コングラッチュレイション。 

November 13 [Sat], 2010, 19:22

はれの日。
久しぶりに着飾ったら
付けなれないピアスだけわすれちゃった。

幸せはみんなを幸せにする。
おめでとう!

川の流れる街が好き。 

November 12 [Fri], 2010, 21:03

最近残りぐせがついて
帰り道はまっくら。
道路の並木道。
仙台の街で数少ない好きなところ。
大きな橋を渡って
お家に帰る。
高校生のころ毎日
同じように橋を渡った。
同じようにやっぱりさみしい。

11月。 

November 11 [Thu], 2010, 20:26
寒い毎日。秋田では初雪の季節。
仙台ではいつかなぁ。
毎年毎年,同じようなことを思う。
***************************
土曜日はお友達の結婚.。
とっておきのネックレスをつけて出かけよう。
爪も塗ってすごい指輪も付けて。
久しぶりに会えるおともだち。
おめでたい日。
たのしみ。
**************************
今日は完璧な三日月。
11月6日の新月に願いはかけそびれたけれど,
数日遅れで願いなおした。


旅と夜汽車と写真のこと。 

September 22 [Wed], 2010, 20:29
すっかりご無沙汰のこのページ。
8月は暑くて,記憶があまりありません。
9月は,年に一度の長期休みを使って,
少し遠くに出かけてきました。
夏をもう一度繰り返し,
頭のねじをゆるめて,
極力何も考えないようにしてきました。
旅って実は苦手で,
なんで出かけてしまうのかはわからなくて,
(お金はかかるしつかれるし不便なことは多いし)
でも帰ってくると,何か必ず残っているから不思議。
寝台列車のゴトゴト。
窓から流れる眠った街の風景。
眠れないまま,体だけが運ばれて,
朝の光の頃には,すごく遠くまで来てしまった気分。
2年ぶりの景色と,はじめましての景色。
海に浮かぶ島々。とにかく暑い日差し。
坂道と船と猫。
2年ぶりの,世界で2番目に好きな港のカフェ。
ファインダーから覗いた四角い景色。
いろいろ,いろいろ。
でもふいに思い出すのは,
小さな窓からの
知らない人たちが眠る,
真夜中の景色。
ささやかなおうちの明かりが
流れてはあらわれてまた真っ暗になって,
明日のために眠るひとたちのいつもの夜と,
眠れなかったわたしの,特別な夜。


*************************************
遅ればせながらのお知らせです。
壱弐参横丁,閉店となったMilk Tea Houseの2階に
くらしとうつわ ペチカ堂さんがオープンしました。
和食器とカレルチャペックの紅茶,雑貨のお店です。
ポストカード等の作品を置いていただいているので,
お近くにお立ち寄りの際は,ぜひ足をお運びくださいね。
屋根裏の隠れ家のような空間に,
いろいろな素敵なものが詰まっています。
トントントンと階段を上ってくださいね。

Milk Tea Houseでのイベントの際も,
たくさんの方に作品が旅立ちました。
4月の写真展が終わり,残った作品を,
お店に置いてもらっていたのですが,
(正直)売れないだろうなぁ,と思っていたところ,
キャンバス,パネル,額装の作品ほとんどが旅立ちました。
誰かのお部屋に私の作品が飾られているのかな,
と思うと,実はすごくすごく嬉しいのです。
誰かの毎日の景色の中に私の写真があること,
奇跡!みたいに嬉しいです。
だから,もっともっといい写真が撮りたいです。

マイラブ。 

July 16 [Fri], 2010, 22:32
大好きな,Milk Tea House さんからの大事なご連絡です。
1998年1月10日にオープンしたMilkTeaHouseですが、
7月25日をもちまして,閉店することとなりました。
詳しくはHPに詳細があります。

うまく言葉にできない気持ちは,
無理に言葉にしないことにします。

おわりははじまりで,
はじまりは,素晴らしいこと。

もし,このほっときっぱなしのわたしの日記ですが,
ご覧の方がいたら,ぜひ足をお運びくださいね。

お店の写真をポストカードとパネルにして販売しています。
いい写真が撮れるときは,
私の力ではなく,
場所や人の力の方が大きくて,
私が言うのは本当に本当になんなのですが,
いい写真になりました。
写真を撮っていてよかったな,と思うのは
こんな時なんです。

MilkTeaHouseの宝もの〜杜の都のなかまたち〜 

July 12 [Mon], 2010, 9:28
ご連絡が遅くなりましたが,イベントに参加します。
大好きなMilk Tea Houseのスペシャルイベントです。
私はフォトカード,パネル,レターセット,を販売します。
その他の作家さんも素敵な方ばかりです。
みなさまぜひ遊びにいらしてくださいね。

***

『MilkTeaHouseの宝もの
〜杜の都のなかまたち〜』

MilkTeaHouseがこれまでの歩みのなかで
大切にお付き合いしてきた
愛すべき素敵なものつくり人たち。
作家さん、お花やおいしいものやさんたちの
とっておきの宝ものを、
大切にお届けいたします。

★PART1*7月10日(土)〜★

*zakka*
*La Famille Mouton…フェルトみつばち
*ivorytime…キャンドル雑貨
*kaori shibata…フォトポストカード
*ゆきゑ…フェルト人形
etc…

*flower*
*suzuki shoko (*blanche)

*food*
*40計画…スペシャルマフィン
*ペチカ…クッキー&ジャム
*リエゾンキッチン…仙台味噌

★PART2*7月17日(土)〜★

*zakka*
*ko*mu…ちいさなぬいぐるみ
*NOYAUノワイヨ…紙もの&
ミルクティーハウスオリジナルハーブティー
*qoo…ぬいぐるみ
*KYU…お洋服
*shinobu…シルバー雑貨
*mignon…布小物
*stainedglass Ginga…ガラス雑貨
*yutorico.…紙もの
*がまぐちや…ちいさながまぐち
*kaori shibata…フォトカード&レターセット
*ただのなおみ…シルクもの
*minco&Toy
*yayoi…とんぼ玉
*のりこ&やえこ…ちいさなおはなし本
etc…

*flower*
*mistletoeミッスルトゥ
*La Fleur Blancheフルールブランシュ

*food*
*40計画…宝箱マフィン
*ペチカ…スペシャルクッキー
*ゴマシオキッチン…クッキー

***

★場所*ミルクティーハウス1階

★お問合せ
ミルクティーハウス
022-222-2544


王子さま。 

May 21 [Fri], 2010, 22:58
17年来の王子さまに会うことができた。
スポットライトの真ん中に,ちゃんと,いた。

たくさんの同じ時代に
同じ音楽を聴いていたひとたち。
しっかりと時間は過ぎて,しっかりと大人になって,
しっかりと働いて,生活をしていて。
でも今日だけはなんとかして,
夜の7時に間に合うように
同じ場所に集まった。

たくさんの手拍子。
ミラーボールの光。
闇の中で響くメロディー。
歌の間の散文の朗読。
言葉が体に入ってくる。
景色が流れる。

そうだ,わたしはこの人の言葉にやられたんだった。
17年前のラジオから流れてきた歌に,
初めて文化というか,カルチャーを感じて
夢中になったんだった。

恋をした時の幸せな気持ち。
きらきらした世界。
そんなものたちを思い出した。
そしてそんな記憶があることは,
いろいろあったとしても,
幸せなことなんだろうとも思った。

不揃いな心はまだ今でも僕らをやるせなく悩ませる。
それでも,ちゃんと立っていられるから,
記憶も経験も傷もちゃんと役に立ってる。

美しい時間の後に,
歩いて帰った帰り道には
きれいな半分の月。

もうきっとこんなことはないんだろうな。
奇跡みたいな夜だった。


happy birthday 

May 20 [Thu], 2010, 23:35
大好きな5月。
上着がいらなくなって,
裸足で好きな靴がはけるようになって
手首や首すじを風にさらせる。
実家の秋田の5月,
水を張った田んぼは湖の中にいるみたいになって,
田植えが終わると緑色の海みたいになる。

毎年昔からの友達からもらうメール。
毎年母親からかかってくる電話。

帰りに,すずらんのピアスを買ってきた。
ちゃんとかわいくプレゼント用にしてもらって。
5月の今日の記念に。

Don´t hurry,
don´t worry,
and don´t
forget to
smell the
flowers!

急がないで,
心配しないで,
花の香りを
忘れないで!

同僚からプレゼントでもらった,
ブックマークに書いてあった言葉。
よくあるような何気ない言葉に
はっとしてしまうようになったのは,
大人になったからなのか,な。
仕事が終わってからは極力のろのろと,
ゆっくり歩いて,
穏やかでいるようにした。

また伸ばしはじめた髪も
肩にとどくようになって,
腰まであった髪をばっさり切った
2年前の夏の初めから,
時間はちゃんと流れている。

哀しいことがあった友達も,
また歩きだしている。

眠ったような毎日から,
そろそろ起きなきゃいけないみたい。

階段でも坂道でも雨でも風でも吹雪でも。
もうきっと大丈夫。

happy birthday!

girls blues 

May 17 [Mon], 2010, 20:11
3月のさようなら,
4月のはじめまして。
ずっと何かに追われているような気持ちも
やっとやっと落ち着きだして,
お天気のお休みの中,
久しぶりに穏やかな気持ち。
時間はあっという間に過ぎているけれど,
やっと展示の写真もupしました。

今年は,何とかしなきゃって思っていて,
28歳があんまりにもあんまりだったから,
29歳はちゃんとしなきゃって,そう思って,
でも,やっぱり人ってそんなに急には変わらなくて,
今年こそはって,1月に思った。
写真も全然撮れてなかったし。
で,根拠もなく,予定もなく,展望もなく,
今年は写真頑張ってみる,と
友達への年賀状に書いたり,
口に出していたら,
展示ができることになり,
あぁ,言霊ってほんとうにあるんだなって,
写真の神様ってほんとうにいるのかもしれないって,
不思議な力に導かれて,開催できた8年越しの個展。

ブルーな女の子たちは大人になってしまったけれど,
時々出てきては,私を立ち止まらせて,
言葉にできないような,曖昧な気持ちと,
多分なくしちゃいけないような気持ちを,
残してはまたいなくなって。
少しずつ見える景色が変わっていっても,
感じることが変わっていっても,
ガールズのブルーが撮れたらいいな,
と思っています。

20代の最後に,区切りができた気がします。
バイバイ,ブルーな女の子たち。
またきっと会いましょう。




cherry girls bluse 

May 17 [Mon], 2010, 19:00
写真展「cherry girls blues」 Milk Tea House 2010.4.24-26













あの屋根裏への階段をのぼって,
ドアを開けて,物語の中みたいな世界。
木の棚と小さな窓からの光と風。
屋根裏のごちゃごちゃしたガールズルーム。
甘いにおい,おいしいもの。
かわいいおんなのこたち。
会場にいながら何度も,
時間が止まればいいのになって思った。
2010年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cherrys
読者になる
Yapme!一覧
読者になる