ひさびさに 

2009年04月26日(日) 22時30分
体調が悪い。
風邪もあるが、

耳鳴り・耳の閉塞感
下痢
吐き気
変な頭痛
倦怠感

など。
自律神経系っぽい。
世間はGWなのに
全然うきうきとかしないし。

あるいは5月病?

排卵日近いこともあるかも。
この時期は生理中より、調子悪くなることも多い。

仕事はまぁ暇だけど、落ち着いていると言えば
落ち着いている。

これで動悸とかきたら
完全にアウト。
やだな〜も〜。

こういう真綿で首を絞めるみたいな
じわじわしてるけど致命的じゃない体調の悪さっていうのが
一番キライ。
どかんと具合悪くなって どかんと入院とかしちゃえる方が
よっぽどいいわ。うん。
慢性的に原因不明で体調悪いのがたまらなくストレス。

あーやだやだ。

かさぶた 

2009年04月16日(木) 21時35分
乗り越えたと

もう平気だと

そう思っていたけど

やっぱりそうじゃなかったと

涙がにじむとき

気づいた

どんなに自分が

精一杯日々を生きているか

その時

気付かされた

かさぶたがポロリととれれば

血があふれる傷口は

そう簡単に癒えないことに

今更ながら気づいた

でも

そんな瞬間があるから

原点に戻って

人は

強くなれるのかも知れない、とも

思う

バイオリズム 

2009年04月01日(水) 22時22分
自分のバイオリズムの周期があって。

下り坂だ。

ささいなことでイラつく。

まわりとかかわりたくない。

ちょっとしたことで落ち込む。

あぁ〜( ´△`)

なんにも楽しいことがないような気がする。

でも実際にはそうじゃないってことはわかってるのに

あらゆる楽しみを遮断したい。

あらゆる幸せをあえて踏みにじって 不幸にひたりたい

そんな思いで埋め尽くされる

どうでもいいや

どうでもいい

朝が来れば 生活がはじまる

北風と太陽 

2009年03月15日(日) 0時43分
声をあげることは、恥ずかしいことじゃない、と思う。
でも、人に話すのは、誰にでもできることじゃない。

そんなこと簡単だよ!
と言う人がいても、
そんなこと簡単じゃない人も、たくさんいる。

でも、どこかで、誰かが待っててくれている。
北風でなく、太陽であれば、旅人は自らコートを脱ぐ。
あせらないで待つことにする。
あせってもいいことはない。不安だけが空回りするだけ。

人に話すのは、簡単なことじゃない。
だけどそれがもしできたとき、人は楽になれる。


はじまり 

2009年03月08日(日) 2時13分
これでいいのかと。
何度も胸をかすめる。
これでよかったのかと。

何度も自分の胸に問いかけても
明確な答えが出るどころか
不安だけが大きくなる。

紛らすためにタバコに火をつけ、
煙と一緒に不安を吐き出す。

案ずるより産むがやすしなんて
所詮結果論でしかないと、
臆病な私は光に叫ぶ。

千分の1の確率を妄想して
身動き取れなくなる自分を
突き動かしてくれる存在を求める一方で
そっと抱きしめてくれる存在も求めている

自分がどうしたいかなんて
そんな単純なことはいつだってわかっている
でもそうできない自分が苦しみの種
その種はやがて芽を出し、根を張り、
いつのまにか全体に蔓延るのだ

自分の体をじわじわとしめつける蔓は、
もう留まるところをしらない。

私は最後の力を振り絞り
机の上にあるペーパーナイフを握りしめる

太い蔓に刃をあて、
力の入らない手で一生懸命蔓を切ろうとするが
途中で力尽きる
ペーパーナイフではダメだと、わかっていたのに
そこにはペーパーナイフしかなくて。
もうダメだと、あとはこの蔓が自分の息の根を止めるのを
ただ待つだけだと、音もなくほほを涙が伝った時
誰かの声がした

もう少し右に手を伸ばしてごらん、と。
朦朧とした意識の中で、必死に右手を伸ばすと
そこにあったのはカッターナイフ。
私は夢中で握りしめ、太い蔦にもう一度刃をたてる。

ペーパーナイフで少し傷つけた部分に、
渾身の力で刃をあてる
自分の、いったいどこにこんな力が残っていたのか
自分でも不思議だったけど
そうして切れた蔦は、次第に私の体を解き放つように
体からはがれていった

それがすべての はじまりだった



今週末 

2009年03月01日(日) 15時17分
昨日は兄のところへ行ったが門前払い。(。・ε・。)
ちょっと腹立たしくも思ったけど、とりあえず顔は見れたのでよしとしよう。
それに、久しぶりにゆっくり買い物できたし、久しぶりにのんびり1人の時間を過ごせたのでけっこう楽しかった。あの街は雑貨屋さんが多くて、いろんな店をのぞいたりして。

今日は息子と図書館へ。
絵本を何冊かと、うつの本を借りる。
何気なくそういえば、と思い借りてみたわけだが、うつっていっても本当にいろいろあるらしい。

「うつ病」という言葉が比較的市民権を得始めた何年か前かはとにかくひとくくりに「うつ病」だった気がするが、今はいろんな症状に応じて、かなり分析も進み、治療法も変わってきているらしい。

ほ〜と思いながら、何冊か読んだ。
兄の症状とぴったりあてはまる例もあり。
やっぱ30代のうつってのは多いらしい。
就職したのが超氷河期で、上も下もリストラや新卒採用しない、などで慢性的に人材不足の中、優秀な30代に仕事がおしよせるとか。私も身に覚えがあるし、今働いているところも、派遣切りがはじまるし、デキル私には仕事がどんどん増えてきた・・・・。
責任ばかりが大きくなり、ポジションも給料もあがらない、とか。
企業の中で30代のうつはどこの企業も抱える課題になっているようだ。
兄のような症例も、多数あるらしい。

なーんだ、けっこう世の中まん延してるんジャン、と思ったり。
NHKスペシャルで取り上げられるくらいだもんね。

そういう意味では、まだまだこの病気について理解できていなかったんだな〜と、
自分の不勉強さを反省もした。

そして夕方はKと電話。
離婚の方向で話が進んでいる。いちおう、承諾はしたようだ。
とりあえず、そちらの要望は最大限にきくから、となんだか気持ち悪いくらい譲歩してきたが、慰謝料の額を見たらいちゃもんつけてくるかもしれない・・・。
このままはいそーですか、とおさまる気もせず、ひともんちゃくありそうな予感。
とりあえずわたしが協議内容をまとめることに。

や〜。
はやくケリつけたいもんだ。
弁護士いれることにならなけりゃいいんだが・・・。

目が覚めてしまった・・・ 

2009年02月28日(土) 7時02分
土曜日だというのに、目が覚めてしまった。
朝寝したかったのに・・・。
毎朝の習慣とはオソロシイ。

昨日は十字架の道行とかっていう礼拝が夜の19:00からあり、仕事帰りにエスティマで拾われて教会へ。
最初は息子をホールで遊ばせて礼拝に参加していたんだが、息子が騒いでるのが気になったこともあり、半分も出ずにホールで息子と遊んでいた。

・・・なんか最近、教会へのモチベーションは超低い。
前は、自分が教会員の一人として、すごく必要とされていた感があったせいか、毎週いかなくちゃ!と思っていたし、実際教会に行くのはイヤじゃなかった。オルガンも弾いていたしなぁ。

離婚して出戻り、ということはだんだん知れ渡ってきたので、それが平気なふりをしているけど、本当は自分で気になっているのかも。人目が。

あと、息子が「いい子じゃない」のが、私にはすごいストレスで。
Wさんにひどい口のきき方をする、とか、そういうことひとつひとつが、みんなに「やっぱりなぁ・・・(離婚家庭だし、Fちゃん甘やかしてるな)」みたいに思われているようで。

うわー完全に自意識過剰気味!
でもさーそうなっちゃうのよ。

会社でも、片隅でこっそり話している派遣さんがいると、私のことかな〜とか。

うわ〜!お前何様だよ!
・・・オレ様だけど、なにか?

ほんとにこの自意識過剰、なんとかしたい。
これがけっこう神経を消耗させている。

頭ではわかってるんだけどね。
みんなそんなに暇じゃないし、思ってるほど人っていろんなことを気にしないものだって。

でも思っちゃうんだよなぁ。
ある種病気なのかも。

人からどう思われてもかまわない、自分は自分!なんていう気持ちにはなかなかなれない。

今日は走ろうかな。
でも曇っているし。
ぐだぐだ。うだうだ。

眠れない夜 

2009年02月25日(水) 0時24分
久々に眠れない。
テレビの深夜番組がワンワンなっている。

いや、たぶんふとんに入れば5分とたたずに眠れると思う。

眠りたくない。
時々意識を失いそうになりながら、パソコンの前で何かを探してる。

でも、そこには私の欲しいものはないと、知っている。

何かを待っている。
何かが起こるのを、待っている。

誰かが呼びかけてくれるのを待っている。
キミは間違ってないと、言ってくれるのを待っている。
そんなんじゃダメだ、もっとしっかりしろと、叱責してくれるのを待っている。
そのままのキミでいいんだよ、と、言ってくれるのを待っている。
キミが必要だと、キミしかいないのだと、そう言ってくれるのを待っている。

嘘でもいい。誰かにそう言ってほしい時がある。
・・・本当はウソではダメだ。

自分の抱えている問題は、アフリカの飢餓で苦しむ人に比べたらほんの小さな事なのかもしれない。
薬害エイズで苦しむ人からすれば、笑っちゃうような悩みなのかもしれない。

でも、今の私には重いんです。
いつだって気を緩めればぽきって
簡単に折れてしまうのを
がんばってつっかえ棒をとっかえひっかえ
一生懸命立ってるんです

周りからどんな風に見られたって
私は私なりに悩みを抱え
前向きになろうと
それでもがんばっているんです

がんばって、いるんです・・・

自律神経? 

2009年02月08日(日) 21時43分
今日、兄と吉祥寺で買い物をし、夜牛角へ。
その最中におなかがいたくなり、さらに心臓がバクバクしてきて、気持も悪くなってきた。
食べてる場合でもなく。

なんだろう。
言っときの自律神経の症状見たい。
軽いめまいすらするような気がした。
久々の人ごみにあてられたのか。
気管はまだ炎症している感じはするが、咳はだいぶおさまってきたように思う。

なんだろう。
不安感からくる自律神経系かな?

そして最近内面がザラザラしていらいら感がつのることが多い。
ホルモンバランスなのか?
明日の仕事がいやなのかw

どうにも、体調がよくないのだ。

不安定 

2009年02月07日(土) 21時14分
どうも情緒不安定だ。
生理だからなのか。

職場でも自意識過剰気味で。
なんとなく周りになじめていない自分を感じる。
そうなると、なんとなくそわそわして仕事にも集中できない。

生きるために働く。
ただそれだけのことだ、と言い聞かせても、なかなかそう単純には割り切れない。
それが私なのだ。

疲れた母の顔。
病み上がりの息子の姿。
久しぶりの激しい夜泣き。
まだ決まらない保育園。
ほとんど定期通信はなくなった夫からの電話。

なんだかいやな胸騒ぎばかりで。
将来に対しての漠然とした不安。
孝太郎と2人きりの生活への不安。

ダメだ、弱気になっている。

本当は知っている。
私はそんなに強くない。
タフでもない。
でも、それでは、毎日が回らない。

本当はいつだって、誰かに守られ、すがっていたい。
でもそれは、許されない。
自分が成長できない。

本当は成長なんていらない。
欲しいのは、安心できる場所。
永遠不滅のポジション。

でも、そんな場所なんてないのかもしれない。

自分に自信が持てない。
仕事でも、母としてでも、娘としても。
どうしたら変われるんだろう。

それとも、どうしたら受け入れて前に進めるのだろう。

ただ漠然と、不安になる。
こんな夜を、あと何百回、何千回、何万回、死ぬまでに過ごすのだろう。

それに耐える力を、ください。
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chikiban_bon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる