2009年の流行語について 

2009年12月07日(月) 1時56分
2009年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に「政権交代」が選ばれていました。
それ以外のトップ10は次のようになっています。

・こども店長
・事業仕分け
・新型インフルエンザ
・草食男子
・脱官僚
・派遣切り
・ファストファッション
・ぼやき
・歴女(レキジョ)

ちなみに、過去の流行語大賞は次のようになっています。
2004 「チョー気持ちいい」
2005 「小泉劇場」「想定内(外)」
2006 「イナバウアー」「品格」
2007 「どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」
2008 「グー!」と「アラフォー」


2009年に最も流行した英語の単語は、「オバマ」でも「新型インフル」でもなく、「Twitter」だった――。世界での言語の流行を独自のアルゴリズムで調査・分析している米Global Language Monitor(GLM)が11月30日、2009年の英語での流行語ランキングを発表した。
GLMは「Predictive Quantities Indicator」という独自のアルゴリズムを使ってメディアおよびブログやSNSなどインターネット上の単語やフレーズを追跡・分析することでランキングを出しているという。
2009年の単語およびフレーズのトップ5は以下の通り。なお、IT関連語としては「Cloud Computing」がフレーズの第6位に入っている。
1 Twitter King of Pop(マイケル・ジャクソンの愛称)
2 Obama Obama-mania(オバマ支持者のこと)
3 H1N1(新型インフルエンザ) Climate Change(気候変動)
4 Stimulus(オバマ政権の景気刺激関連で) Swine Flu(新型インフルエンザ)
5 Vampire(映画「ラスト・ブラッド」のヒットで) Too Large to Fail(大型金融機関などの破たん関連で)

ニワンゴは25日、動画配信サービス「ニコニコ動画(9)」視聴者を対象に行った「ネット流行語大賞2009&ケータイ流行語大賞2009 ニコ動調査」のアンケート結果を公表した。調査はニコ割アンケートを利用して18日22時に実施し、約200秒間で9万7573件の回答があった。
「ネット流行語大賞2009&ケータイ流行語大賞2009 ニコ動調査」は、「ガジェット通信」が主催する「ネット流行語大賞」への協力として実施したもの。「友愛」「なにそれこわい」「こまけぇこたぁいいんだよ!!」「バリバリ」など10語がノミネートされた。
調査では、2009年にインターネットで流行した言葉でもっとも「ネット流行語」にふさわしいと思う言葉について、「どうしてこうなった」が最多の 16.82%、次いで「※ただしイケメンに限る」が16.75%とわずかに下回った。続いて「裸になってなにがわるい」12.8%となった。
「ネット流行語大賞2009&ケータイ流行語大賞2009」は、携帯電話向けホームページ作成サービス「@peps!/chip!!」が調査した同様のアンケート結果2126名(女子中学生・女子高生が対象)とガジェット通信が調査したアンケート結果 8583名を合算。最終的な「ネット流行語大賞2009」金賞は「※ただしイケメンに限る」、銀賞は「どうしてこうなった」、銅賞は「裸になってなにがわるい」に決定した。
また、「@peps!/chip!!」が主催する「ケータイ流行語大賞」では、「まじかー」「ガチで」「ニャッピーo(≧∀≦)o」など10語がノミネート。「@peps!/chip!!」のみのアンケート結果をもとに、「ケータイ流行語大賞」金賞が「盛る/盛れる」、銀賞が「ガチで」、銅賞が「やふー\(^O^)/」に決定した。

EXILEが天皇陛下の前で・・・ 

2009年11月13日(金) 1時01分
EXILEのTAKAHIROが、ケータイ音楽雑誌『mu-mo MAGAZINE』の11月号でメンバーについて語っている。
今年6月の創刊以来、浜崎あゆみや倖田來未、東方神起、レミオロメンなどのトップ・アーティストが表紙を飾っている『mu-mo MAGAZINE』。

今号のインタビュー・ページ「TAKAHIROが選ぶBEST OF EXILE」では、彼の素顔を垣間見れる内容となっている。
EXILEのパフォーマーAKIRA(28)MATSU(34)新メンバーのKEIJI(29)が共演する劇団EXILE第3回公演「Words〜約束/裏切り〜」(11月11日まで、東京・青山劇場)が29日、幕を開けた。
コンピューターと人が敵対する近未来を舞台にしたアドベンチャー。KEIJIは、今夏の新生EXILE全国ツアーで左アキレスけん断裂のけがを負ったが、今回の舞台で、完全復帰となる。
現在は同じEXILEのメンバーとともに演技について語り合うことも増えてきた。
眞木は「映画の現場って戦いじゃないですか。人間がやることだからミスもあるし、グッと我慢しなくちゃいけない場面もある。
でもそういう目に見えない空気感こそが、作品に反映される。AKIRAとはこの前、そんな話やいろんな話になりましたね」とし、「それはEXILEの活動にも通じるものがある」と俳優業で得た経験をライフワークであるEXILEでのパフォーマンスに反映させたいと語った。
MAKIDAIと眞木。2つの顔が生み出す保険相乗効果は、ファンのみならずとも見逃せない!
東京の街外れに事務所を構える探偵、M(眞木大輔)。やる気なし、女好き、借金ありのダメ人間だが、どこか憎めない男だ。事務員の女、通称“ママ” (松田美由紀)と二人きりの小さな所帯だが、ママの娘、玲(水野絵梨奈)がいつも事務所に入り浸っている。

かくして、秋元とEXILEの一騎打ちが濃厚か?
秋元は今年前半のヒット曲だからやや影が薄くなっているが、
“アラ還の星”として中高年層に支持されているだけに最適な人です」(同前)

受賞すれば二年連続となるEXILEにも可能性はある。
「今年はメンバーを増やしたこともありテレビ活動が保険 用語積極的で、TBSへの貢献度も高い。
さらに、天皇陛下即位二十年を祝う国民祭典で奉祝曲を歌うという話題性も大きい」(テレビ関係者)
P R
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cheapadm/index1_0.rdf