久々に・・・ 

2006年07月25日(火) 8時00分
前回の更新から今日までの出来事を一気にハイライト!

≪ニューヨークの同居人≫
お揃いのコスチュームでエスパーニャ音楽を路上で奏でる陽気な3人のスペイン人。
彼らに必要不可欠なものがありました。
それは「扇風機」

クーラー付きの部屋ではないので寝苦しいのは事実。
窓を全開にしたところで風などない。

その対策として彼らは「扇風機」を選択した。
初日既に2台(小・中)フル稼働していた。
しかし序章に過ぎなかった。

2日後には1台(大)追加で1人1台になり、翌日にはまた1台(大)追加。
そして自分が旅立つ朝にもう1台(大)追加されていた。

路上で稼いだお金は扇風機代へと消えている。
1台40j。


≪グランドキャニオン≫
1歩近づくにつれ体の一部に電気が走る。
そして全貌が明らかになった瞬間、一気に電気は解放されて全身に電気が走った。
今までのこんな経験をしたことはなかった。
まるでカミナリが直撃したかのように・・・
(もちろん体験したことはないけどね)

どんな言葉で説明しても伝えきることができない。
体験してもらったらこの意味が分かってくれると思う。
とにかく"スゴイ"のである。

グランドキャニオンのハイライトはサンセット&サンライズ。
世界のサンセット&サンライズを求めてる旅人が見逃すわけもなく。
とはいっても大自然には勝てませぬ。
あいにくサンセットは曇っていてみれず・・・

逆にサンライズはご覧の写真の通り拝んできました。

ドラゴンボールの"ポイポイカプセル"って覚えてる!?
ポイッと投げるとボワッと・・・
自分も初挑戦!
エーィ。

テントの出来上がり!
出来が悪いポイポイカプセルであったため意外に時間がかかった。
なんせ初めてだったもので・・・

というわけでテントにて就寝。
防寒具持って行ったけどさすがに朝晩は冷えた。
何度目を覚ましたことやら・・・
でもその度に満天の星空をみることができたけどね。


≪ロサンゼルス≫
このたび初の出来事です。
まだまだ経験していないことはたくさんあるみたい。

"ロストバッゲージ"

フラグスタッフ⇒フェニックス⇒ロサンゼルス。
航空会社が違うから"イヤな予感"はしてたんですわ。
だからフェニックスのインフォメーションで確認したのに・・・


これが最初に言うことだったね!

『ただいま〜』

夕方日本に帰国しましたわ。
ついに逃亡生活にピリオドを打っちゃいました!

15ヶ国目、アメリカ 

2006年07月18日(火) 7時59分
【逃亡170日目、ニューヨーク】
既に入国済みです。
めちゃ灼熱地獄なんですけど・・・日本もそうなのかね?!

ではここまでのハイライト!

<7月15日>
ニューヨーク情報が全くなかったけどどうせ日本人がいるっしょ!という安易な考えでニューヨーク入り。
案の定、宿にて日本人発見!!すぐに声をかけてニューヨーク情報収集。
そしてその流れでクルーズすることに!
といってもただのクルーズではなくて"ROCKS OFF CONCERT CRUISES"たるもの。
全く何かわからんかったがマンハッタンの夜景が見える折角の機会だったので便乗することになり・・・

ついた初日に"自由の女神"とご対面しちゃった訳です。
しかもたまたま花火も上がるしさ。
これはニューヨークが旅人を受け入れたってことでしょう。

<7月16日>
マンハッタンを歩いてみる。
ていうかここは歩いてまわれる規模じゃなかった。。。
灼熱地獄な上にジーパン・・・5分歩いてはお店に入り涼む。そんなことの繰り返し。
結局ウインドウショッピングで終了。
一応有名な建物の前までは行ってみたけど「ふ〜ん」って感じだった。
まだ表面部分しかみてないけどさ・・・
のちのちエンパイアからの夜景でもみようかと。

<7月17日>
”ヤンキースvsマリナーズ”
やっぱりニューヨークといえばヤンキースでしょう!
既にチケットは売り切れという事前情報を入手していたけど得意の!?ダフ屋交渉を・・・
しかし、
あっさりチケットゲットしちゃいました。
列に並んでる普通のおっちゃんが「チケットいる?」だってさ。
「いくら?」って聞いたら「定価(10・)」だってさ。
かなりついてます、自分。
後からおっちゃんと話をしたらその人はなんと"小錦のいとこ"だった訳で・・・
そういわれると似ている気がしてきた。

試合は4−2でヤンキース勝利!
かなりいいゲームをみることができちゃった。
有名選手もいっぱいいたし、ジアンビーが3階席までホームラン飛ばすし、満足x2。

というわけで今日はミュージカルを満喫しに行こうかと・・・
そして明日にはもうグランドキャニオンに向かっちゃいます!

ではまた!

残金5j 

2006年07月14日(金) 7時58分
【逃亡166日目、トロント】
トロント最終日は5j生活。
でもクレジットカードはOK!
ただ現金をおろしたくなかっただけ。
とりあえずニューヨーク情報をニュシュするためネットへ・・・残金2・。
夜になれな宿のデポジット(10・)が返金されるためそれまでの辛抱・・・やく10時間。
炎天下の中、町を歩き、ベンチに横たわり、ビルの中で涼み。。。

しばらくして行き着いたところは”ROGERS CENTRE”
すると聞き覚えのあるフレーズが・・・
「チケット、チケット・・・」「イチロー」
なんとシアトルマリナーズが今日からトロントで試合だったらしく。
ていうか大リーグってアメリカだけじゃなかったんだね。

このチャンスを逃すべくチケット購入・・・はい2・しかありませんよ!
折角お金を使わずに数時間過ごしてきたのにこんな形でおろすことになるとは・・・
(実際はカードが使えずユーロを換金)

17日からニューヨークで”ヤンキースvsマリナーズ”もあるらしい。
もちろん乗り込みますよ。ただ既にチケットが売切れらしいけどね。

カジノバス 

2006年07月13日(木) 7時56分
【逃亡165日目、ナイアガラ】
って知ってます?
名前の通りカジノへ行くバスなんだけどね。

ナイアガラは滝以外でもカジノで有名らしい。
そのカジノバスを利用すると格安でナイアガラまで行けちゃう。
もちろん条件はあります。

"カジノをすること"

そうするとトロントとの当日往復がわずか5j。
そしてもれなく一攫千金の大チャンス付き(笑)

こんなチャンスを逃すはずはない!
『カジノバスチケット、プリーズ』

乗り込んだバスは普通のナイアガラ行きです。
それでも学生扱いで30.10jと安いんだけど…。

ちなみにツアーだと50j〜。
滝以外にもいろいろまわるみたいだけどね。
元々滝以外に行くつもりなかったし、ツアーに参加するとより一層孤独を感じるから眼中になし!

話をカジノバスへ戻すと、
「カバンはそこのロッカーへ置いていけ」って言われてさ。
カバンには昼用のパン、命の水があり失うことができず、そしてカジノでお金を失い旅が終了することを恐れて断念したわけです。

そしてついにご対面!
さすがにスケールが違うね、
今までみたことがあった滝は蛇口からの水みたいな感じだけだったしさ。
カナダ側のビューポイントを一通り歩くとさすがに見慣れてくるわけで…

刺激を求めて"霧の乙女号"乗車。
これは滝のすぐ近くまで船で向かうというやつ。

きゃなりの刺激ックス!
地上から見た感じと全くちがく…
水音や水しぶきがハンバない。
チョー気持ちイイー。

地上、水上とくれば次は"上空"。
というわけで"スカイロンタワー"へ。

当初予定していたアメリカ入国は暑さによる体力消耗を理由に断念。
そしてライトアップも…

14ヶ国目、カナダ。 

2006年07月12日(水) 7時55分
【逃亡164日目、トロント】
カナダ着きましたぁ〜
日本との時差がどんどんひらいてます。
たぶん13時間くらいなはず。

今朝こちらは雨でした。
1日部屋に居ることが不可能なので土砂降りの中、カッパ装着してバスターミナルへ。
ナイアガラの滝への情報収集です。

それにしてもいつぶりにカッパを着たんだろう?
小学生低学年の頃なのかなぁ〜
最近カッパ着てますか?

ていうかなぜカッパを持ってるかって?
出発前日に100円均一で購入したからです。
何度も捨てようかと悩んだけどバックパックの底に保持してた。
でも折りたたみ傘の方がよかった…

明日天気がよければナイアガラの滝へ行ってきます!

GO TO CANADA 

2006年07月11日(火) 7時54分
【逃亡163日目、フランクフルト】
See you again.

ワールドカップ 

2006年07月07日(金) 7時54分
【逃亡159日目、フランクフルト】
■日本代表
1分2敗、予選リーグ最下位。
これが黄金世代で挑んだ結果である。
勝ち点6での予選突破を望んでいただけに初戦の敗退は痛すぎた。

とはいえ日韓大会ではポルトガルも黄金世代(ワールドユース優勝経験)で優勝候補の一角であったが無念の予選敗退であった。
そして今大会ではオランダ、イングランドを破りベスト4。

4年後の南ア大会でポルトガルの再現をオシムジャパンに期待したい。

個人的にはヒデのトップ下での輝きをみたかったけど…
ヒデの主戦場はトップ下。
ボランチでのプレーが増えたことで以前のようなキラーパスが影を潜めてしまった気がした。


■各国サポ
ワールドカップの盛り上がりには各国サポの存在は欠かせない。
いろんなコスチュームやペイント…4年に1度の"お祭り"はサポによって支えられていることを実感した。

しかしフィナーレが近づくにつれて盛り上がりに限りがみえきてきたのもまた事実である。
敗退国サポがドイツを去っていく。
実際イングランド、ブラジルサポをみかけることが少なくなった。
もしドイツが早期敗退していたらどうなっていたのだろう?


■今大会
強豪国は順当に予選突破。
日韓大会ではアルゼンチン、フランス、ポルトガルが予選敗退だった。

唯一チェコが予選敗退。
しかしバロシュ、コラーの2トップを怪我で失ってしまっては当然の結果であったと言えるだろう。

スター候補生がたくさんいたが目立った活躍、ブレークした選手はいなかった。
メッシ(ARG)、ロビーニョ(BRA)も実力通りのプレーはしていたが出場機会に恵まれずブレークとはいかなかった。

果たして優勝の行方は?

フランスvsポルトガル 

2006年07月05日(水) 7時53分
【逃亡158日目、ミュンヘン】
ここで問題です!
この試合の相場はいくらだったでしょう?


正解は…
スタジアム最寄駅に着いて驚愕!
買い手より売り手が多かった。
ここにきて逆転現象発生してました。

チケットは持っていたけど現状把握のために交渉してみると…
試合開始2時間前で既に『定価』(←これが答えです)
ダフ屋は吹っかけていたと思うけどダフ屋より一般人が多かった。

もし"イングランドvsブラジル"だったら…
1000ユーロ近くのプレミアチケットになっただろうにね。

このカードは玄人好みだったのかもね。
"ジダンvsフィーゴ"
いや素人でも知ってる名前だね!

ジダンの準々決勝でのプレー、フィーゴの今大会のプレーをみたら自然と期待するのは当然!

しかーし目立っていたのは「C.ロナウド」、この人だった。
キレキレの高速ドリブルは圧巻!
けれど彼がボールを持つと大ブーイングだったけどね。

さて優勝するのはイタリア?それともフランス?
ジダンのゴールでフランス勝利に清き一票!

捕まっちゃった・・・ 

2006年07月04日(火) 7時52分
【逃亡157日目、ドルトムント】
ドイツvsイタリア戦"での出来事!

久々にスタジアムに足を運び「I need ticket」。
さすがにドイツ戦だったから相場は高かった…
といってもカテ1は定価(400ユーロ)であったけど高くて手が出なかった。

するとゴール裏1列目を200ユーロで譲ってくれるというデンマーク人現る!
人込みからはずれチケットを確認していたその時である。

≪私服警官現る≫

彼は警察に連行されちゃいました。
最初で最後のチャンスが…。
最近警察を惹きつける能力が開花したのかなぁ〜

結局試合はドルトムントYHに忍び込み普通のTVで観戦。
ちゃっかりシャワーまで拝借。
そして夜行でミュンヘンへ…

引退・・・ 

2006年07月03日(月) 7時52分
【逃亡156日目、ミュンヘン】
"ヒデ"らしいね。
あの涙…納得です。
おつかれ〜
ヒデなら何をやっても成功することでしょう!
ヒデの最後の試合を見ることができるとは幸せだね。

そしてこの大会で引退するもうひとりの選手。
フランス代表10番ジダン!
残り最低2試合あるけど…

準決勝のポルトガル戦、旅人スタジアムで観戦決定!
日本人から定価で譲ってもらいましたぁ〜

うらやましいべ〜
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chida1979
読者になる
Yapme!一覧
読者になる