具だくさん味噌汁

July 04 [Sun], 2010, 17:35
田舎汁が飲みたくなる。
最近は自販機でも味噌汁が定番のボックスも見かける。
でも大根とかは入っていないのが気分を落ち込ませる。
やっぱりすぐ酸っぱくなっちゃうからかな。
それもこれも残念なことだけど。

あれば入れてみたいもの、
野菜全般もそうだけど・・・
こんな機会だから入れてみたいものは油揚げぐらいしか思いつかない。

里芋...2個
食酢...適量
油揚げ...1枚
ニンジン...3cm
ワケギ...3本
木綿豆腐...1丁
だし汁...800cc
みそ...適量





作り方

1.里芋の皮をむき、5mm幅の輪切りにし、酢を加えた熱湯でさっとゆでる。

2.1を水にとり、もみ洗いしてぬめりをとる。

3.油揚げは油抜きし、短冊切りにする。

4.ニンジンは皮をむき、薄切りにしてゆでる。

5.ワケギは小口切りにする。

6.鍋にだし汁を入れて火にかけ、里芋、ニンジンを柔らかくなるまで煮たら、油揚げを加える。

7.みそを溶き、、さいの目切りにした豆腐とワケギを加える。








みぞれ鍋

July 04 [Sun], 2010, 17:22
材料

大根おろし...1本分
タラ切り身...4切れ
餅...8個
豆腐...2丁
生シイタケ...8枚
白ネギ...2本
ミツバ...1束

[調味料]
酒...150cc
みりん...大さじ2
塩...小さじ2
薄口しょうゆ...小さじ3

[薬味]
刻みネギ...適量
カボス...2個
七味唐辛子...適量





作り方

1.タラはひとくち大に切り、熱湯で軽く茹でて水に取り、水気をふく。

豆腐は食べやすい大きさに切る。

2.大根おろしは汁気を切っておく。

ミツバは刻んでおく。

生シイタケは石づきを切り落とし、食べやすい大きさに切る。

3.白ネギは3cm幅に切り、網で焼く。

餅は半分に切り、網で焼く。

4.鍋に大根おろし汁と[調味料]をを入れて、火にかける。

5.煮立ったらタラ、焼き餅、豆腐、生シイタケ、焼き白ネギを加える。

6.具に火が入ったら大根おろしとミツバを加える。

7.各自小鉢に取り、[薬味]と一緒に食べる。








水菜の豆乳スープ

July 04 [Sun], 2010, 17:13
材料

水菜...1/2束
豆腐...1丁
だし汁...400cc
豆乳...400cc

[調味料]
酒...大さじ3
みりん...大さじ2
塩...小さじ1
薄口しょうゆ...大さじ2

[水溶き片栗]
片栗粉...大さじ1.5
水...大さじ4





作り方

1.豆腐は4等分に切る。

2.水菜は根元を切り落とし、4cm幅に切る。

3.[水溶き片栗]を混ぜ合わせておく。

4.鍋にだし汁と豆乳を入れて火にかけ、煮立ったら[調味料]を加え、豆腐を加えて豆腐が温まったら[水溶き片栗]をまわし入れる。

5.水菜を加える。








ポーチドエッグのスープ

July 04 [Sun], 2010, 17:01
止まらない、
料理を創り出すと止まらないことがずーっと続く。


バゲット...12枚(1cm厚さ)
この微妙な厚さがいいんだ。
終わらない続きを感じる厚さなんだ。

ニンニク...1片
玉ネギ...1個
トマト...1個
モロヘイヤ...50g
ベーコン...4枚
オリーブ油...適量
白インゲン(缶詰)...200g

[スープ]
水...1000cc
ブイヨン(固形)...2個
ローリエ...1枚

塩コショウ...適量
卵...4個
粉チーズ...適量





作り方

1.バゲットはグリルで焼き、ニンニクをこすりつけてガーリックトーストにする。

2.玉ネギとトマトは1cm角に切る。モロヘイヤはざく切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。

3.熱した鍋にオリーブ油をひき、ニンニクを潰して加え、香りが出てきたら玉ネギとベーコンを炒め、玉ネギが透き通ってきたら白インゲン豆と[スープ]を加え、煮立ったらアクを取って5分程煮る。

4.トマト、モロヘイヤを加えて塩コショウで味をととのえる。

5.卵を1個ずつ加え、火を通す。

6.器に5を盛り付けてバゲットを添え、粉チーズをふる。

盛り付けにしたって色々あると思うですよ。
真似の仕方といっても、
それなりの基礎っていうのかな、
いやある程度の気持ちです。
美味しく召し上がってもらいたい気持ち。
結構大事だと思います。
作り方の参考はとにかくたくさんのレシピをみて
それっぽく実際に作っちゃうんです。
そうするとこれはいいけど、これはダメみたいな。
そういうのって一番ためになるんですよ。
とりあえず結構長くなっちゃうけどリンク貼っときます。



じれったくなる時にはタバスコをかけるようにしている。
これは南国とか北国とかは関係ない。
わからず屋さんの味覚から逃げるための口実の道具だといえばいいのかもしれない。
あれからもっと知りたくなる辛味がスープという液体に刻んで絡み合っている。
たまらない傷が染みる具合が丁度いい。



少しばかりの皿をおいてみると、
大体のおいしさが伝わって来るときもある。
汁が美味いといって啜ってから何かの具を食べてみるともっと美味しくなるなんて
ことだってあるのかしら。


好みもあると思うので、
参考になるとかならないとか、
確実に美味しいものが作れるってわけじゃないですから
誤解しないでもらえると嬉しいな。



ホワイトアスパラのポタージュ

July 04 [Sun], 2010, 16:47
材料

ホワイトアスパラ缶...1缶
玉ネギ...1/2個
豆腐...小1丁

[スープ]
固形スープの素...2個
水...500cc

牛乳...500cc
生クリーム...150cc
バター...10g
塩コショウ...適量
クラッカー...適量
粉パプリカ...適量





作り方

1.ホワイトアスパラは3等分する。

2.玉ネギは薄切りにする。

3.熱した鍋にバターをひき、玉ネギを炒めたら[スープ]を加え、しんなりするまで煮る。

4.ホワイトアスパラと豆腐を加え、塩コショウで味を調え、ミキサーにかけたら網を通して鍋に戻す。

5.牛乳、生クリームを加えて再び火にかけ、温まったら器によそい、粉パプリカを振ってクラッカーを添える。







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:che71l
読者になる
2010年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/che71l/index1_0.rdf