無題 

September 14 [Fri], 2007, 18:01

簡単に言わないで。

絶対とは限らないのに。

口だけで終わらせないで。

それがどんなに相手を

傷つけるのか。


それをあなたは分かっていない。


分かってるようで

本当は分かっていないのに

簡単にそういわないで下さい。


あなたはまだ分かっていない。

口だけで終わらせてる。

いつまでもそうやっていると

いつか自分が苦しいときに

誰も助けてくれやしないよ。


口だけで終わらせるなら

もう何も言わないで下さい。

それは逆効果なのだから。


逆にまた、傷つくだけだから。

無題。 

September 11 [Tue], 2007, 17:52
あたしだって辛いのに。

あたしだって辛いのに。

友達に相談されて、それなリに

アドバイスとかしてあげて

友達は笑顔に戻って

あたしはそれで安心する。


けれど、あたしは?


あたしが悩みを相談しても

友達はふーん、そっか。としか言わない。

あたしよリ経験が浅いから

なんとも言えないのだからか。


生まれた時からずっと聾学校に

通ってきた人には分からないだろう。

普通の世界が、どんなに厳しいのか。


どうして今の環境は甘いのだろうか。


おととしまでの環境は辛くて悲しくて

本当に厳しい世界だったのに。

去年からガラっと環境が変わって

でも甘くて、辛いとかそういう環境では

なかった。


だからこそ、あたしは嫌なんだ。


意味が分からないだろう。

つまリ・・・。

辛い環境ではないが、あたしにとっては

甘すぎる環境じゃないのかと疑問。

甘やかしてるんだ。

そんなんだから将来、心配になるんだ。

赤の他人でも、あたしは心配なんだ。


今まで聾学校に通ってきた人達が

突然、社会に出たとたんに

厳しい世界へ変わって、ついていけなくなる。

そこが一番心配なんだ。


だから今のうちに厳しいことを実感してほしい。

無題 

September 11 [Tue], 2007, 17:42

別に好きで家にいるわけじゃない。

家も学校も、あたしにとっては

ストレスの1つにあたる存在。


そんなに嫌ならば


学校をやめればいいとか

家を出ればいいとか、そんな簡単なことが

出来たら、もうとっくにやめてたはず。

もうとっくに家を出ていたはず。


あたしの居場所はどこにもないんだ。

保健室も、居場所じゃない。


周りの教師は言う。

保健室は病人のためにあるものだと。

そんなことは、鼻っぱらから分かってる。

けれど、悩む生徒も

しっかリとした病人じゃないのか。

精神的に悩んでいる生徒も

リっぱな病人じゃないのか。


そんなんだから、生徒は保健室に

行きにくくなるんだ。

唯一の居場所が保健室だったのに

結局は、追い出されるんだ。


どうして?


教師は大人なんだろう?

子供のときの経験して大人になったんだろう?

なんのために大人になったのか。

なんのために教師になったのか。

大人になった意味なんか、ないんじゃないの?


年はとっても、心は子供に変わりないね。


なんか損しない?

年だけとって、心は子供のままって。

いっとくけど悪い意味で言ってるんだよ。


なんのために大人になったんだって

そう聞いたら、教師はなんて答えるのだろう。


半端なくキレられたら、あたしはもう我慢しない。

あたしはあたしなリの道を歩くんだから

他人が割り込む権利など、ないんだから。

自分の世界に、入る権利なんてないんだから。


なんのために大人になったんですか。

むだだい。 

September 07 [Fri], 2007, 17:50

夢の中にシュークリームが

現れたのは一体どんな意味が

あるんだろう。

しかもミニストップのだぞ。

しかもそれを三個も食べていたんだぞ。



今日も欠席。

てか台風がきてんだから

最初からなくなっちゃえばいいんだお。

晴れても欠席するつもりだったから

別にいいんだお。

だおだおだおだお。

うぜ。



眠い。

じゃ寝ろって?

あんた分かってねえなあ。











眠れんからゆってるんだお。

だおだおだおだおだお。

意味わかんね。

だおーん。

むだい 

September 06 [Thu], 2007, 16:04

久しぶりに学校を休んだ。

自分の居場所なんてなかったから。

だから行っても意味がないと思った。

学校も家も

あたしの居場所ではない。

なんのために学校に通ってるんだろ。

むだい 

September 02 [Sun], 2007, 9:00
いよいよ明日から学校が始まる。

なんとなく嫌っていう気持ちはない。

ただ、早く解決したいことや

確かめたいこと

たくさんありすぎて、考えるだけでも疲れる。


嫌っていうより、疲れるっていうのかな。

よく分からないけど。


今月の最後らへんに陸上大会がある。

正直にゆえば、行きたくない。

教師の推薦で出場するなんて、あたしは嫌。

走り高跳びもろくに練習も出来ていないのに

続けろってゆわれて、どんな気持ちだったのか

教師にゆっても無駄。

教師に走りたいんですけどってゆっても無駄だった。

走り高跳びは、ろくに練習も出来ないのに。

顧問もろくに教えてくれないのに。

顧問が決めることじゃない。

あたし自身が決めることなのに。


明らかにやらせだ。


走り幅跳びは別にいいけどさ。

走り高跳びだけは納得いかない。

ろくに人数も集まらないのに。

こんなんじゃ陸上に入部した意味がない。


先生、ごめんなさい。

走り高跳びだけは絶対にやりたくありません。

ちゃんと教えてくれるのなら話はまた別です。

ですが、顧問は走る方しか教えていません。

走る方しか集中していません。


それは最初から高飛びや幅跳びなどは無理だと

分かっているからでしょう?

無駄なことを、あたしにやらせないでくれますか。

それか、高飛びや幅跳びの基本とか

分かっていないんじゃないんでしょうか。

基本すら教わっていませんけど、先生?


こんないい加減なやり方を続けるなら

あたしは陸上をやめます。

ごめんなさい。 

September 01 [Sat], 2007, 6:38
ずっと言えなかった。

ずっと言えなかったことを

今日、ちゃんと言えるのだろうか。

複雑な気持ちを抱いて

今までずっと内緒にしてきて

けれど、ストレスが溜まるばかり。

だれかに助けて欲しかった。


誰かに気付いて欲しかった。


あたしはこんなにも苦しんでいるんだって事を。

あたしはこんなにも辛い思いをしてるんだって事を。


誰でもいい、誰かに気付いて欲しかった。


ねえ、あたしはここにいるんだよ。

ねえ、あたしはここにいるのに。


あたしの存在って何だろう。


ここにいて、何の意味があるのだろう。

なんであたしは生きているのだろう。

ううん、なんで生かされてるのだろう。


小さい頃からずっと自分の殻を閉じこめて

違う自分を演じていた。

本当の自分を認めてくれなかったんだ。


ねえ、本当の自分を出してはいけないの?


どうしてあたしを否定ばかりするの?

あたしが憎いのなら 邪魔なら

殺せばよかったのに。


こんなに苦しい思いをするのなら

こんなに辛い思いをするのなら


最初から産まれてこなければ良かったんだ。


そしたら周りも少しは幸せだったかもしれないのに。


ごめんなさい。

あたしさえいなければ良かったのに。

むだい 

August 31 [Fri], 2007, 10:47
どうも。

なんだかイラつくというか

なんで言葉ってこんなに軽く使う人が

いるんだろうって。

私は味方だからってそう言ってくれると

すごく嬉しい。

でも結局そんなのただの上辺だけ。

友達の前ではいい子を演じるような、そんな子。

友達の前だからこそ、私はいい子なのよって

そう演じる、そんな子。

コメントにも

何を言ってるの?上辺なんかじゃないよ

ってそう必死に書くような内容。


明らかに嘘なんだって


そう気付いてから私もあの子に

演じるようになった。

お互い、演じるような、そんなギクシャクした仲になった。


そんな子にこの間久しぶりに会って

お互い、また固まって

ただ挨拶しか出来なかった。

だって、ただの上辺だけの友達だったから。


ううん、あたしからしたら

あんなの友達なんかじゃなかった。


ただの目立ちたがり屋なんだ、あの子。


挨拶して、バイバイして、それで終わり。

別にあの子が今どうしてるのか

全く興味なんてなかった。


一緒に卒業した人を見かけても

私は知らないふり。

そんな人、どうでもよかった。


いじめなんかよくできるものね。

むだい。 

August 31 [Fri], 2007, 7:47
おはようございます★

朝っぱらからテンション高めいえ〜い♪

でも明日は低めいえ〜い。

今日は何して過ごそうかねえ。

むだい 

August 29 [Wed], 2007, 17:33
目がヒクヒクすんなあ。

疲れてるって証拠だもんなあ。

なんか髪の毛結ばないと落ち着かん。

学校では結ばないってか

結べないぐらいショートなわけよ?ぶ



あーのどかわいた。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Yapme!一覧
読者になる