女レベル 

2005年07月21日(木) 9時32分
友達と恋愛の話をした。
その子も最近とても辛い失恋をした。

あたしもつらい恋愛してたはず。
その当時はいつもいつも泣いてた。
けど、今思い出すのはいい思い出ばかり。
たっくさんあるはずの辛かった思い出は、今になると小さくなってしまっている。
今思い出すといい思い出がたくさんあって、彼とまた付き合ってもいいのかななんて思ってしまう。
けど、それは甘い罠。

今、彼と1ヶ月近く会ってないし、連絡さえ取っていない。
彼からも連絡がないってことは、私が彼に対して連絡を取っていないように、
「わざわざ連絡を取るほど気にはしていない存在」なのだろう。

ま、いっか。

彼とダラダラ友達関係で続けたら、理性を失って、復縁なんぞしてしまう可能性もある。

冷静に考えて、あたしは彼のどこが好きだったんだろう。
まず、一番に「男としての魅力」に惹かれていた。
これは胸を張って言える。あの体つきは理想。
筋肉、素敵。
けど、肉体関係が合っていたわけじゃない。むしろ足りないくらいだった。
性的に満足はしなかったけど、あの肌に触れるのが好きだった。
男レベルが高い男だった。
ムラムラってくるし、私は彼の彼女って嬉しかったし。
けど、人間レベルは低かった。
見栄っ張りだし、自己中、人の話も聞けないし、貞操観念がなかった。
所詮そんな男だ。

彼が元カノに言われた、
「あなたとつきあって楽しかったのは、どこかに連れていってくれたとこ」
ってのが理解できた。

彼とつきあってても、精神的な幸せ・長く続く安心感にも似た幸せは得られない。

そゆこと。

そんな彼とは、恋人でいる必要はない。
ぃゃ、人間性が低いやつと友達でいる必要もないぞ。
相手とつきあって、自分にメリットはあるか。
そこで判断すべし。

そんな結論に至った。


『ちえは女レベルが高いんだから、もっとちえに適う男がいるよ』
友達に言われた台詞。
その通りだと思う今日この頃。

別れてから。 

2005年07月16日(土) 23時52分
7月5日に私から別れを切り出してから、こう言って彼は別れを承諾した。
『うん、別れよう。一度離れるのもいいと思うし、俺、今の自分の気持ちはっきりしないからさ』
彼は別れた後も、
『他人じゃないよ。たまにご飯食べに行くよ』
そして最近、『元気?』ってメールから続いたメールでこんなことを言った。
『本当に悪いことしたな。彼氏彼女の関係で言えば、俺が悪かった。ちえは悪くないと思う。もうちょっとはやく別れるべきだったのかもね。俺自己中だし、あんまり会えないしな。俺も楽しかった。別れたけど、ちえのことをどうでもよくはない。また会って話をしよう。その時に飯でも食べよう。ちえが空いてる日でいいからさ。』

24日に『会って話をしよう』ってことで、会うことになった。
どこで会うかはまだ決めてない。

彼の荷物がまだ私の家にある。
24日に彼は荷物をとりにうちに来るかもしれない。
彼はまだうちの合鍵も持ってる。

6日にメールで別れ話をしてから、会っていない。
会おうと思えば会えた。
学校ですれ違ったとき、話しかけようとすれば、話しかけることができた。
荷物を早くうちからなくそうとするなら、宅急便でも送れた。
けど私はしなかった。
まだ、彼の荷物はそのまま。
彼との写真もそのまま。
まだ時間は止まってる。

試験やテストがあったってのもあったけど、まだ、決心が出来てなかったのかもしれない。
彼との今後を考える時間もなかったし、考えたくなかった。

別れた今、思い出すのは楽しかった思い出ばかり。
まだ冷静に考えることが出来ない。
いろんなひどいことされたはずなのに、楽しかったことを思い出す。
このままじゃダメだ。
ちゃんと冷静に考えれば、もっとイイ男はいるのは分かってる。
彼と一緒にいても、価値観が違うんだから、幸せは続かない。
分かってる。
けど、今会ったら、冷静さを欠いてしまうと思う。
それが自分で分かってるから、会うことを避けていたんだ。

月末、彼に会うまでに、ちゃんと「自分」をしっかりさせよう。
整理できてるんだけど、流されないようにしよう。

彼のこと 

2005年07月16日(土) 22時21分
1年半つきあった彼と別れた。
本当に大好きだった。

自分から好きになって、告白して、つきあった人だった。
幸せだった。彼の本性を、知るまでは。

1年半つきあって、別れて、今冷静に考えて分かったこと。
彼は私と喧嘩して、そのムシャクシャした気持ちのはけ口に、好きでもない女とセックスできるってこと。
彼の異性の友達とのつきあいで、私が「そんなことはしないで。嫌だから」と言ったことを、彼は、私にばれないように、私に秘密でするってこと。
悪いと思ってない。

そんな彼を、なんであたしは彼を真剣に好きになったんだろう。
たぶん、私にないものを持っていたからだろう。
賢さ・行動力・向上心・ひたむきに頑張る姿。
この人の傍にいたら、この人に触発されて、自分も成長できるだろうな、って思った。
なんか、憧れの雲の上の存在だった。

つきあってからも、彼は自分の道を突き進んだ。
私と彼の価値観は違った。
けど、あたしは背伸びして、我慢して、冷静に考えずに、彼の自由奔放な行動を許した。

すごい背伸びしたたんだと思う。
彼の恋愛に対する価値観に、耐えれなくなって、1年半つきあって、別れた。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cheeash5
読者になる
Yapme!一覧
読者になる