哲学的に考える日 

2006年01月26日(木) 1時42分
人間ってなんなのだろう? 別に私は精神的におかしいとか同人系とかではない。でも最近かんがえてしまう。愛というのは人間にだけあるのだろうか?複雑な感情をもつのは人間だけだろうか?
…進化のしすぎも考え物だと思う。進化すればいろいろと発明され、確かに便利な世の中になる。でも汚いことも比例して増えていく。どちらがいいのか。それはわからない。
今働いている職場の上司が転職するにあたって一緒に来ないかと引き抜きの話をされた。今の職場に義理はあるが進められた職場のが待遇が良い。迷ったが行くことにした、が… 今の職場でそのことがバレ、社長がものすごい怒った。。 第三者のように眺めていた私が聞いたのは、引き抜くなら100万置いてけという言葉だ。…そういうものなのか?? 辞めるのは、転職するのは私の自由ではないのか?雇われの身だが束縛される覚えはない。結局上司は100万払い、私を連れて辞めた。社長はかなり汚い手を使い脅したらしい。私は物か?100万で売られたのか? …これでいいのか。。

その後 

2006年01月24日(火) 4時36分
結果的に私はMに思いを伝え、体を重ねた。が、後に続くことはなく何事もなかったように終わった。一日の夢のようだった。 今も好きだがこれが愛なのかはわからない。 私が唯一永遠に手に入れることのできない女なんだろう。
今、女の人を相手に体を売っている。レズビアン専用の風俗だ。 仕事と割り切っているため恋愛にもつれ込むことはない。彼女がいるのに、好きな人がいるのになぜ?と、よく聞かれるが私の方がなぜいけないのかと聞き返してしまう。 風俗も立派な仕事だ。 …といっても私は相手が女性だからこの仕事ができるのだが。愛のないセックスで得られるものがある。言葉では説明できないが…。なぜか本当の自分をさらけ出せる気がする。

レズビアンになった経緯3 

2006年01月14日(土) 22時29分
こんな私の初めての女の子との体験は高校二年の頃だった。その頃仲のよかった友達とバイクの免許を取るため、合宿へ行くことになった。…ヤンキーというかギャルというか…そんな道を歩んでいた私たちはお互い全く愛等の感情はなかった。だが、おやすみのチュウなどといってふざけてキスをしていた。合宿一日目の夜… ど田舎の合宿所だったため、夜になると静まり返り聞こえるのは蛙の声だけ。明かりなんて一つもない…。 そんな所で寝るのは心細いもので、友達のギャルは私の布団に潜り込んできた。いつものようにキスして寝た。…ふりをギャルはしていたのだ。  寝た?と聞かれ私は黙っていた。…もう一度キスをされた。今度はフレンチではないキスを。 初めて本気のキスを女の子とした私は、もう制御がきかなかった。キスをし返すとまた返ってくる。…嬉しかった。 毎晩、そういったことを空想したが自分の望む行為は変態だと思っていたからできなかったのに、実際、女の子とキスをしていてそれが返ってくるのだ。どうしていいのかわからなかった。
 私になら抱かれたい…というギャルの言葉で吹っ切れた。わからないなりに精一杯頑張った。

そこからずっと悩んでいた糸が切れたように同姓でも気持ちが通じ合えば同じなんだ。。と、思えるようになった。 もう一人、また一人、と経験も重ねていった。
変わらないのは壁をつくり、嘘で身を守ること。

大学に入りいろんな子と付き合ったが、みんなどこかおかしく、最終的に束縛されすぎで私が壊れて別れる…というパターンが多かった。 ある子は別れたあとも私の実家まで来て泣きじゃくり、ある子はストーカーとなり私を脅し、ある子は私の携帯の電池がなくなるまで着信の嵐…。。
こっちの世界はそれ程に精神的に強くなければやっていけないのだ。みんな元は普通の子だった。

レズビアンになった経緯2 

2006年01月13日(金) 2時12分
中学の頃の経験を活かし、高校に入ってからは誰とも仲良くならないよう、一人の壁をつくり過ごすようになった。…自分が傷つかない逃げ道を知らずにつくっていたのだ。
しかし、それが逆に目立ったのか、カッコいい、等と学校中で噂になり、先輩も同級生も見に来るような存在になっていた…。一年程たってもそれは変わらずに。
部活動でいい成績を残してしまった事や、趣味でバンドを組んでいたのがいけなかった。。一部分の人間としか接していなかったが告白の数はとんでもなく多かった。女の子も含め。。ただの憧れだったんだと思うが私は違う。だがそんな気持ちは他の子にわかるはずもない。…それが私には憎くうつった。好きでもないが遊んでやろうか、という気持ちになった。
そんな時バンドのメンバーの女の子に恋してしまった。もちろん悟られることのないよう注意していた。…いつも身近にいて手の届くところで笑っているのに伝えられない。。慣れてきたがすごく辛い…。名前はM。今でも好きだ。永遠に報われることのない恋。
じゃれて腕の中にいるMを本気で抱きしめたくなる。変態の行為だといつも自分に言い聞かせ、クールな振りでやり過ごす。好きな男ができたら相談にのり、泣いてる時は励まし。影から支えた。。
どんなに気をつけていても溢れる感情を隠すには足りなかったらしく、Mのこと好きなんじゃない?と友達に聞かれた。いつもMばっかり優しくしてずるい。とのことだった。否定できなかった。このままバレれば気持ちを伝えることができる。でも… 変態と思われたら友達としても一緒にいられなくなる…。
悩んだ。本気で泣いた。息ができなるなるほど初めて本気で泣いた。
カモフラージュでしょっちゅう違う男と付き合っている自分。Mが好きなんじゃないかとはやし立てる周り。こうなることはわかっていたのに。だから壁をつくったのに。…結局同じ事を繰り返し、傷ついただけだった。

レズビアンになった経緯 

2006年01月12日(木) 6時38分
初めに言っておくが、これは私の日記であって決して遊び心で公開しているわけではない。ビアンもホモもみんな真剣に恋をし、普通以上に悩んでいる。この痛みは同じ世界の人間にしかわからないだろう。が、自分の愛した人がもしも同姓だったら。。そう考え、少しでも理解してもらえたらと思う。
ゲイには大きく分けて二通りの種類がある。一つは生まれた頃から同姓を愛している者。もう一つは途中から目覚めるもの。私はどっちなのか今でもわからない。というのは、幼稚園児の頃から年上のお姉さんに憧れ、求めていた。小学生になってからも高学年のお姉さんへの憧れはなくならなかった。私は兄弟で一番上だから年上の人に憧れるのだと思っていた。
だが違った。

中学生になり私は二つ年上の先輩♂と付き合っていた頃。先輩の友達カップルと4人でダブルデートをした。カラオケに行くことになり、先輩・私・先輩の友達の彼女・先輩の友達・という席順で座った。ふと、香水の匂いが漂ってきた。甘い花のような香りだ。…私はその匂いに酔ったのか、頭がクラクラしてきた。気持ち悪い等というものではなく、ものすごく心地よい酔いだ。何なのか自分でもわからずものすごく戸惑った。先輩にもこんな気持ちになったことはなかった。
今考えると、彼女を好きになったわけではなく、香水をつけるという女らしさに酔っていたのだろう。それから私は恋愛対象を女性にも持つようになった。恋愛というものを本当の意味で理解し、考えるようになると今まで憧れだと思っていた気持ちは恋愛に繋がる気持ちだったのか、と悟った。
恋愛感情を女性にも持つようにはなったが、周りはみんな普通に男の子を好きになり、付き合うだのキスをしただのと話すのだ。私の心など言えるわけもない。
何も知らない女の子たちは、私に絡みついたりキスをしたり。 すごく辛かった。
私自身、世の中は男と女が付き合うもので女と女なんていけないことだと思っていたから、自分の気持ちも誰にもわからないよう隠そうと努力していた。恋愛対象として好きになった女の子も、友達 という距離を保ち、友達でいられることに感謝した。何度も何度も自分が男だったらと考えた。私の好きな子に男の子が告白すると、告白できることに嫉妬した。 ぶつけようのない怒りがこみ上げてくる…。なぜ?どうして?…誰に問うでもなく繰り返し叫んだ。

それから二年後…

話し合い 

2006年01月10日(火) 17時18分
去年の末に彼女と喧嘩して以来、その時の喧嘩の話はずっと避けてきた。けれど昨日、電話があり真面目な話がある、ともちかけられた。やっぱり彼氏とのことで、理解する、と言ってくれた。
なんのことかというと、私は家の事情で好きでもない彼氏と付き合っている。…割のいい仕事、みたいなものだ。彼氏は自分がそんな都合のいい存在だというのは知っている。知っていながら付き合っていたいというのだからものすごいMだ。。
月に一度会い、セックスをするのだがもちろん彼女は嫌なのだ。それを理解する、と言ってくれたのだ。常識から考えてありえないことだろう。けれど私には常識なんて枠はない。なくさなければやっていけないから。
彼女からは溢れるほどの愛をもらっている。私は冷めた女で第三者の視線からそれを見ている。。自分のことなのにまるで他人がされているような視線でものを見てしまうのだ。決して彼女を愛していないわけではない。…自分の醜さ、弱さを改めて見る、、という時期なのだ。そういう時期というのは誰にでもあるものなのかな?

このまま 

2006年01月09日(月) 13時37分
とりあえずこの状況を維持することにした。彼女には彼氏と続いていることを隠し、彼氏には彼女がいることを隠し、先生のことはこ心の中だけで想い…。
こんな状況がいつまで続くかわからないけどとりあえずやってみようと思う。
レズビアンになっていろいろなことが見えるようになった。苦しむことは多いけどノンケじゃ発見できなかった喜びもある。固定観念というのがどんなにあほらしいものか。それを知らない人たちに気づかせてあげたい。。

告白 

2006年01月08日(日) 18時58分
先生に気持ちを告げた。答えは曖昧に流された。彼女と私の関係を知っていたのもそうだが彼女が色々と相談していたのもある。先生もどう答えていいのかわからなかったみたいだ。
結果的に振られたのだろうけど、なぜあんな曖昧な答え方をしたのだろう?先生は今、自分が不安定な時期だと言っていた。…どういう意味なんだろう?
きっと私の気持ちを理解しての返答だったのだと思う。先生を好きだけれど、彼女を捨ててまで行く勇気はない。。後悔するのわかってるから。
ここでの先生は女性だ。レズビアンでもある。 どうしたら私は満たされるのか。。


私には焦らなければいけない理由がある。

私はもうすぐ死ぬ。

といってもあと5年程あるのだが。 
先天性の病気で肺が潰れてしまうらしい。死ぬことは怖くない。忘れられてしまうのが怖い。
だから子供が欲しい。たくさんの人に出会いたい。…何かを残したい。
親不孝だと思う。恋愛も生活もまともじゃない。迷惑かけっぱなしの人生だった。普通の人ならここから頑張ればいいと思う。けれど私は…。
重すぎて重すぎてどうにかなってしまいそうだ。
最終的に恋人がいたとしても100%悲しませる事になるだろう。…私はなんなのだろう。
考えても答えはでない。行動してみよう。
風任せに生きて、何かにぶつかったらその時考えて。前向きに生きようと思う。
私のやっていることは間違っているかもしれない。でもそれは生きている証拠なんだ。間違えながら前に進むものなんだ。
ここでこうやって自分の気持ちを打ってるだけで落ち着く。ここは私の鎮静剤のようなものだ。笑

理解不能… 

2006年01月08日(日) 1時33分
自分自身が理解できなくなってしまった。精神崩壊とは違う。…いや、そうなのかもしれない。
彼女がいるのに愛しているのにまた違う人を好きになってしまった…。最近、彼女との仲が危うい状況だからなのか?彼氏もいて彼女もいてそして新たに好きな人がいる。私はどんなに欲張りな人間なのだろうか。。しかもその好きになってしまった人は彼女の担任の先生…。本当に意味がわからない。。
完璧に自立しているから惹かれたのか、憧れが恋に変わったのか。。
どれだけ地獄を見れば気が済むのだろう?っていうか私はドMなのか???
人を不幸にする天才とでもいうべきか。。なんなのだろう。何がしたいのだろう?
事実、先生が好きだ。抱かれたいと思う。
彼女を捨て、それができるか? 私は最低の人間だ。

繰り返し 

2006年01月06日(金) 17時11分
私がレズビアンに目覚めたのは中学生の頃だ。その時の事はまた改めて書きたいと思う。
私はその頃から変わっていないのか?今まで何人と付き合ってきただろう。男は10人程、女は…数え切れない。。成長という言葉を私は知らないのか?
…自分で精一杯なのに誰かを幸せにすることに無理があるのか。いや、私はそんな綺麗な理由で誰かとつきあっているんじゃない。私は私自身の逃げ場を作るため、寂しさを満たすため。すべて自分の為に付き合っているのだ。相手に優しくし、尊敬され頼られ。そんな自分に酔っているのだ。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像レイ
» 哲学的に考える日 (2006年03月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:checkd
読者になる
Yapme!一覧
読者になる