こんなのって…ない! 

January 11 [Wed], 2006, 1:22
やばいっすよ…やばいっすよ、先輩!!
マイ スウィート ハート…心の友・妄想の伴侶のパソコンが壊れましたぁ!!
こんなの…あんまりだぁぁぁ!!!!
起動が遅いだとか動きがとろいだとかの次元を遥か超越し、まず電源がつかない。
おいおい、これじゃあパソコン君のどこが悪いかの話し合いもできないじゃないか…てかサイトどうするよ。←太字でフォント36でお願いします。
うわぁ…ほんとありえない…前回ぶっ壊れたときにはオールデリートされてパソコンの病院からかえってきました。
人間でいったら記憶喪失になってかえってくるのと一緒ですよ?
何かの映画で使えそうなネタですよ?
と、いうことで…パソコンが復活するまでいままでの延長線上でしょうが、更新が途絶えます…このブログだけは…不滅です!!←もうパニくって何言ってるのか自分でもわかってません

ちなみに今日のこの画像は前回のイタチ兄さんのご尊顔です。
ちゃんと例の殺し屋のしわが深く刻まれていることにびっくり。
思わず皆さんにご報告した次第であります!

お土産って…兄さぁん!! 

January 09 [Mon], 2006, 1:15
兄が先日タイから帰ってきました。
そのお土産が、この画像のブツです。
タイのお土産って…兄さぁん!!
タイってイタチの原産国でしたっけぇ!?
しかもこのイタチ…すごい偽物臭い。
何かやけにかたいかってるし。
やけに直立不動だし。
先生に怒られてる生徒みたいだし。
でもきっとイタチならテストの点が悪くて先生に怒られたとしてもこんな↓感じだ。

「イタチ君、またこんな悪い点とって!」
「お前は俺の器を計り間違えている…」
「どうして勉強しないの!?」
「己の器を測るため…」
「まぁーたそんなこといってぇ!」
「俺を憎め…愚かなる先生よ…」


こんな生徒金八も教えたがらないと思うよ。

そのデコの広さはないだろぉ!! 

January 08 [Sun], 2006, 1:46
今日は何を思ったかこのクソ寒い中、豊島園にいってきました。
正確には「としまえん」。
ふざけすぎて喉が痛いです。
「としまえん」で喉からす奴もなかなかいないだろう。今日「としまえん」に行った人で、「ミステリーゾーン」から雄叫びが聞こえたらエイトです。ついでに丸太に乗って水中につっこむ際写真をとられる…というどっか魔法の鼠の国を彷彿とさせるアトラクションでタイタニックの例のあのポーズを女二人でしてる馬鹿がいたら、そのどちらかはエイトです。
寒い中ぐるんぐるん回るものに乗って叫んだり笑ったりしてたせいで歯に冷気がしみて痛かったな…←どんだけ口ひらいてんだよ
あ、この画像は「としまえん」内にあったゲーセンのガチャポンで一発ゲットした代物です。
ほんとはカカティー狙いだったんだけどね…ボソリ
でも王子だから精一杯の愛情でお迎えします。
ようこそっしみったれた我が家へ!
てかこの王子スタンプになってるんですよ。
隣にある三つ巴がそれです。
首筋に押せばいつだって呪印気分を味わえますっ★思い込めば状態2だって夢じゃないよっ★←なんの宣伝だよ
にしてもこの王子のデコはいかがなものでしょうか?


「サスケ、お前って意外にデコ広いよね。」
「…まぁ、あんたにキスしてもらうための面積だからな★」

「…サスケ…お前きしょいよ」

サクラ、あの時はごめんな。byサスケ

大阪に行ってきましたよ 

January 04 [Wed], 2006, 10:22
あけましたおめでとぅございます。
12月30日頃から大阪に行ってまいりましたエイトです。ちなみにこの画像は大阪で見つけた無駄に色気をふりまく猪です。作者はいったい何を考えてこのような芸術をのこしたのでしょうか。さすが芸術家、凡人には理解しがたいです。
あけましてとか遅ぇんだよとかお思いかもしれませんが…まぁ遅いですね★
こんな私は年賀状の存在すら忘れてました…!なんてぇこったい!!日本国民としてあるまじき行為!!!
はいっ今日書きます。
今日例のスミス夫妻の映画を観てから書きます…。
りゅうさんごめんね〜!!
あんなおもろい年賀状くれたのに〜!泣
うちからもきもい年賀状送るねっ!
年賀状やら色々忘れちまう不肖エイトですが今年もよろしくお願いいたします…
よく考えたら私は一度も元旦に年賀状だしてないような…

冬コミ日和 

December 29 [Thu], 2005, 7:55
ぐっもーにん、皆さん。
普段昼夜逆転生活しているエイトさんが今日はこんなにも早起きだよ!!
なんて健全なんでしょう!!←起きる理由は不健全
そしてあれですね…今これ車内で打ってるんですけど…りゅうさんとの待ち合わせに…遅刻してるくさいです。すごい匂います。
うっわ、やべぇよ。りゅうさんに吊されるよ。
だってさっき乗ってた電車、エイトの目的地とは逆方向に走るんだもんっ★
車掌さん、オーバーランよりも逆走は罪だよ…おかげで目的地より4駅逆走してもエイト気が付かなかったよ…。

嘘です、単に間違えただけですごめんなさい。

果たして3度目の冬コミに行くにも関わらず迷っているエイトは目的地につけるのか!?

サンタになんか負けない 

December 26 [Mon], 2005, 3:42
こんばんわーってあれ?もうモーニングな時間?ぅはぁ〜エイトさん今日頑張っちゃったよ…無理しすぎたよ…クリスマスだからってハッスルしてサンタの真似を本格的にしだすパパ並に頑張った。むしろこき使われて外飛ばされるトナカイ並だよ。まぁ要する久しぶりに文を書いたっていう…。後日アップしまふ…。

12月24日に拍手くださった方へ
ご報告ありがとうございました!!リンク、貼りなおしましたがまた不具合がありましたら「何やってんだよ」とつっこんでやってください。またのご来訪をお待ちしております!!

ボンジュ〜ル、フランス 

December 21 [Wed], 2005, 1:10
思い出したかのように夏に行ったフランス画像。
ちなみにこの画像は泊まったホテルのテラスからの景色。(左側)
右におわすはオペラ座です。
フランスはもう…ベルサイユとかなんなんでしょうね。フランスの日本とは違う建物たちをこの目でみると、忘年会で自分だけ素面なのに引き際を間違えて異様に盛り上がった二次会の集団に囲まれた瞬間の気まずい雰囲気を味わいます。
でもまた行きたいぜ、ジユテームフランス。

愛の慎み深さと恋のエゴ 

December 19 [Mon], 2005, 1:37
■ねぇ、俺はお前が優秀な人殺しになってくれてとても嬉しいよ。
本当は人を殺さないでいてくれればもっと幸せなんだろうけど、でも忍として生まれてしまったからには俺とお前は人を殺さなくてはならないんだ。
中途半端な優しさがお前に欠如していてよかった。
唯独りにだけしか惜しみない愛をささげる不器用なお前でよかった。
脇目もふらずに進める潔さを持っていてよかった。
俺のために生きるとためらいもなく誓える愚かなお前でよかった。
お前が愛したのが俺でよかった。
お前よりも人を殺している俺で、よかった。

何の呵責もなく、俺に触れることができるでしょう?
俺はきっとお前が優秀な人殺しじゃなくても触れることはできるのだけれど。

俺はお前を愛していないから。
そして、それほどにまでお前に恋をしているからだ。

だから

さぁ、今日も俺のために人を殺してきてくれ。
俺に狂った愛しのソルジャー。








りゅうさんが何かうなじうなじ騒いでますね。
恐ろしい子…!!
まぁ殿方のうなじってのはツルッとしてて綺麗ですよね。
カカシさんの隠されたうなじもさぞかし病的に色が白くて綺麗なんでしょうね。
そこをこう…サスケくんががぶっと甘ったるく噛み付いたり唇押し付けて「なぁ、好き」とか囁いちゃうんですよ。
ちなみに私は…顎が好きですね!
顎、アゴ、AGO!!(←こいつもおかしい)
カカシさんがいつかのアニメのエンディングで顎を曝け出したときは
「あ〜なんだろ、こいつ犯して欲しいのか?」
とか素で思いましたよ。
あの顎をがっと掴みたい!無理矢理上向かせたい!!噛み付きたい!!!
むしろそれら全てエイトの欲望の昇華をサスケくんに手伝ってもらいたいぃぃぃぃ!!!!
…すいません、ちょっと頭冷やしてきます…。



可愛い僕のアモーレ!! 

December 14 [Wed], 2005, 1:03
■「好きでした」
「愛してました」
「今でも、焦がれます」
堰をきってあふれそうになる傍若無人なこの想い。
身勝手に君に焦がれる。

■あんたの「本気」だなんて信じられやしないけど、気紛れな口付けですら目眩がするよ。
俺の嘘つきなアモーレ!





今日は絶対早く寝ようと思ったんだけど…現実は寝させてくれないぜ。
激しすぎてやんなっちゃう!
明日こそはきっと胸がときめくようなネタが転がってるにちがいない。
見つけたら可愛がってあげるのになぁ。←現実から離れはじめたよ
どうでもいいけどNARUTO…サイのあの危険をものともしない過激なスタイルはどうかと思うよ?←お前のライフスタイルもどうかと思うよ?

恋とはきっと 

December 13 [Tue], 2005, 1:22
■馬鹿で愚かで間抜けな俺は、美人で年上の俺よりも遥かに愚かな人に恋をしました。
しかも笑えないくらいに真摯に、滑稽なくらいに命懸けの恋。
いつどこでどの様な状況で彼を好きになったのかはわからない。
もしかしたら一目惚れだったのかもしれないし、最近のことなのかもしれない。
その上俺は、自分が彼をどの位好きなのかもわからない。
もちろん彼が俺を本当に好きなのかもわからない。
全くもって俺の恋には不安定要素が多すぎる。
それでもまだこうして俺が彼の傍にいられるということは、わずかな希望と強い欲望があるということだ。
わずかな希望は彼の甘さ。
強い欲望は彼を掛け値なしに欲しいと想うこと。
体がどうとかじゃなくて、純粋に、全てが欲しいと想う。
俺の体を構成する細胞の一つ一つが彼を求めて喚き散らす。
純情も不純もひっくるめた痛みに近い感情。
きっとこの感情を詩的に表現したものを恋と呼ぶのだろう。





今日も駄文更新できませんでした〜あい〜たたたた〜。そろそろ富士の樹海でもいってくるべきなのかもしれない。

P R
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像グループ☆スワップ
» 冬コミ日和 (2005年12月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chazy8
読者になる
Yapme!一覧
読者になる