スター井澤 

October 15 [Sun], 2006, 19:39
色もプリンちゃんみたいになってきちゃったし、パーマもヘロヘロ。
本日は、カット→カラー→パーマ→トリートメントの約4時間フルコースなり。

11:00の予約、、、なのに、午前の予定はお約束のように遅れるわたくし。
(エッ午前の時だけじゃナイって?)
どうやら15分ぐらい遅れそうだ・・・
ヤバイ・・・・・
そういや、前回、遅刻に関するこんな話をしたところだった。。。

「予定してた時間から遅れられるとさー、こっちのバイオリズムが狂うんだよねー。
 朝ね、1日の予定を見て、自分の中で大体の流れを作るんだけどサー、
 そのリズムが狂うとクリエイティブなモノが作れなくなっちゃうって言うかサー、、、
 いや、まぁプロだからね、そこら辺はちゃんとするけどサー」

何と、前回もほんの5分ぐらい遅刻したわたくし。
もうあとはエレベーターに乗るだけっす!という状況において携帯が鳴った。

「もしもし?井澤ですけど。」

エエエエエエエッッッーーーーーーーー!
「えっ?いっ、井澤さんっ?!
 い、いや、もうあと1分ぐらいっす!すぐ着きます!スイマセン!!」
必要以上に焦ってしまった。
遅れたとは言え、一応私は客・・・

そんなこんなで(?)見事、今回も遅刻してしまった。
ずーっと前、連絡もせずに30分遅刻した時は受付で予約自体なかったことにされそうになった。
そこに井澤氏現れ、「ツルじゃん。仕方ないなぁ、さっさとシャンプーして。」
・・・・・一応私は客。。。。。

そんな過去のトラウマから、15分の遅刻は八つ裂きレベルに達していると思われた。

恐る恐る、受付へ・・・
「ツル○様ですね」
おぉ、受付はパスしたぞ。
後は井澤氏のご機嫌次第だ。(何がや)

「おかけになってお待ち下さい」
おっ?何だ押してるのか?遅れてちょうどぐらいだったのか?
ヨカッタじゃないか。文句言われる筋合いはないぞ?
つーか早くしろよ。このままだと30分押しぐらいになるぞ?
いくらなんでもそれは待たせすぎだろ?

・・・色々考えながらソファで待っていると、、、井澤氏登場
まさに、私の直線上をまっすぐこちらに向かって歩いてくる。
途中でちょっと目があった。
こっちも遅刻してるから、「エヘ」っていう感じで微笑みかけてみた。
す、す、す、するとーーーーーーーっ!!


      ムシ。


  アリエル?
      ムシダヨ?
           ワタシ、オキャクサンダヨ?
        シカモ、10ネンチカクカヨッテル、ジョウトクイサマダヨ?
   オクレタカラ、オコッテルノ?
           デモ、ムシハナクネ?

死ぬ直前に見るという、走馬灯のように瞬間的に色んな思いが駆け巡った。
そのままトイレに向かった井澤氏。

  ワタシ、モウクビナノ?

ビクビクしながら待つ。
数秒が数時間に感じられる・・・
アッ出てきた。受付の子と話してる・・・
クルっと振り返り、、、

「なぁんだ、ツルじゃーん!
 気づかなかったよー シャンプーしよっか。」

エ・・・・・
イイですけど・・・・
ま、いっか。

そしてシャンプー終わり、カットが始まった。
井澤氏「さっきさー、受付の子の連絡ミスでツルが来てるの全然知らなかったんだよー」
わし「ちょっと遅刻したから、ごっそいキレてるんやと思いましたわー」
井澤氏「いやー確かに遅れてたからさー、
     『ツルいつ来んだよー』って思いながら前のお客さんのロッド巻いてたんだよ。
     キリのいいとこまでやったから終わらせて、受付の方に行ったら
     『あ、お客さん来てるな』って思ったんだけどさー・・・」

ふむふむ。そういう事か。それでそれで?

井澤氏「誰か来てるのは分かってたんだけど、ツルじゃないってのは分かってたからさー
     他のお客さんなワケじゃん?
     オレ、他のお客さんには挨拶とかあんましないようにしてるのね」
わし「えー?なんでー?感じ悪いジャン」
井澤氏「ホラ、オレってビュートリアムのカオじゃん?
     でも、今ってもう新しいお客さん取ってないわけね。
     そんなスター井澤がさぁ、他のお客さんににこやかに挨拶とかしちゃうと、
     『エッ?ヤダァー!井澤さぁん?!アタシ切ってもらえるのぉ?!』って展開になっちゃうワケよ」

・・・つまり、新規の客を取ってないのに「だぁってあの時井澤さん笑いかけてくれたモン!」と期待させたくないそうだ。

それにしてもやっぱり仕上がりはサイコウ!
いつもいつもかわゆくしてくれる井澤さん、大好き

A&B 

August 17 [Thu], 2006, 19:58
あこがれるよね、こういう生き方。


UNHCR Goodwill Ambassador Angelina Jolie and Brad Pitt help to unload food supplies for earthquake victims in Jabel Sharoon, Pakistan-administered Kashmir.

うず@モロ出し画像 

April 03 [Mon], 2006, 12:03

そんな目でみニャイで・・・



はずかしいニャ・・・・・







喧嘩上等 

February 08 [Wed], 2006, 17:20


いきが・・・で、きない・・ニャ・・・

BEAUTRIUM 

December 11 [Sat], 2004, 20:03
今日は、キャンセル待ちが空いたので、やっとこさ美容院でボーボーの髪を切ることが出来た。
私は5,6年前にOL時代の同僚にBEAUTRIUMを紹介されて以来、ず〜っと美容院はBEAUTRIUMである。
今更、違うところに変えてみる勇気も無いし、何と言っても井澤氏に怒られるのが怖い…

OL時代の研修期間中に数ヶ月、川崎に住んでいた。
ちょうどその頃、世間はカリスマ美容師ブーム。
ミーハーな私達は当時有名だった「AQUA」にもれなく行って切ってもらった。
そして神戸に帰省し、当時は芦屋にあったBEAUTRIUMを同僚に紹介してもらったのだ。
そこでカリスマ店長、井澤氏に怒られる事山の如し。
「え〜?何?AQUAに行ったぁ?!ハッ、君達何も分かってないよ!」
「ナニこれ?こんなメチャクチャな切り方されたら、どうにも出来ないよ!もっと伸びてから来て!!」
随分ご立腹な様子。そして志半ばでカットを中断されるという顛末。

オイオイ、なんてぇ恐ろしい人だい…

その自身に満ち溢れた会話に興味を持ち、通う事5年超…
彼は現在、神戸店の店長なのだが、
「オレはさぁ、ある意味神戸の歴史を変えたと思うよ」
へー。そうなんスか。

予約が取れずに一度だけ別の美容院に行った事があるのだが、
「え〜?別のところに行ったぁ?浮気すんなよ」
本命とお伝えしたことでもありましたっけ?

でその美容院の店長が井澤氏の事を知っていた事実を話すと、
「あ、そう…。やっぱり?
 みんな知っちゃってるんだよねー」
はぁ。

私が彼のカットする姿を見ていると(雑誌なんて読もうもんなら殺されそうだから)
「オレの事、“天才”だと思ってるでしょ」
アンタは天才!

彼に関するネタは尽きる事が無い。

で、神戸店はさらに拡張されて上のフロアに個室やらスキャルプが出来るようなスペースが出来るらしい(詳しい事は知らないけど…)。

これを読んで心を奪われてしまったあなた!
残念ながら今はご新規のお客様は取られていないそうです。
わたくしの紹介があれば別なのですがね・・・・・
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる