風があいつを呼んできた B 

2005年08月11日(木) 17時03分


ひゅーひゅー


また、空は昨日の夕方のように、オレンジ色に染まり、北風も吹いている。

風があいつを呼んできた A 

2005年08月11日(木) 8時00分
「ん・・・」


眩しい朝日が目に入る。
ウィンリィが小さなうめき声を上げて瞳を開いた。
自分の部屋だと気づく。

風があいつを呼んできた @ 

2005年08月10日(水) 19時33分
太陽がもうすぐ沈みそうだ。
外はオレンジ色の空で、冬の風が寒い。


「それじゃぁ、ウィンリィ。行ってくるよ。」
「うん。気をつけてね!」

ピナコがニカっと笑って自分の孫娘に見せた。
ウィンリィも手を振る。

ピナコは今日から泊りがけでラッシュバレーに機械鎧の部品を注文しに出かけるのである。
半年に一回か年に一回注文しに行き、3日後には、注文した部品が届くようになっている。

「たくさんいいの見つけて帰ってきてよねっ!」

ウィンリィが瞳をギラギラ燃やして言う。

「あぁ。」

ピナコはそう一言言うと、ウィンリィに背を向けて駅の方へ歩いて行った。

「いってらしゃ〜い・・・」

気のない声を出すと、ウィンリィは寂しそうな顔をした。

( やっぱり一人は寂しいな・・・ )

お祭りの金魚 

2005年08月09日(火) 18時32分
「わぁ・・・綺麗な色。」

あかねは真っ赤な金魚に見とれた。
乱馬が隣りでその様子を見ると、金魚に目を移す。

今日は道場の近所の寺でお祭りが催(もよお)された。
毎年、この祭りに来ているあかねは、乱馬をなんとか誘って一緒に来たのである。
そして、今は金魚すくいの夜店の前に居る。

「いいな。金魚。金魚鉢に入れて、眺(なが)めると、風流よね。」

あかねが笑顔で楽しそうに語る。
乱馬は隣りで「風流」の意味が良く分かっていないらしく、頭を悩ませていた。


バチャッ!

「うわっ!」

▼ 今日の更新 ▼

なし  8/14

▼ 現在の2人の状況 ▼

乱馬×あかね夏休み ( らんま½ )

エド×ウィンリィ ロックベル家 ( 鋼の錬金術師 )

成歩堂×真宵 成歩堂法律事務所 ( 逆転裁判 )




2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
▼このブログ主の性格等が分かります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cherry-arisa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる