母の入院

July 29 [Fri], 2011, 17:33
私は娘と二人 父母に正月の挨拶に実家に行った時

” 幸せだねえ、今年もまた子供たちと麻雀を楽しめるねえ! ”とご機嫌に お餅を美味しそうに食べていた。

小正月前微熱が何日か続いたのと ヘルパーさんが ”顔色が黄色くなってきていますよ” といわれ

掛りつけの内科の医師に往診をしてもらい 日赤への紹介状を頂き

妹に付き添われて行ったところ 即入院。

入院した途端母は病人になっていた。 ベッドに寝たきり 歩くことも出来ず。

今まで さぞ我慢をしていたのだろう!

肝臓癌・・・・

入院一カ月後位 父は担当の医師から 退院をほのめかされた。

”解りました。

退院できるようにして下さい。

わしは点滴も出来ない。 古い家の中はデコボコで車椅子も使えない。

入院前は自分で歩き 自分で食べていた。

そのようにして下さったら わしが最後まで面倒をみる”

明治男の必死の頼みの言葉。

私はこんな言葉を今言ってくれる相手がいない。

それ以来 退院の話は消えた。

この時の医師の言葉は もう何日もない命と思うから 病院で此の侭すごすより 家族のもとで

静かに 平和な時を持った方が幸せなのでは と言う配慮からだったなのだが・・・・

耳の遠い父にとっては!

歳を重ねるということはなんと辛いこと!

父はあの時 ”退院”という言葉のみを重く受け止めていたのかもしれない。

医師も看護婦の方たちも心から母に尽くして下さった。

感謝でいっぱい。
P R
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chieko-k
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月9日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
最新コメント
アイコン画像vainilla mini
» 麻雀 (2011年05月30日)
アイコン画像小林
» 寿司 (2009年01月18日)
アイコン画像小林
» こんにちわ! (2009年01月06日)