ちひろぐ。
2014年03月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

●千浩
●Guitar
●1985.08.28

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千浩
  • アイコン画像 誕生日:1985年8月28日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-Chaos
    ・煙草-CABIN ROAST BLEND
    ・煙草弐-JPS
読者になる
思い出は停止している / 2014.03.17(月)
 思い出、この昔の瞬間は、俺のはっきりとした意識の表面にまで到達するだろうか。

 よく似た瞬間の牽引力が、遥か遠くからやって来て、俺の一番奥底の方で促し、感動させ、掻き立てようとしている、この昔の瞬間は。

 分からない。今はもう何も感じられない。

 思い出は停止している。多分、また沈んでいったのだろう。その暗い夜の中からいつかまた思い出が浮かび上がるだろうか。誰が知ろう。

 十度以上も俺はやり直し、思い出の方に身を屈めなければならない。そしてその度毎に、困難と見ればすぐに顔をそむけさせるあの無気力さが、こう囁くのだった。

 そんなものはやめたまえ。珈琲でも飲みながら、苦もなく反芻出来る今日の倦怠、明日の絶望だけを考えたまえ、と。

 思い出は停止している。
 
   
Posted at 14:19/ この記事のURL
コメント(0)
灯りの消えた窓へと / 2014.03.02(日)
 常識や良識を当て嵌めたら、きっと自分はどこからも弾かれてしまうだろう事が解っていて。

 だから、そういったものに縛られない、等と云う甘言を口に含むものの、飲み下す前に現実を見て嘔吐する。

 誰かの手を引いて、何かに追い詰められて、本当は誰かに手を引いて貰いたかった自分がいつの間にか消えてしまっていた。

 明日は翳ろう。昨日は苦しく、今日は叶わない約束。

 着地点の見当たらない身投げだ。
 
   
Posted at 14:28/ この記事のURL
コメント(0)
小さな幸せも束の間の夢 / 2014.02.27(木)
 本当に大切なものを守る為に苦痛に耐え時を待つ。その事が裏目に出てしまう事も多々あるけれど。

 傷付けてしまう事を恐れて自らの首を裂く。知らない誰かに日々心を壊されながら。

 どうしようもないくらい、縛り付けて俺のもとまで落とす事を望みながらも、大切なものを守る為に心を殺す。
 
   
Posted at 18:30/ この記事のURL
コメント(0)
シラブルの歩み / 2014.02.14(金)
 一時の安息が訪れても、また明日になれば再び苦悩が始まるだろう。

 いったん鎮まってしまうともう分からなくなってしまい、明日はまだ先だと自分に云い聞かせる。

 まだ考える時間があるさ、と。

 しかしながらこの時間も、これまで以上に苦しみに堪える力など何一つもたらす事は出来ないのだ。

 何故なら苦悩は自身の意志の力の及ばぬものであり、その苦悩を容易に避けられるもののように見せるのは、まだ次の苦悩と自身とを引き離している間隔だけであったから。
 
   
Posted at 13:56/ この記事のURL
コメント(0)
枯れた彼 / 2014.02.13(木)
 いつか失うものしかない。始まりはいつも唐突で、始まったその時から終わりがよく見える。

 哀しみに色を付けて、安らかな失意に添えて飾ったものは得意気に揺れている。

 彼は独りで蹲っていた。彼女は暖かに汚れていった。君は少しずつ離れてしまう。お前は少なからず人間を想う。

 澱んで凶がれ。
 
   
Posted at 21:22/ この記事のURL
コメント(0)
全てが狂っているのなら / 2014.02.02(日)
 俺は俺なりのやり方で、全てを自分が信じるままに戦うだけだ。

 目の前に壁になる奴が居ても、現実と真実がどんなに過酷であったとしても。

 誰よりも戦い抜いてみせる。俺を取り巻き惑わす何もかもと、誰よりも。
 
   
Posted at 20:51/ この記事のURL
コメント(0)
生まれながらの迷子 / 2014.01.31(金)
 どれだけの苦痛や苦難が降りかかっても、他人はそれを知る術を持ち合わせてはいないし、伝える事に意味もありはしない。

 いつも何処でも独りでいると、いつの間にか明日を思う事もなくなっていた。

 持つ者である人に、持たざる者である自分は相応しくない。

 苦しいだけが人生なんだ。
 
   
Posted at 01:13/ この記事のURL
コメント(0)
私が知らない快楽の場所 / 2014.01.22(水)
 私がいない快楽の場所に大切な人たちがいる。

 私が決して合流出来ない場所に。

 その事に絶望を覚え、その苦悩を教えようとするのは、いつだって儘ならない現実だった。

 幸福を知った時から、その幸福こそをいつか失う事に怯え始める。

 そうして繰り返し失い続け、失った事を増やし続け、また今日が終わり明日を思い哀しみを宿す。
 
   
Posted at 18:36/ この記事のURL
コメント(0)
やっはろー。 / 2014.01.01(水)
 BSで放送していたバック・トゥ・ザ・フューチャー三部作を観ていたらいつの間にか年を越していたでござる……解せぬ……。


 新年らしい事をしようと思って、職場の同僚方にギャル文字とギャル文章とギャルメイク写真付のあけおメールをして、すっかり年始をやり切った気分でいっぱいですっ!
( ・´ー・)
 
   
Posted at 11:50/ この記事のURL
コメント(0)
心唄う笑い声 / 2013.12.30(月)
 言葉だけならば何もかもが簡単で薄っぺらくて汚いものさ。

 お前たちは真面目な顔をして愛を語る裏で舌を出して唾まで吐いている。

 俺たちは自身を誤魔化してまで無理矢理の哀にすがる。

 誰が悪いわけでも、お前も俺でさえ、誰も責める事は出来ない。

 出来損ないの感情と、過ちの衝動だけを胸に抱えて今日も明日へ渡るんだ。
 
   
Posted at 21:49/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ    
GMO MadiaHoldings, Inc.