右副腎摘出手術 

2007年02月25日(日) 1時50分
長男イタチ、クー(マーシャル ♂ 5歳11ヶ月)の右副腎摘出までのメモです。
1/8今年初めてのリュープリン接種。右・左とも米粒一回り大ほどで、これまでと変りなし。
1/28リュープリン接種のため定期通院。2週前くらいからフケがひどくなり頻尿の症状があったため先生に相談。触診で先生が「あっ」という顔をする。
エコーで見てみると、右副腎が1.7cmX1.5cmまで肥大していることがわかる。
前回の検診から3週間。期間の短さ・大きさからするとほぼ悪性の見解。
 右副腎でこれだけのサイズだと手術で摘出するにもかなりのリスクが伴う。
1週間後に再度エコーで見てどうするか決めることに。それまでの間、朝・晩の2回キトサン・コンドロと、前立腺肥大用(頻尿)の投薬。
2/3 再診。エコーに写った右副腎のサイズは1.5X1.6で前回同様大きい。
リュープリンをうち始めた頃から、悪性に変異した場合は手術すると決めていたし、かかりつけ医は100%信頼しているので、オペできるならして下さいと手術を選択。

中略

2/16 
オペ予定日のため病院へ。術前の血液検査でなんとGPTが1668もあった。
(後日、前立腺肥大用のホルモン剤がごくまれに副作用で肝障害を引き起こすこともあるのでこれが原因だったかもとわかる)
このまま入院し、肝臓の手当てをしながら数値が落ちたところでオペをすることに決定。

2/17 GPT 1000、GOT310 引き続き肝臓のケア
2/19 GPT 422、GOT 111 この調子なら翌日オペ可能。
2/20 
午後1:30 オペ開始 午後16:20頃 終了。約3時間の大手術
お腹を開いてみると、右副腎はかなり大きくなっており(エコーに写ったとおり2cmx2cm大)
肝臓と静脈血管に完全に癒着していた。
時間をかけ剥離するものの、血管にべったりくっついている部位を切除するには血管の壁ごと取るしかなかったため、血管を腫瘍の上下でクランプしてみるも不整脈が発生。
血管ごと摘出するのはあきらめ、血管にはりついた部位のみ残す。それでも95〜98%程度は切除できた。
午後5時過ぎに面会。長時間の麻酔だったにもかかわらず意識は良好。

2/21
点滴による輸液の量が多かったためか肺に水がたまってしまったため点滴を取りやめ、注射で対応。
ご飯も良く食べうんちも良好。
水曜で病院はお休みでしたが、先生が出てきてくれている時間に合わせ面会に。
お腹の傷の痛みも大分よくなったのか、先生と話をしている間に抱っこを要求してきたので、 約1時間ほど抱っこ。
2/22 面会。

2/23
無事に退院。血液検査の結果も良好。キトサン・コンドロと抗血栓剤・前立腺肥大用の薬はお休みして、かわりに強肝剤・アミノレバン・抗生剤追加。
病理検査の結果は副腎皮質腺癌(悪性)

大手術だったのにもかかわらず、手術は成功、術後の状態も良好です。
病院の先生・看護士さん、そしてなによりクー本人が本当にがんばってくれました。
来週金曜に経過チェックの為再診予定です。

ご心配・応援いただいた方々、本当にありがとうございました。
取りいそぎご報告まで。

明けましておめでとうございます。 

2007年01月08日(月) 1時17分
すっかり更新がご無沙汰でした
2007年も無事にクー・モコ・レイと一緒に迎えることができました。

クーですが、年末あたり少し寝てる時間が多く調子が落ちてる感じでしたが、
元旦あたりから調子も戻り、人の顔を見つけてはしょっちゅうケージから出せと騒ぐ始末で。
根負けしてケージから出してあげても、結局は私のベッドで寝るだけねんですけどね。
でもまあ、元気なことは本当にありがたい事なので、一緒に昼ねしたりしてのんびり過ごしました。

昨日、今年の病院始めに行ってきました。
クーの方は食後5時間で血糖値が68.HCTも48%まで下がっていたのでインスリ・多血ともに順調なようです。なのでステロイドや抗血栓剤などの投薬量も変らず継続です。
ただ、白血球の数値がほんの少し高めに出ていて、じっくり診てもらったところ
欠けてる右犬歯の根元が少し赤み・腫れがあるのでこれが原因かもという事で、
2週間 抗炎症剤(紫の薬なので多分アズレンと思います)を飲ませて次回検診時に再チェックすることになりました。
副腎のサイズは、前回の診察時は米粒2まわり大でしたが今回はまた米粒大まで小さくなってくれました。こちらはリュープリンを打って終了。

で、モコが今月15日で2歳になるので一緒に健康診断。
血液検査の結果は健康体そのもの、副腎も全く触れないくらい小さいという事で、
元気のお墨付きを頂きました。
ただ、体重だけが少しずつ減ってきていて、MAX880g→現在 680gまで落ちているのが、
もともとこれくらいがモコの大人としての平均体重なのか?何か隠れた病気があるのか?
が見分けられないので、念のためしばらくの間はクーと一緒に通院して定期的にチェックしていくことになりました。

今年の3月でクーもとうとう6歳。目標年齢まで到達です。
まだまだあと2回くらいは一緒に年を越したいな〜。

フェレット30問30答 

2006年11月13日(月) 20時30分
taeさんからバトンがまわってきました。文字数制限のため1個だけ〜。

『フェレット30問30答 〜我が家のフェレットLIFE実態編〜』

Q1.我が家のお水はコレ!
・フェレットの水

Q2.我が家のゴハンはコレ!
・ネイチャーズバラエティ フローズンフードとフリーズドライ ・ワイソングアーキタイプ2・赤スーペリ

Q3.ゴハンは常に食べれる派?
・カリカリは常備しちゃってる。あとは朝・晩にしっかりご飯をあげてまつ。

Q4.我が家の定番おやつはコレ!
・おやつはあげてません。

Q5.我が家のケージはこんなのデス!
・ワイルドホームF8-2 を2個使用。

Q6.我が家のトイレ砂はこれ使ってマス!
・ブリーダーズセレクト

Q7.我が家のキャリーはこんなのデス!
・アトラス10 と、わんこ用お出かけバッグ

Q8.我が家の放牧スペースはこれくらいの広さデス!
・6畳くらい。

Q9.我が家の放牧スペースの床の材質はこんなのデス!
・フローリング

Q10.我が家の放牧時間は概ねこれくらいなのデス!
・夜に2〜3時間

Q11.我が家では爪きり、こうやってマス!
・バイトを膝の間に挟んで抱っこ。夢中で舐めてる間に片足ずつパチパチ

Q12.我が家では耳掃除、こうやってマス!
・ベビー綿棒をクリーナーに浸して、表面だけぬぐってます。

Q13.我が家のシャンプー&リンスはコレ!
・オーツシャンプー

Q14.我が家のお風呂は、こうやってマス!
・洗い場で、シャワーをかけながら。

Q15.我が家のお風呂の頻度はこれくらいデス!
・不定期。くさくなったら。3ヶ月に1回くらいかな〜。換毛期には必ず1度入れて古い毛を取り除きます。

Q16.我が家の秘密基地はこんなとこデス!
・ケージの下(スチールラックの下)

Q17.うちのコのお気に入りおもちゃはコレ!
・クーはぷぴぷぴ。モコはねずみちゃん。レイくんは私の靴下

Q18.我が家のニオイ対策はコレ!
・空気清浄機と、アロマオイルでごまかし。

Q19.我が家のフェレットバイブルはコレ!
・とくにないかな〜?ネットで情報収集が多いです。

Q20.フェレット好きが高じてこんなものまで買ってしまいました!
・真空パック器。料理では使いません。

Q21.フェレット好きが高じてこんなことまでしてしまいました!
・??既に私の日々の行動が、他の人には理解できないらしいっす。

Q22.我が家の工夫、健康編!
・ご飯とかかな〜。

Q23.我が家の工夫、環境編!
・床にはほとんど物を置いてません。

Q24.我が家の親バカグッズはコレ!
・とくにないっす。

Q25.あると絶対便利!オススメアイテムはコレ!
・オレンジXと、真空パック器、あとミルサー。

Q26.我が家の笑えない事件・事故・騒動!こんなことやっちゃいました!
・ケージの戸を閉め忘れ。家に帰ってきたらあちこち凄いことに。
 飼い始めの頃、フリーで放牧してたら洗濯機のホースに穴開けられました。

Q27.我が家のびっくり(!?)珍事件・珍騒動!こんなコトがありマシタ!
・愛するわが子の誕生日を5年間勘違いしてたこと。

Q28.我が家のフェレ集団の特色(特徴)を箇条書き3つでまとめるとこんな感じデス!
・クール
・人よりイタチが好き
・飼い主は召使いと思ってる

Q29.我が家のニックネームの傾向はこう!(繰り返し系、赤ちゃん言葉系など)
・繰り返しでつね。クック、レイレイ、モコだけモーたんかな

Q30.我が家からどこのお宅にバトンを回す?
・ご自由にどうぞ〜

インスリノーマ血糖値コントロール良好 

2006年10月31日(火) 20時54分
先ほど、かかりつけ病院から帰ってきました。クーのリュープリン、レイのワクチン、モコの健康診断です。
クーのインスリノーマの具合は、前回受診の際(10/12)の血液検査の結果が悪かったため3週間前からステロイドの投薬量を増やしていました。その経過も見たかったため今回も血糖値のみ測りました。
8/28  食後8時間 血糖値 77
10/12 食後9時間 血糖値 59
10/31 食後10時間血糖値 76
12日の診察の際、血糖値がこれまでよりも下がっていた為先生と話あいました。
@ゆるやかながらも月日を追うごとに血糖値が段々と右肩下がりの傾向にあること。
A仕事で日中いない為、その間の発作が一番恐いこと。
上記理由により、これまでステロイド量が2週間で10mgだったところを倍の20mgに増量しました。

今回の結果が76とこれまで通りの血糖値まで引き上げることが出来たので、しばらくはこの投与量でいけそうです。
前回からステロイドの量が増えた事を嘆いていたら、先生から(0先生)、「インスリ確定してから1年半の間、最低量のステロイドでコントロール出来てきたのは立派。これからもマメに測りながらしっかりコントロールして行きましょうね」と私の気持ちとは逆にお褒めの言葉を頂けました。

インスリの進行を遅らせることが出来ているのは、ひとえに低糖質の食事のおかげと思います。
動物性たんぱく質の食事をメインにすることで、ドライを食べなくても(食べてくれない・・)夜私が帰るまでの間血糖値が下がることがなく過ごせているのでしょう。

副腎も、左・右 米粒2週大から、米粒1週大までまた小さくなっていました。
このままリュープリンとメラトニンでの治療を続けていきます。

モコの体重減少も(6月800g→現在720g)「毛づやも良いし内臓も触診では問題なし。毛変わりの際に体重が落ちちゃう事もいるのでそのタイプかも。1週間また様子を見て下さい。」という事で一安心。
クーはまた3週間後に通院です。

*フェレ友さんちのフェレちゃんが、リンパ腫と診断されました。私には応援することしか出来ませんが、
このブログを読んでくださった方、私と一緒に祈っていただけませんか?
闘病してる全てのフェレちゃんに
小さい体で病魔と一生懸命闘っているタッチャンに、
がんばれ!がんばれ!がんばれ!

フェレット インスリノーマで思うこと。 

2006年10月19日(木) 23時36分
うちの長男イタチ、クー(5歳半)がインスリノーマと診断されたのは昨年の7月末クー4歳3ヶ月の時です。
10月末に体調を崩して入院してからは、すでに1年ほぼカリカリフードを食べずに生活してきました。

もともと、インスリを発見できたのがリュープリンの定期通院の際車で移動しはじめたときに起こした発作のお陰で、そのまま病院へ急行して早い段階で適切な処置が出来たため、重篤な内臓障害や脳障害を起こすことなくスムーズに治療に入れたのは不幸中の幸いでした。

私は一人暮らしで普通に社会人として働いているため、日中カリカリフードを食べてくれないとなると、不在時にどうすれば空腹からくる低血糖発作を起こさずにすむか相当悩みました。
 病気の治療方針については、自分が納得いくまで獣医さんと相談し、朝・晩のステロイド投与(量もしっかり確認してます)をしながらの食事療法を続けています。
その際、たくさんのフェレ飼いさんに助けてもらいながら自分でも勉強して実践してきたので、おかげさまでこの1年3ヶ月の間一度も低血糖の発作を起こさずに過ごしてこれました。

インスリの子はカリカリご飯を食べてくれなくなる傾向があるようで、私のまわりのインスリちゃんもクー同様ふやかしご飯しか受付けなくなってしまった子も多いです。

ご飯を食べてくれない事で起こりうる危険は状態はたくさんあります。
@低血糖からくる発作による、脳障害や多臓器不全→手遅れの場合は即死につながります。
A体力が落ちることからくる、普段は免疫力で対峙できる腸内寄生虫の爆発的増加
 →これ、うちのクーで実際にありました。幸い入院を決めた日に見つかってので適切な治療をしてもらえました。
ちょっと、色々思うことがあってこの記事を書いているのですが、
ぜひ高齢フェレちゃん(4歳以上)をもつオーナーさんには、しっかり定期健診を受けて欲しいという事。
また、治療方針でご自分が納得いかないのなら、そのまましたがって帰ってきて素人さん達に「どうすれば良いのですか?」と聞くのではなく、獣医さんと納得いくまで話あって、それでもダメなら新しい病院を探して欲しいです。
彼らの1日は人間の私達の1日よりもとても大切な時間なんです。
目に見えて体調が悪そうなら「様子をみて〜」ではなく、すぐ行動して欲しいです。
その1日様子見て・・が命取りになって亡くなってしまったフェレちゃん達が沢山いるという事を忘れないで下さい。

冬毛になってきた 

2006年09月26日(火) 23時57分
携帯からの更新です。
今日のクー太郎ですが、雨で気圧が低いせいか、晩ご飯を食べたあとさっさとハンモに戻って寝てしまいました。
ここにきて、一気に冬毛が伸びてきました。
今回の毛換は気付かないくらいゆっくりでした。
ハンモにつく抜け毛も、ほとんどありませんでしたので。
でも頭に寝癖がつくようになり、明らかに変化してきてます。
夏毛になる際に失敗して先のほうから根元までつるつるだった尻尾も、根元からじわりじわりと生えはじめてます。(根元は残っていたので、副腎起因ではなさそう。)
この分でいけば、半年ぶりにマフマフ尻尾になるかも〜(^O^)

保険証入れ作ってみた♪ 

2006年09月19日(火) 0時16分
3連休最後だったので、相方にお願いしてまた蒲田のユザワヤに連れていってもらいました。
狙いはキルティング布。
足が滑りやすくなったクーのために、ケージ床にマットを敷いてあげているのですが、
大分古くなってきたので新しく縫ってあげるために調達に。
 2階のコットン売場には可愛い布が沢山!見てるとどんどん欲しくなってしまうので、
なるべく見ないようにして一番奥のキルティング売場へ。
 床マット用には生成りのシンプルなものを選び、可愛いクマさん柄のもあったのでついでに購入。

帰宅後、さっそくミシンがけ。
通院の際、いつもアニコムの保険証と診察券を見つけるのに苦労するため(決まった場所に置いておけない・・)
前から欲しかった保険証入れを縫ってみました。
二つ折で、左右の大きなポケットに保険証やワクチン証明書を。
小さなポケットには診察券が入れられます。
バイアステープが細すぎて、あまりキレイに縫えませんでしたが、自分で使う分にはいっか!って感じです。もう少し上達したらフェレ友さんにプレゼントしようかな?


見事な放物線(;゜(エ)゜) 

2006年09月17日(日) 23時25分
本来のサイクルよりちょっと早めだったんですが、来週からかかりつけが夏休みシフトに入るためクーのリュープリンを打ちに病院へ行ってきました。
 日曜は午前診療のみなので、受付締め切り12:00ぎりぎりに飛び込み。
待合室はフェレちゃんばっかりで、ワンコに会えるのを期待していた相方はちょっと残念そう・・。

実は前回のリュプ接種、なかなか時間が取れず3週サイクルのところ4週目に打ってまして、
右副腎が一回り大きくなってしまってました。
恐るべしリュープリン効果。打ち続けてたのをパッタリ止めると反動で巨大化する子もいると聞いてはいましたが、やはりサイクルは守らねばならんなぁと反省。
だので、今回は若干早めだったものの、今日を逃すとまた1週間ズレちゃうのでイソイソと出かけてきた次第です。

触診での副腎は前回とかわりなし。
副インチョやら看護士さんやらに「クーちゃんかわいいねぇ。」と褒められご機嫌なクーでしたが、
いざ注射針をお尻にプスっと射した途端、
シャーッ と、見事な放物線ちっこをしてくれました**(/▽/)**
(誰にもかからなくって良かった(´▽`) )


まあでも副腎からくる前立腺肥大でちっこが出なくって困ってる子もいると考えると、
診察室で放物線を描こうが、フローリングの床(トイレの横)に粗相しようが、
しっかり出てくれるだけ私は幸せだなと。

そして今日もオレンジXを片手にフローリングを掃除する私でした・・。

なんでベッドで寝るときって、いつも手を前に出してるんだろ??
ちなみに、右手の白い部分は点滴ハゲでつ。ここだけ毛が生えない・・

偏食ちゃん 復活♪ 

2006年09月06日(水) 22時55分
以前の記事でモコがドライを食べずにフリーズドライご飯ばかり食べて困るというのを書きました。
 あの後、なかなか体重が戻らず色々試行錯誤した結果、ドライを食べない理由が
「嫌いなフードがブレンドしてあるから」という事が判明。
嫌いなモノは嫌い!お腹が空いても妥協しない!が彼女のモットーのようです(滝汗)
丁度その頃、ドライフードの変更に試行錯誤していた時期。
フリーズドライをあげる前は同じご飯を食べていたのですが、きっと本当に仕方なく食べていたのでしょう。おいちいフリーズドライがもらえるようになったので、「ムリしておいちくないはいらないもんっ」とばかりに完全拒否し始めたと推測されます。

で、このモコ問題ですがフード皿を二つ置くことで解決しました!
かたっぽはモコが食べるスーペリ。もう一つはレイくんが大好きになってくれたアーキ2と猫飯のブレンド。(ほんとはスーペリ止めたいのですが、食べずに体調崩されるよりはと)
プラス、お肉系ご飯を朝・晩食べることにより、一時期は640gまで落ちたモコの体重もようやく750gまで戻りました。
早く気づけてよかったです・・・。ごめんね、モコ。


フローズンフードおいちい? 

2006年09月02日(土) 0時37分
せっかく喜んで食べてくれてる、ネイチャーズバラエティのフリーズドライフード。
いつものお店で「販売終了」の文字が・・。気になり販売元に問い合わせたところ、規制のため輸入が出来なくなったため、あえなく終売になったと教えていただきましたΣ(|||▽||| )
 いくつかのネットショップではまだ在庫があったため2社から購入するも、賞味期限が短い(今年の10月まで)ものが届き思わずクレームをつけようかと思ったほどです・・・。
 *グリーンドッグさんでの一番新しい期限は07年5月までのものでした。

以前に購入した同じメーカーのフローズンフード
購入当初は全く食べてくれなかったので諦めてましたが、このまま冷凍庫に入れっぱなしももったいないので、販売終了を知る1週間ほど前から再挑戦していました。
少しずつフリーズドライご飯に混ぜてみたところ、思ったより簡単に食べてくれるようになりました。手順はこんな感じです。

@前日の夜に冷蔵庫に移し自然解凍しておく。
Aぬるま湯の中に、フォークでつぶして食べやすくしたフローズンフードと指で細かく崩したフリーズドライフードを半メダリオンずつ入れ良く混ぜる。
B消化酵素、マルチビタミン、サーモンオイル 類を混ぜて出来上がり。

見た目はこれまでのご飯とあまり変わりませんが、どろっとした感じの生肉や小さい骨など入っています。
入れ始めの頃は気づかれないようにほんの少しずつ。そのうち、お肉のかたまりもガツガツ食べてくれるように。
今ではクー・モコ=大好物♪ レイ=まぁまぁ好き。お腹が空いてれば食べる 
くらいにはなりました。
これでフリーズドライがなくなったあともフローズンで代用できる見通しがたちました。


めし?くれるの?
P R
■プロフィール■
くーまま
東京都内で、フェレットのクー・モコ・レイと暮らしています♪病気と闘うクーの闘病記が、同じ病気で闘うフェレットを持つ一人でも多くのフェレママ・フェレパパさんにお役にたてればという願いを込めて。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像とおりゃ!!そおりゃ!!!うりゃ!
» 右副腎摘出手術 (2009年09月11日)
アイコン画像ミチコ
» 右副腎摘出手術 (2007年09月20日)
アイコン画像TOMO
» 右副腎摘出手術 (2007年07月02日)
アイコン画像
» フェレット30問30答 (2007年06月25日)
アイコン画像くーまま@管理人
» 右副腎摘出手術 (2007年06月12日)
アイコン画像TOMO
» 右副腎摘出手術 (2007年06月12日)
アイコン画像くーまま
» 右副腎摘出手術 (2007年03月03日)
アイコン画像マーシャル
» 右副腎摘出手術 (2007年02月27日)
アイコン画像マーシャル
» 右副腎摘出手術 (2007年02月27日)
アイコン画像くーまま@管理人
» 明けましておめでとうございます。 (2007年02月14日)
■ショップリンク■
フェレット通販ビバ・フェレット
イタチツアーズ
↓のメニューから、・・・
たくさんのイタチに会いに行けます!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chii0126
読者になる
Yapme!一覧
読者になる