愚直に基本 

2006年09月29日(金) 1時31分
いつも後から書く時は日付が変わってても
時刻とかを調整して内容に合った日に合わせているんだけど
今日は面倒くさいのでそのまま書きます。帰って来たばっか

今日は今後僕が中心となって進めていくISO取得に関して
次第に具体的になってくる取得までの過程の予定について
名古屋のとあるでかいオフィスで話し合ってきた

今回ISOコンサルタントをお願いした某おじさんは
経歴を見る限りこの道ではかなりのキャリアで
元は○ニーでISO関連の辣腕を振るっていたお方
この人さすがに仕事が出来るというか
一つ一つが大変緻密で丁寧な辺りはすばらしいのだけど
こちらの状況とか進行具合をあまり考えずに
とにかくガンガン進んで行くタイプらしく鼻息荒い荒い
早く具体的な話を進めたくてしょうがないらしくて
どんどん前のめりになるもんだからちょっと空回りしてた

しかしまあ経験や知識に関しては文句が無いことは
話していても伝わってくるのでこの人と一緒にやれば安心そうだ


それはそれとしてここのところ色々あった為に
延び延びになっていたゴルフの練習場にみんなで行くことに
アレ以降一人でちょこちょこ打っていたけれど
なかなか上手く行かないので誰かに見て欲しかったのさ。

今日はうちと名古屋の間にある甚目寺のニッケって練習場。
ここはなんか球がいいらしくて人気があるとは聞いていたけど
混んでてなかなか入れなかった。すごい人だったなあ。

しかしさすがに人に見てもらうと違うもので、
まあ単純に俺の集中力の問題もあるけれども
今日はミスショット激減で満足の行く当たりもしばしば
お、このまま上達すればコースデビューも早いな、と
我ながら自画自賛できる練習内容となった

今回注意されたところはまさに基本中の基本で、
結局は当てよう、強く叩こうと力んでた部分を修正しただけ。
いかに集中して正しいスイングをするか、という点では
ゴルフは本当に精神面の大切なスポーツと言える。
これは射撃、弓道、アーチェリーとかに近いんじゃないかな?

俺が長年剣道をやって良かったと思うことは数多いが
その中でも俺の本来の性格にとって大変ためになったのは
剣道によって愚直なことのすばらしさを学んだということだ。
人間どうしても楽にかっこよく要領よく事をこなそうとしがちだが
結局最後にモノを言うのは地味な積み重ね、
つまりは反復練習の回数だと言うことを身体で理解できた。

特に若い頃なんかはうわべの才能がうらやましく見えたり
早く結果が欲しくてその場の小細工でごまかしたくなるし
実際それで結果が出ることもあるし、
逆に言えばやってることのレベルもその程度だけど
やはり事の内容が深まれば深まるほどに
かけた時間の効果は如実に反映してくる。

ゴルフもそうだがこれから手がける仕事も然り

今日は7時半から11時までみっちり打って
その後同僚たちとファミレスで話しながら飯食って来て
とてもいい気分で眠れそうだ。おやすみ

ばとぅぅぅ〜〜〜ん 

2006年09月21日(木) 23時24分

mixiで引っかかったバトンらしい。

1.朝起きて始めにすることは?
 腿上げで目を覚ます。

2.これだけは欠かせない、日常的なこと
 煙草と素振り

3.好きな食べ物3つ
 梅干、生姜焼き、きんぴらごぼう

4.嫌いな食べ物3つ
 ところてん、ピータン、ゲテモノ類

5.踏まれたくない地雷は?
 ウザいんだよ(

6.最近一週間で嬉しかったことは?
 兄貴が結婚したこと
 
7.最近一週間で悲しかったことは?
 生まれた時から僕を知っている事務のおじさんが事故で亡くなったこと

8.今使ってるシャンプー&リンスは?
 ハーバルエッセンス

9.お風呂ではじめに洗うのは?
 ちんこ。                  (嘘。ホントは顔)

10.恋愛とは?
 繁殖行動の前段階。

11.恋愛は手のひらで転がすタイプ?
 転がすのに夢中になって転ぶタイプ

12.あなたの長所
 正しいと思ったことをはっきり言える、行動に移せる。
 ピンチの時にあせらない

13.短所
 行動に移すのが遅い。不精。 
 短気。喧嘩っ早い。

14.動物にたとえると?
 ふくろう、とよく言われる。猛禽類とか。
 獲物を見つけたり危険を感じると目が光るかららしい。

15.弱点は???
 過去の傷を突かれると弱い
 ベタな感動に弱い

16.寝る前にすることは?
 コンタクトを外す

17.リラックス・ストレス発散法は?
 剣、酒、博打

18.大好きな季節
 照りつける太陽に気が遠くなりそうな夏

もうすぐ結婚式 

2006年09月14日(木) 22時14分
昨日行き損ねたゴルフの練習に今日も行けず。
身体がだるい、ような気もする。
昨日はどうやら電話を数本取り逃してたようだ。しまった。

明日はなんとしても靴とネクタイを買わねばならない。
礼服に合わせるべきものが無い。

東京から帰って10分でゴルフ 

2006年08月27日(日) 23時44分
変な夢にうなされて
危うく泊めてくれた友達に膝蹴りを入れそうになった僕です。

今日は昼飯を一緒に食う予定だった友達から11時になっても連絡が来ず
とりあえず新宿まで出て来てうろうろしてたら電話が来て
なんかその子のおうちまでご飯を頂きに参上しました。

なんか彼のイメージと違ってちょっと古さの残るステキなおうち
しかも部屋とかもいい雰囲気にアレンジしちゃって俺と大違い。
結局ビール飲みながらロンドン時代や今の話をして
その後24時間テレビ見ながらマッサージチェア借りたら
結構ぐっすり寝ちまった

彼のおうちをお暇したのが5時過ぎだったか。
結局8時に名古屋に着く新幹線に品川から乗り込んだんだけど
その中で読んだゴルフ雑誌に触発されて
無性に振りたくなったので名古屋駅できしめん食って
家に着いたのが9時ちょっと前で
それからそっこー着替えて家の近くの練習場まで行って来た


前回は膝の交互の曲げ伸ばしを意識してみて上達したが
今回はまずは社長の教えに従って

ボールを片方の目(俺の場合右)だけで見る
頭の位置を動かさない(バックスイングで引き過ぎない)

さらに雑誌にしたがって

右手の位置を修正
肘を絞り過ぎないように多少外に開く意識


これがめちゃくちゃ上手く行って球が上がる上がる
当然飛距離も俄然伸びて来て
たまにあるミスショットを除けば大体100ヤード近くまで、
美しく飛んだ時は150ヤードくらいまで飛んでくのですげー楽しかった
打撃音もかなりいい感じに響くものが増えてきました
(ちなみに僕は7番アイアンしか練習してません)

特に肘の修正が効いたらしく、
よくよく考えるとこの肘のバランスは剣道の構えの時の感じに近くて
それが劇的な変化をもたらしたものかも知れない、うんきっとそうだ

そんなわけで今日の僕はすっかりいい気分で帰って来たのでした
こりゃコースデビューはもうすぐか

低反発で備長炭な枕 

2006年08月25日(金) 22時15分
今日は実は東京出張だったはずだが無くなった

なんかもともとは明日の朝の会議に俺が出るはずだったが
どうせ俺が出てもしょうがないってことで無くなった上
その後の会議に使う資料の作成というか
それに関する打ち合わせが長引いて結局今日は東京入りせず。
明日改めて昼くらいまでには行くことになった。
モテる男はツラいぜ


んでまあ仕事が終わってからハンズメッセに行って見た。
いや、すごい人だった

そもそも俺はバーゲンとかセールとかそういうのが嫌いだが
何が嫌だって大体安売りするものはロクなもんがない。
いや確かに掘り出し物があることはあるのは認めるが
とてもそれを探し出す労力に見合うとは思えないのが俺。
んで大体俺の欲しいモノはセール対象外なんだよね。

結局今日もセール品以外ばっかり見て回った挙句、
車止めた時すれ違ったお姉さんが買ってたのと同じ
「備長炭低反発チップ枕」(1990円)を購入

まぁ要するにこいつは流行の低反発にしたら異様に安い。
それだけに品質もそれなりなように俺には思えた。
だって俺低反発ってなんか気持ち悪くて好きじゃないんだけど
こいつったら指で押しても戻って来ないあの独特な
低反発の特徴があんまし感じられないんだもんよ。
きっと適当だ

結局売り場面積の問題で隅っこに押しやられたハンガーレールも
廉価版が売り出されてた麻雀マットも買わずに
消化不良のままハンズメッセを後にした俺。
これだからセールってやつは嫌いなんだぜ。
そういえば期待してたジッポや腕時計もろくなの無かった。
欲しいやつは全部イベント対象外だったよ。


帰りがけに姉貴と藤が丘の「ステーキのあさくま」まで行って来た。
なんかここには万博のドイツ館の一部が移築されてるらしい。
なかなか雰囲気がある店構えにはなっていたが
俺はどうもこの地ビールっぽいやつが苦手だ。
いや、旨い奴は旨いんだがフルーツビールっぽいのは
なんだかどうも肉料理とかに合わん。油が流れない。
やっぱり肉には普通のラガーだな!と思った夜

爽やかに汗だく 

2006年08月24日(木) 23時08分
今日は昼から来客があるということなので
公私がかなりめちゃくちゃになってる俺の朝の仕事内容は玄関掃除

こいつがまた今日は朝からめちゃくちゃ暑くて
愚直に石の床を雑巾で拭いては絞るの繰り返しの作業で
俺の全身からじゃんじゃん汗が噴き出す

まあそんでも肉体労働の汗ってやつは爽やかなもんで
途中近所のおじいちゃんに話しかけられたり
車で来た次長さんに褒められたりと悪い事ばかりでも無かったさ


そして晩飯を食った後には近くのゴルフ練習場へ。
前回の練習で周囲のゴルフ人口の多さに気づいた俺は
オフタイムでの親睦と結束を高めるためには
俺様の一刻も早いコースデビューが不可欠であると理解したッ

ベン・ホーガンを絶対の真理とするくせに
結局なんだか自分流のよくわからんスイングをする
うちの親父の教えに見切りを付けて
わが社の社長の石○さんの指導に従って練習することにして3回目。
今日も愚直に7番アイアンで足を閉じてハーフスイングに没頭する。

今日の練習場はやたらと混んでいて隅っこの席しか空いてなかったが
俺の前2つの打席では俺と同じくらい初心者の坊主頭の子2人が
お父さんに教えられながら一生懸命にかっ飛ばしていた
「お前らも大変だな・・・わかるよその気持ち・・・!」とか思いつつ
見てもあんまり参考にならないスイングなのでひたすら自分の練習。

最初の方こそぼてぼても出したが
何だか3回目なのにも関わらず随分方向は安定してきた
それでも大体150球打って50球くらいはあさってに飛んだわけだし
真っ直ぐ飛ぶ時だって飛距離が50ヤード前後のことも多いわけだから
まだまだと言えばまだまだでコースデビューには程遠い。
それでも15球くらいはきれいに上がって100ヤードを越えて行ったし
まあこの調子で練習していけばそのうちなんとかなるだろうと
レベルの低い自画自賛をして家に帰った俺。

いやあ、今日はよく汗をかいたなあ
 

シマってました 

2006年08月23日(水) 21時47分
俺もそろそろこのどうしようもなく散らかった部屋を何とかせねばと思い、
仕事が終わったらかねてより狙いを付けていた
東急ハンズのハンガーレールを買いに行こうと思っていた。

ついでに来たるべき麻雀大会向けて麻雀マットも買おうかと
姉貴を名古屋に送ったついでに名古屋駅駅ビルツインタワー内
高島屋に併設の東急ハンズにいざ、繰り出してみた。






そしたら全店舗閉まってたよジュリエット


なんか明日から1週間ハンズメッセとかいうやつなんだってさ。
久屋大通店の方も閉まってるらしいので仕方ないから帰って寝たよ。

ジッポとか時計とかも置いてあるみたいだし改めて見に来よう。
ってか俺友達の家行ってから腕時計が無いんだけど。
忘れてきたのかなあ・・・

豪雨の明治村が浴衣デー 

2006年08月17日(木) 21時21分
どうも連夜の肉と酒がたたったのかそれとも体調不良か、
俺の腹の調子の悪さがなかなか治らない。

軽く仕事に顔出すついでに先生に診てもらった
結局なんか胃が荒れてんだろう、ってことで
消化剤と消炎剤みたいなのを処方してもらった。

ついでに近くの市民病院に連絡してもらって
午後から皮膚科で金玉の裏を見てもらう。
こいつの激痛もかなりのもんだ

別にこれくらい見られるのはどうってことはないんだが
研修医っぽいなんか若くてちょっとイケメンのお兄ちゃんが
めちゃめちゃ俺の股間に顔近づけて見るもんでビビッた。

結局単に汗で蒸れたのと山道の横Gですれたんだろってことで
軟膏を処方してもらって帰って来たんだがこれが案外利いた。
しかもパンツをぴったりしたのにするとタマが動かなくてイイ
しかし処方箋持ってった薬局のお姉ちゃんが
妙に若くてかわいかったのにはだいぶ閉口した

ところで夏の明治村は浴衣デーってやつがある。
浴衣を来て行けば女は無料で男は割引。
まあちょっと足を伸ばせば行ける距離だし
花火もやってるってことで出かけてみたんだが結構混んでた。
夜の明治村は雰囲気がある、とも言えるが
場所柄的に(田舎)ちょっと暗すぎる感じもしたかなあ・・・。
まあそれでも浴衣の女の子がそぞろ歩いてる光景は
華やかだし夏の風情もあって見てて楽しいもんだったよ



しかし事件は花火開始5分前に起こった

まさにバケツをひっくり返したような豪雨でみんな避難
いや、実際には急すぎたのもあって全然避難できてなかったけど。
そんな中でも花火は決行されて
きれいなんだかよくわからないうちに夏の雨空を彩っておりました

なんかもともと天気はあんまし良くなかったのだけどね。
結局ずぶ濡れになりながら花火見て
焼きそば屋のおっちゃんと笑いながら話して焼きそば食った。
雨は30分ほどであがって、そしてその頃には閉村時間。
ま、でもそんなハプニングがありながらも結構楽しい時間でした

帰りがけの天主堂前で。

踊る阿呆に見る阿呆 

2006年08月15日(火) 23時59分
俺の2006年お盆休みの高山旅行も最終日となり
中日にだらだらした分この日はかなりの強行軍だった

朝から早起きして朝市を見に出た後は
ホテルをチェックアウトして飛騨の里へ。

ここ以前にも来た事があるんだけど結構面白くてね、
飛騨高山の歴史や民俗風俗を楽しく見せてくれる。

写真↓





んでその後高山城にも本丸まで上ったりして



それでとりあえず今回は高山とはさようなら

結構下道も混んでるかと思ったら市街を抜けたらわりと流れてた。
何気にここまでの道中ですでに俺は結構疲れてたわけだが
連れの意見でなんと郡上踊りを見て行くという暴挙に出る。
(郡上踊りに関しては8月13日の日記を見たまえ)

こいつは中部地方では相当有名な馬鹿騒ぎなわけだが
とにかくかなりの人手がある。しかも車でのアクセスが悪い。
まあ15日だから多少マシかな〜とか思いつつも
4夜連続の徹夜踊りの真っ最中でもある

急激な方向転換のためグネグネの山道をひたすら抜けて
一路、郡上八幡へと向かった俺たちだが
6時頃には到着したせいかわりと渋滞も大したこと無かった

実はこの時点で疲労困憊だったが、
かなりあっさりといい位置に車が止められた事もあって
駐車場近くの銭湯でゆっくりと疲れを癒す時間が出来た

それまではやる気なんてゼロの俺だったが
案外身体なんて単純なもんで風呂に入ると俄然元気
郡上音頭の祭囃子が聞こえてくるとスイッチが入って
いつの間にか昔踊った振り付けを思い出しつつ輪に参加。

いやあ、お祭りってこんな楽しいもんだったんだねぇ



結局11時くらいまで踊り倒してから名残を惜しみつつ帰宅。
さすがに散々っぱら遊びまくったから疲れてすぐ寝ましたよ

28歳飛騨路を往く 

2006年08月13日(日) 8時13分
ああ、なんて爽やかな朝
               
やっぱり人間年齢が変わると昨日までの景色も違って見えるねッ!(嘘

とは言え俺には今日早く起きなくてはならない理由があった。
今日から28歳になってスーパーパワーアップした俺様は
幼い頃からの縁の地である飛騨高山にチラッと行くのだ。

そもそも飛騨高山とは一刀流の流れを汲む剣豪山岡鉄舟先生の・・・(以下ググれ

東海北陸自動車道から中部縦貫自動車道がずどんと突き抜けたことで
以前に比べて高山に行くのは大変楽になったわけだが
それにしてもこの時期は岐阜県南部の美濃は郡上八幡において
俺様の生誕を祝って連日の徹夜盆踊りが催されることになっている

まあ俺様が生まれる前から何百年も祝って踊っていたことは評価できるが
何せこいつら1945年の終戦玉音放送の後にも踊っていたというから
その根性はなかなか筋金入りで大したもんだ

郡上八幡 郡上踊り HP
 
しかしこれはこれでいいんだがこのイベントのおかげでこの辺渋滞する
なので俺は早起きしてなるべく混まないうちにぶっ飛ばしたかったのだった。

予定よりやや?遅れて出発は9時頃だったが
やはり案の定渋滞につかまってしまった。
岐阜ナンバーの車のマナーの悪さに文句を言ったり
なんかやたら遠い国のナンバーに驚いたりしつつ炎天下の渋滞を我慢したが
なんだかんだとお昼時には高山西インターを降りて
目的のホテルで遅めのランチを取ることが出来た

結局この日は陣屋や旧市街などの簡単な観光に終わったが
久々の夏の飛騨高山、なかなかいいもんだったぜ