ちえのSOKAへの思いを書き綴るブログ

2005年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chieppy1129
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
初めてのブログ / 2005年02月09日(水)
今日からブログも始めることにしました。日記は去年の8月から「日記のススメ」で書いてるけど、あちらでは今まで信仰のネタはあまり書かないようにしてました。←私は創価学会員でもある。

でも、時たま「信仰のネタも思い切り書きたい!」と思うことがあるので、このたび三色系のブログを立ち上げました。中にはアンチ学会の人も見るかもしれないけど、私は私なので、堂々としていようと思います。

今日は夜にYちゃん宅で御書の勉強会をしました。集まったのは私とYちゃんとHちゃんの3人だけ。相変わらずうちの支部の女子部は集まりが悪いなぁ。。。

大百蓮華2月号に載っている兄弟抄を学んだんですが、これはすごくわかりやすかったです。「難を乗り越える信心」は私の6年間の信心にも通じているものがあったので、うんうんと納得しながら聞いてました。

−難は、自身の生命を鍛える絶好のチャンス。難を乗り越えた時、偉大な仏の境涯を開くことができる。−

98年に入会してから6年、むしろ辛い思いをすることの方が多かったし、「幸せになるために信心をしてるのに、何で難ばかりが起きるのだろう?」と悲観的になるのはしょっちゅうでした。脱会を考えて、友に「脱会したい」と泣きながら弱音を吐いたことも何度かありました。

そのたびに友に励まされて、立ち上がって。。。この繰り返しでいつの間にか6年が経ちました。今になって振り返れば、脱会しなくてよかったと思ってるし、これからも生涯この信仰は続けていきたいという固い信念はありますね。

勉強会が終わって、会館へ行かなければならなかったHちゃんが先に帰った後、Yちゃんと1時間ほど語り合ったのですが。

「今までずっとちえちゃんを見てきたけど、ちえちゃんは辛いことがあってもいつも題目をあげて乗り越えてたし、最近では悲観的になることが少なくなってきたから、随分変わったのがよくわかる。ちえちゃんが変わっていくのを見れてよかったなと思ってる」と温かい言葉をもらえました。

すごく嬉しかったし、見てくれてる人はちゃんと見てくれてるんだなぁと思いました。
 
   
Posted at 22:07/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  
 
 
Global Media Online INC.