治験バイト募集について!高額バイトとお馴染みの治験ボランティア(アルバイト、モニター)!その副作用や安全性・参加基準について調べました!東京・埼玉などの首都圏での治験ボランティア(バイト)事情も合わせて紹介!
治験ボランティア募集
東京・埼玉などの首都圏の治験ボランティア募集(男性・女性OK)情報

治験ボランティアに興味!副作用とか危険は?高額バイトとして人気だけど!

治験ボランティアには、前から興味があって一度してみたいなと思っていました。そこで治験ボランティア(アルバイト)のことを色々調べてみました。副作用や安全性など気になっていたことがありますので!

そもそも治験モニターは、「健康な方」を対象としているケースが多いですね。この「健康な方」というおは、過去に大きな病気が無かったり、現在治療中の病気が無いことです。ただこの辺は、治験によって解釈が異なることもあるので参加基準を確認するといいです。ちなみに歯を治療している場合は、治験には参加できないそうです。

また治験は、副作用が気になりますが、「健康な方」を対象としている場合、薬の効果を確認することは目的じゃないそうですね。そのため大きな副作用は無いそうですが、軽い眠気などはあるケースもあるそうです。要は薬としての効果が出ない程度しか投与しないそうなので、比較的安心といえますね。

治験ボランティアのこと


そこで実際に治験モニターに応募(参加)する場合、申し込みをするわけですが、事前に医療機関から予想される効果や副作用の説明を受けたあとで参加するか・しないかを決めるみたいですね!ちなみに場所は、東京・埼玉など首都圏が多い感じです。

その場に行ったからといって、必ず治験に参加する必要はないそうです。あくまでも説明を受けた上で判断するそうです。さらに治験に参加した個人情報などは、一般にもれる心配は無いそうです。但し、学会で発表されたり、製薬会社に閲覧されるケースはあるそうです。なお治験の中には、宿泊するケースもありますね。

最後にお金のことです、治験モニター(ボランティア)をして参加した場合、ボランティア協力費があるケースもあります。この辺は、確認すればすぐにわかるそうです。少し治験に興味があるなら参加してみるのもアリですね。

治験モニター募集中!ボランティア協力費あり!
 
   
Posted at 06:44 / 治験ボランティアの安全性 / この記事のURL
 
 
Powered by yaplog!