きづかいちびちび 

2004年06月20日(日) 7時56分
ちびちびとはいえ、今年から小学校一年生。けれどやっぱり6歳で一人息子なのでワガママ(家族にだけ)いっぱいのちびちび。
けれど、たまに繊細な心も覗かせて 大人たちをほっとさせたりはらはらさせたりすることもある。

日曜 朝 7時前。
日曜の朝は比較的のんびりである。
8時ぐらいまでベッドでゴロゴロしてそれから朝ごはんを作り始める。
が、今日はばぁばが日曜出勤ということがあって 前日に
「別に一緒にご飯食べなくてもいいから職場に送ってって」
と頼まれてあったので、出発時刻7時半には起きなくてはいけないなぁと意識してベッドでゴロゴロ。

すると、6時半ぐらいにおきたちびちび、トイレに向かい ばぁばに挨拶をする。

 ち:ばぁば おはようー。
 ば:おはよう。りょうちゃん 早いねー。

挨拶しながらばぁばが朝食の支度をしている姿を見て
 「ちょっと2階(ちびちび家族のお部屋)に行ってくるね」
と、一言言い残しいそいそオカーチャンのベッドにやってきて 耳元で
 「おかーちゃん、ばぁばが朝ごはんの支度してる。」

普段おかーちゃんはばぁばに怒られっぱなしなので、また叱られるのではないかと一言言いにきてくれたらしい。思わず ぶはッ とふきだし、
 「朝ごはんのことはばぁばとお話してあるから大丈夫だよー。」
とちびに伝えると、ほっとした顔でテレビを見始めた。

ちびちび… おかーちゃんがまた怒られるのかと思ったのだね。
ていうか、おかーちゃんがしっかりしてないと子供がしっかり育ってしまうというのはこういうことを言うのか。
ちびにしっかりしてもらいたい気持ちはやまやまだけど、おかーちゃん もうちょっとちびに気遣いさせないように頑張るよ。

……一応。

ちびすけをとりまく今 

2004年06月20日(日) 7時50分
今現在、自分の実家(父・母)にイソウロウとして、私(オカーチャン)旦那(オトーチャン)そしてちびすけが転がり込んだ。
最初の頃は
「自分の実家だからなんとかなるかー」
と、思っていたのは甘かった。自分の実家だからこそ、自分が板ばさみにもなるし 相手も好き勝手なこと言ってくる。参った参った。

でも最近は仲良く突き進んでいるちびすけ家族なのです。
こんな大人たちに囲まれたちびすけ(一人息子)はどうなるやら、ちょっとオカーチャンどきどきなんです。
2004年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chibi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる