転院のすすめ 

2006年03月05日(日) 13時26分
来週、ダンナがセカンドオピニオンを聞きに行く病院に、
先に行っていろいろと相談してきました。

結果は『うちではないほうがいいです』・・・え?
理由は、私の年齢と、人工授精or体外受精か、ということについて。
私が住んでいるところでは、体外受精の出来る病院が限られているため、
少しでも転院もを視野に入れているなら、
初めからそこに通ったほうが絶対にいい!
たぶん早々に体外の話になるとは思うが、
今ならまだピチピチなタマゴが採取できるから!!ということ。
・・・そうですね。納得。
女医さんだったのですが、ものすごく丁寧にご説明いただき、
納得してステップアップしていきたいんです!という私に、
大丈夫よ、頑張りなさい!と言ってくださいました。
うれしかったな〜。
今後お目にかかる機会があるかは分かりませんが、
強い味方を得た気分です。

ダンナに結果を報告したところ、
「頑張って通おう!」と言ってくれました。
本人は落ち込んでいるんだろうけれど、
私の前では落ち込んだフリは絶対しない。
意外に男らしいやつじゃのう〜

ちょっと辞めにくいバイト先ではありますが、
きっちり辞めて、専念したいと思います。
あと数年しかチャンスはないもんね!

フライングしたいな〜 

2006年03月03日(金) 12時21分
今日はダンナが出張で、帰りがかなり遅くなります。
朝から考えている、チェックワンファストの購入。
変な期待から抜け出したい〜!
いやもといっ!
妊娠ラインでてくれぇ〜!!
祈るような高温期10日目。
今日はお腹の痛みはありません。複雑・・・

高温期8日目 

2006年03月01日(水) 16時05分
一人ひそかに希望を持っている最後のタイミング。
今日で高温期8日目です。
おとといから痛かった下腹の痛みは、
便秘が解消されたらなくなっちゃった〜!
頭痛もなくなり、微熱もなくなり・・・
やっぱり今期もだめかのう。

おお! 

2006年02月27日(月) 10時47分
毎朝、こんな調子で目を覚ましている今日この頃。
理由は、熱があるから
まだまだ着床時期には早いのに、
37.02など微妙〜な熱なので、
心の端っこで期待しちゃっています。

でも表向きは、転院のための情報収集や、
人工授精へのスケジュール組み立てに入っています。
冷静に!冷静に!
でも、漢方薬効いててくれたらいいなぁぁ。

セカンドオピニオン 

2006年02月21日(火) 10時56分
ダンナが、セカンドオピニオンを聞きたいといいだしました。

確かに、自分が原因と言われたら、これしか本当に方法がないのか、
他の医師にも相談するでしょう。
今通っているのは個人病院なので、
不妊治療で割りと有名な大病院に行ってみることにしました。
時期としては、今期妊娠しなかったら。

お世話になっている先生には申し訳ない気もしますが、
ダンナの前向きな気持ちを尊重しようと思います。

先生ちょっと〜! 

2006年02月20日(月) 13時25分
今日は病院の日でした。
タマゴの確認と頚官粘液の検査をしました。
大きさは22mm、粘液に問題なし、というとこでした。

私は、排卵痛があるので、どちらから排卵されたかがだいたい分かります。
今回右かな??と思っていたらビンゴ。しかも今日
ま、予定通りですけどね〜

先生とその話をしていたら、突然「次は人工授精にしますか!」と言われ、
ちょっとびっくり
実は、まだ先生からの具体的な説明は一回もなくて、
私のにわか勉強から、2人で心構えをしていたので、
動揺はしなかったけど「そんないきなりな!」という感じでした
私が打たれ弱い女の子だったら大変ですよ〜。

一応にわか勉強していること、2人の心構えはできていること、
ただし、ダンナの薬の経過をもう一度見てからにしたい、とお伝えしました。
先生は了解してくれ、またそのときにもう一周置くのか、
すぐステップアップするのか、考えることになりました。

ちょっぴり上っ面な気もしますが、どうする?どうしたい?と
ちゃんと聞いてくれる先生なので、
このまま信じていこうと思います。

今日は早く帰ってこないかな〜。

スケジュール 

2006年02月14日(火) 10時28分
昨日、生理4日目で病院に。
基礎体温表とダンナの投薬について話をしてきました。

私のほうは、予定より少し早くリセットしましたが、
今のところ問題はなし。
ダンナは漢方薬をそのまま飲み続けることになりました。
私は排卵が少し早く、周期10〜12日目ぐらいなので、
この間に超音波検査と頚管粘液検査をしてきます。
タイミング療法になると思うのですが、
ちょっとじれったいです〜

気持ちの整理はだいぶできました。
もう泣いてませんやれることをやるしかありませんから!

守る 

2006年02月08日(水) 11時25分
ダンナに検査結果を話したときの顔は、
たぶん一生忘れることはないと思います。
ただ黙って、聞きながらじっと耐えていた顔。
「できる限りのことはやりたい」と言って、
医師から渡された薬を出したとき、
薬を飲むのが大嫌いなのに
「どんなものでも毎日飲む」と言ってくれた決意の顔。
プライドの高い男の人にとって、
ある意味、負けを意味することになるのかもしれない。
それでも、しのごの言わず、頑張ろう!と言ってくれました。

私は、そんなダンナを守っていこうと思いました。

このことは、私たちを本当の夫婦にしたかもしれません。
親兄弟はもとより、友達にも話せない戦いに、
2人だけで挑むのですから。

はじめまして 

2006年02月07日(火) 12時22分
みなさま、はじめまして。
本日、34歳の誕生日を迎えたまみゾウです

結婚して1年ちょっと。
すぐにでも赤ちゃんを!と頑張っていましたが、
つい先日、ダンナに原因があり、
自然妊娠の確率が0%なことが分かりました。
これが果たして改善されるのか。
もしダメでも妊娠を望むなら、向かう先は人工授精や体外受精です。

私は、ダンナに一匹でもセイセイくん(精子)がいるなら、
出来る限りの治療をしていきたいと思っています。
私のこの考えに、ダンナも頑張ると言ってくれました。
このブログは、誰にも言えないその決意を形にしたいので、
始めてみようと思います。

まず初日ということで、現状を。
ダンナ35歳・まみゾウ34歳
結婚1年ちょっとです。
昨年、まみゾウは血液検査・卵管造影などやりましたが、
全く異常なしです。
この度、ダンナの精子検査で、精子無力症と診断され、
その日から、ダンナは「補中益気湯」という
漢方薬を飲み始めました。
これで、セイセイくんの運動率を上げていくそうです。
まみゾウは来週初めごろに生理予定なので、
合わせて通院予定になっています。

このブログが、どなたかの決意の一端になれたら幸いです


2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chibi_zou
読者になる
Yapme!一覧
読者になる