谷根千散歩 

June 26 [Sun], 2005, 23:32
今日は谷根千地区(谷中・根津・千駄木)を散歩しに出かけました。

ちなみに、先日の日記では鎌倉を予定していたけれど、
やっぱり鎌倉は遠い・・・。
遠いと1人は少しだけ淋しいので、控えることにしました。

***

まず、行きは山の手、日暮里駅で下車。
・・・が、降りてすぐに気に入っていた日傘を社内に
置き忘れてきたことに気づく。

駅員事務室を訪ね、社内を探してもらうことになった。
駅事務室に15分くらい滞在したのだが、
駅員の仕事というのをこのように間近で見たのは初めて。
とにかく、すごいなぁと思った。
先日よりJR西日本の事故についてマスコミでも色々と意見が
飛び交っていたが、電車の仕事は本当に分刻み。
毎日、あの分刻みの仕事を滞りなく安全に進めるのだ。
サービスを受けている我々はそれを当然のことのように
受け止めているが、それは職員の皆さんの努力や
気配りの上に成り立っているということ。
・・・日傘の有無の回答を待っている間に、
そんなことを考えさせられた。

なんだか不注意で置き忘れた傘を探してもらっている
自分のことが恥ずかしくなった。
結局、傘は見つからなかったけど、今回のことでいい経験を得たと思う。

***

 

写真は、根津教会(木造の古い教会なのです。)の紫陽花、
そして、木造の串揚げ屋「はん亭」。

お腹は減っていたし、暑さでヘロヘロでしたが、
「はん亭」は、さすがに一人で踏み込めるような店でもなく、
(それ以前に予約でいっぱいなのでしょうが)
今回は断念。 次回は、是非食事をしてみたい。

***

帰りは上野まで歩く。
不忍池のほとりで仲のよさそうな老夫婦を見る。
とてもよいかんじ。

本当に暑く、疲れたので、甘いものが欲しくなり、
以前、こちら方面に勤めていた頃よく寄っていた中華粥の店に
杏仁&マンゴーソフトクリームがあったことを思い出し、
足を向ける。
・・・が、店は閉店していました。
大好きだっただけに、とても残念。

***

大好きだった日傘との別れ。
杏仁&マンゴーソフトクリームも消滅。
谷根千はとてもいい街ですが、
なんだか今日は淋しい散歩道になりました。

暑い・・・ 

June 25 [Sat], 2005, 17:39
暑いですね。
暑すぎて、溶けそうです。
むしろ、余計な脂肪なんかは
溶けてしまって落ちてほしいものですが。

とにかく、暑いのは苦手。
そんなこんなで、今日はまだ一歩も家を出てません。

ただ、こういう天気で一番嬉しいのは、
洗濯物からお日様の匂いがするところ。

あと、冷たいおやつと麦茶が美味しいこと。
今日は、白玉だんごを作って食べました。

さ、風も涼しくなったことだし、
そろそろ外へ出ようかな。

カレー屋と洋食屋について 

June 24 [Fri], 2005, 23:41
今日は、親会社(うちの会社のお客様)の
お茶の間系必須電気アイテムの開発をしている
某カンパニーの商品企画の方を招いて勉強会がありました。

・・・って、その今回の講師であるその方を見てびっくり!!

み、見た目、宅八郎なんですけど・・・。(汗)

い、一応スタイリッシュなイメージの強い会社なだけに、
こんなにオタク系だったことに衝撃を受けました。

しかし。
一旦、話が始まると、その方の話にどんどんと
惹き込まれてしまいました。

その中でも、最も面白かったのが、
商品ラインナップの話。

ラインナップ展開には、大きく分けて2つがある。
それは、カレー屋的展開と、洋食屋的展開。

カレー屋的展開の場合、
そこには基盤としてのカレーがあり、
トッピングで付加価値をプラスしていく。
ただし、なんでもかんでもトッピングしたから
美味しいわけでもない。
ターゲットに好まれるトッピングを見定めて
載せていくことが重要。

洋食屋的展開の場合、
そこには共通した
「トッピングなしカレー」のような土台はない。
「ハンバーグ」「オムライス」「スパゲティ」・・・が
並んでいる。
つまり、目的別、ターゲット別の商品が並ぶ。
食べる人は、自分の好きな料理を選べる。
しかし、ひとつひとつを熟練した味に仕立てるのには
「カレー屋」よりもずっと鍛錬(金額的、時間的投資)が
必要なのだ。

そして、やはり初めはカレー屋として始まっても、
市場が一旦成熟すると、洋食屋的展開が求められてくることが多いという。


講師の方の言葉をそのまま使うわけにもいかないので、
カレー屋と洋食屋を例にしてみました。

とにかく、こういう知識に触れるチャンスが
いくらでもあるのが、今の仕事のよいところ。
これでまた来週も頑張れるかな。

更新滞りです。 

June 08 [Wed], 2005, 23:53
すみません、微妙に更新滞りです。

じ、実は、mixiのほうでは毎日のように日記をつけています。

でも、mixiのほうはどちらかと言うと内省的なものは避け、
一般的な話を書き、
こちらのBLOGのほうでは、比較的、本音吐き出し系のスタイルで
いこうと思っていたのです。

つまり、書き分けを目指していたのですが。
でも、なかなかそれもできずに、今はmixiへのUPが中心の状況。

毎日毎日、私の頭や心はフル回転で、
見えるところ、見えないところで、
浮いたり沈んだり、悩んだり笑ったりです。

上手く吐き出しながらこれからもバランスを取っていこうと思ってます。

アートに会う土曜日 

June 04 [Sat], 2005, 21:49
今日は、森美術館@ヒルズに行って参りました。
実は数ヶ月前までは毎日通ったヒルズ。
一晩明かすこともあったんですけれど、
その仕事を離れてからは、1度も行ってなかったです。

今回の森美術館に関しては
友達を誘ってみたりしたのですが、
都合も合わず仕舞いで、結局一人で行きました。

今、やっているのは、
■秘すれば花:東アジアの現代美術
■ストーリーテラーズ:アートが紡ぐ物語
■アルマーニ展
です。

もともとは上の2つが観たくて行ったんですが、
たまたま開催されていたアルマーニ展もかなり良かったです。

トータルで3時間半くらい居てしまいました。

あと、上層階からの景色。
毎日通ってた時には、目の端には留まりながらも、
風景でしかなかったその景色が
今日はまた違った色をもって飛び込んできました。

真似ではなく、考えてみること 

June 01 [Wed], 2005, 12:18
新しい仕事に就いてやっと1週間。

最初は無理やり説得されて入社した感じなんですが、
(ほんとは、内定を受けたものの、
  他社から別の内定をもらい、
  そちらにのりかえようかと思ってました。)
なんとか軌道にのってきた。

とは言いつつも、年収も下がったし、
遅くまで仕事は辛い。。。(しかも残業代なし。)

ただ、今日ちょっと救われた。

それは、チューターであるチームのリーダーと、
とある調査の設計をしていて、
その人が言ったこんな言葉。

「真似をして滞りなく仕事をすることは、
 君は今までもやってきただろうし、できるだろう。
 だから今は、とにかく悩んで、考えて欲しい。
 答えなんて、何通りでもあるのだから。」

うーん、そんな風に育ててもらったことって、なかったなー。
今までの仕事では、とにかく慣れさせられて、
人手不足の穴をがんがん埋めてきた感じでした。

始まりは微妙でしたが、ここに来て良かったかも。
とにかく前向きにいきまっしょい。

母との電話。 

May 29 [Sun], 2005, 22:01
今日、実家の母から電話があった。
母とはだいたい、週に1回は話す。

私は、もともと、私の母はのらりくらりタイプだと思っていた。
だが、本当は違う。
母は、人の心への共感性が高く、繊細な人である。

私がそれを知ったのは、離れて暮らすようになってから。

もともと私は家族に対して自分のことを話さないタイプだった。
学校で楽しいことがあったときも、辛いことがあったときも。

でも、離れて暮らすようになって、
なんだか自分の思っていることを母に話せるようになってきた。
そしたら、母がそれについて、彼女の解釈を話してくれるようになった。

改めて母という人物を私は知ることができた。


今日は、私が転職活動に終止符を打ち、
新しい職場に勤務するに至った経緯を話した。
その経緯は、結構ネガティブな部分が多い。

母は、
「そんなに考えすぎちゃいかん。
 YUはいつも考えすぎて自分を追い込むっちゃけんね。
 何とかなる、と思わなね。
 いつでも帰ってきたらよかっちゃけん。」と言った。

私は、泣いてしまった。

泣いていると悟られるのは、恥ずかしくもあり、
母に余計な心配を掛けるので、必死に隠した。

私は、母の子として産まれてよかったと思う。
そして私もそんな風に思われる「母親」になりたい。

mixi参入 

May 29 [Sun], 2005, 12:28
こんにちは。
最近ご無沙汰してました。

今週は色々・・・ほんとに色々ありすぎて、
やっと週末になって、頭や心の整理がついてきたところです。

詳細については、また別途、書き吐き出しますね。


さて、それは置いておいて。
mixiに参入しました。
ちょっと、業務上で必要な部分も有りまして。
mixi内にいる方は、是非声かけてください。
ここらへん↓にいるので。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=751358

ではでは。

人形町 

May 24 [Tue], 2005, 9:29
ここのところ面接のため、立て続けに人形町通いしてます。
下町風情のいい街です。
写真は路地裏の猫。

いい街だけど、家から遠いよー。乗り換え2回。
通勤のストレスも毎日の暮らしを左右する重要なファクターです。

映画リスト 

May 22 [Sun], 2005, 16:51
無職の暇を利用して、けっこう映画やDVDを観てました。
試写会にも出歩いて。

折角なので、ちょっとここ1ヶ月くらいの鑑賞リストでも書き出しとこうかな。

*エターナル・サンシャイン
*ニライカナイからの手紙
*スカーレット・レター
*花とアリス
*世界で一番不運で幸せな私
*木更津キャッツアイ 〜日本シリーズ〜
*恋愛小説
*踊る大走査線2 〜レインボーブリッジを封鎖せよ〜

こんな感じです。週2のペースですね。

私の感触で良かったのは、
「エターナル・サンシャイン」
「花とアリス」           です。

「エターナル・サンシャイン」は、私はストーリー、好きでした。
どうも巷では評は割れてるんですけどね。
音楽も良かったですよ。

「花とアリス」に関しては、ストーリーより、映像としてすごい、と思いました。
岩井俊二さんは、光の使い方が本当に繊細だな〜、と。

あと、
「ニライカナイからの手紙」 「スカーレット・レター」 に関しては
試写会でした。

「ニライカナイからの手紙」は、7月くらいに公開なのかな?
ストーリーは、途中まで観ると結論は大体予想できますし、
王道ではありますが、やっぱり涙に誘われました。

「スカーレット・レター」は、主演女優が自殺してしまった、
いわくつきの映画です。
(私は詳しくは知らなかったんですが、
 事件当時ワイドショーでもかなり取り上げていたらしいですね。)

・・・、その事実は別としても、ストーリーとしても、
「救い」のある映画ではなく、
人間が愛によって追い詰められるということを
その狂気性から切り取ってる映画で。

あんまり独りで見るのはお勧めできないかも。。。(特に女性)
恋愛関係(もしくはその前段階とか)の異性と見るのもちょっと。。。
女性同士、もしくは恋愛感情の持ち込まれない男女なら、
観終わった後に、面白い談義ができるかも知れません。
P R
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像YU
» 更新滞りです。 (2005年06月11日)
アイコン画像MIYAMAN
» 更新滞りです。 (2005年06月09日)
アイコン画像YU
» 真似ではなく、考えてみること (2005年06月04日)
アイコン画像MIYAMAN
» 真似ではなく、考えてみること (2005年06月02日)
アイコン画像YU
» 母との電話。 (2005年05月30日)
アイコン画像めんたいこよ
» 母との電話。 (2005年05月30日)
アイコン画像YU
» ダメ女度 (2005年05月26日)
アイコン画像めんたいこよ
» ダメ女度 (2005年05月25日)
アイコン画像YU
» 期待と不安と賭けと私。 (2005年05月19日)
アイコン画像ワタナベ
» 期待と不安と賭けと私。 (2005年05月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cheeky-cheeky
読者になる
Yapme!一覧
読者になる