常用淡水手竿について

December 09 [Tue], 2014, 12:30
釣り用 アクセサリー
この文章は釣りに宛てて書く運動時間は長くないの友達、先輩が高い人々に至って、あなたは私を笑うつもりで、限り淺学非才といい、もし不備なところがあって、皆さん、ようこそ海老を補充して、指摘。
来たばかりの海峡場合、現在多くの新人と友達のように直面して、専門家たちの専門用語当惑する、めまいがしてもわからない。ここで私はまず広範な知らない釣友を、いくつかの本文ははの重要な概念の定量化して:
いわゆるトナリティを指すの1本の竿の主な力を受け曲げ点は、通常のみんなの言う「三七調」、「五五調」と竿の全体の硬度とは全く関係なく、2件事、釣具の友人たちと思ふがちに「性」と「硬度」を混同する。
引用下図、イメージの硬さと性の違いを示した。アクセサリー 安い
いわゆる硬度というのは1本の竿の全体の曲げ能力、同じ「三七調」、「五五調」の関係。
いわゆる腰力というのは1本の竿応力曲げ後の反発力、つまり曲げ後の回復の本来の通直状態での力を出す。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/chenlin/index1_0.rdf