ものが片付かない台所をリフォームしたい。何かいい方法はある? 

2015年09月24日(木) 10時00分
キッチンにパントリーを作り、収納力をアップさせてみては?



キッチンはどうしても、ものが増えます。



買い置きしたものや、たまにしか使わない瓶詰めや缶詰…。



そういった細々としたものを一か所にまとめてしまえるスペースを作っておくと重宝します。



一般にパントリー(食品庫)と呼びますが、スペース的にはさほど広くなくても、中に細かいものが置ける棚を付けるなど工夫すればスッキリ片付きます。



見落としがちな雨漏り修理 料金はしっかり確認しましょう。

平屋の木造建築だが、子ども部屋などに収納が足りなくて困っている 

2015年08月08日(土) 10時00分
押入れをクローゼットにしたり、床下収納という方法も。



押し入れはふとんなどを収納するのに重宝ですが、子どもの洋服や本などを収納するには、深い奥行きを十分活用しきれず、どうしても収納力が落ちてしまいます。



押入れの奥行きを少し削ってクローゼットにしたり、作り付けの棚に作り替えれば、収納力もアップしますし、部屋もやや広くなります。



また、床下収納を設置し、部屋の広さを保ちつつ収納力をアップさせる方法もあります。



在来木造構造などの1階部分ならば床下収納を設置できる場合が多く、台所などだけでなく、予ども部屋に付ければ、本やおもちゃ、漫画など入れて片付けられます。



雨漏り修理 料金のリフォームは頃合いをみて行いましょう。

クローゼットを作るのでタンスは処分をと言われた。婚礼ダンスなのに… 

2015年07月17日(金) 10時00分
タンス置き場を部屋の部屋に作り、扉などで目隠しする方法もあります。



確かに、リフォームで部屋を一新すると、今まであった古い家具が邪魔になることもあります。



ですが、思い出のあるものや処分できないものは多いはずです。



無理に処分せず、それを生かせるような収納を考えてみてください。



婚礼ダンスでしたら、寝室などの壁側に一列に並べ、天井にロールスクリーンを付けたり、折り畳み式のドアや引き戸を付ければ、立派なクローゼットになります。



あいたスペースは作り付けの収納棚などを入れてもらうとよいでしょう。



また、納戸やウォークインクローゼット、真ん中の仕切りを取り外した押し入れなどに納めて使う方法もあります。



どちらも、業者にサイズをきっちり測ってもらって、タンスがちゃんと収まるように作ってもらうことが大切です。



リフォームはしっかり選んで雨漏り修理 料金のような会社に依頼しましょう。

5年前に購入した家ですが、平凡なリビングを、予算をかけずに替えたい 

2015年06月13日(土) 10時00分
壁紙やカーテン、そして照明などで変化をつけてみましょう。



築5年ならば、構造的なリフォームは必要ないと思います。



壁紙はよほど気に入らないのであれば、替えてもらいましよう。



簡単なところでは、カーテンをブラインドやロールカーテンに替える、家具やファブリックなどをクラシック、ロマンチック、カントリーなどと、好みのテイストに合わせてコーディネートすることです。



それから、最も変化を出せるのが照明です。



天井から吊り下がっている照明を、少しお金をかけて埋め込み式のダウンライトに替える。



また予算がないならばスポットライトをいくつか壁に取り付け、後はフロアライトやテーブルライトを設置するだけでもイメージは変わります。



日本は外国に比べて照明をインテリアに取り入れるのが遅れています。



ですが、照明は大事な要素なのです。



雨漏り修理 料金のような依頼は地元がおすすめです。

小学生の娘と息子の部屋を増築したい。どのくらいの広さが必要ですか? 

2015年05月30日(土) 10時00分
ベットと机をそれぞれ入れるなら6畳の広さは必要です。



子ども部屋にベットと机、最近はテレビやパソコンまで入れて、ひとり暮らしのアパート並みの生活を子供部屋に用意される家庭が増えています。



ところが、これが家族との会話の喪失や、孤立化を促していると声も高くなっています。



確かに、男女のお子さんだと、個室が必要ですが、子ども部屋の目的は「寝る」「勉強する」だけのはずです。



あまり広くして多機能にする必要はないと思います。



同性のお子さんならば、寝る部屋と勉強する部屋とを分けて、共同に使う方法もよいでしよう。



また、スペースが取れない場合は、6畳ぐらいのスペースを真ん中で分けて使う方法もお勧めです。



それでもスペースが足りない場合はロフト形式にし、ロフトに寝て、その下に机を設置するなどします。



また、リビングでは落ち着いた色合いが求められますが、子供部屋は逆に個性的なクロスや色合いを選んで楽しむとよいでしょう。



年齢とともに部屋を変化させるのも、楽しみです。



雨漏り修理 料金ならここに依頼しましょう。

壁紙を選ぶときに気を付けたい点は? 

2015年04月09日(木) 10時00分
紙素材のクロスは湿気の少ないアメリカやヨーロッパなどでは安価でデザインも豊富なため主流ですが、水や汚れに弱いため、湿気の多い日本にはあまり向いていません。



日本で最も利用されているのがビニールクロスです。



これは多少汚れても水拭きできるなど掃除が楽です。



最近は抗菌クロス、防カビクロス、有害物質を極力抑えたクロスなど高機能クロスが出ています。



また、色も豊富で、触感もビニールらしさはなく自然な仕上がりになります。



床はフローリング、カーペット、コルク、クッションフロアなどがあります。



最近人気なのはフローリングですが、1枚ずつ外せて洗えるカーペット使用の床材などは小さな子供やお年寄りのいる家庭に人気です。



梁や柱を残してリフォームする場合は、梁や柱の色を塗り替えたり、クロス張りなどでカバーして対処します。



押し入れはクローゼットや収納棚にリフォームしたり、全部を潰して部屋に取り込むこともできます。



雨漏り修理 料金ならここに依頼しましょう。

マーブリングをしてみよう 

2015年03月21日(土) 10時00分
水面に広がるインクの模様を写し取るのがマーブリング。



独特なパターンのカードを作って遊んだことはありませんか。



紙なら偶然にまかせても楽しめますが、木工作吊に写し取るには、パターンを操作する工夫も必要です。



組み立てた作品を水に浸けたのでは、一発勝負の賭けになってしまいます。



それを避けるため、部材のうちに転写してから、できたパターンを選んで組み立ててあります。



これならあまり緊張せずに作業できます。



作業としてはまず、側板のシナベニヤ合板をペーパーで滑らかに研ぎます。



研いだ粉は気泡の原因なので、よくはたいておきます。



掃除機で吸ったり、濡れタオルで拭いてから乾燥させるのもよい方法です。



マーブリングは素材の吸水性を利用するので、表面のニスや油分は禁物です。



また保持が難しい部材には、トング(調理用つかみハサミ)や治具を用意しておきましょう。



外壁は雨漏り修理に頼み、その他は全て自分で塗ることだってできます。

オイルステインとワックスフィニッシュ 

2015年02月05日(木) 10時00分
ちょっと粉らわしい名前の「オイルステイン」。



こちらは染料を溶剤に溶いたもので着色専用の染料液です。



色味は豊富な中から選べます。



たぶん石油系の溶剤をオイルと呼んでいるのでしょう。



オイルフィニッシュと違って、定着・保護剤としてのオイル成分は含まれていません。



オイルステインもハケ塗りです。



浸透が速く、塗ったそばから拭き取る要領で、充分に染まります。



この場合、拭き取るだけであって磨きません。



染め上がった木材は、溶剤が蒸発すれば油分のないサラサラな表面です。



しかしこのままでは退色しやすく、普通は上にニスを塗って保護します。



つまり「オイルステイン・ニス仕上げ」です。



そしてニスの代わりに、ワックスで保護するのが「ワックスフィニッシュ」です。



ワックスは床用でもカー用でもよく、手近なものを使います。



ワックスをウェスにとって磨き上げます。



ツヤ出しには、パフホイールを電動ドリルに取り付けて使うのも効果的です。



この場合は新しいパフを装着しないと、木材繊維にゴミが入り込んで汚れます。



擦水性の表面はオイルフィニッシュによく似ています。



これらは好みや入手しやすさで選んでもよいでしょう。



家の塗装は雨漏り修理に、家の中の塗装は自分でしましょう。

オイルフィニッシュ作品の手入れ 

2015年01月13日(火) 10時00分
オイルフィニッシュは塗料のような保護膜とは違い、作品を長期にわたって直射日光に当てると退色します。



また水をはじきますが、濡れたコップを置いたままではシミになります。



日常的に手に触れるものは手アカが付き、それは拭いても取れません。



そうしたことから作品は置物や装飾品に限られます。



これらを欠点と考えていたらクラフトは楽しめません。



オイルフィニッシュの作品は、数年ごとに同じ色のオイルを塗って手入れをします。



またそれが楽しみとも言えます。



やや褪せた色も塗るたびによみがえり、むしろ作品の深みが増していくところによさを感じるわけです。



壁は雨漏り修理に注文しますが、小物なら自分で塗るのも楽しいです。

ペーパー研磨仕上げ 

2014年12月06日(土) 10時00分
ペーパーでウェット研磨すれば、スベスベの平滑仕上げになります。



これはニス塗膜のツヤとは別のものです。



磨き込んで目が詰んだ、大理石のような渋い光沢です。



木の質感としては特殊ですが、木製ブローチや紫檀ないし黒檀の置物にも似た重厚感が好まれています。



作業としては、まず先ほどのように塗って浸透させます。



そして作品の適当な一面にハケでオイルを多めにひきます。



今度は拭かず、濡れた面を耐水ペーパー400番でウェット研磨します。



ちょうど砥石の研ぎ汁のようにオイルが濁って粘る頃、表面はツルツルになっています。



そこで濁ったオイルを拭き収ります。



入隅にはカスが残るので丁寧に拭いて、次の面に取り掛かります。



これは細かいペーパーだから平滑になるというだけでなく、研ぎ粉が繊維に入り込んでの目止め効果もあります。



適した樹種としては、堅木でツヤが出るナラ材、樹脂分が多い木目のパイン材などです。



逆に軟かいスギ材やラワンベニヤ合板などは、研ぎ粉が入り過ぎないよう、タオルで入念に拭き取ります。



研ぎやすい広い面ばかり磨いていると、使い減りのような表面になりがち。



隅々まで均一に研磨しましょう。



家具くらいなら塗れますが、家は雨漏り修理に頼んだほうがいいです。