「脳科学」が解決する「どもり克服法」!!

October 13 [Thu], 2011, 20:41

おはようございます今日は、「脳科学」が解決する「どもり克服法」!!です。

どもり興味があればみて下さいね^^




こんな疑問が多いのではないでしょうか?
どもりで約3年間悩んでます。普段は普通なのにバイトになるといらっしゃいませと...です。

どもりで約3年間悩んでます。普段は普通なのにバイトになるといらっしゃいませとか、ありがとうございますとおねがいしますのなかなか最初の文字がでなくて無理に話そうとすると動きもおかしくなってしまいます。考

- 回答 -
どもりは子供の頃からですか? 三年前からで症状を見る限りではまだ初期の段階ですので治ります。アイウエオなどの発音は確かに言いづらいですね。どもりは吃音症という言語障害で、通常しゃべる時は声帯が開き振動して音を発するのですが、自分の意思とは関係無く声帯が閉じてしまうのがどもり、吃音症なのです。声帯、喉を閉じて試しにしゃべってみて下さい。しゃべれませんよね?この状態から無理矢理しゃべろうとするから余計にチカラが入り声帯がさらに硬くなってしまいます。これと逆の事をすれば良いのです。息を深く吸い込みチカラを入れず小さい声で最初の一言を伸ばしながら発音する練習をして下さい。a〜〜〜A。i〜〜〜I。u〜〜〜U。伝えづらいですがこんな感じです。どもれる相手の前では練習に最適なのでどもってしまいましょう。言葉を入れ替えたり、同義語を使ってごまかすとトラウマが増す事になるのでうまく使い分け練習しましょう。因みに医者は吃音の理屈が分かってないので精神的なこととして扱います。頑張って下さい。まだ初期段階です!
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)

どもりはいかがでしたでしょうか?
さあ次回も頑張って記事を更新してみます^^