Windows 8 Enterprise お得なプリインストール新発売

April 23 [Tue], 2013, 12:56

Windows 8 Enterprise


Welcome to the genuine windows 8 store. You can buy the cheap windows 8 Key Card. We will give you the best price to buy genuine windows 8 software.Do you need to buy it? GO HERE>>>>



Windows 8 Enterprise 通常版 32bit/64bit(ダウンロード版)




Windows 8には、一般には市販されないものも含めると、 表1 に示す4種類のエディションが用意される。


Windows 8のエディション


Windows 8 Standard


一般向けのエディションであり、Windows 8の基本的な機能をすべて搭載している。他のエディションと区別するときには「無印」、「Core Edition」と呼ばれる。Windows 7の「Starter」「Home Basic」「Home Premium」エディションに相当する。Microsoftの公式HPによると、このエディションは2013年2月1日まで、特定のタブレットとPCに プレインストールされた状態でのみ入手可能となる。


Windows 8 Pro(プロ)


一般向けの上位版およびビジネス向けのエディション。一般向けのエディションに搭載されている機能のほか、ビジネス用途の機能が搭載されている。 「Windows Media Center」は追加で搭載できる。Windows 7の「Professional」「Ultimate」エディションに相当する。Windows 8優待アップグレードキャンペーンではこのエディションが安価で提供される。


Windows 8 Enterprise(エンタープライス)


ボリュームライセンス契約者のみ提供されるため、一般では入手することができない。企業向けのエディション。Windows To Go, DirectAccess, BranchCache, AppLocker等の付加機能がある。


「Windows RT」を除いた、Windows 8の各エディションの違いは、表2のようになっている。


Windows 8の代表的な新機能とエディションごとの機能の違い


表2 では、Windows 8の新機能および各エディション間で差異がある機能のうち、代表的なもののみを記載している。これを見てわかるように、Windows 8で取り入れられた主要な機能のうち、タッチ操作、ストアアプリなど、Modern UI関連の新機能は、そのほとんどが全エディションで共通して使用できる。今回のWindows 8の機能の中では「目玉」といえるものであるだけに当然のことだが、Modern UIだけを使いたいのであれば、エディションはどれでも同じことになる。


違いといえば、「Windows 8」「Windows 8 Pro」ではModern UIアプリをダウンロード・利用できるのはマイクロソフトのアプリストアからか、または自作のアプリのみとなるのに対し、「Windows 8 Enterprise」では、社内サーバなど、自前で構築したアプリストアからアプリをダウンロードする機能がある点だろう。Modern UIで作成された社内専用アプリを配布・使用する用途に使われる機能だけに、通常の利用で、この機能がないからといって困るものでもないだろう。


現在使用中の環境をWindowsシステムやアプリごとUSBメモリなどに保存し、ほかのパソコンでUSBブートにより使用できる「Windows To Go」も、「Windows 8 Enterprise」専用だ。かなり便利な機能だけに、「Windows 8 Pro」でもサポートしてほしかったところ。ただし、別項で紹介するように、「BOOT革命/USB」などの市販アプリケーションを使えば、同等の機能は 実現できる。


「Windows 8」と「Windows 8 Pro」との違いは、「Windows 7 Home Premium」と「Windows 7 Professional/Ultimate」の違いと似ている。Active Directoryドメインへの参加や、グループポリシーなどは、個人ではあまり利用する機会もないだろうが、USBメモリを暗号化してセキュリティを高 める「BitLocker To Go」、ネットワークで離れた場所からパソコンを利用する「リモートデスクトップサーバー」、パソコンのハードウェアを仮想化してWindows 8を含めた他のOS環境を仮想的に使用できる「クライアントHyper-V」などは、「Windows 8 Pro」にのみ搭載されている。これらは個人レベルでもかなり有用で、こうした機能が必要かどうかが、「Windows 8」か「Windows 8 Pro」かの選択の決め手となるだろう。


【サポートされているシステム要件】

CPU:1GHz以上

メモリ:32ビット版は1GB、64ビット版は2GB

ハードディスク:32ビット版は16GB、64ビット版は20GB

画面解像度:1366×768 以上

グラフィック:Microsoft DirectX 9 グラフィック デバイス(WDDMドライバー付き)

一部の機能には Microsoft アカウントが必要です

DVDを再生するには専用ソフトウェアが別途必要です

Windows Media Center ライセンスは別売りです

ライセンス認証が必要になります





http://cheapwindows8key.webnode.jp

http://people.zozo.jp/cheapwindows8key/


価格ダウンロード版 Windows 8 を探す


格安ダウンロード版 Windows 8 を探す


激安ダウンロード版 Windows 8 ダウンロード版 を探す


 Windows 8 日本語版、特価セール中 今ならお買い得間違いなし!


100%認証!日本語版 Windows 8 激安購入!


超得!Windows 8 お得なプリインストール新発売!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cheapwindows8
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cheapwindows8/index1_0.rdf