[The Bevis Frond (UK Psych, 80s - Present) ] 

July 19 [Sun], 2015, 19:49
(この記事は、2011年5月1日に投稿したものを
2015年7月19日に加筆しました。
記事の後半に加筆分があります。)

-------------------------------------------

今日ご紹介するのは
The Bevis Frond(ベヴィス・フロンド)

80年代初頭から今も尚活動し続けている
イギリスのサイケデリックバンドです。

バンドと書くには意味が微妙に違うのですが
中心人物ニック・サロマンの
一人ユニットという側面が大きくて
ツアーのときなどにバンドメンバーを
集めてやっているようです。

彼は60年代末から英のアングラシーンで
ずっと活動してきていた御方なんだそうで
レーベルも運営されているようです。
70年代初頭から自分のレーベルで
シングルを発表してきていたようです。
英語ウィキに詳しいことが書いてあるので
ご参考までにどうぞ(^^ゞ

英語ウィキのBevis Frondページ

そして80年代初頭からこのバンドユニットがスタート。
スタジオアルバムが発表されるのは87年のこと。
なんとこの87年にイキナリ3枚もの作品を発表したようです。

1987年1st - Miasma


1987年2nd - Inner Marshland


1987年3rd - Bevis Through The Looking The Glass


そして翌年にも2枚のアルバムを発表。
4thとなるAcid Jamは私は未入手なのですが
5thThiptychは入手してます。
これがこのジャケット。



そして1989年は1枚だけの発表。
6thとなるAnutie Winnie Albumです。


これが個人的には一番大好きな作品。

サイケデリック、ガレージ、ヘヴィサイケ、
80年代後半のグランジ前夜な香りなどなど、

これらの美味しいところ採りという感じの作品で
極初期の作品の中では
一番まとまりが良い作品かなと思います。


それにしても驚くべきなのは
1st,3rd,5th,6thの作品は
70分超の大作になってるんですよ!

特に1stや3rdなど極初期の作品は
70年代からやってきたニックの曲を
練り直して録音した可能性大ですね…!

どれも妖しいくらいにサイケで
危険な香りがプンプンする作品です。

70年代初頭のサイケバンドかと思うくらいの
アングラな妖しさに満ち満ちてて
モロに私好みだったりします♪


それにしても初期作品のジャケットの妖しさに
目を奪われてしまいますね〜!

なんと如何わしいB級SFタッチの絵なのでしょう!
ニックもB級SF映画が好きだったのかな?

それだけでB級SFが大好きな私としては
オッケーなのでございます〜!

(90年以降の作品リリース情報は
英語ウィキのほうでお願いします。爆)


ちなみにこのバンド名「Bevis」は
発音的にはどうやって発音するのかと
ずっと謎だったんですよ。

国内のCD販売サイトなどでは
それぞれ呼び名が違ってたんです!
ビーヴァスとかビーヴィスとか(爆)

で、一体どれが本当の発音なのだろうと
動画で英語圏のアナウンサーが
彼を紹介する動画を探してみたのです。
…ありました!
ベヴィス・フロンド!」と云ってました〜!

↓動画の始まり15秒あたりで発音してます
★動画リンク★

このバンドユニットの正しい発音(カタカナ表記)は
「ベヴィス・フロンド」が正解のようですね(^^ゞ


--- --- --- --- --- --- --- --- ---

★2015年7月19日・加筆★
 ↓
ベヴィス・フロンドの公式デジタル音源ショッピングページに、
なんと今までのアルバムがネットで聞けれるようになってたので
とりあえず大好きなアルバムをペタっておきます(笑)
 ↓
The Auntie Winnie Album



しかも!
ニック・サロマンがベヴィス・フロンドをやる以前の、
79年結成サイケバンド、The Von Trap Familyのフル音源や、
82年頃にやっていたRoom 13というサイケバンドのフル音源もあるんです!

とりあえず79年のThe Von Trap Familyってサイケバンドが
60年代的なサウンドで好みだったのでここにペタっておきます(笑)
 ↓
The Von Trap Family



★ニック・サロマンがやっていたバンドの全音源のページはこちら★
 ↓
Music / The Bevis Frond

ニック・サロマン!太っ腹!
ベヴィス・フロンド名義では、今も尚、新しいアルバムを発表し続けています。
そっちのほうを買って活動を応援しますぞ〜!!!


(2015年7月19日・加筆。
初回投稿:2011年5月1日)

------------------------------------------------------------------


[5/16]ソ連・東欧グルーヴィーナイト Vol.2 

May 26 [Tue], 2015, 21:08
ハイ、当ブログ、久々の投稿でございます(笑)

今回は、東欧雑貨店の「ミッテ」さんが開催した、
ソ連・東欧グルーヴィーナイト」という
魅惑的なイベントの模様をば…(笑)



名前のとおり、ソ連と東欧諸国の曲DJさんが流すというイベント!

今回は元モスクワ放送のアナウンサーだったという、
西野肇氏を迎えてのトークショーもやるといった濃ゆいイベント!

しかも!

50年代〜70年代の厳しい時代のソ連国内で
当局に隠れながら制作され続けた西側音楽の海賊盤レコード、
その名も「肋骨レコード」の日本国内史上・初めての試聴会!!

ハイ、私もバッチリ聴いてきましたよ〜!
そんな貴重すぎる機会に居合わせられて幸せ〜〜でした!


で、こちらが西野肇氏。

肋骨レコードを片手に♪


肋骨レコードというのは、
レコード盤の材料となるビニールが入手できない国内事情から
使用済のレントゲン写真を利用して作ったという海賊盤レコードなのだそう。

たしかに!
透けて見えるのは人の骨…!

よ〜く透かしてみると…、、、



み、見えた…!


今回は全部で4枚も聴けたのですが、
スリーブ無しの3枚と、額入りの1枚。

肋骨レコードは中身の曲がどんな曲なのかが
よく分からない状態のことが多いそうで、
中にはテキトーすぎて曲が何も入ってないような
そういった肋骨レコードもあるのだそう…。

そんなことも聞いてドキドキですが
最初はスリーブ無しの3枚からということで試聴スタート!





雑音と音程が定まらない悪条件の中、
かすかに流れてきたメロディは、、、

3枚中・1枚がメキシコの歌「ベサメムーチョ」、
あとの2枚はトルコサイケ風の曲でした(笑)


耳を澄まして聞き入ってる西野氏。

トルコサイケ風の曲のとき、私は西野氏の目の前に居たんですけど
西野氏が「この曲はなんだろな」と云ったので
すかさず「トルコサイケだと思います」などと言ってしまいました(笑)

いつも聴いてるトルコサイケコンピに入っててもおかしくないってくらいの
トルコサイケな感じのヴィンテージ・トルコ歌謡でした(笑)


そして額入りの肋骨レコード、登場!

こちらは西野氏のご自宅に飾られているのだそう。

今回初めて聴くのだそうです!
どんな曲が入ってるのかワクワク…!



そしておぼろげに聴こえてきたのは、、、

ロシアンタンゴな感じの曲…!

これはロシア人で戦争のごたごたでルーマニアに暮らしながら
歌手&舞台活動をしていたピョートル・レスチェンコさんって方の
「タチアナ」という曲なのだそう!


日本国内では入手困難盤のピョートルさんの
復刻盤レコードを片手に色々貴重なお話を解説…!

戦前の曲や無声映画などが大好きな私としては
なんだかとても心震える瞬間でした…!!

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

で!
帰宅後、すぐさまピョートルさんのことを調べて
CD盤を発見→ソッコー入手しちゃいましたよ!(笑)


pjotr leschenko
- 1935 Tango, Foxtrots & Romances

(ピョートル・レスチェンコ
「1935 タンゴ、フォックストロット&ロマンス」)

タイトルの通り、1935年前後くらいに録音された
ロシア色豊かなタンゴ歌謡の曲や
素朴で軽快なノリのフォックストロットが中心の選曲。

録音はルーマニアではなく、
主にロンドンで録音された音源の模様。

哀愁のタンゴ歌謡、愛の歌、軽快なフォックストロットを
表情豊かに歌うピョートルさんの唄に魅了されます…!

もちろん!
試聴会で聞いた肋骨レコード収録の「タチアナ」も
このCDにバッチリ収録!
哀愁のイイ曲です…

ピョートルさんの曲は
戦争によって祖国を追われた旧ロシア人の人たちにも
とても愛されたのだそう。

ロシア的なニュアンスを残しつつ、
西側の音楽性を取り入れたモダンな音楽♪
でも心に染み入る温かさも感じられて…。

--- --- --- --- --- --- --- --- ---

日本語ライナーを読んでみたら、
ピョートルさんのことがウィキペディアに載ってると
書いてあったので私もウィキをチェック!(笑)

ライナーノートの情報は2010年時点のウィキ情報だから
ちょっと今とは微妙に違うことが書いてありますが、

2015年5月現在のウィキペディア・ルーマニア語ページによると
ピョートルさんは戦前・戦中・戦後と
時代に翻弄されながら音楽活動を続けていたと。


音楽やレビューを聞かせて見せるお店も繁盛してたけど、
第2次世界大戦後、ルーマニアが社会主義国になってしまい、
その後、1951年には反体制者とみなされて警察に捕まってしまいました。

奥さんはソ連の刑務所に、ピョートルさんはルーマニアの刑務所に収監され、
強制労働をさせられていたみたいです。。


そして、1954年の7月16日、ピョートルさんは刑務所の病院でお亡くなりに…。
穿孔胃潰瘍と翻訳サイトは書いてあるので、
胃潰瘍が悪化して胃に穴があき、
そこから食物が体内に流出し、腹膜炎を起こして命を落としたと見られます…。


一方、ソ連の刑務所に収監させられてた奥さんのほうは
ピョートルさんの無くなる数日前、1954年の7月12日には
晴れて釈放されていたというのです…!

なんというタイミングなのでしょう…


その後、80年代にゴルビー政権になるまでは
ピョートルさんの音楽は無かったことにされていたようで、
80年代になってからようやくソ連国内で名誉回復になったようで…。。

--- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

今はこうしてCDで聞けるし、動画サイトのほうでも
多数音源がUPされてて人気なのだというのが分かります。

今回こういうイベントでこういう歌手を知って良かったです。
戦前の曲はとても素朴で癒されるので寝る前の愛聴盤になりそうです。


今回このイベントで、
貴重な音盤を聴く機会に立ち合わせていただいて感謝感激♪

この肋骨レコードの試聴会のあとは
いろんなDJさんが持ち寄った貴重なソ連&東欧レコードを
ガンガンにかけて踊るといったDJタイム
それもまた珍しい曲で興味深い時間でした。

また次のイベントが楽しみです♪


☆試聴会で聞いた肋骨レコードの曲
ピョートル・レスチェンコ「タチアナ」
Pjotr Leschenko - TATJANA



--------------------------------------------------------------

The Electric Prunes - WaS 

March 12 [Thu], 2015, 21:50
今日のジャケはこちら。

The Electric Prunes - WaS

(Amazon jp --- Link)


米ガレージ/サイケ、プルーンズの2014年新譜!

プルーンズは2000年代にボーカルのジェームズさんを中心に復活し
新メンバーでの新しいアルバムを既に3枚発表しています。
こちらはその新メンバーとのアルバム・第4弾。


60年代のプルーンズはオリジナルメンバーが全て抜けてしまっても
悪徳プロデューサーによって新たなメンバーによる新生プルーンズとして
アルバムを発表し続けるという、
曰く付きなバンドになってしまいましたが、

そんな闇歴史な時代のアルバムもカウントするならば、
こちらの2014年発表作品は通算9枚目の作品ということになります…。

--- --- --- --- --- --- --- --- ---

60年代プルーンズの諸作品は当ブログも以前に投稿しています。
ご覧いただけたら嬉しいです♪
   ↓
---当ブログ・ The Electric Prunes 60s Albums---

--- --- --- --- --- --- --- --- ---

さて、そんな特異な経緯を持つこのバンドの2014年新譜。
全曲オリジナル曲です。

復活後の前3作品を聞いてないので比較できないんですけど、
ぶっちゃけた話、全く別モノのバンドの曲みたいでした…(爆)

60年代のサイケ&ガレージなプルーンズサウンドじゃないなと…。

あ、、60年代末もオリジナルメンバー全員居なくなった後、
全く別の人たちを寄せ集めてプルーンズの作品出してましたけどね(笑)

でもその時代のほうのがよっぽどプルーンズサウンドしてる…(爆)


ライブでは60年代当時の曲たちはガレージでサイケな演奏をしていて
プルーンズらしさが充分に伝わってきて満足度高いステージでしたが、

こういう新しい曲をやると、
どうしてもサウンド的にも新しさがプラスされてしまうようでして、
まるで90年代以降のオルタナティブな
ネオサイケ&ガレージサウンドって感じなんですよ。

ジェームズさんは御年を召しましたが元気にワイルドに歌ってますけどね。


…とまぁ、こんなケチつけてしまってスミマセン(汗)

別のバンドかと思うような曲ばかりですけど
曲自体は良い曲なのでそれなりに楽しめました。

プルーンズをこれから聴こうとする人には
オススメするのは心苦しいですが(汗)、
けっこうなファンならば持ってて楽しい1枚になるかも(^^ゞ

2014年2月に来日したときのことを歌った曲も収録されてるし…♪

まさかの来日のとき、この東京もまさかの大雪になってしまい、
プルーンズの皆さんも大変な目にあってしまったんですが
その大雪のことを歌った曲をアルバム収録しています(笑)

その名も「Tokyo」!

Tokyo

Electric Prunes "Tokyo" from Electric Prunes on Vimeo.




他の曲も少し試聴置いておきますね…♪


Smokestack Lightning



Between The Cracks



--------------------------------------------

ちなみにシンコーミュージックから発売したムック本、
サイケポップ」本に、
プルーンズのオリジナルメンバーでボーカル、ジェームズさんの
インタビューページが掲載されています♪



ご本人のインタビューページでしかも日本語のページって
殆ど無いと思うので、これはとても貴重ですね☆

話してくださっている内容もビックリな内容ばかりでw、
読みごたえタップリでした。


チラっと内容をボカシながら書いてみますがw、
60年代前半、ハワイに引っ越して暮らしていた際に、
某・K山Y三さんの映画「ハワイの若○将」にエキストラ出演されたお話や、
K山さんからギターを弾いてもらって日本の民謡を知り、
それが元になったプルーンズの曲もあるってお話などなど…(笑)

も〜うビックリ仰天ですっ!(笑)

他にもサイケポップに特出した60s〜80s〜現代のサイケポップを
分かりやすく書いてる本なのでビギナーさんもマニアさんも
楽しく読めると思いますょ♪

一部、当時のミュージックライフの抜粋記事も載ってます。
後に編集長となった星加ルミ子さんの記事♪

↓アマゾンリンク↓
シンコーミュージック・ムック本「サイケポップ」




ちなみに同じシリーズで
「60s英米サイケロック」のムック本も出ていて
こちらも超オススメです♪

シンコーミュージック・ムック本「サイケデリック・ロック」


こちらはあの当時の日本の洋楽雑誌、
ミュージックライフの抜粋記事もけっこう多く載ってます。

ビートルズに日本人として初めてインタビュー&表紙を飾った、
あの星加ルミ子さんの当時の記事です。

こういった日本語の本はとても貴重ですね。
サイケファンもサイケ初心者も楽しく読めるかも☆


----------------------------------------------------

St.John Green - s/t (1968 US Psych, Kim Fowley PD) 

February 17 [Tue], 2015, 22:38
今日のジャケは
St.John Green - s/t



米LAサイケ、1968年発表の唯一作。

プロデユースは鬼才で奇才なキム・フォーリー
盟友:マイケル・ロイドのお二人。



キム・フォーリーは70年代にUSガールズバンドの
ランナウェイズの仕掛け人として名が広く知れてるかと思います。

それ以外では、60年代初頭からずっと
アメリカンポップスやサイケバンド、ロックバンドの
プロデュースに携わってますね。
キラリと光るセンスはサスガ…!

また、それとは別に、ソロ活動もやっていて
60年代末から2000年代までコンスタントにアルバムを発表。

私はそんなキム・フォーリーが本当に大好きで
私的には愛情込めて「フォリ様」と呼んでいます(笑)
なのでここでもフォリ様と書かさせてくださいね(^^ゞ



一方、もう一人のプロデューサー、マイケル・ロイド
西海岸ソフトサイケのWest Coast Pop Art Experimental Bandの元メンバー。

バンド脱退後はMGMレコードの副社長となって
サイケバンドを発掘&プロデュース。

フォリ様とのお仕事ではペアとなって、
マイケル・ロイド中心のSmokeというソフトサイケバンドや、
Fire Escapeというレアな面子の揃ったガレージバンドなどを手がけてます。



とまぁ、こういうお二人のプロデュース作品なのですが
ハッキリ言ってブッ飛んでます(笑)

だいたいの曲は歌詞を朗読(というか演説?)するといった
トーキング・スタイル。。


湿り気帯びたオルガンが印象的なダウナーサイケ演奏をバックに
延々と歌詞を演説の如く朗読するというトーキングスタイル。


でもサイケ演奏がとてもグルーヴィーなので
トーキングスタイルでも私的にはそんなにイヤじゃなかったです(笑)

むしろダウナーなサイケサウンドに身を委ねるかの如く、
ダラダラ聴いてるのが心地良く思えるほど…(爆)



で、どんな人たちなんだろうということで
メンバーのお写真をペタリ…(笑)
60s Grage Band.comっていうガレージ・データサイトからの流用です…(^^ゞ



フツーの人たちすぎて、ある意味ビックリ(笑)
だって曲はこんなにブっ飛んでるのに…(^^ゞ


ていうか、このガレージサイト、マイナー処が満載でスゴイ!
しかもマイナーバンドのメンバーとのインタビューが多数あってスゴイ!
数々のバンドのレアな写真もいっぱいなので見所満載です♪


「60s Grage Band.com」のインタビューページ→Link!


知ってるバンド、少ない…
まるで底なし沼…(笑)

サイケの参考書代わりに見ておきたいサイトです♪

TOPページは以下からどうぞ
 ↓
"60s Garage Band.com"

--- PC Site--- Link!

---Facebook--- Link!


--- --- --- --- --- --- --- --- ---

…おっと、St.John Greenの話から脱線してしまいました(笑)
話を戻しましょう。


とまぁ、こんな感じのバンドですが、曲のクレジットのほうは、
12曲中・6曲がSt.John Greenのバンドメンバー。

そして4曲分がキム・フォーリー、
最後の1曲だけバンドメンバーとキム・フォーリーの競作となってます。


私的にはフォリ様作曲の2曲目「Canyon Women」が特にお気に入り♪
フリーキーでファンキーなサイケ曲。
フォリ様特有の、どこか人を食ったような感じがクールですね(笑)


その後はしばらくボーカルの人のトーキングなダウナーサイケが続いて
いくらナンでもこの私でも「こりゃヤバイ」と思っていたら(爆)、
急にパーっと視界が開けたかの如く、メロディアスな哀愁サイケ曲が…☆

バンドの名を冠した曲でフォリ様作曲の「St. John Green」です。

フォリ様自身はぶっ飛んだ人だけど、
プロデュースした曲はどれもポップセンスがキラリ☆
そういうところは矢張りサスガですね!


St John Green - Canyon Women



St John Green - Devil And The Sea



--- --- --- --- --- --- --- --- ---

とまぁ、今回の投稿はフォリ様プロデュースの作品でしたが
ファンとして追悼を意を込めての投稿でした。

フォリ様は2015年1月15日に長年の闘病の末、天に召されました。

去年の秋には若くて美人な恋人さんと再婚もされたんですけどね。。

こんな素晴らしくクレイジーで奇才なお方はそうそう居ません。

ご冥福を心よりお祈りいたします。




Kim Fowley R.I.P...

His song is Forever!!!

...Thank you...!!!


----------------------------------------------------------

Dengue Fever Live in Japan 2014 

December 06 [Sat], 2014, 14:58
今回の投稿もまたまたライブレポです♪

今回は、アメリカの現行サイケバンドで
カンボジアン・サイケをやってるデング・フィーバーです!




ずっと待ち望んでいた初来日ライブ!

しかも!最前列で見れてメッチャ嬉しかった…!!

ではではどうぞご覧くださいませ…!
 ↓

--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

「デング・フィーバー初来日ライブ」
@青山・月見ル君想フ、2014年11月26日


この日は小雨で天気悪くて寒かったですが
記念すべき初来日ライブ!

私も気合入れて入場時間のずいぶん前から並びました!
チケットも3番目で入手してたので、ライブ当日も最前列ゲット!
…好きなことなら幾らでも気合入れることができます…(笑)

前座2バンドを経てからデングメンバー登場!!

ひゃ〜〜!遂に目の前で…!!





初期〜中期くらいのアルバム曲が多めだったような気がします…♪
長年ずっと親しんで聴いてきたデングのカンボジアンサイケを
こうして目の前で見ながら聴けるだなんて…!(感涙)

そして!
ボーカルのニモルさんが思った以上にダイナマイト・ボディだった!!
ノーマルな女の私でさえセクシーすぎるニモルさんに目がクギヅケ!(笑)
歌もモチロンのこと素晴らしかった!!
まさに魅入って&聴き入りました…!

歌うニモルさん



カワイイ



ギタリストの目の前だったのでこんなに近くに♪

これは「Tiger Phone Card」を歌ってるところです♪
盛り上がった〜!


エフェクターを踏む足も激写!(笑)


奥にいるドラマーさんも激写してみました♪

他にもメンバーを撮りたかったんだけど
遠すぎて上手く撮れなかったり、
動きが激しくて撮れなかったです…



アンコールもあって盛り上がる中ライブ終了〜!
夢見心地のカンボジアンサイケサウンドでした!
また日本に来てほしいです…!


この日のセットリストも一応激写

曲名の単語の頭文字だけの省略タイトルも多いですが…


そして!
ライブ後、会場にいつまでも残りウロウロしていたら
メンバーが出てきたので、すかさずサインをゲット!

一緒に写っているボールチェーンのネックレスは
ライブの最中にベースの御方がつけていたものをゲットしました(笑)

今までずっと部屋でデングの曲をひっそりと聞いていただけなのに
こうして目の前にメンバー様が…!
天にも昇る気持ちでゴザイマス☆
快く応じてくださってどうもありがとうございます…☆

デングフィーバー!最高のライブでした!

------------------------------------------------

■当ブログ閲覧の際は…■
コメント投稿は画像認証にしました。
(スパムコメント防止の為)

ブラウザやPCの設定などによっては
書き込めないことがあるかもしれません。

その際にはスミマセン(汗)


最新コメント
アイコン画像パイク
» アダム・アント「ワンダフル」 (2016年10月23日)
アイコン画像えみりー
» PICK2HAND 「クサイキレ」 (2016年09月14日)
アイコン画像もりたん
» グレッグ・キーン・バンド 「シスコ、大好き」 (2015年06月27日)
アイコン画像もりたん
» [5/16]ソ連・東欧グルーヴィーナイト Vol.2 (2015年06月01日)
アイコン画像もりたん
» The Electric Prunes - WaS (2015年06月01日)
アイコン画像nicohoi
» [5/16]ソ連・東欧グルーヴィーナイト Vol.2 (2015年05月28日)
アイコン画像GAOHEWGII
» The Electric Prunes - WaS (2015年04月06日)
アイコン画像もりたん
» 【The Electric Prunes (60s USガレージ/サイケ】 (2015年03月23日)
アイコン画像もりたん
» The Electric Prunes - WaS (2015年03月23日)
■ゲストブック■
↑あしあと帳や連絡帳としてお使いください♪
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chikaty/index1_0.rdf