駅近くの賃貸住宅のメリット、デメリットについて。

March 26 [Mon], 2012, 7:11
大抵の方は家に篭りきりではなく、会社に行ったり買い物に行ったりと外に出かける機会は多いです。
車があればそれが一番ですが維持費もかかりますので、ご主人と奥さんと2台の車を持つのも大変です。
となると、どちらかが電車などの公共の乗り物を使って生活をする事も視野に入れる必要があります。
そこで、賃貸住宅を借りる時に駅やバス停からどれくらい近いかは気になりますよね。
私も駅から歩いて5分の賃貸住宅を借りています。
まず、メリットですが歩いて5分ですので気軽に駅に行けます。
小さい子がいるとおんぶをしたりして歩きますので、やはり歩く距離は短ければ短いほどに助かります。
デメリットはやはり駅近くとなると線路が近くなる事もあり、20分に1回は電車の通る音や汽笛が響く事があります。
私達家族は音はそんなに気にならないほうなので「デメリット」というほどではありませんが、音に過敏な方には辛い環境になる事が予想されます。
メリットとデメリットを想定した上で、快適で便利な生活が送れるといいですね。

将来は自分の住宅を手に入れること

March 26 [Mon], 2012, 7:11
一生賃貸暮らしでもいいかなって思っていたけど、周りの賃貸仲間がみんな住宅の建設ラッシュで、我が家もそろそろ欲しくなってきました。
新聞のチラシでも最近住宅関連が多く、建売住宅とか間取りとか見ては想像が膨らんでいます。
やっぱり建売住宅だと安く購入できるメリットがあるけど、どうせ家を建てるのなら注文よりも自分が好きなように間取りが設計できる注文住宅がいいかなって思います。
家を建てるとなると何千万ってお金がかかるのは知っているけど、どうせお金がかかるのなら自分の好きなような住宅が欲しいですね!
子供部屋にはこんな壁紙、一階にも和室を作ったり庭はもう少し広いスペースで!とか。
また私が絶対に欲しいのがベランダ、しかも家族みんなで焼肉が出来るくらい広いスペースのベランダを完備した住宅に憧れます。
やっぱり注文住宅となったら何百万って費用がプラスささるかと思うけど、自分の暮らしたい暮らしやすい家が欲しいです。
いつになるか分からないけど、貯金だけはしっかりとしたいと思います。

無理なく住宅ローン返済

March 26 [Mon], 2012, 7:10
「住宅購入」を考えるなら住宅ローンを利用しなくてはなりません
ローンを必要とせず一括で住宅購入出来る方は別ですが大半の方はローン返済で住宅購入するのだと思います。
ローンにも種類があり、自分のライフスタイルにあった形を選ぶ事が大切です。
ローンには変動金利と固定金利があります。
変動金利はその名の通りその時の景気や市場によって上がったり下がったりします
現在(h24年)金利は超低金利だと言われていますが5年後、10年後も同じ金利ではないので、定期昇給を見込める方や子育てが人段落ついている方にはお勧めです
固定金利は変動する心配はありませんが、その分、金利は少し高めです。
景気に左右されることはないので、給与の変動のない方や子供さんが小さい方にはお勧めです。
教育費がかかり始める頃にローンの金額も上がるというリスクを避ける事ができるからです。
ローン年数も大切なポイントです。
最大で35年組むことは可能ですが、
自分の年齢も考えた上で無理なくローンを組むことが大切です。

住宅を選ぶときにはマンションも視野に入れる

March 26 [Mon], 2012, 7:07
自分が住みたいと思っているのは一戸建てです。
ですが、マンションも捨てたものではないと思います。
実際に住んだことがありませんが、今のマンションはいろいろと優れています。
防犯設備もそうですし、内装とかもそうです。
自分は内装の仕事を長年やってきたので、住宅についてはよく知っています。
造りもいいか悪いかよくわかります。
ただ、手を抜く職人がいるので、そういった人が入ったところは注意が必要です。
マンションのいいところは、造りにもよりますが、防音がよくされている点です。
検査の時には必ず隣の部屋の音がどれくらい聞こえるのがチェックします。
それと、窓もいい物を使っています。
確かに、それ位してくれないと、集合住宅ですから、音が気になるのでしょう。
自分の家は一戸建てですが、防音がよくありません。
車なんかもそうですし、家の前で遊んでいる子供の声なんかよく聞こえます。
とてもうるさいです。
マンションに住むかは別として、いつかは防音のきいた部屋で静かに暮らしたいと思っています。

住宅の耐震性は十分なのか

March 26 [Mon], 2012, 7:06
大きな地震が着た時に、自分の家は、倒壊しないだろうかって気になっている人がたくさんいると思います。
最近では、想像以上に大きな地震が関東に起こる可能性が指摘されたりしています。
日本中が、地震が起きやすくなっているみたいですので、住宅の耐震性について、きちんと調べておいた方がいいでしょう。
新しい住宅であれば、かなり厳しい耐震基準をクリアしているはずですし、新しいので老朽化の心配もほとんどいらないので、安心できると思います。
しかし、古い住宅の場合は、今ほど耐震基準が厳しくない時に建てられていると思いますし、老朽化もかなり心配です。
30年以上前に建てられた木造住宅の場合は、耐震性に不安があると思いますから、耐震補強したほうがいいと思われます。
自分の住んでいる自治体で、耐震診断を無料で行っているかどうかを調べてみましょう。
自治体によっては、無料で診断したり、補強工事に補助金を出してくれたりするそうです。
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/chery3971/index1_0.rdf