Agriculture(いわゆる農業)とAgribusiness(農業関連産業) 

July 17 [Tue], 2007, 17:23
農業と農業関連産業
人口増加−食料増産−環境保護をめぐる20世紀の歩みを振り返りながら、食料生産をめぐる生命地域主義と産業科学主義の間の相克をテーマにしたビデオであった。その中でも一番に目を引いたのがアメリカ合衆国の「緑の革命」であった。

この「緑の革命」の始まりは、「赤の革命」に対抗するためのものであった。
これは、途上国において米の収穫量を増やすためであったが、最近はインドを中心にその弊害があらわれ、批判が生じている。
「緑の革命」の始まりは、「赤の革命」に対抗するためのものであった。中国において、1949年に共産党が権力を握ると、地方の農民組合が土地を取り戻し、借金を帳消しにし、富を再分配するように促した。それに啓発されたアジア新興諸国の農民運動も、共産党が浸透し、土地を取り戻し、それを基盤として平等な農村を作ろうと、もりあがった。この運動に対抗し、この政治状況を「安定化」させるための手段として、アメリカの財団、アメリカ国際開発局、世界銀行などが、共産主義の魅力を抑えるために集結し「緑の革命」が導入されたのである。「緑の革命」は、HYV種(High Yielding Varieties高収量品種)という米粒が在来種の2倍も多く、肥料を多くしても倒伏しにくい品種を使い、食糧生産を単一化することで、土地面積あたりの収穫をあげる。このことにより、土地は仮想的に増大する。農業生産において必要な空間の大きさを小さくすることにより、農民の空間需要を抑えようとしたのである。そうすることにより、共産主義的な農村の社会改革、すなわち土地改革が不要なものとなると考えられた。このため、農民は、今までと同じ大土地所有関係の下におかれた。政治的な争いを非政治的=空間的に解決しようとしたため、「緑の革命」は本質的には脱政治化の政治ということができる。しかし、この政策をするには伴って土壌への影響が大きくなってくるのだ。この農法であると多大な水と化学肥料を必要とする。それを続けていくと、言うまでもなく環境にも影響を及ぼす。このようなことを続けて、果たしてよいのであろうか?途上国の収穫量を増やしていっても、環境が廃れていってしまっていたら、結局今後どこで、だれが育てていくのか…という結論にまで陥る。
これを続けていくのであるならば、土壌、作物、気候の多様性というものをしっかりと考慮しなければならない。しかし、近年途上国において、人口爆発という問題が頻繁に話題になっている点からも、再び農地改革を行い、農民一人一人に土地を分け与えるのは難しいであると思われる。ただ、この問題に取り組まない限り、根本的な解決には至らない。地域ごとに土地改革の計画を立て、実行すべきであると考える。

タクシードライバー 

July 04 [Wed], 2007, 12:17
映画『タクシードライバー』
映画『タクシードライバー』
タクシードライバー
何の経歴もなく、不眠・憂鬱さを抱えた主人公トラビスはタクシー会社に就職する。タクシー会社は移民の就職場所ともされていた。そして出会ったベッツィ…。パレンタイン候補の選挙本部で働く女性をトラビスは見染めたのである。パレンタインとは上院議員で、アメリカを何とか政治の力で変えようとしていた。

そんなある日、トラビスは会社の同僚のする話に耳を傾けた。それは、黒人地区の治安の悪さ…そして今後鍵を握ることとなる“銃”の話題であった。 トラビスはこともあろうと、ベッツィをデートに誘った。自らの世界にベッツィを引き込む結果になった。そして後日またデートの約束を交わすことが出来たのだ。

トラビスはWaspパレンタインとの出会いをタクシーの中ですることにあるが、移民であることが会話の中の政治の無知さから連想させてしまった結果になってしまった。 市内をタクシーで走っていると少女売春のアイリスと出会うことになる。夜のニューヨークは荒廃しており、映像ではそれが物語っていた。

ベッツィとのデートであったが、ポルノ映画に招待したため早々に破綻してしまった。諦めきれず、何度もベッツィにアタックするもののすべて空振り。トラビスは失恋をし、大きな挫折感を味わうことになる。それからというもの、男と女の関係にはとても敏感になり、非現実であるテレビにさえ八つ当たりしてしまう。
そしてたまりかねた感情を上院議員であるパレンタインに向けることを決意したのだ。それからのトラビスというもの…違う人物であるかのように変貌していったのだ。 そしてついに、『クズども』を排除すべく、銃を手に入れたのだ。

 トラビスは独自で訓練を重ね、シュミレーションをし、体には常に銃を携帯するようになったのである。しかし、度が行き過ぎ、シークレットサービスに近づいたため不振人物としてマークされることになった。スーパーでは強盗犯の黒人を意図も簡単に射殺をしてしまったのだ。

 トラビスは警察に頼らず、問題解決すべきことを説いたのだ。頭髪をモヒカンにし、ベッツィに送ったが突き返された花束を火で燃やした。それは、自分の気持ちにけりをつけるとともに、何かの始まりの暗示であるかのようであった。トラビスはその頭髪で多くの人が集まる会場に登場し、パレンタイン大統領射殺を見計らっていた。しかし、言うまでもなくその変わった様相はすぐに目に付き、銃を仕向けたが未遂で終わったのだった。

 それからトラビスは売春宿に訪れ、マシューとその関係者を射殺したのだ。そのことで、マスコミからは英雄として報道され、アイリスの両親からは感謝の手紙を受け取ったのだ。

 ベッツィとはタクシーの乗客として再会し、マンションまで送り届けた。しかしトラビスの目は澄んではいなかった。

タクシードライバー 

June 27 [Wed], 2007, 11:38
映画『タクシードライバー』
映画『タクシードライバー』
主人公トラビスが変わりゆく様を鮮明に書かれた映画であった。アメリカの中における貧富差・ユダヤ人や黒人への扱われ方の違いも描き出されていた。私自身この映画を見ていて、このトラビスが何を仕出かすか、とてもハラハラしながら観ていた。日本ではまれに見られない心情をあらわにした行動が視聴者側としては、恐怖感でいっぱいであった。

『恋』が叶わぬとここまで人間が変わってしまうのか…というくらいの様変わりに、人種問わず人はこうもなってしまうのか…と怖くなった。

 アメリカ社会は夜の世界と昼間とでは相反した映像というまでに違って見えた。いきなり飛び出してきた人からは車めがけて卵を投げつけられるし、それを誰も注意なんてしない。見過ごされてしまう世の中になってしまっている。選挙中のガードマンは万全でも、そういった地域を取り締まる人がおろそかでは、いくらガードマンを用意したって環境は改善されないと思う。腐敗した世界がそこにはあった。私たちが住む日本が平和に思えた。

私が見たままの感想になってしまったが、この映画が描き出したかったことは、その当時のアメリカ国民にとっての現実的な世の中を構成するものであり、怖く恐ろしいものをもが、この誰もが憧れているアメリカ国家こといことだ。

主人公トラビスは、マフィア的行動をとっていたのにもかかわらず、なぜ捕まらなかったのか?マフィア的悪事を起こそうとしていたのにもかかわらず、家出少女アイリスにお金を渡してまで家に返そうという良心が働いていたのか…同じ人間が出来るようなことではないと思いながら観ていた。

資料から読み取れたことは、映画はNYを舞台とするものが多数創られている。なぜならば、アメリカ合衆国だけでなく、世界中の若者を引き付けるためだからだ。つまり、映画のストーリーやロケ現場がNYへの夢と憧れを喚起し、NY観光としての発展を促しているということだ。

私もアメリカには憧れている。映画で感じ取るだけでなく、実際に行っていろいろなことを感じ取りたい。

NEW YORK 

June 27 [Wed], 2007, 11:25
NYCの地図

Londonの地図 

June 13 [Wed], 2007, 11:51
Londonの地図
英国は、立憲君主制 の国です。 また、エリザベス二世女王陛下を国家元首とし、議院内閣制に基づくもので、世界最古の議会制民主主義の国でもあります。国家元首には、議会の召集・解散、法律の制定・公布、宣戦、講和、栄典の授与, 文武官の任命など行政府の長としての権利が認められていますが、これは名目上で、内閣の助言に従い行使されるにすぎません。最高の権威は、議会が持ち、この議会が立法権を、司法権は裁判所が、行政権は、政府に委ねられているというのが、英国の基本的な政治制度です。ひとつに正典化された憲法典ではなく、いくつかの制定法、判例および慣習法が憲法を成り立たせています。

議会は上院と下院の二院制で、首相は国王が任命することになっています。 この時期は産業資本家の勢力が伸張した時代です。産業革命をいち早く完成させた英国は「世界の工場」と呼ばれるようになりました。これを支えたのが圧倒的な海軍力でした。植民地を拡大するにつれて優先的な市場と原料供給地を確保する必要が生まれたためです。この時代の資本の蓄積がイギリスを支えているのです。

最後に、このロンドンの街の特徴ですが、都市圏は比較的平坦な土地に広がっており、その中心部をテムズ川が西から東に流れています。そして東部や南部には大きな工業地帯が形成されています。調べたところ、シティ・オブ・ロンドンとシティ・オブ・ウェストミンスターを含む32の特別区により構成されているのがわかりました。英国では伝統的に大聖堂がある町を都市と呼称するそうですが、シティ・オブ・ロンドンにはセント・ポール大聖堂、シティ・オブ・ウェストミンスターにはウェストミンスター寺院があることがわかりました。

Charleston,SC.火災保険地図 

May 30 [Wed], 2007, 20:58
Charleston,SC.火災保険地図
●色を赤紫色にしてみました。
【“Charleston,SC.火災保険地図”を見て気づいたこと】
@中心から南の方にレンガ造りの建物が集中している。
A町並みが正方形のように区画されている。
【先生が教えてくださった事】
当時のCharleston,SCは周辺の農場から集荷されたプランテーション作物の倉庫などが港近くに多数存在し、金融(銀行・保険)関係の施設が多数都心部に存在ていた。

Charleston,SC.火災保険地図 

May 24 [Thu], 2007, 19:18
Charleston,SC.火災保険地図
【“Charleston,SC.火災保険地図”を見て気づいたこと】
@中心から南の方にレンガ造りの建物が集中している。
A町並みが正方形のように区画されている。

Charlestonの地図 

May 16 [Wed], 2007, 11:17
18世紀という時代

18世紀といえば日本近海に外国船が出没し、中には難破する船も現れた時代である。(イタリア人シンドッチと新井白石の『西洋紀聞』 (1709〜1715)。当時太平洋にはスペイン領のメキシコとフィリピンの間には通商路が開設されていました。メキシコ銀貨は南海(中国〜東南アジア)における国際通貨でした。18世紀の50〜80年代と言えば平賀源内や解剖学の杉田玄白、農学の青木昆陽、海防論の『海国兵談』(1790年代に寛政異学の禁に接触)の登場する時期です。

当時わが国は江戸は金本位制でしたが、大阪や博多・長崎はかつての南海交易との関係で、銀本位制(銀行・銀座)下にあったのです。16〜17世紀における日本列島は鉱山開発ブームでしたが、これはこの南海(南蛮)交易との関係で、理解すべき内容を含んでいます。江戸初期における日本の貨幣制度は貴金属類の流出で何度か崩壊の危機に直面しています。

わが国の伝統的地誌(図会類を含む)の編算は17〜19世紀を通じて盛んに行われていました。その問題は別途検討してみることにしましょう。

講義の中では西欧列強による初期資本主義のグローバルな拡大と海外情報のヨーロッパにおける関心の高揚,かかるブームを受けて地誌(旅行記や航海記を含む)形式のユートピア文学の流行,ユートピア願望が新大陸への彼らの移住を促進したことにふれた。

アダム・スミスの『道徳情操論』と新大陸における労働力調達を考えておこう。

ユートピア文学との関係で18世紀の歌劇『フィガロの結婚』(モーツァルト)の荒筋を検索しておこう。支配者と被支配者の立場の逆転をおもしろおかしく描写しています。これは市民革命に繋がる思想の流行を取り入れた結果なのです。ロココ風―これがモーツァルトの時代の西欧社会(裕福な自営業者=ブルジョワジーが担う)の新しいムードだったと文化史の教科書は書いていますが、それを可能にしたのはアジア・アフリカ・ラテンアメリカの経済支配の進展でした。

観察対象を詳細に捉え、それをデータ化する凄まじい情熱。その片鱗は博物学者たちが残した動物や植物の挿絵(細密画)からも十分に感じ取れます。絵画の形式も聖書を題材とした歴史画に代わり、風景画や地図など写実的なもの(科学的なもの)が登場するのです。本来地図は地誌の挿入資料として作成されてきたものでした。

Trivialism (細叙法、一種のレトリック=説得のための表現戦略)。ダニエル・デュフォー『ガリバー旅行記』はその典型をなす経済小説。ロビンソン・クルーソーの冒険というユートピア小説の同様

当時の西欧の都市には植物園・動物園・民族展示館などが盛んにつくられていますが、それは植民地経営と連動したことだったのです。民族展示館は異国の珍しいものを、植物園はプランテーション経営の栽培作物学的サポート機関だったのです。ブーゲンヴィルの一行はあのタヒチ島でサトウキビの新品種を発見したと指摘しましたが、彼らの活躍は植民地経営における技術革新(旧大陸の労働力と旧大陸の生物資源とをユニークな形で結びつける=シュンペーター流に言えば「経済発展とは新結合を遂行すること」を、文字どうり)を実践することと直結していたのです。

参考文献
伊藤光晴ほか『シュンペーター 孤高の経済学者』岩波新書
川勝平太『文明の海洋史観』中公新書 1997. 139-217項
R A スケルトン 『図説 探検地図の歴史』原書房 1992
アダム・スミス『国富論』中公バックス 世界の名著37

Charlestonの空中写真

アメリカ合衆国の地図 

May 01 [Tue], 2007, 16:40
阪田んご

演習課題 

April 25 [Wed], 2007, 10:27
ギリシアに知る人ぞ知る「路上落書き作家」あるいはその集団Zapがいる。
アテネのPsiri地区を中心に彼の描く落書きを小まめに取材するserver pics' のAthens Street Art を紹介する。
童画風で、都会の若者の不安と憂いを含んだ独特のキャラクター、とても心に残るユニークなものだ。


落書きは法律違反、りっぱな違法行為です

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chihiro42195
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像OG
» タクシードライバー (2007年07月04日)
アイコン画像OG
» NEW YORK (2007年06月27日)
アイコン画像OG
» タクシードライバー (2007年06月27日)
アイコン画像OG
» Londonの地図 (2007年06月13日)
アイコン画像OG
» Charleston,SC.火災保険地図 (2007年05月31日)
アイコン画像OG
» Charlestonの地図 (2007年05月30日)
アイコン画像OG
» Charleston,SC.火災保険地図 (2007年05月24日)
Yapme!一覧
読者になる