雇用保険法の失業等給付、特定受給資格者の所定給付日数

January 16 [Tue], 2018, 4:00


おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。
今回は、雇用保険法の失業等給付、特定受給資格者の所定給付日数についてご紹介します。

「特定受給資格者」とは、「倒産・解雇等離職者である受給資格者(就職困難者に該当する受給資格者を除く)」をいいます。

また、受給資格に係る離職の日が平成21年3月31日から平成34年3月31日までの間である特定理由離職者I(就職困難者を除く)についても、特定受給資格者とみなして所定給付日数(及び受給期間)の規定が適用されます。

特定受給資格者の所定給付日数は、基準日における年齢及び算定基礎期間により、90〜330日の範囲で定められています。




算定基礎期間:1年未満・・・年齢問わず90日

算定基礎期間:20年以上
年齢:45歳以上60歳未満
・・・330日





ご不明点等ございましたら、当会までお問い合わせください。




ブログ村ランキングに参加中です。
↓クリックにご協力をお願い致します。にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村