ホテル火災、邦人8人負傷 バンコク中心部 

September 05 [Wed], 2007, 13:41
 【バンコク5日共同】タイの首都バンコク中心部にあるマンダリンホテルで5日未明、火災が発生した。在バンコク日本大使館によると、ホテル宿泊客の外国人観光客ら16人が、煙を吸い込むなどして病院に運ばれた。地元警察によると、うち8人が日本人でいずれも軽症という。

 同大使館が身元の確認を急いでいる。

 AP通信によると、宿泊客約400人が避難。地元警察によると、ホテル別館の倉庫から出火。倉庫はカラオケ施設に改装中で警察は電気系統が原因とみて調べている。火災は出火後、3−4時間で鎮火した。

 APによると、ホテルは建設から約30年が経過。スプリンクラーが設置されていなかったとの情報があり、ホテル側の避難の誘導が遅かったとの声もある。