そういえば・・・ 

2006年03月15日(水) 6時26分
 こんにちわ。本日は15日・・・・。よく考えてみると、昨日はホワイトデーだった。すっかり忘れていた。一応もらったといえば、もらったのだけれど、義理だしなぁ。相手の住所もわからないならば、お返しをあげることが難しい。

 ので、一日遅れで、オフメでも送っておこうかなと思っております。


 このような色気も何も無いすっかり忘れていたのですけれど、その辺の気遣いがわからないのですよ。。⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ


  もっと、いろんな人と付き合ってみたいなぁ。が、自分がどうしても納得できない。"o(-_-;*) ウゥム… その辺のやり取りが大変だなぁ。


 今は、そんなことより、自分のすべき事をしっかりやって、いかなければなりません。そうしているうちに、自分は成長して、誰かから好かれることがあるのかと思います。

 それを待つのは辛いけど、仕方ないなぁ。頑張ろうっと・・・・。

こんにちわ 

2006年03月12日(日) 4時57分
 昼間の生活にすると時間がたくさんできてもったいないような気がする。そうすると、なにをすることもなくふらふらしたくなるが、お金が減るので、なかなかできない。というか故意にしていないといったほうがただしいか。

 これまでは、昼夜逆転の生活。何をするにしても 「明日」というほかありませんでした。しかし、いざ昼間でおきていても、動けるくらいの体力が残っていません。昼間はすでに限界に達してるのです。

 そのような生活を繰り貸しているうちに生活はだたくし、部屋の掃除などもおこたるようになりました。その当時、何をしていても、体がだるくかんじるくらいに動く気がありませんでした。

 しかし、生活を昼型になおしてからはどうでしょうか。日中のまぶしい日差しが顔に当たると何かをしたくなります。部屋が汚いと、掃除したくなりました。部屋中ぴかぴかにしました。

 台所も、トイレも、お風呂も部屋も・・・・。掃除を一気にしてしまいました。

 今日は、日中することがなく、テレビも飽きてきて、チャットも気分が乗らなくなったので、髪の毛を切りにいくことにしました。

 思い立ったらすぐに行動です。すぐに電話で予約をとって髪をきってきました。現在は、気分も髪の毛もすっきりしています。

 明日は何をしようかなぁ。

 改めて、昼の生活の幸せを実感しました。

こんにちわ 

2006年03月05日(日) 18時58分
 久々の更新です。

 春休みというものは暇でどうしようもない。人に頼って何かをしようとするとなにもできない。

 春休み中は何をしようかまったく考えてなかった。それが問題だった。友達は隣県のために、すぐに地元に帰ってしまいました。僕は、片道800キロの道のりを新幹線で帰らなければなりません。長い距離ならば、新幹線など使わず、飛行機で帰ればいいのですけど・・・・・。飛行機ののりからがいまいちわからない・・・・。生まれてこのかた乗ったことがないのです。ようやく電車に乗りなれて、新幹線、特急の乗り方をここ数年でしったばかりです。なので、飛行機での移動というものは考えていません。

 どちらにしても、片道2万円はかかります。往復割引をつかったとしても3万5千円はかかってしまいます。地元に帰りたい、気持ちはやまやまですけれど、あまり、お金をかけたくないということと、地元に帰っても、友達が仕事でなかなか会ったり出来ないということがあげられます。

 地元に帰ることを諦めた僕は、この長い休みの中、同のような生活を始めるかについて考えざるお得ませんでした。

 そして、友達が、バイトに誘ってくれたのです。友達が誘ってくれたから、いつかバイトできると思って、一ヶ月まっていたのに・・・・・未だに連絡がないwww友達だけにたよるというのはだめなような気がした。

 やはり、自分でもしっかりと探しておかなければ成らないと思いました。人に頼ると、どうしても、自分では何もしなくなる。
 去年の韓国ではこのような話がある。日本で言う、センター試験の一次試験なんですけども、集団カンニング問題のときに、テストの回答の情報を期待していた、学生は、問題を解こうともしなかったというのです。

 そのように、人の頼れると思った人は自分からとこうとしないことが問題なのかもしれない。学校に教育においても、学校で教えてもらえると考えているとどうしても、できない。それは学校に頼りきっているから・・・・・。

 つまり、いいたいことは、人に頼るときも自分でやる道は残しておかなければならないということだと僕は思いました。

 どうでしょうか?すべてを相手に任せていたり、人の責任にしていることはありませんか?

 

ひさびさのw 

2006年02月28日(火) 23時39分
 (〃 ´  ▽  `  )ノ"▽ ちわぁ♪

 長いこと休みの期間があると、どうしてもすることを探してしまう。する事がないということは、とってもつらくて、考えなくていいことまで考えるようになる。そういったときは、人は何かをするのかもしれない。

 今日は、一日中チャットをしていた。チャットにパッっとでてきた英国人、日本語が上手で話すのが時だった。友達になりたくて、PMを送った。快く友達として向かいいれてくれた。PMで話しているうちに、携帯の番号を教えてくれた。どういう人であるか、わからなかったんだけれど、話をしてみて、そういった疑念はすべて吹っ飛んだ。まさに、紳士的なジェントルマンだった。何より、話をすることを好きなようだったが、丁寧な日本語で僕の聞いてくれ、その後に、アドバイスなどをしてもらった。

 そのような出会いがあったことに僕はとても嬉しさを感じるし、そして、これから、僕の語学向上の飛躍に繋がると思う。

 こういったことは、これまであまりしたことはなかった。もちろん、危ないということもあるのだけれど、僕にはいまいち行動力がなかったのだ。とても、緊張したけど、声をかけることで、前に進むこともあるのだという経験をつむことができた。

 なんともうれしい出会いだったと実感せざる終えない一日であった。

 みなさんは、どのような出会いがありましたか?チャットや掲示板、ブログなど、いろいろな人とのやり取りをできる世の中で、それぞれの価値観や目的があるでしょう?それを見つけられたらいいですね☆

こんにちわ 

2006年02月27日(月) 0時40分
 "( ´ ▽ ` )ノ"ちわぁ

 久々の更新です。二月の初めは、とても順調に書いていたのだけれど、今となってはほぼ死んでいるブログとなってしまいました。 というわけで、もう一度、書き始めようと思います。

 前回、止まってしまったのは、自分が精神的に辛いからどうしていいかわからないという状況になったからです。どうしても、僕の精神状態がマックスに達してしまうと、何も楽しくなくなってしまいます。うつとかそういうのではないのですけど、自分の力の無さに自暴自棄になるのです。そこから、自分が何をできるかと立ち上がるのですけど、その時に力が特に必要になってしまう。

 今日は、年下の女の人と話をした。僕がこの年で気付いたことなどを把握してる感じだった。すごいと思うとともに、悔しいと思うときもありました。でも、何よりそういう人は実行をしてるんですよね。頭の中で考えてシミュレーションをして、できるできない、などを考えている僕にとってはとても、まぶしい存在でした。年下から学ぶことも多いですよね。逆に年上から学ばないことも多い蔵ですからw 

 友達が、継続して何かをしてると、僕は負けたくなく、いつも競おうとしてしまいます。これまで、僕が誇れることは、小学校時代に、三年間だけ日記を継続して書いていたことです。それ以外はなにもありません。ブログを毎日更新することもまま成らない僕ですけど。今日は、その年下の女性から学んだことと、友達の継続のすばらしさに負けないように僕もやっていこうと思います。

 諦めたら終わりですよね。頑張らなくちゃ。自分が辛いときほど、周りに、笑顔を上げなくちゃ、周りまで、暗くなっちゃう。笑顔ほど素敵なものはないですよね。

 なんか、文章が適当になってしまい。そして、何を書きたいのかわかりませんけど、今日はこれにてw

なかなか 

2006年02月16日(木) 10時15分
 なかなか、難しいものですよね。情報を集めようとしても、なかなか集まらない。僕の調べる力がないのか、それとも、手を差し伸べている人がいないのか。実際に、僕が傍観者の立場であるのならば、多分前回のような書き込みを見ても何も思わないであろう。

 そういうことを踏まえたうえでこれからの自分の人生に反映させいて行こうと思います。

 

 

お願いします。この記事だけは読んで下さい。その2 

2006年02月10日(金) 8時17分
 子供の立場でいうなれば、母親は何より人の事を考えてあげれる人です。しっかりした、母親であると思います。生きる希望もしっかり持っています。客観的にみれば、誰とでもしっかり話をすることもできるし、頑張りやで、前向きです。少し、口が多いところがたまに傷ですが、おばちゃん世代に入っているので、そこは仕方がないと思います。人間関係においても、しっかり、やっていきます。

 どうか、何か、癌治療、肺癌治療、なんでもいい知識を情報がほしいです。外国の医療などでもいいです。最先端の医療を知ってる方、試験段階のものでも、なんでも情報がほしいです。一つ、この母親を助けたい!!何か情報をください!!!できれば、これを見てくださった方々、できるなら周りに人に声をかけて聞いて下さい。おねがいします。医療に携わる人も含め最大限の力を僕に一つ貸してください。

 都合のいい事をいっているのは知っています。僕が自分勝手なのも知っています。僕の家族でなくても、他の家族でもいろいろ大変な方がおられると思います。でも、どうかお願いします。URL一つでも構いません。よろしくお願いします。いろいろ周りに声をかけてください。お願いします。コメントにいくつ書いてくださってもかまいません。どうか、どうか、よろしくお願いします!!!

                             のぶ

お願いします。この記事だけ読んでください。その1 

2006年02月10日(金) 8時12分
 こんにちは。この記事を読んでいただきたいのは、いろいろな情報がほしいからです。なんとかお願いします。一つでも、URLだけでも構いません。よろしくお願いします。

 私の母は現在、肺がんにかっかっています。闘病生活一年が立ちました。発覚当時は、すぐに、癌を切除し、そして、抗がん剤、放射線治療をして、目に見える範囲では、なくなりました。その後、半年後の検査で再発でした。原因は血中にながれているらしいのです。その後、一般的な抗がん剤治療に根を上げた母親は病院を変えて免疫治療にすることにしました。そこでは、血中のマーカー値(←僕は詳しくは知らない)があがることもなく下がることもなくと、いった感じですごしていました。でも、大きくみれば、少しずつ上がっていたようです。


 そして、今朝、とうとう血中のマーカー値が劇的にあがってきたとの連絡が家族からありました。医者にそれを告げても免疫療法はこれまでと、変わらないようでした。現在は副作用もなく、特に体力の意味では闘病しているにはだいぶ体力はあると思います。抗がん剤なのでの、強い吐き気や、脱毛、などは一切ないと聞いています。家族の意見と、母親の意向では薬による強い副作用の治療はやめようという意見で一致しています。僕は抗がん剤でも、副作用が少なくて、よく聞くものがあれば、外国でもいいので、何か治療する方法はないかと調べています。ですが、調べるには時間がありません。 母親は現在、引き受けてくださった医者には見離されています。保険が利かない治療を受けているのですけど、ここで、治しなさいと手を差し伸べてくださったのに、今では、そうでもないみたいです。(←家族の話によると)僕は、医者が見離すとは一般的には考えずらいのですけど、こんなときに味方になれるのは家族だと思うので見放されたと僕も思っています。今は、何かいい治療方法がないか、家族で試行錯誤しています。みんな、時間の合間を縫っては治療法を調べています。

現在www 

2006年02月09日(木) 14時35分
 現在、三日分の書き忘れていた文を書いている。体がだるいというか、気温がさむいために、コタツから出れないという状況が今回の事態を招いたのだろうか。新聞を読んだり、ニュースをみたりで、(● ̄  ̄●)ボォ−−−−っとしていることは限りなく少ないが、寝ている事も多いのかもしれない。今日は、午前0時頃に目が覚めることになる。それは、前日の夕方に僕が寝始めたからだ、おなかが減って、ご飯を簡単に食べて、それからまた寝ようとしたが、体が言うことを聞かず寝てくれない。これまでの生活習慣が、今回の事態を招いたのであろう。このような、昼夜逆転をしてる事もあり、定期的にブログを更新することがなんとも難しくなっている。これが終われば、ブログの更新!!!というものがないからである。

 今日は零時におきてから、僕はまだ寝ていない。しかも、ようやく今になって眠たくなってきている。きっと、このブログの更新が終わると同時に、コタツに入り、少し、昼寝をするのであろう。きっと起きるのは窓の外が暗くなってからであろう。そう思って、今日も自分のふがいなさに、目を向けながら寝るのである。なんとも、寂しい一日を送るのであろうか・・・・・。ちなみに今日は夜にも更新するつもりです。

まとめが書きwww 

2006年02月08日(水) 14時25分
 実は今、書いているのは、八日のことである。何かと忙しいといえば、忙しいのであるが、なかなか書く気になれなくて、三日間ほどさぼり気味であった。まとめて、現在、9日に書いている。時間は本来の時間をさしているので、日にちだけが、ずらしてあると考えてくれていい。

 本日は、フリーペーパーの記事を書いていた。いろいろな人と話すことでこれからどうしていこうかというのが、だんだんと思いつくようになるようになった。書いては休み、書いては休みを繰り返して、書き終えることになった。しかし、実際に文章を書いていた時間は一時間ほどにしかならないということがmあとで振り返ってみたら、気がついた。集中力がないということが、はっきりとわかった瞬間だった。タバコを吸いながらしているの問題の一つであろう。ひとつひとつの行動が自分の思いと反していることが最近は負担になっているのかもしれない。もっと、簡単に考えねばならぬ。しかし、記事を書き終えたことには僕は満足している。まだまだ、つめて書かなければならないところもあるのであろうが、時間が延びたために、書き直す時間はとくとあるので簡単な話である。大丈夫。僕はやれる。しっかりやりなよ。っと自分に声をかけたくなったwwww
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chew_up
読者になる
Yapme!一覧
読者になる