[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス


【 更新情報 】

アルコールチェッカーでアルコール中毒を防止!

アルコールチェッカーといえば、口臭のことを思い浮かべます。口臭は自分では気付かないことが多々あるものです。一般的には飲み会の多い季節でなくとも、アルコールチェッカーで自分の数値を知っておくと健康管理にも役立つものとなります。最悪のアルコール中毒症状などは絶対に避けねばなりませんね。

身近で使用できる国産のアルコールチェッカーには、ソシアックのブランドのものや中央自動車工業社のものも活躍しています。ピピッという電子音とともに高い精度によるデジタル数値での表示がなされるデジタルアルコールチェッカーもあります。自分の体内のアルコール残量が確認できる精度の高い便利なものです。

飲んだアルコールの量を、少量〜中加減〜ほろ酔い〜飲み過ぎのように分けて、数値と色での表示段階のあるものは、とても興味を感じるアルコールチェッカーといえます。自分の二日酔いの朝の数値を知っておくのも面白いことです。

一方、業務用としてのアルコールチェッカーは、厳しい運送業や製薬・化学工場そして病院などでも活用され、その使用分野および用途が増えております。とくにアルコールの引火性には注意が必要です。携帯電話との遠隔確認あるいは運転免許証との連動、さらには飲食店の出口でのコインによる自動アルコールチェッカーなどは、アルコールへの意識が高くなっている時代背景です。

タニタのデジタルアルコールチェッカー

アルコールチェッカーが出現してから、吐息の中のアルコール成分はかなりの精度で検出されるようになりました。勤務先での会話で、お酒くさい人との体験はだれしもあるものです。仕事帰りの"ちょっと一杯"でも、家族には迷惑なことがあります。病院でもとくに注意が必要ですし、人の集まるところではとても不愉快なことです。

特に自動車の飲酒運転では、いうまでもない大問題です。そのようなときに必要なアルコールチェッカーは、人の呼吸気中の含まれるアルコール分を数値的に的確に測る器具です。タニタのアルコールチェッカーは、口臭チェッカーと同様に息を吹き込んで電気的センサーで測ります。

飲酒後からの経過時間によって、人によっては少なくなったり、さらにはまったく数値反応が出なくなるものです。自動車については、「酒気帯び運転」や「酒酔い運転」などが規定されています。アルコールチェッカーによる測定数値は、呼気の1リットル(l)中のアルコールの量をミリグラム(mg)で表示します。それによって罰金などが課せられるものです。

日本の国産のタニタのアルコールチェッカーは、色彩をともなったデジタル数値などで表示されます。しかし諸外国からの輸入品もあって、交通事情の相違で的確でないこともあり、注意が必要とされています。いずれのアルコールチェッカーとももハンディタイプであり、乾電池で作動する携帯には便利なものです。 

アルコールチェッカーでアルコール分を測る!

アルコールチェッカーは吐息の中のアルコール成分を検出するアイテムですね。人の口臭は、とくに日本では外国食品の増加、そして口内炎や高齢者の老化現象の現われとして意識され始めています。なかでも問題はお酒類によるものがとくに大きく、社会的に問題視されています。

アルコールチェッカーは、口臭チェッカーと同様にそこでの働きが重要視されています。"百害有って一理無し"は煙草のことですが、"酒は百薬の長"とは、うまく言ったものです。しかし、"酒に飲まれず、酒を飲め"というように、お酒におぼれてしまってはすべてが台無しです。そのことが、問題視されざるをえないものです。そのようなときにアルコールチェッカーは、威力を存分に発揮してくれる必要なものです。

すなわち、ハンデイスタイルの簡単な器具で、口臭チェッカーのように息を吹きかけることによって、呼吸中のアルコール分を数値的に測るものです。飲み過ぎの翌日や二日酔い時、さらには自動車の運転前には、アルコールチェッカーは欠かせないものともなってきています。

交通関連では、深夜での交通取締りで、アルコールチェッカーによる検問も多くなされています。一部の自動車メーカーでは、運転ハンドルにアルコールチェッカーを装備させて、ドライバーの呼吸内のチェック指数によっては、エンジンがスタートしないものをも開発しています。