苦痛

October 15 [Tue], 2013, 13:48
こんにちは^^

今日も張りきってレンタル彼氏の仕事をこなしたいと思います。

最近はレンタル彼氏としての経験値もあがってきて、レンタル彼氏とはどうあるべきかみたいなことが少しずつ分かってきました。

とくに、レンタル彼氏の大仕事である「両親とのごあいさつ」のやり過ごしかたが身についたのが、なによりもの成長だと思います。

レンタル彼氏とはいえ、その瞬間だけはお客様の婚約者ですから、ありとあらゆるアドリブに対応しなければなりません。

でも、逆に言えば聞かれることはたいてい同じなので、最近はレンタル彼氏としてどういう仕事をしてほしいか分かった時から、細かい設定をお客様と打ち合わせして決めるようになってきました。

しかし何度場数を踏んでも、あの親御さんをだましていることの罪悪感には慣れませんね。レンタル彼氏としてお金を頂いてるのはお客様なので、奉仕するべきはお客様なのは当然のことなのですが、だからといってこのレンタル彼氏特有の罪悪感がなくなるわけではありません。

自分はこのレンタル彼氏の仕事をとても気に入っていますが、強いて言うならこの両親への罪悪感が、レンタル彼氏の仕事の唯一の苦痛と言えるかもしれません。

もちろんレンタル彼氏のことを好きなのには変わりませんし、これからもレンタル彼氏としてまい進していきたいと思ってます。

ですので、弱音ばっか吐いてないでそろそろこれも仕事だと割り切ってこなせるようになりたいと思います。

でもまあ、最近仕事として貫くべきか、人間としての在り方を貫くか、非常に迷うことも多いのですけどね。

でもこれはレンタル彼氏に限らず、ありとあらゆる職業の方が迷われることだと思うので、甘えてられませんね!

頑張ります!では!

※レンタル彼氏やってます!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千葉
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chibaaa131015/index1_0.rdf