御幸の浜海上花火大会

August 18 [Sat], 2007, 10:12
穴場の花火大会だった。会場である御幸の浜海水浴場は、小田原駅からお城のお堀沿いに徒歩15分ほどのところにある。打ち上げは、沖合の4隻の台船から。全面の空と海をバックに、首を傾けて空を見上げるほど大きく広がる花火を楽しめる。さらに水面に映る光が、美しさを添える。海に平行して火種を飛ばし、波の上で火柱が上がる水中花火も、海上花火ならではの趣向。緩急をつけた演出も、なかなか爽快で、時折大きな歓声があがった。会場は、南北に長い海岸線一帯で、1時間前でも余裕で座れた。また、パイプ椅子を用意した有料指定席もあった。付近には当然ながら露店も並び、飲み食いにこと欠かない。ちなみに、生ビール500mlの相場は500円だった。
■御幸の浜海上花火大会
日時/2007年8月15日 19:30〜20:15
打ち上げ数/約4000発URL/
http://www.0465.net/news/topics/index.html
(2006年度の花火の写真、ムービーを鑑賞可能〈2007年8月18日現在〉)

あれから10年

August 13 [Mon], 2007, 0:36
以前日記のなかで、参加を思案していた中学校の同窓会に、結局参加した。集まるのは成人式以来。約10年振りの再会である。しかし皆、面影はそのままで、懐かしさを感じるより早く、昔と変わらぬ友だちどうしに戻っていた。心地よかった。打算がない関係とは、こういうことをいうのか、自分にも、そういう関係でいてくれる人がいるのか、と気づけて嬉しかった。途中で、成人式の時に埋められたタイムカプセルが開かれた。出てきたのは、「10年後の自分へのメッセージ」。もう内容だけでなく、書いたことすら忘れていた。あのころの自分は、こんなことを聞いてきた。「元気ですか/働いていますか/結婚してますか/もし、そうならば子供がいますか/21〜31歳の10年間は短かったですか」。未来はわからなかったけれど、これからの人生に大きな期待を持っている――そんな気持ちで書いたことを思い出した。なんて真っ直ぐなんだろう。今、仕事で20歳くらいの若者の話をよく聞くが、そのときに感じるキラキラしたものを、当時の自分にも感じた。そうだ、自分は迷いながらも、ここから歩いてきたのだ。すごく励まされた。今
、質問にはこう答えたいと思う。君の想像を超えるくらい、未来は素晴らしいものだよ。いいことも、悪いこともある。でも、やっぱり素晴らしい10年だったよ、と。
P R
最新コメント
アイコン画像ちびりょういち
» 今年もありがとう (2011年04月22日)
アイコン画像
» 今年もありがとう (2011年04月18日)
アイコン画像ちびりょういち
» 風邪でしょうか? (2011年04月04日)
アイコン画像
» 風邪でしょうか? (2011年04月04日)
アイコン画像ちびりょういち
» イルミが案外スゴイ! (2011年02月27日)
アイコン画像
» イルミが案外スゴイ! (2011年02月26日)
アイコン画像ちびりょういち
» なんか春休みっぽい感じ (2011年02月10日)
アイコン画像
» なんか春休みっぽい感じ (2011年02月10日)
アイコン画像ちびりょういち
» 朝からドーナッツ (2011年01月31日)
アイコン画像
» 朝からドーナッツ (2011年01月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちびりょういち
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1975年4月27日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
ライターです。編集タイアップ企画などの取材・ライティングがメイン。まれに、企業の入社案内や学校の入学案内などもやってます。最近、「もっとまじめに将来を考えないと!」とアセッております(ホントです)。よろしくです。