました。お昼休みには、サンドイッチを持って座ってるビジネスマンがちらほらと。写真に私が写ってるの分かるかな?同化しちゃってます☆











ワイナリー 

April 29 [Sun], 2007, 18:55
ゴールドコースト観光中、Tamborineという小さなワイナリーに行きました。



こういうの、率先して撮ってしまうお子様な私ですが、あれば撮りたくなる☆
基本的に、ゴールドコーストの写真は、2005年9月の旅行日記です。もう2年近く経つのね☆

ゴールドコーストは、亜熱帯地域で暖かいとはいえ、冬の時期だったので、葡萄は生っていませんでしたが、ピーターラビットが出てきそうな、やっぱりイギリス文化の国ならではのかわいいワイナリーでした。



上の畑が右に広がっていて、左には、管理人さんのかわいいお宅が。その目の前は芝生の広いお庭。
そこにこんな大きな木がありました。
ここは山の上の方にあるワイナリー。
空気も澄んでて、静かに、人と葡萄と自然と動物がゆるりとなごやかな生活をしている空気が流れていました。


ここはワインの貯蔵庫の扉♪ 向かいはかわいい小さなお土産やさんで、ティスティングをしました♪ やっぱりオーストラリアはシラーズがおいしい♪ とくにロゼ♪


ここは貯蔵庫の中の樽です。




ここはワイナリーの外観。なんか、魔女のお家みたい。御伽噺に出てきそうなかわいいワイナリーでした。


こんなところでワインを作っていたら、私もピーターラビットのように、自然とかわいい動物たちの絵を描きたい。アリスと不思議な国みたいな御伽噺を描きたいな、なんて、想像力が膨らんできました。

いつか、そんな日が訪れるといいな♪老後は孫に御伽噺を作ってあげるとかね♪

Gold Coast Beach 特集 

April 29 [Sun], 2007, 18:23
今日はまたオーストラリアの写真を整理中。

これはおまけ。私鉄に乗りました♪

またGold Coast での観光旅行中の写真。のどかなBeach 特集です。










代々木公園 " Eerth Day Market " アルバム 2 

April 22 [Sun], 2007, 22:56
4月21,22日に代々木公園けやき坂下で行われた" Eerth Day Market " の様子をちょっとだけご紹介


野外ステージには、ひっきりなしにゲストが呼ばれていて、ライブをやっていました。入り口ではこのイベントのカンパをやってるバイトの女の子たちがいました。
どのバンドも、のりのいいのもバラードで聞かせてくれる人達も、テーマはLOVE&PEACEだったようです。



若い人達がとにかく多く、にぎやかでした。署名活動のバイトの子達も、元気で皆楽しそうでした。

エコ関係の雑貨のブースが立ち並ぶ箇所で、粘土の化粧品をみつけました。クリーム、ソープ、シャンプー&リンス、歯磨き粉、入浴剤など色々ありました。これ全〜部食べれるんだって☆
なので歯磨き粉をちょっと舐めさせてもらいました。スーっとミントの味がして、粘土?うん、大丈夫でした☆ パックにもなって、化粧水&乳液代わりにもなって、お風呂で洗い流したら、入浴剤にもなるという、粘土のクリームを一つ購入してみました♪ これ、ナチュラルハウスにも売ってるんだとか。




野外ライブ会場以外に、いろんな所で、個人的に音楽を演奏しているグループがいくつもありました。
ここは、お香と、HEMP(麻)のサーフボードを売ってるブースでした。
これ、麻で出来てるんだよ〜わかんないよね〜 さわってみたけど、良い木材を、きれいに加工してワックスかけてありますって感じでした。これに乗ってたら、エコなサーファー?LOHASなサーファーだよね♪
ここでは、ドレッドヘアーのラスタな人達が、太鼓とオーストラリアのアボリジニ達の楽器ディジャリドゥ(重低音がでる筒状の楽器です。音を出すのがとても難しいの)で演奏して、周りで踊ってました。




こちらまた、原宿駅前のFree Hugsの人達。今日は、なんて原宿っぽいFree Hugsなの?!な子がいたので、ぱちり。
イベント会場内にも、若くてのりのりのFree Hugsの子達が沢山いて、きゃっきゃいいながら楽しそうでした♪



 え〜っと、5、6年前位までは、普通に私ものりでまじって遊んでましたね☆ 

って、上の写真の人達とはちょっと雰囲気が違うけど、のりは一緒だと思うのよ。
若いから、のりでしょ、楽しいでしょ。みたいな、さわやかな気持ちなのよね。

昔、初台のマンションで、友達とシェアをしている友達がいて、そこはいつも友達が、わいわいたむろってしまう楽しい場所でした。時々駆け込み寺のようになっていて、私は時々家出少女のように、連泊したりしていて、
その中にDJとかVJの子達がいたので、週末は、お昼位に皆で起きた後、皆でマッサージしあいっことかして、そうしている間に誰かがご飯を作り出し、12階のそのお部屋は、眺めもよく、窓全開!にすると気持ち良い風が入ってきて、よく物が飛んじゃうの☆ そこに、音楽をガンガンにかけて、そしてなんとなく天気がいいからまた行こっか!なのりで、代々木公園にスピーカーを持っていって、真昼間からピクニックしながら踊ったり、
私はよく裸足になって、木に登ってたのよね☆あは♪

今でもぜんぜんやりたいんだけど、付いてきてくれる子、いるかな〜。木登りしたいな〜 音楽を聴きながら、下では誰かが踊ってたり、フリスビーしたりしていて、木の上でビール飲んで、歌ったり、皆好き勝手に楽しんでて、それで天気が良くて、頭上には青い空と白い雲かきらきらしていて、見渡すと黄緑色の芝生と木立で、空も緑もきれいで、皆陽気で、勝手気まま。
も〜〜最高!なんだよ!!

今はもう、誰かが結婚したり、あのお部屋もなくなって、解散しちゃったけど、懐かしいな〜またやりたいな〜あんなノリ。付いてきてくれる人、いたらいつでも大歓迎! 思い立ったが吉日なノリ。私は大好きです。
突然海行ったり、突然友達と友達の別荘に行ったり、私はずっと前からそんなノリで、これからも、そんなノリの友達がいてくれたらいいな〜と、思う日でした。

代々木公園 " Eerth Day Market " ♪ 

April 22 [Sun], 2007, 20:49
今日は代々木公園であったイベント、" Eerth Day Market " の風景を載せます。

イベントのHPはこちら ↓
http://www.earthdaymoney.org/market/

ここは原宿駅方面の入り口風景




入り口にあった案内地図



テントが立ち並んでいます。沢山のブースがありました。麻の衣類。雑貨、小物、天然素材の家庭用品から化粧品、手作りのろうそくやお茶、お菓子、お香、さまざまな動物愛護や基金系のボランティア活動のブース、坂本龍一のエコTシャツのブースもありました。フードコーナーでは、お皿やフォークなどを100円で貸し出し、借りてからさまざまなお店に行列を作ってました。食べ終わったら、返却ブースに持って行き、デポジットの100円を返してもらう。エコなフェスタならではの仕組みですね♪




日本ベジタリアン協会のブースで、ベジタリアンカップヌードルをみつけました。無添加素材のベジタリアンラーメンだそうで、来月の5月に販売予定だそうです。コンビにで扱ってくれたらいいのにな。




これは、フードコーナーのメニューの一つ。どれも完売で、後から追加で、おにぎり弁当だけ来たので、雑穀米のおにぎりを食べました。




続く

代々木公園お花見♪<ラスト> 

April 17 [Tue], 2007, 13:08
代々木公園のお花見の時の写真をアップします。会社のお昼休みにアップしてるので、カメラで撮った写真は、また今度。友達と撮った写真がないのだけど、雰囲気が伝わればいいな♪

それと、順番が逆になってるので、下から順番に見ていただけるとうれしいです♪



代々木公園はとても広いです。
レイブの周りが一番シートが込んでましたが、ちょっと離れると、もうそこは、人のすくない桜の丘です。
その先にも、さらに公園は続いていました。

一人でぷらっと来ても、気持ちいいし、歩くだけでもハイキングできちゃうよね♪
その先はどうなってるんだろう?なんてちょっと思ったけど、何時に戻ってこれるか保障がなかったから、また今度、のんびり出来るときに来ようっと♪




少し薄暗くなってきました。夜桜もまたいい感じ。池のほとりは、ゆったりお花見が出来て、とてもいい感じでした♪ おなべをやってる人々もいて、良かったけど、もうそろそろ室内に行こうか。




さて、出口に向かってのんびり歩いていくと、今度は、公園の外からなにやら楽しげなライブが聞こえてきます。脇をそれて外へ出てみました。
公園の前の通路で、スカ系のライブをやってました。ボーカルの横で、女の子たちが笑顔で踊っています。CDも出している人たちらしく、グッツ販売なんかもしていて、皆おそろいのロゴ入りピンクTシャツを着ていました。
ちょっと見学。






そしてまた正面出口に向かいました。
こちらでは、黒人の女性が、黒人の子供たちにダンスを教えていました。
芸術系は、こういう気持ちのいいところでやると、何やっても気持ちいいね♪




とっても楽しかった♪代々木公園お花見♪また来年も来たいけど、代々木公園自体は、普通にしょっちゅう行きたい。
代々木公園のそばに住みたいと、また強く思う今日この頃です♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chiko_love5
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像マッチュマロ☆
» 代々木公園 " Eerth Day Market " アルバム 2 (2008年03月09日)
Yapme!一覧
読者になる